7/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨

7/17発売の「マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨」を食べました!

今回は醤油が強めの「醤油豚骨」と豚骨が強めの「豚骨醤油」の
2つの味の食べ比べ企画としてのこの商品の発売となっています!

もう一方の「豚骨醤油」は既存の「旨こく豚骨醤油」と同内容なので、
今回は純粋な新商品であるこちらのみを紹介することにいたします!(*゚ー゚)

こうした手法は以前の赤と黒の担担麺の食べ比べでも使われましたが、
今回は一方が既存商品であることがより明確にアナウンスされていて、
両方とも新商品というような誤解が起きないよう配慮はされてますね!

個人的には豚骨が強めの「豚骨醤油」のほうが好みにあっていて、
なおかつ「旨こく豚骨醤油」の仕上がりがかなり良かったことから、
今回の新商品は少し分が悪そうですがそれでも頑張ってほしいですね!

7/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨

ちなみに「正麺」ブランドから「醤油豚骨」が出るのは今回が初ではなく、
ファミマ&サンクス限定の高級版である「正麺 至高の一杯」シリーズから、
濃厚醤油豚骨」というなかなかの良作が発売されたことがありますね!

このときはストレートに和歌山ラーメンを再現したような内容でしたね!

今回はノーマルバージョンの「正麺カップ」からの新作ということで、
価格帯は違いますが、こちらとも比較しつつ見ていきたいと思います!

7/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨(内容物)

内容物はかやく、海苔、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープも後入れ仕様となっている点に注意が必要ですね!

ちなみに粉末スープ=豚骨、液体スープ=醤油+油脂といった感じです!

7/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨(できあがり)

うん、いかにも醤油ダレが強めの「醤油豚骨」といった感じですね!
このあたりのスープの色合いは「旨こく豚骨醤油」と全く違います!

まずはスープですが・・・うん、やはり主役は醤油ダレですね!(●・ω・)

「豚骨醤油」がまず豚骨のコクや風味を前面に押し立てていて、
それを醤油ダレによってバランスを整える感じだったのに対し、
こちらは「ベースが豚骨の醤油ラーメン」といった味ですね!

それでいて醤油ダレそのものに厚みのある醤油のコクがあって、
ちゃんと醤油の持っている旨さを伝える「醤油豚骨」になってます!

また、下支えとしての豚骨や油脂の役割もしっかりしてますね!

清湯系の醤油ラーメンとは明らかに違った厚みがありますし、
そこにやや多めの油脂がはっきりとしたコクを与えています!

一方で「至高の一杯 濃厚醤油豚骨」ともけっこう違っています!

どちらも醤油ダレを軸にした「醤油豚骨」という点は共通してますが、
「至高の一杯」が意外と豚骨の持つクセを打ち出していたうえに、
豚脂を加えることで豚系の相乗効果を狙った構成だったのに対して、
こちらは油脂のメインが豚脂ではなく鶏油になっているのですよね!(=゚ω゚)

そのためスープと油脂による豚の相乗効果はそれほど強くはなくて、
スープは豚、油脂は鶏と、それぞれ別々の味わいでコクを高めています!

あえて別々にすることで豚骨+豚脂をそこまで目立たないようにして、
醤油ダレの主役感をより引き立てようとしている感じもしますね!

また、「至高の一杯」との差別化をはかったという狙いもあるかもです!

豚骨+醤油+鶏油というと、横浜の家系ラーメンが思い浮かびますが、
家系が豚骨の強い「豚骨醤油」なのに対し、こちらは逆という点ですね!

なので、豚骨+醤油+鶏油でありながら家系っぽさはあまりありません!
でもって、和歌山ラーメンとも少し違うので独自の立ち位置と言えますね!

トッピングに海苔が加わるという点は家系ラーメンと共通していますが!

スープの原材料はポークエキス、醤油、鶏脂、ラード、みりん、食塩、植物油、
ゼラチン、香辛料、デキストリン、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物です!

スープを丸みを持たせる狙いなのか、みりんが入ってるのが印象的ですね!
また、鶏脂をメインに立てながらもちゃんとラードも使われていますね!

ちなみに方向性が似ている他の2商品の原材料は次のようになっています!

[旨こく豚骨醤油]
ポークエキス、醤油、豚脂、植物油、デキストリン、ゼラチン、
食塩、砂糖、でん粉、香辛料、香味油脂、発酵調味料

[至高の一杯 濃厚醤油豚骨]
醤油、ポークエキス、豚脂、植物油、ゼラチン、砂糖、
鶏脂、香辛料、発酵調味料、香味油脂

これを見ると鶏油が強めという点が今回の最も大きな特徴で、
豚骨と醤油のバランスはこの2商品の中間的な感じがしますね!

麺は「正麺カップ」らしい、やや平打ち気味のノンフライ麺です!
今回は白系ではなく、色が黄色いタイプの麺を使っていますね!

そういえば普通の豚骨ラーメンのときは白系の麺を使ってますが、
豚骨醤油/醤油豚骨系のときは黄色い綿がいつも使われてますね!

麺の表面のつるみ、中華麺らしいリアルなコシはやはり申し分なく、
この点においては現在のカップ麺においてトップの存在と言えます!(`・ω・´)

また、「正麺カップ」の麺は加水が高めなので純粋な豚骨スープだと、
少々麺勝ちしてしまってバランスがあまり良くない印象がありますが、
豚骨醤油/醤油豚骨系のスープとは非常にバランスがいいのですよね!

スープと麺のバランスがいいと「正麺カップ」は一気に映えるので、
そこが押さえられている点が今回の一番いいところと言えるかもです!

麺の量は65gで、カロリーは432kcalとなっています!
脂質は16.1gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

こちらもタイプの似た2商品と数字を比較してみることにします!

[旨こく豚骨醤油]
麺量65g、416kcal、脂質14.0g

[至高の一杯 濃厚醤油豚骨]
麺量は65g、387kcal、脂質10.7g

意外にも今回の「醤油豚骨」がカロリー、脂質ともにトップなのですよね!
強めの醤油ダレに負けないようにバランスをとったためでしょうかね!

具材はチャーシュー、焼海苔、ねぎという組み合わせです!

「豚骨醤油」はなるとなのに対し、こちらは焼海苔となってます!
そのかわりチャーシューの厚みはこちらのほうが少し薄いですね!

このあたりは具材でコストを調整している様が透けて見えますね!(*゚◇゚)

チャーシューはそれほど厚みはなく、食べごたえもそこそこですね!
このあたりはコストを考えると少々やむなしなのかなとも思いますが!

一方で焼海苔はスープをしっかり吸わせたうえで麺に巻いて食べると、
かなりの味の良さを見せるなど、今回の具材の主役と言えるでしょう!

やはり好みとしてだけ見れば「豚骨醤油」のほうが好きなのですが、
ただ醤油の旨さを生かしつつ、ベースの厚みもきちっと感じさせ、
さらに麺とスープの相性の良さ、具材の焼海苔の活躍度の高さなど、
この「醤油豚骨」もまた思っていた以上に内容のいいものでした!

やはりノーマルの「正麺カップ」はそうそう外してこないですね!
以前よく出ていた「スープの極み」はほんと謎な存在でしたが;

醤油豚骨系が好きなら、きっちりと満足させてくれる一杯でしょう!(゚x/)モキリュー

【関連記事】
マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ こく野菜タンメン
マルちゃん 正麺 カップ 旨こく豚骨醤油
マルちゃん 正麺 カップ ごま辛担担麺 黒 & うま辛担担麺 赤
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚しお豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚担担麺
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚味噌
マルちゃん 正麺 カップ 黒マー油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 辛こく塩担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 旨みだし塩
マルちゃん 正麺 カップ うま辛担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 香味まろ味噌
マルちゃん 正麺 カップ 濃厚とろ豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 芳醇こく醤油
マルちゃん 正麺 豚骨味
マルちゃん 正麺 味噌味
マルちゃん 正麺 醤油味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

天理スタミナラーメン 藤井寺店 スタミナラーメン

ひさしぶりに「天理スタミナラーメン 藤井寺店」に行ってきました!

数年ほど前にこのお店の近くの病院に父が入院していたときに、
何度か足を運んだのですが、行くのはそれ以来になりますね!

でもって、今年の春から「食べログ」への投稿を始めたこともあり、
以前に行ったお店に再訪問する機会も増やそうと思ってるのですよね!

「食べログ」への投稿はデジカメ購入以降のものだけにしてますしね!

さて、こちらのお店に来たら注文はもちろん「スタミナラーメン」です!

こちらのお店は醤油ラーメンや豚骨ラーメンもラインナップされてますが、
ここに来て天理系のスタミナラーメンを食べないのはもったいないですしね!(`・ω・´)

天理スタミナラーメン 藤井寺店 スタミナラーメン

というわけで、基本の「スタミナラーメン」を並で注文しました!
たくさんの白菜にニラと、天理ラーメンらしいビジュアルですね!

まずはスープですが・・・おっ、炒め油の旨さがよく出ていますね!(●・ω・)

食べたときにまず感じるのは、白菜などの具材を炒める際に生まれる
野菜をラードで炒めたときの香ばしさとそのコクの強さなのですよね!

このラーメンにおける炒めるという手順の重要さをスープからも感じます!

ラードの持っているコクと甘み、それが野菜の持つ優しい風味と一体化し、
スタミナ系らしいジャンクさを備えつつも丸みのあるコクを生むのですよね!

その油がスープの表面を覆うので、どこを食べても香ばしさとコクがあり、
単にシャープなだけではない、包み込むような丸みがしっかりとあります!

そしてこのラーメンのもう一つの大きなポイントはベースのスープです!

こちらのお店は軽く白濁させた豚骨スープをベースとしているのですが、
これは「天理スタミナラーメン」全店に共通している要素なのではなく、
どうもこちらのお店が独自に生み出している組み合わせなのですよね!

というのも、他のお店では清湯系の動物系スープをベースとしていて、
こちらのお店のように白湯系のスープは使っていないみたいですからね!

ただ、そのことが非常に面白いバランスを生み出しているのですよね!(=゚ω゚)

天理ラーメンというと、強めのにんにくや豆板醤系の辛味噌といった
風味をシャープな方向に引っ張る素材を多く使うのが大きな特徴ですが、
そこに清湯ベースのスープと醤油の主張が強めに出たタレを合わせると、
どうしても全体がかなりシャープな仕上がりになりがちなのですよね!

にんにくや豆板醤系の辛味噌が強めであるのはこちらのお店も同様ですが、
そこにライト系ながらも白濁した豚骨スープが合わさることで丸みが出て、
シャープな要素と丸みのある要素がきれいに噛み合ってくれるのですよね!

なので、「シャープだけどほどよくまろやか」な天理ラーメンとなります!

自分はてっきりこの構成を「天スタ」全店の特徴なのかと思っていましたが、
どうもそうではないようで、「天スタ」という枠の中の一つのお店でありつつも
明確な独自性を持ったスタミナラーメンを提供しているお店でもあるのですよね!

ちなみに辛さについては辛いものが苦手な人でも十分いけるレベルですし、
卓上に辛味調味料も置かれているので自分で調整することもできます!

天理スタミナラーメン 藤井寺店 スタミナラーメン(麺のアップ)

麺はやや加水が低めの中細のストレート麺が使われています!(*゚◇゚)

これと言って明確な特徴を持ったタイプの麺ではないのですが、
スープとのなじみは良く、具材と一緒に食べるのにも向いていて、
天理ラーメンを構成する一要素としては上手くまとまってますね!

もともとこのラーメンは麺そのものを楽しむタイプというよりは、
炒めた野菜の旨さとピリ辛感とにんにくの刺激などを中心に据えた
そうしたスタミナラーメンらしい全体の旨さを楽しむものですし、
その中のパーツとして見ればこの麺もきちっとハマってはいますね!

具材は白菜、ニラ、豚肉、にんじんという組み合わせになってます!

主役は何と言っても白菜ですが・・・年季の入った技術を感じますね!(*゚ー゚)

まず何より炒め具合が絶妙と言うほかないバランスなのですよね!

歯ごたえを残しながら熱の入りの甘さや硬さなのは全く感じさせず、
しっかり熱を通しながらもクタッとしてしまった感じは全くない、
シャキシャキしつつも絶妙の火の通り具合になってるのですよね!

なおかつ炒め油であるラードによるコーティングが実に見事です!

白菜は水分が多めの野菜ですが、白菜を食べても味が薄まる感覚がなく、
炒めることによって生まれた香ばしさとラードの甘みとコクが広がるので、
逆に白菜を食べることでラーメン全体のコクが一段上がってくるのですよね!

このあたりは長年の経験から生まれる旨さを感じさせてくれましたね!

豚肉はやや少なめながらも肉らしい食感と旨さを与えてくれて、
ニラは全体の香味をより引き上げるという効果を担っています!

人参はどちらかというと、彩り目的といった感じに近いですね!

食べたラーメン自体は数年前のものと特に変わりはないのですが、
自分の感じ方が以前とは少し変わってきたことも実感しましたね!

全体の味を構成するそれぞれの要素をより感じられるようになるなど、
この味がどのように組まれているのかが数年前に食べたときよりも
きちっととらえられるようになったのも自分にとって収穫でしたね!

白濁した豚骨スープベースの「天スタ」は個性的な存在のようですし、
その味を求めてあえてこの店舗を訪問するだけの価値は十分ありますね!(゚x/)モキリッ

[メニュー]
天理スタミナラーメン 藤井寺店 メニュー(その1)

天理スタミナラーメン 藤井寺店 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府藤井寺市野中1-56 グランシャリオビル1F

【関連記事】
天理スタミナラーメン 藤井寺店 スタミナラーメン
天理スタミナラーメン 藤井寺店 スタミナチャーシュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

4/28発売 カップヌードル ムーマナオ味(タイ版)

4/28発売の「カップヌードル ムーマナオ味(タイ版)」を食べました!
ミニストップなどイオン系列のお店で扱われている商品です!

今でもいくつかのミニストップなどでは見かけるようなので、
発売から日は経ってはいますが入手は意外と容易だと思います!

4/28発売 カップヌードル ムーマナオ味(タイ版)

最近は外国「風」のカップヌードルもよく出てはいますが、
こちらはそうした商品とはちょっと違った立ち位置にあります!

外国「風」の商品はその国で作られているカップヌードルをもとに、
少しアレンジして国内生産したうえで販売する形を取ってますが、
これはタイから直輸入してフタだけを変えて販売されています!

フタだけ変えてあるのは、原材料表示を日本語にするためですね!(=゚ω゚)

4/28発売 カップヌードル ムーマナオ味(タイ版)(内容物)

見事に麺がひっくり返っていて困ったことになりましたが;
内容物としては後入れ用のオイルが入っていますね!

ちなみにタイの直輸入シリーズは昨年も2商品発売されていて、
ミンスドポーク味」と「トムヤムクン味」を紹介してます!

この2商品は今年も発売されていますが、今回は昨年は出なかった
この「ムーマナオ味」のみを紹介するという方針でやっていきます!

4/28発売 カップヌードル ムーマナオ味(タイ版)(できあがり)

やはりできあがりのビジュアルが日本のカップヌードルとは違いますね!
麺量もいくぶん少ないですし、何と言っても麺の形状が違いますからね!

「ムーマナオ」はムーが豚肉、マナオがライムを意味するそうです!

まずは味ですが・・・おおぉ、これぞ本格のタイ料理の風味ですね!(●・ω・)

後入れオイルまでライムかカフィルライムの香りがついてますし、
スープ全体もレモングラス、カフィルライムなど香草の風味が強く、
おそらくそこに実際にライムまで入る形になってるのでしょう!

それゆえに酸味がビシビシ強く、東南アジア系ハーブも香り高く、
まさにタイの本格スープにおぼれている感がひしひししてきます!

そしてその下支えとなっているポークもそこそこ重厚ですね!

ピリ辛感はそれほと強く感じですが、ほんのりとはやってきます!

トムヤムクンが好きだったら気に入るタイプの味と言えますが、
柑橘系の香りという点ではこちらのほうが数段は上ですね!

またトムヤムクンと違って海鮮系の風味は加わっておらず、
ポーク系ながらも油脂が控えめなのでさっぱりいただけます!

とにもかくにも香草+酸味を楽しむことができるスープですね!(*゚◇゚)

タイミング的に日本の「カップヌードル」の復刻版の
サマーヌードル」の数日後ぐらいに食べたのですが、
やはりタイの本格さという点では雲泥の差がありますね!

今ではこのレベルの味も普通に許容されうると考えると、
「サマーヌードル」がぬるく感じるのもやむなしですね!

スープの原材料は糖類、食塩、植物油脂、デキストリン、野菜調味油、
香辛料、香味油、ポークパウダー、加工油脂、醤油となっています!

ポイントである香辛料や香味油の中身がはっきりしないので、
この原材料表示だけでは十分なものは伝わらないですね!

麺は日本とは違い、丸刃の中細の油揚げ麺となっています!

麺そのものにも軽く風味があり、油揚げ麺臭はあまり強くなく、
今回の個性豊かなスープを引き上げる効果を見せてましたね!

全体の中ではサブ的な位置づけですが、このスープならいいでしょう!

麺の量は47gと少なめで、カロリーは264kcalとなっています!
脂質は11.1gで、そこそこの数字と言ったところですかね!

具材は味付卵、大豆たん白加工品、ねぎ、人参です!

人参とねぎはおおむね日本のカップ麺と同じ感じでしたね!
ちゃんとコリコリ感もあって、十分存在感がありました!

卵は日本とは少し違い、それほどふんわり感は強くなく、
もうちょっとギュッと詰まった食感だったのが印象的でした!

そして鶏肉風の具材は大豆たん白加工品だったわけですが、
これが意外と味付けが良く、あまり不満はなかったですね!

むしろエースコックのスポンジそぼろより優秀に感じましたし!(`・ω・´)

大豆たん白を上手くおいしく加工してくれていましたね!

とにかくレモングラス、カフィルライムにライムの酸味と、
パクチーが入らないので独特の香りはあまり強くないものの、
東南アジア系の柑橘風味を楽しむ点ではこれ以上ないほどで、
柑橘風味+酸味スープが好きなら間違いなくハマるでしょう!

これまで食べた3商品の中では、これが一番気に入りましたし!

このスープをそのままで国内生産してほしいと思うほどですね!
さすがに人を選びそうなので難しいとは思ったりしますが!

レモングラスやカフィルライムの香りが好きなら外せない一杯ですよ!(゚x/)モッキニュー

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/27発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン

6/27発売の日清のイオン・ミニストップ限定の
「札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン」
を食べました!

6月第4週と7月第1週はほんと新作が多かったのですよね!
その分だけ新作が少なめの今週へ回る分が多くなりました!

6/27発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン

「白樺山荘」の再現カップ麺は冬になるとどんぶり型で登場しますが、
今回は縦型バージョンで、なおかつ夏向けに辛口仕様となりました!

どんぶり型も札幌味噌ラーメンらしい野性味が強くレベルが高いので、
こちらのジャンク感を漂わせている縦型版も期待したくなりますね!(=゚ω゚)

6/27発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン(内容物)

ダイスミンチが多く入ってますが、これもいかにも合いそうですね!
「白樺山荘」と言えば、札幌系味噌の中でもとりわけワイルドですので!

6/27発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン(できあがり)

後入れの辛味オイルを入れると、一気に赤みが増して完成となります!

まずはスープですが・・・こちらもどんぶり型と同様に質が高いですね!(●・ω・)

どんぶり型のように、表面をラードが覆う感覚はそこまで強くないですが、
それでもこちらも主役は豚脂で、ワイルド感はしっかりと伝わってきます!

そして「白樺山荘」で欠かせないのが、ガンガンと攻め立てるにんにくです!
このにんにくの強さでは、他の札幌系を寄せ付けない強さがありますからね!

その攻撃性はどんぶり型のときに負けず、こちらでもどんどん前面に出てきます!

今回は豚脂+にんにくにプラスして、唐辛子の攻撃性も加わるので、
「白樺山荘」=ワイルドという印象をより高める内容となってます!

唐辛子の辛味に関してはむしろ控えめと言っていい程度のものですが、
唐辛子の持つ風味や突き刺すような辛さの主張はなかなか面白いです!

辛味よりも唐辛子の風味や個性に焦点を当てたような仕上がりですね!

味噌に関しては赤味噌系ではないのでシャープな印象はあまりなく、
豚脂+にんにく+唐辛子という攻撃的要素をベースとなる豚骨と並んで、
まろやかに丸める効果を見せているといった感じが近いですかね!(*゚◇゚)

札幌系の味噌ラーメンは赤味噌系のとがった印象を見せることはあまりないので、
ラードや香味野菜で野性味は出しても、それほど鋭くはならないのですよね!

スープの原材料は豚脂、味噌、糖類、ポークエキス、小麦粉、香辛料、
でん粉、乳等を主要原料とする食品、食塩、植物油脂、加工油脂、
香味油、酵母エキス、オイスターソースという組み合わせです!

豚脂が主役で味噌とポークエキスでベースを固める様子が見えますね!
乳製品でコクを高めている点やオイスターソースが入るのも目を引きます!

どちらもどんぶり版には入ってないので、縦型版のみのアレンジですね!

麺はけっこう縮れのついた平打ち系の油揚げ麺となっています!

そこそこ油揚げ麺臭もあり、けっこうスナック感のある麺ですが、
スープがワイルドなので悪い印象はそれほど抱かせませんね!

この麺は優しいスープなどと合わせるとけっこう暴れ倒して、
麺の風味で全体を染め上げてしまうこともあったりしますが、
今回はスープのパワフルさでそれを上手く抑えていましたね!

さらに麺のジャンク感が縦型らしさをほどよく際立てていて、
どんぶり型とはまた違った良さを引き出してもいました!(*゚ー゚)

食感もヌードル麺を少し強くした程度で特徴は弱いのですが、
今回は縦型らしい麺として悪くない活躍を見せていましたね!

麺の量は多めの80gで、カロリーは495kcalとなっています!
脂質は22.2gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材は豚ダイスミンチ、メンマ、きくらげ、ねぎ、赤唐辛子です!

具材は何と言ってもどっさりと入った豚ダイスミンチですね!(`・ω・´)

縦型ということで、どんぶり型よりもジャンク感が強いですし、
なおかつ麺の風味によってスナック的な風味が強まってるので、
このダイスミンチのジャンク感と上手くハマってるのですよね!

高級系の麺やノンフライ麺だったらミスマッチだったでしょうが、
スナック感があるからこそ合う素材というのもあるわけですね!

肉感もしっかりあり、味も良く、これは高ポイントでしたね!

メンマも大ぶりでコリコリ感が強く、キクラゲも一つ一つが大きく、
この2つの具材も食感でいいアクセントをつけてくれていましたね!

ワイルドながらも本格派らしいどんぶり型の「白樺山荘」に対して、
こちらはあえてそれをスナック路線に振ってきた感がありましたが、
麺・具材ともにその方針とピタッとハマっていたのが良かったですね!

とりわけ豚ダイスミンチのハマり具合はかなりのものがありましたし!

ワイルドな味噌ラーメンを求めるときにはピッタリの一杯と言えますね!(゚x/)モキンッ

【関連記事】
札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン
札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/5発売 NEW UDON STYLE 酸辣湯うどん

6/5発売のエースコック「NEW UDON STYLE 酸辣湯うどん」を食べました!

ノンフライうどんを開発することで生まれたエースコックの
新ブランドである「NEW UDON STYLE」の第2弾商品となります!

このシリーズは自分としては非常に注目しているのですが、
第2弾にして全然お店で見かけないという状態に陥りました;

「うどんが主食 讃岐風うどん」と発売日が重なったことで、
こちらの商品が割を食ったという側面もあったと思われますが!

そうしたこともあって、注目しつつも入手は諦めていたのですが、
ブロ友であるtakaさんが最近見つけて宅急便で送ってくれました!

そのおかげで何とかこうして記事化にこぎつけることができました!(`・ω・´)

何が何でも食べたい商品だったのでほんとにうれしかったですね!

6/5発売 NEW UDON STYLE 酸辣湯うどん

このシリーズの一番の核はノンフライ麺のうどんだと思うのですが、
それ以上に斬新さを感じるスープがアピールされているのですよね!

だからこそ「NEW UDON STYLE」というネーミングなのでしょうが!

ただ、第1弾の担担も今回の酸辣湯も「どん兵衛」が商品化してるので、
カップうどんとしては決して未知の領域というわけではないのですが!

6/5発売 NEW UDON STYLE 酸辣湯うどん(内容物)

内容物はかやくと液体スープという組み合わせになっています!
酸辣湯麺ということもあって、具材は卵が中心になっていますね!

6/5発売 NEW UDON STYLE 酸辣湯うどん(できあがり)

うん、ビジュアル的にはけっこう素直な酸辣湯となっていますね!

まずはスープですが・・・ややカドを強めに感じる酸辣湯ですね!(●・ω・)

事前に「スープの味が濃い」という情報が伝わっていたので、
お湯の量を意識的にけっこう多めにして作ってみたのですが、
それが功を奏したみたいで意外とバランスは良かったです!

食べる前に多少ハードルを下げていたのも影響してはいますが!

それでもやや塩カドを強めに感じてしまうところはありましたが、
ベースとなっている鶏、そして旨味を付加する昆布や椎茸に加え、
シャープに効かされている酸味もちゃんと噛み合ってましたね!

ただ、自分はお湯を多めにすることでおおよそ回避はできたものの、
エースコックの塩分を高めにするクセは何とかしてほしいですね!

本来は酸味が強くなると、その分だけ塩分が低くても満足度が得られ、
スープの塩分の量を減らすことができる方向に動くことが多いのですが、
この商品は酸辣湯なのに食塩相当量が7.4gも入ってたりしますからね;

なんだかこのあたりがもったいないなぁというふうに思いますね!(=゚ω゚)

また、お湯の量を調整すると一つの酸辣湯として成立するのですが、
メインである酸味、そして旨味を支える鶏、昆布、椎茸はいいものの、
どうも雑味に近いようなややごちゃっとした風味がけっこう強くあり、
それが酸辣湯としてのシンプルさを阻害してる面がありましたね!

どうしても過去に「どん兵衛」などが出している味ということで、
スープのバランスなどで比較されがちなのが難しくはありますね!

唐辛子系の辛味についてはごくごく軽めといったところでした!

スープの原材料はしょうゆ、糖類、植物油脂、食塩、発酵調味料、
鶏・豚エキス、醸造酢、動物油脂、香辛料、酵母エキス、
シイタケパウダー、野菜エキス、香味油、コンブエキスとなっています!

椎茸や昆布の下支えが面白かっただけに、塩分過多であったり、
発酵調味料か何かの影響が強く出ていたのは少し残念でしたね!

そのあたりのバランス次第でもっと面白くなったと思うのですが!

麺は風味豊かでつるみのあるノンフライうどんとなっています!

この麺に関しては今回もまた申し分のない出来と言っていいでしょう!(*゚◇゚)

表面はほどよくつるりとしていて、すすり心地や喉越しが良く、
なおかつもちっとしたうどんらしい食感を楽しむことができます!

ノンフライ麺なので油揚げ麺特有の香りというのも全くないですし、
小麦の香りを素直に感じることができるというのも大きいですね!

うどんというと、製麺の際の加水率が非常に高いのも特徴なので、
多加水麺に強いエースコックだからこそ作れた麺とも言えますね!

それだけにこの麺を使ったブランドを上手く生かしてほしいのですが!

麺の量は60gで、カロリーは303kcalとかなり軽くなっています!
脂質は7.0gで、ノンフライ麺であることの効果が出ていますね!

具材は卵、鶏そぼろ、ねぎ、椎茸、唐辛子という組み合わせです!
粗挽き唐辛子に関しては具材というよりは薬味の一部ですが!

まず主役である卵ですが、これは質・量ともにしっかりしてますね!(*゚ー゚)

自然と麺と絡むことでふわっとした質感と風味を楽しむことができ、
酸味の効いたスープを上手く緩和する効果を果たしてくれています!

そして鶏そぼろですが・・・これは例のスポンジそぼろでしたね;
麺にコストがかかるので、このあたりはやむなしかもしれませんが;

椎茸はほんの少しですが、スープに風味を加える効果は強かったです!

ねぎは量が多く、全体の風味にいいアクセントを加えてましたね!

お湯の量さえ注意すれば普通の酸辣湯うどんとして楽しめましたし、
塩分量を除けばそこまで大きな欠点を感じるものではなかったですが、
ただこのシリーズはそのレベルで語られていてはいけないと思います!

本来はノンフライうどんの新ブランドが登場したということは、
もっと革命的な出来事としてとらえられないといけないのですよね!

それが第1弾のときも麺に注目しているのはカップ麺マニアだけで、
第2弾に至ってはそもそも入手困難になってしまってるのですよね;

これは厳しい言い方をするなら、売り方を間違えてるのでしょう!

「創作系うどんメニューが味わえる新シリーズ」、このフレーズが
「NEW UDON STYLE」のキャッチフレーズになってるのですよね!

ここにはせっかくのノンフライうどんがアピールされてません!

エースコックはいったんここは売り出しの戦略をリセットして、
「ノンフライのリアル感あふれるうどんそのもの」を軸とした
新たな売り出し方やブランドを考えたほうがいい気がしますね!

「うどん麺革命」とか、そんなベタなネーミングでかまわないので、
そこにエースコックがこっそりと得意とする鯛だしなどを合わせて、
ど真ん中から攻めるぐらいの勢いでやって行ってほしいのですよね!

本来なら「どん兵衛」や「赤いきつね」のライバルを目指す
そのポテンシャルを持った麺を有するブランドなのですから!

麺だけでアピールするより、スープの方向性でアピールしよう、
というのは結果的に注目度がバラけて失敗してしまってますしね!

とにかくエースコックにはこの麺を生かす戦略を望みたいですね!(゚x/)モキキキキッ

【関連記事】
NEW UDON STYLE 酸辣湯うどん
NEW UDON STYLE ごま香る担担うどん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part133 (17/7/14) 小松菜としめじと油かすのつけ麺

7月第2週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!
今回の限定は夏の定番メニューの一つである「油かすのつけ麺」です!

この「油かすのつけ麺」は1年の最初と夏に登場するのですよね!(*゚ー゚)

以前は年始と盆の時期に登場するというイメージのつけ麺でしたが、
盆はお客さんの帰省の関係もあってフライデーナイトが休みになるので、
時期が少しずれてこうして7月に提供されることが増えたのですよね!

でもって、綿麺は外せない夏向けの定番の限定がけっこう多いので、
このつけ麺は真夏の時期を外したほうがちょうどいいのですよね!

ところで綿麺の入口のあたりに巣を作っていたつばめさん達は、
みんなずいぶんと大きくなり、巣立ちが近づいてきていました!

開店を待つ間につばめを見るのもこの時期の楽しみなのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part133 (17/7/14) 小松菜としめじと油かすのつけ麺

ということで、この夏の「油かすのつけ麺」がやってきました!

油かすがどっさり入ったつけ汁にレアチャーシューの乗った麺、
この組み合わせはもう一つの定番として定着してきましたね!

まずはつけ汁ですが・・・おおぉ、節の風味がかなり太いですね!(●・ω・)

ちょっとこのさば節などの節系の旨味の太さは驚きました!

綿麺の清湯系のつけ麺では節系が使われることは珍しくないですが、
この旨味の太さはそうした限定の中でもかなり際立った強さですね!

この「油かすのつけ麺」は、牛の小腸を揚げたものである「油かす」を
一人分ずつスープで煮込んで仕上げるので、その高級油かすの持つ風味が
かなり強めにつけ汁へと溶け込んでくるのが大きな特徴になるのですよね!

そのため、ベースの動物系に節系を重ねるという基本形の清湯スープでも
油かすによって加わるコクや風味が前面へと出て大きく目立つのですよね!

ところが、今回はその点に一枚違いを加えようとしたように見えましたね!

油かすから出る風味やコクは生かしながらも、つけ汁の風味の中心の部分は
油かすに譲らず、旨味の核の一つとなる節系によって揺るがない強さを作る、
そしてその上で油かすの風味が生きるようなバランスへと変わっています!

なので、以前は後半は特に油かすの風味が全体的に支配的になっていたのが、
最後まで中心に据えられた太い節系の旨味がどっしりと生きてたのですよね!(=゚ω゚)

またスープがほんのり濁っているなど、動物系も少しだけ白湯ぽさがあるなど、
こちらも油かすという強い素材に合わせるにあたって強めてきた感があります!

そしてタレの持っている主張もこれまでに比べると一段強めになってましたね!
このあたりも油かすとのバランスを考慮して調整してきたものと見られます!

今回のつけ汁で最大のインパクトを与えてくれたこの太い節系の旨味ですが、
面白いのは麺やレアチャーをつけると逆にその風味がより際立った点ですね!

つけ汁を単体で飲んだときよりも、麺と食べたときのほうが強く感じましたし!

何かと合わせたときに、よりその風味が前面に出るように感じられたのは、
もしかすると節の香りを移したオイルなどを使ったのかもしれないですね!

そうすると麺などと合わせたときのほうがより香りが立つようになりますし!

そして麺ですが・・・綿麺の限定に欠かせないむっちりとした太麺です!(*゚◇゚)

今日はいつもよりもお腹を空かせてお店に来たこともあって、
つけ汁の到着前に麺を何本かするすると食べていたのですが、
つるりとした質感、噛んだときのむっちりとした絶妙の弾力、
そして麺の持っている小麦の風味のどれも見事なものでしたね!

香りに関してはレギュラーのつけ麺の全粒粉麺がより強いのですが、
小麦の自然な甘みという点ではこちらのほうが上なのですよね!

でもって、どんなつけ汁にも合うという点でも非常に優れています!

そして麺に添えられたレアチャーシューですが、これも重要なのですよね!(*・ω・)

というのも、主役である油かすは牛の小腸という脂の多い部位を
揚げたものなので、揚げることで余分な脂は落ちているものの、
かなりのまったり感を感じさせるタイプの素材なのですよね!

なので、逆にさっぱりと食べられるレアチャーシューがあることで、
油かすの存在がより生きますし、レアチャーもまた生きるのですよね!

なので、このつけ麺にとっての隠れたベストパートナーなのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part133 (17/7/14) 小松菜としめじと油かすのつけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁の中にはまず主役である油かすがどっさりと入ったうえで、
限定でよく登場する小松菜、しめじ、そして青ねぎが入ります!

小松菜のほんのりとした苦味、しめじの持っている独特の旨味など、
こうした特徴のある風味もほどよいアクセントを与えていますが、
やはり何と言ってもこの油かすの旨さはずば抜けたものがありますね!

今回はいつもと比べてもより大きめなサイズにカットされていたのか、
油かすの脂の部分のコクと旨さがこれまで以上に堪能できましたね!(`・ω・´)

表面は少し歯ごたえがあって、なおかつ揚げた香ばしさが楽しめて、
逆に中の脂の部分はとろけるようにやわらかく脂の持つ旨味を広げ、
それでいて臭みやクセなどは全くないほんと見事な旨さを持ってます!

これだけコクがしっかりあるのも、高級な油かすを使ってるからですね!
そうした素材に対するこだわりの強さもまた綿麺の大きな魅力ですしね!

こうした強いコクと旨味という明確な個性を持った油かすだからこそ、
今回はつけ汁において節系の旨味やタレの主張を一段グイッと高めて、
つけ汁の風味と具材の油かすのコントラストやメリハリを際立たせる、
そうした新たな試みも感じることができた見事な一杯になってましたね!

間違いなく油かすという素材を主役に据えたつけ麺になっていながらも、
それに負けないインパクトを見せたつけ汁は強く記憶に残りましたね!

とりわけこの節系の旨味の太さはこの限定を語るうえで外せないですね!

定番の限定でありながら今なお進化を続ける、今の綿麺ならではの一杯でした!(゚x/)モキキキン

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

7/10発売 汁なし!! 横浜家系豚骨しょうゆラーメン

7/10発売のサンヨー食品からの新作
「汁なし!! 横浜家系豚骨しょうゆラーメン」
を食べました!

横浜家系ラーメンを汁なしにアレンジした商品ですね!(`・ω・´)

7/10発売 汁なし!! 横浜家系豚骨しょうゆラーメン

サンヨー食品はノンフライ麺の汁なしを意欲的に商品化してますね!
そして「家系ラーメンの汁なし」という発想も面白いではないですか!

「家系の汁なし」って、これまでありそうでなかったですからね!

しかもサンヨー食品は以前に「ご当地マシマシ」シリーズで、
クオリティの高い家系商品をリリースしたこともあるだけに、
その味わいについてもかなり期待が持てそうな気がしますね!

このパッケージって下半分だけ見るとラーメンだと勘違いするので、
そうならないように「汁なし!!」とかなり強調していますね!

!マークをガンガン使うあたりには好感を持ってしまいます!笑

7/10発売 汁なし!! 横浜家系豚骨しょうゆラーメン(内容物)

内容物はかやく、液体だれ、焼海苔という組み合わせです!

かやくが麺の上に出ていますが、これは写真を撮る前に
うっかりかやくを麺の上にあけてしまったせいですね;

実際にはそぼろもほうれん草もかやくの袋に入ってます(;゚ω゚)

7/10発売 汁なし!! 横浜家系豚骨しょうゆラーメン(できあがり)

ちょっとビジュアル的にはさみしいと言わざるをえないですね;
同日発売の「ラ王PREMIUM」と比較されてしまうせいもありますが;

ただ、「ラ王」とこの商品は価格帯がけっこう違ってますからね!

しかし家系と言えば、焼海苔は大きなポイントになるのですが、
汁なし+焼海苔はどう食べるのが正解なのか少し迷いますね!

まずはその味ですが・・・おおぉ、見事な家系の再現度ですね!(●・ω・)

さすがはサンヨー食品、ノンフライ麺向けのタレの調整に強く、
なおかつ家系ラーメンのポイントを押さえた作りになってます!

まずベースとしてしっかりとしたコクの豚骨が固めています!
やはり家系は豚骨の部分がしっかりしてないとダメですからね!

そのまろやかな豚骨に鶏油が加わることで厚みがさらに加わり、
この両者によって家系としてのポイントが押さえられています!

ただし、汁なし向けに油脂を闇雲に強めているわけではないです!

汁なし商品って、油脂をものすごく強く効かせることが多いですが、
この商品は「家系らしい油脂感」の範囲にきちっと整えています!(*゚◇゚)

また、家系らしく味はやや濃いめの仕上がりなっていますが、
あくまで比重の高さはタレよりも豚骨&鶏油にあるのですよね!

そして今回は汁なしということで、にんにくがやや強めです!
そうすることによって、まぜそばらしいジャンク感も高まってます!

汁なしにするために家系の味を大幅に変えてくるのではなく、
あくまで家系の味でできるだけしっかりと再現したうえで、
より汁なしに合うように調整する、このバランス感が見事です!

「家系の汁なし版」と聞いて、思い浮かべる味そのものですからね!

たれの原材料はポークエキス、植物油脂、鶏脂、しょうゆ、
香辛料、糖類、食塩、酵母エキスという構成になっています!

ほんとひねりを入れずに「家系らしさ」を追求した内容ですね!

麺は丸刃で中太ぐらいのプリッとしたノンフライ麺です!

サンヨー食品はノンフライ麺の汁なしの経験値が高いこともあり、
まず湯切り後の麺のほぐれがものすごくいいのがポイントですね!

この点は間違いなく「ラ王PREMIUM」より上と言っていいです!(`・ω・´)

こうした点も食べる際のすすりやすさに大きく影響しますからね!

表面の食感はややしっかり、噛んでみるともっちりとした弾力、
それでいてすする際のつるみもあり、カップ麺の汁なしとしては、
オールマイティな力を備えた汎用性の高い麺と言えるでしょう!

この麺があるからこそ、サンヨーが汁なしノンフライに強いとも言えますね!

麺の量は70gで、カロリーは410kcalとなっています!
脂質は15.1gで、麺量とノンフライなのを考えるとやや高めですね!

やはり家系ラーメンの再現には一定の脂質は必要ですからね!

具材は鶏・豚そぼろ、ほうれん草、焼き海苔となってます!

そぼろもほうれん草も分量はこれといって多くはないのですが、
全体をまぜることで、麺に自然と絡んでくるようになりますし、
ちゃんと風味のアクセントとしては機能してくれていますね!

そぼろの肉感、ほうれん草の軽い苦味もどちらも楽しめます!

少なくても存在感が感じられるというのはいいことですね!

そして焼海苔ですが、このままでは食べ方が謎だったので、
今回は2種類の食べ方をそれぞれ試してみることにしました!

まず1枚は手で細かくちぎってごく普通のトッピングとしました!

ただ、これについては・・・あまり効果的ではなかったですね;

たしかに全体にほんのりと海苔の風味が加わってくれるのですが、
家系の味で求められる海苔の主張の仕方とは少し違うのですよね!

そしてもう1枚は食べ始めてからカップの底へと沈ませてしまい、
カップの下に少したまるタレをじっくりまとわせてみました!

そのうえで麺に絡めて食べると・・・うん、やはりこれですよ!(*゚ー゚)

家系の海苔はスープと鶏油をじっくりと吸わせたうえで、
麺に絡めながら食べるというのが最もおいしいのですが、
それを汁なしで再現するならこの方法が最適でしょうね!

焼海苔はすぐにカップの底に沈めてある程度まで放置する、
そして後で麺を巻いて食べる、これがベストだと思いました!

具材こそ多少さみしいものの、たれの家系の再現度はすこぶる高く、
ほぐれも良く、しっかりとプリ感を楽しめるノンフライ麺は秀逸で、
焼海苔も工夫をすればラーメンと同様に楽しむことができるなど、
サンヨー食品の汁なしへの強さを見せつけられた思いがしましたね!

このタイプの商品はぜひとも今後も発売し続けてほしいですね!

「サンヨー食品のノンフライ汁なしにハズレなし」、
そうした確信を裏付けてくれるような見事な一杯でした!(゚x/)モッキリュリュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

はじめ製麺所 壱 まぜそば

松原市から少し堺市美原区に入ったところにある
「はじめ製麺所 壱」に2回目の訪問をしてきました!

お店ができてから初訪問までは時間がかなりかかったものの、
2回目の訪問までの間隔が短いのはいかにも自分らしいですね;

どうしても最初のきっかけを作るまでが難しいのですよね!

こちらのお店の基本は「中華そば」と「まぜそば」なので、
これでおおむねメインの麺メニューは食べたことになります!

もう少しぐらいバリエーションがあってもいい気もしますが!
魚介系のつけ麺あたりもこのお店なら十分にいけそうですしね!(*゚ー゚)

はじめ製麺所 壱 まぜそば

というわけで、注文した「まぜそば」がやってまいりました!
どのパーツを見てもいかにもこのお店らしい感じがしますね!

こちらのお店の「中華そば」はスープに動物系は使っておらず、
あくまで魚介系のみでスープを取る方式を採ってるのですよね!

そうしたお店なだけあって、「まぜそば」もヘルシー路線で、
そのビジュアルからしてジャンクっぽさがないのですよね!

卵黄ではなく半熟卵が乗るあたりもオシャレな雰囲気ですし、
玉ねぎもザックリとはしておらず実に細かく刻まれていて、
海苔、ニラ、ねぎ、ミンチのどれも非常に細かいのですよね!

一方でまぜそばというと、ジャンクさが大きな魅力のものですし、
こうした上品なまぜそばでどれだけ満足度を出すことができるのか、
そのあたりが大きな鍵になってくるのは間違いないところですね!

ということで、まぜそばらしく全体をまぜてからいただきます!

まずはその味ですが・・・おっ、上品系ながらしっかりしてますね!(●・ω・)

何と言ってもその旨味に弱さを感じさせないのが上手いですね!

上品なまぜそばなので、にんにくがゴリゴリ攻めるわけでもなく、
油脂でガツンとパンチを効かせてくるというわけでもありません!

要はまぜそばの二大要素がどちらも外された一杯なのですよね!

そうでありながら、ベースのタレとミンチの甘みが厚みを持たせ、
にんにくのかわりにニラと玉ねぎ、ねぎによって香味のパンチを出し、
そして多めの魚粉と海苔が魚介系の旨味をビシッと効かせています!

さらに半熟卵によって油脂とはまた違ったまったり感を加えます!

こうして見るとにんにくと油脂という二大要素を外しながらも、
その代わりになり得る要素を上手に使ってきてるのですよね!

だからこそ600kcalという低カロリーも実現できたのでしょう!

中でも核になっているのはやや甘めに仕上げられたタレでしょうね!

肉系のコクが移された甘めのタレって、風味に厚みを出しますし、
この甘みの使い方の上手さに関しては面白いと思わされましたね!

そういうふうにしてまぜそばらしさをきちっと演出はしながらも、
上品に仕上がっているのは、具材の扱いによる面が大きいですね!

玉ねぎに代表されるように粒を細かくすることで野性味を抑えて、
香味は出しながらも攻撃的になりすぎないようにしてるのですよね!

こうして見てみると、かなり練られたまぜそばだなと思わされますね!(=゚ω゚)

そんな油脂もにんにくも控えめな上品なタイプのまぜそばですが、
油脂に関しては「秘伝のたれ」という食べるラー油で補えます!

「秘伝のたれ」といういかにもな名前には苦笑してしまいますが!

はじめ製麺所 壱 秘伝のたれ(食べるラー油)

この食べるラー油は主に唐辛子、白ごま、干し海老の3つで構成され、
意外と辛味もあって、香ばしさや旨味もいい具合に加えてくれます!

なので、まぜそばの味変用調味料としてはかなりアリと言えますね!
もちろん入れれば入れるほどカロリーは上がることにはなりますが!

単なるラー油にしないあたりの工夫がこのお店らしくもありますね!

そして今回麺のアップについては写真を撮り忘れたのですが、
麺はけっこう太めでがっしりとした食感のものとなっています!

もっともっちり系の麺で来るかと思っていただけに意外でしたね!(*゚◇゚)

小麦の風味はそこまで強くなく、噛み切るのを楽しむタイプの麺で、
タレの方向性に合わせてか、それほど主張の強い麺ではないですね!

こちらのお店は店内に製麺機もあって、全て自家製麺なのですが、
スープやタレが上品ということもあってか麺の主張も控えめで、
自家製麺ならではの個性は実のところあまり出てないのですよね!

そこがもう一つ踏み込んでくれば、もっと面白くなりそうなのですが!

かといって主張の強い麺を合わせると麺勝ちしてしまいそうですし、
そのあたりがお店としても悩みどころではあるのでしょうけどね!

はじめ製麺所 壱 まぜそば(締めご飯)

そして「まぜそば」には締めご飯があらかじめサービスとしてつきます!(`・ω・´)

こちらのまぜそばは甘めのタレということでご飯によく合いますし、
タレの残り具合もご飯とまぜるのにちょうどいい量だったりしますし、
自家製の食べるラー油を合わせればさらにご飯との相性も向上するなど、
ちゃんとまぜそばとしての大事なポイントは押さえてくれていますね!

そういえばまぜそば向けの卓上調味料として定番の酢はなかったですね!

こちらのお店のまぜそばはもともと風味が上品ということもあり、
酢を合わせるとさっぱりしすぎてしまう可能性もありますしね!

もちろん「中華そば」に比べるとややワイルドな仕上がりながら、
このお店らしい上品さがあり、まぜそばとしてのまとまりも高い、
このあたりはしっかりと考えて作られているのが伝わりましたね!

そして今回もまた入店から退店まで客が自分一人だったのですが、
これはこの地域全般に対して言えるという側面もあるようですね;

帰り道に横を通ったガストも午後8時で客がほとんどゼロでしたし(;゚ω゚)

味はまとまってるだけに、もっとお客さんが入ればと思うのですが、
昼などの他の時間帯では全然様子も違うのかもしれませんね!

上品ながらもしっかりとポイントを押さえたまぜそばでした!(゚x/)モッキュリー

[メニュー]
はじめ製麺所 壱 券売機(2017年6月)

お店の住所と地図 大阪府堺市美原区今井71

【関連記事】
はじめ製麺所 壱 まぜそば
はじめ製麺所 壱 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

7/10発売 一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)

7/10発売のエースコックからの新作
「一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン」
を食べました!

昨年8月に第1弾商品が発売され、今回でもう9商品目となりますが、
今回はその第1弾の「ぜんや」の塩ラーメンの再発なのですよね!

とは言っても、単に第1弾商品をそのまま再発売するのではなく、
麺を中心に新たに研究を重ねたうえでの発売となっています!

このシリーズを通してエースコックが成長してきた感は非常に強く、
それゆえに第1弾商品をもっと納得いく形にして再発売したい、
そうした思いから生まれたリニューアル商品と言えるかもですね!(*゚ー゚)

7/10発売 一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)

パッケージのデザインはそれほど大きくは変わってないですね!
ただ、左右の写真が第1弾商品のときとは変えられていますが!

7/10発売 一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)(内容物)

今回もエースコックらしく、中に液体スープが入っています!
液体スープの袋の色も第1弾のときと変わっていたりします!

7/10発売 一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)(できあがり)

できあがりのビジュアルに関してはほとんど変わらないですね!

まずはスープですが・・・おっと、ホタテの旨味がガツンと来ますね!(●・ω・)

鶏や豚をベースにホタテを強く打ち出し、複合的な旨さも感じさせる、
そうした印象に関しては昨年発売されたバージョンと共通してますが、
自分が感じた細かい印象を見返してみるとけっこう変化がありますね!

まず昨年は最初にスープを飲んだときに煮干を強めに感じたのですが、
今回は煮干のような魚系の旨味はそれほど感じなかったのですよね!

その一方で、ホタテの旨味に関しては昨年よりも遥かに強く感じました!

なので、昨年は文字通り複数の旨味が交わる複合性を強く感じましたが、
今回は昨年に比べるとスープの軸がよりはっきりしたという印象です!

前面にはホタテ、そしてそれを鶏と豚の動物系がしっかりと支えて、
さらに油脂で一定のコクを加えながら、昆布で旨味をブーストする、
全体の味わいの構成がよりわかりやすく伝わるスープになってますね!

スープの軸がよりはっきりしたことで、直感的な旨さという点では、
昨年と比べてもややレベルが上がったと言ってもいいでしょうね!(*゚◇゚)

スープの原材料は鶏・豚エキス、食塩、動物油脂、植物油脂、魚介エキス、
糖類、しょうゆ、野菜エキス、香辛料、たん白加水分解物、全卵粉、
コンブエキス、でん粉、発酵調味料という組み合わせになってます!

昨年と比べると、原材料の順序がちょっと入れ替わっていますね!

ホタテを強めつつも、生姜などを含めた香味野菜が強めな点など、
やはり複合的に旨味を重ねているという点は継承されていますね!

麺は太めで、しっかりとした食感の油揚げ麺となっています!(=゚ω゚)

麺の太さなどについてはおそらく昨年と同じぐらいですね!
また、ややがっしり系の食感である点も継承されています!

今回も麺の食感の主張をちょっと強めに感じる点は同じでしたが、
スープとのバランス感についてはより向上したと思えましたね!

これはスープの塩分濃度を少し高めたことも影響してそうですね!
麺の太さが同じですが、スープが強くなるとバランスが変わりますし!

でもって、がっしり食感ながらもカドメンほど強い主張ではなくて、
「がっしり」から「しっかり」に移行しつつある印象を受けましたね!

そうした食感のちょっとした変化もバランス向上に貢献してましたね!(`・ω・´)

商品説明には「研究を重ねパワーアップしたもっちりめん」とあるので、
今回のリニューアルの中心は麺とバランスの向上にあったのでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは359kcalとなっています!
脂質は11.7gで、けっこう控えめな数字となってますね!

栄養成分としては、昨年とそれほど変化してないですね!

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎとなっています!
この組み合わせに関しては昨年から全く変わっていないですね!

チャーシューはいつも通りのごく普通のカップ麺的なもので、
食べごたえはそれほどないもののビジュアル的にはいいですね!

メンマは小さめながらも、コリコリ食感がしっかりと楽しめます!

ほうれん草はほんのりとした苦味でいいアクセントとなってます!

具材に関しては特にパワーアップしたとかはないみたいですね!

食べたときは昨年とおおむね方向性が同じかと思っていましたが、
昨年の記事を読み返すとけっこう大きな違いがあるのがわかって、
しっかりと作り直してきたことが伝わってくるのは良かったですね!

とりわけスープの構成要素の中でホタテがより前面に出てきていたり、
麺とスープのバランスが向上していた点は評価できるでしょうね!

旨味の深い塩ラーメンを食べたいときには期待に応えてくれるでしょう!(゚x/)モキキッ

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば

7/10発売の日清「ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」を食べました!
ついに日清のカップ麺から「台湾まぜそば」が登場しました!

これまで様々なメーカーが「台湾まぜそば」を出してきましたが、
日清はカップ麺ではこれまでずっと発売してこなかったのですよね!

ただし、チルド麺では「麺屋こころ」の監修品を出していましたが!

今回はそうした意味でもかなりインパクトのある商品となりますね!
しかも高価格帯である「ラ王PREMIUM」からの登場となりますからね!(*゚ー゚)

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば

しかしこのカップで汁なしというのもまたちょっと面白いですね!

いつもなら普通にフタをめくってお湯を入れるだけのはずが、
今回は汁なしということでちゃんと湯切り口がついてますしね!

下仁田ねぎをウリにしているというのもこれまでにないですね!

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば(内容物)

内容物はかやく2袋と液体だれ、ふりかけとなっています!
かやく2袋のうちの1袋は下仁田ねぎだけが入っています!

もう1袋のかやくのほうにもねぎが入っているので、
いやにねぎにこだわった具材構成となっていますね!

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば(できあがり)

うん、300円近い価格帯ということもあり具材は豪華ですね!

ひき肉も量が多く、2種類のねぎが入ることで彩りも豊かで、
ふりかけによって台湾まぜそばらしさも演出されています!

まずはその味ですが・・・ちょっと食べやすい台湾まぜそばですね!(●・ω・)

ノンフライ麺ということで、麺にジャンクさがないのもありますが、
他のカップ台湾まぜそばに比べるといくぶん攻撃性は控えめです!

それでも台湾まぜそばのカギであるにんにくは効かされてますし、
多めの豚脂に醤油系のタレと基本は決して外されたりはしておらず、
ふりかけによって魚粉と海苔の2つのポイントも押さえられています!

なので、ものすごく丸みのあるタレということではないのですが、
ややまったり感のほうに軸が寄っているといった感じですかね!

もっともその分だけタレのコクに関しては申し分ないですが!

そのように感じる大きな要因の一つがニラが入っていない点ですね!(=゚ω゚)

台湾まぜそばの構成要素というと、ひき肉、ねぎ、ニラ、卵黄、
魚粉、海苔のあたりですが、この「ラ王」の台湾まぜそばは
不思議とその中からすっぽりとニラが抜けているのですよね!

ニラが入るかどうかによって香味の強さなどが変わってきますし、
それによって全体の攻撃性などのバランスも変わるのですよね!

これが全体的にやや丸みのある方向に感じられた最大の要因でしょう!

もう一つの大きな要因が具材に使われている下仁田ねぎなのですが、
この点については具材に関する項目で触れていこうかと思います!

タレの原材料は豚脂、香辛料、醤油、ポークエキス、糖類、
魚粉、食塩、魚介調味油という組み合わせになっています!

こうして見るとなかなかシンプルですが、まず豚脂のコクを中心に据え、
醤油ダレでありながらも醤油の持つシャープさを押し立てるのではなく、
動物系の持っているどっしり感を重視しているのがよくわかりますね!

麺は「ラ王」らしい、やや平打ち気味のノンフライ麺となっています!

「ラ王」ということもあり、非常にしっかりとした食感の麺で、
こうした力強いタレと合わせても全く負けない力がありますね!

これまで多数のカップ台湾まぜそばが世に出されてきた中で、
独自の個性を打ち出すために、この「ラ王PREMIUM」で出すことで、
麺のクオリティで強いインパクトを与えたかったのでしょうね!

その点については間違いなく成功していると言っていいでしょう!(`・ω・´)

麺のしっかり食感といい、幅広であることによる主張の強さといい、
カップ台湾まぜそばの麺としてはかなりの強みを発揮できています!

ただ、麺がややほぐれにくいというのが少し弱点になってはいますが!

麺の量はけっこう多めの80gで、カロリーは525kcalとなっています!
脂質は23.4gで、ノンフライ麺の商品としてはかなりの高さですね!

80gという麺量は、一般的な汁なし系としてはやや少なめですが、
ノンフライ麺であることを考えるとけっこう頑張っていますね!

具材は肉そぼろ、2種類のねぎで、さらにふりかけとして
魚粉、海苔、香辛料などが加えられるという形になってます!

肉そぼろは肉感もあり、量もかなり多く入ってくれていますし、
さらにタレとの相性も良く、具材としては文句のない内容です!

カップ台湾まぜそばでは、具材に普通のそぼろを使わずに、
ダイスミンチなどで代用することもよくあったりしますが、
やはりこうした質の高いそぼろだとその良さも光りますね!

そしてねぎですが、右側の普通のねぎもちゃんとリアル系で、
ねぎらしい食感や風味を楽しむことができるものとなってます!

一方の下仁田ねぎですが、これはその甘さに驚かされますね!(*゚◇゚)

ちょっと食べるだけでも、右側のねぎとの違いが明らかにわかり、
熱を加えた白ねぎならではの甘さをじわっと口の中に広がります!

そのように一つのねぎ具材としてはかなりクオリティなのですが、
この甘さもまた全体を丸く仕上げる要因となっているのですよね!

ニラを外すかわりに、甘みの強いねぎを加えたわけですからね!

普通は「台湾まぜそば」のねぎは全体の刺激を強める役割ですが、
この下仁田ねぎに関してはそれとは逆の方向を向いてるのですよね!

ただ、だからといってそれが失敗になっているというわけではなく、
その「やや上品な台湾まぜそば」がこの商品の狙いなのでしょうね!

なので、「台湾まぜそばらしさ」という点だけで見ていってみると、
「麺屋はなび」の監修品がこの「ラ王」を凌いでいると言えるのですが、
こちらも独自の立ち位置として見事な仕上がりなのは間違いないですね!

ふりかけの魚粉や海苔は具材というよりはタレの一部で、
全体の「台湾まぜそば」らしさを大きく引き上げています!

日清はこれまでカップ麺では「台湾まぜそば」を出してなかったので、
その中でどうやって個性を出すかに苦心したのがうかがえる一杯でしたね!

そこで見出した方向性が、台湾まぜそばらしさをきちっと演出しつつ、
どこかやわらかな高級感が感じられるという路線だったのでしょう!

どっしり感とまろやかさ、そしてねぎの甘さが印象に残る一杯でした!(゚x/)モッキロン

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.