麺哲支店 麺野郎 徳島椿泊産鱧と煮若布の塩つけ麺

池田市にある「麺哲支店 麺野郎」へと初訪問してきました!(`・ω・´)

このお店は以前から、いつかは行きたいとずっと思ってたのですよね!

何せ大阪における自家製麺のパイオニア的な存在でもある「麺哲」の
つけ麺メインのお店であり、「麺哲」の庄司店主自身が厨房に立つという
そうしたお店であるだけに一種の憧れに近いものを持ってましたからね!

自分が最も頻繁に訪問する「綿麺」の店主さんに製麺を教えたのもまた、
「麺哲」の庄司さんですし、そういう意味でも一人のラーメン好きとして、
行かないままでいるわけにはいかない、そうしたお店でもありましたからね!

しかも麺に対するこだわりをとにかく強く持っている「麺哲」が、
麺の旨さをダイレクトに味わえるつけ麺を展開しているわけですから、
これを実際に食べると食べないとでも大きな違いがありますしね!

とはいえ、こちらのお店は駅から遠いので電車に行くのは極めて難しく、
また伊丹空港のすぐそばですから距離的にもかなり遠くなってしまい、
これまでは行きたくても行けないという状況が続いていたのですよね!

それが今回は友人からの提案もあり、ついに訪問が実現できたわけです!

お店に入って席に座るとちょうど目の前に庄司店主がいるところで、
一人で勝手に「おぉ、庄司さんだ!」と緊張してしまってましたが!笑

初訪問ということでまずは基本のつけ麺からいくべきなのですが、
こちらのお店は旬の魚を使った創作的なつけ麺もまた魅力的で、
張り出しメニューに載っていた鱧のつけ麺がどうしても気になって、
初訪問でありながら思い切ってそちらのほうを注文してみました!

麺哲支店 麺野郎 徳島椿泊産鱧と煮若布の塩つけ麺

手前に見えている梅肉は鱧を食べる際につけるためのものですね!

まずは麺ですが・・・いやぁ、これほどの麺はそうそうないですね!(●・ω・)

麺哲系列のつけ麺の麺は「坊也哲」で何度か味わっていますが、
こちらの麺はそれをさらに一段階上回る旨さを感じますね!

表面の艶やかさとつるりとした質感、噛んだときの弾力とコシ、
そして麺の持っている風味と、どこにもスキを感じさせません!

「麺哲」系の麺って、ほんと麺の密度感が他とは違うのですよね!

麺を構成する小麦がキュッと詰まっている感じがものすごく強く、
麺の中が麺の構成要素と水だけで100%満たされている感があります!

つけ麺の麺は歯に触れた瞬間にある種の壁を感じるものも多いですが、
こちらの麺はそうではなく、まず触れたときからしなやかな質感があり、
噛むと高い密度感と中華麺の持つコシが交わるような押し返しを見せ、
噛み切る瞬間は硬さとは違う、麺がプリッと弾ける感覚がやってきます!

噛み切る際にしなやかさがなく、ただブリッと切れる麺とは明確に違い、
麺の押し返しの心地よさと噛み切るときの弾力の楽しさが同居していて、
なおかつ密度感が高いので麺からスカスカとした感触を一切感じない、
つけ麺の麺として自分が理想と思えるほどのものがここにはありますね!

そしてこの麺でもう一つ欠かすことができないのが表面のつるみですね!(*゚◇゚)

つけ麺はラーメン以上にすすって食べてこそ旨いものなのですが、
こちらのお店の麺はとにかくすすり心地の良さが凄いのですよね!

つるみがあるので、すすったときに勢いよく口に運べますし、
それと同時に麺同士が絡みにくくなる効果も生んでるのですね!

「坊也哲」で食べるときもそうしたことはつねづね感じてましたが、
こちらのお店で食べることで、麺そのものが持っている様々な特徴と
すすり心地や食感という体感的なものが頭の中できれいに繋がりましたね!

今回は麺量を300gで注文したのですが、300gという量の麺を
これほどまでに少なく感じてしまったのは今回が初めてでした!

要するにそれだけするすると入っていってしまったわけですよね!
「しまった、400gにしておけばよかった」とすぐ後悔しましたし!

麺哲支店 麺野郎 徳島椿泊産鱧と煮若布の塩つけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁は鶏ベースに昆布と節系のだし、そして塩ダレを合わせたものですね!

この基本の組み立てに関しては非常にシンプルなものなのですが、
むしろここに具材である鱧と煮わかめから出る風味こそが主役です!(=゚ω゚)

このつけ汁を味わったときにまず最初に感じたことは、
「わかめってこんなにいい風味が出るのか」という点でしたね!

わかめって基本的にあまり煮込まずに食感を残すことが多いので、
こうして煮ることで風味を引き出すのってけっこう珍しいですね!

また煮ることで食感はしんなりとやわらかくなってるので、
それを少し麺に絡めながら食べるとより風味が広がります!

そしてもう一つの主役である鱧から出ている旨味がいいですね!(*゚ー゚)

あえてシンプルな塩系のつけ汁だからこそ鱧の持っている
そのしっとりとした旨味が前面に感じられることができて、
普通の塩つけ麺にはない滋味深い旨さが感じられましたね!

またこちらのお店ではつけ麺の食べ方指南が載っていますが、
その中でつけ汁の塩分を少し濃いめにしている点に触れています!

これは後半になるにつれて麺とつけ汁のなじみが悪くなるので、
そうなっても麺をつけ汁につける際の深さを調整さえすれば、
美味しく食べられるようにと考えられた構成なのだそうです!

なので、前半はやや浅めに麺をつけ汁につけるようにして食べ、
後半になるにつれて徐々に深くしていくといいとのことです!

ちなみにこの鱧のつけ汁のスープ割りは昆布だしでしたね!

スープ割りが昆布だしというのはかなり珍しく思いますが、
この昆布だしが非常に上手くひかれていて旨味が深くて、
鱧との相性がすこぶる良く、いいスープ割りになってましたね!

具材は鱧に煮わかめ、豚チャーシュー、メンマ、ねぎが入ってます!

豚チャーシューはなかなかの厚切りでゴロゴロ入っていて、
豚の赤身の持っている旨さをじっくり堪能できるものですね!

特につけ汁の旨味となじんでいるのがたまらないですね!

そして具材の主役は何と言っても鱧と言っていいでしょう!(*・ω・)

徳島県の椿泊産の鱧で、とにかくその肉厚さが素晴らしいです!

鱧というと、どうしても肉は比較的薄いというイメージがありますが、
これは厚みがあり、鱧の持っている旨味もギュッと詰まっています!

やはりいつも旬の質の高い魚を仕入れているだけのことはありますね!

麺哲支店 麺野郎 鮨(アジとカンパチ:2017年5月)

今回は300gということで、もっと食べられそうだったので、
鮨(ネタはお任せのみ)を2皿(4貫)頼むことにしました!

魚にこだわっているお店だからその質には安心感がありますし、
何より庄司さんの握る鮨を食べたいという思いもありましたからね!

ということで、アジ(左)とカンパチ(右)の鮨が提供されました!

まずはアジですが・・・いやぁ、このアジは旨いですねぇ!(●・ω・)

回転寿司などの青魚はどれもクセがあってイマイチですが、
質のいい青魚はほんと他の魚以上の旨さがあるのですよね!

肉厚でクセがなく、噛んだときはスッとほどけていく、
それでいてアジの旨さがあり生姜がさっぱりと締める、
この味わいなら2貫300円でも十分安いと言えますね!

少なくとも「ラーメン屋さんの鮨」のイメージではないです!

庄司店主はもともと和食の道を通ってきた人ですから、
魚料理のプロの技術も楽しめる店でもあるのですよね!

そしてカンパチですが・・・これはちょっと驚きましたね!(*・ω・)

食べた瞬間はトッピングの大根+にんにくのおろしの
効果などもあっていくぶんさっぱりとした口当たり、
それが時間が経つと甘い脂のコクが余韻を残すように
広がってきてそのまろやかさに包み込まれるのですよね!

しかもそのクセのなさといい、
「カンパチってこんなにおいしい魚だったっけ」
と思わせられてしまう力がありましたね!

やはりその魚の持っている魅力を知ろうとするなら、
いい魚をいい調理法でいただかないとダメなのですね!

そうした魚料理に対する触れ方も勉強できた思いでしたね!

いくら訪問までの距離のハードルが高いとは言っても、
これはもう1回だけの訪問で満足してはいけないでしょう!

やはり基本の「肉つけ麺」は狙っておきたいですし、
単品系のメニューもそそられるものが多いのですよね!

なおかつ創作系の塩つけ麺にも興味津々だったりするので、
毎月は無理でも数ヶ月に1回ぐらいは通いたいところですね!

麺のクオリティはもちろん、つけ汁もサイドメニューも大満足で、
ここを知らずにつけ麺は語れないと、そう思わせてくれるお店でした!(゚x/)モキニュニュニュッ

[メニュー]
麺哲支店 麺野郎 メニュー(その1)

麺哲支店 麺野郎 メニュー(その2)

麺哲支店 麺野郎 張り出しメニュー(2017年5月)

お店の住所と地図 大阪府池田市豊島南1-10-3 上田ビル1F

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

どん兵衛 総合メニュー

「日清のどん兵衛」シリーズの記事をまとめたメニュー記事です!
このブログ内の「どん兵衛」の記事へは全てここから飛べます!(●・ω・)

【ベーシックなつゆのうどん・そば】
どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん
どん兵衛 カレー南蛮そば
どん兵衛 きつねうどん 39周年特別限定品
35周年 どん兵衛 関西風きつねうどん
35周年 どん兵衛 きつねぶっとそば
どん兵衛 天ぷらそば ぶっとリッチ
ぶっとうどん入荷

【創作色の強いつゆのうどん・そば】
どん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん
どん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん
どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん
どん兵衛 旨辛 鶏だし太そば
どん兵衛 金ごま担々そば
どん兵衛 豚骨白担々うどん
どん兵衛 黄金のかつお香油付き 芳醇だしカレーうどん
どん兵衛 ピリッと辛口担担うどん
どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん
どん兵衛 CHEESE カルボナーラうどん
どん兵衛 WHITE 白ちゃんぽんうどん
どん兵衛 GOLD 金の鶏だし塩うどん
どん兵衛 ありが豚 とんこつちゃんぽんうどん
どん兵衛 和風担担うどん
どん兵衛WHITE 白ちゃんぽんうどん

【コンビニ向けの創作系縦型どん兵衛】
どん兵衛 ギョーザラブうどん
どん兵衛 カルボナーラうどん
どん兵衛 明太子クリームうどん

【焼うどん】
どん兵衛 焼うどん 旨塩だれ ゆず胡椒仕立て
どん兵衛 焼うどん 担担 花椒仕立て(2017年版)
どん兵衛 焼うどん だし醤油香味油仕立て
どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て
どん兵衛 焼うどん 和風たらこ味(2015年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2015年)
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2011年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2011年)

【年明けうどん】
どん兵衛 年明けうどん 2017
どん兵衛 年明けうどん 2016
どん兵衛 年明けうどん 2013
どん兵衛 年明けうどん 2011
どん兵衛 年明けうどん 2010

【ご飯もの】
どん兵衛 鴨だし雑炊
どん兵衛 釜めし仕立て

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん

5/8発売の日清「どん兵衛 ギョーザラブうどん」を食べました!
コンビニ向けの創作系縦型どん兵衛シリーズからの新作です!

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん

このシリーズはこれまで「明太子クリーム」、「カルボナーラ」と、
いかにもパスタを意識した商品が続いていたのでその路線かと思いきや、
今回はギョーザと急に中華料理に飛ぶという極端な変化を見せています!

ただ、ギョーザ風味のカップ麺というと、うどんではないものの、
すでにエースコックが「ギョーザパンチラーメン」を出してるので、
それとの差別化がどうはかられているかがポイントになりますね!

そこが上手く行かないとどうしても二番煎じ的な印象になりますし!(=゚ω゚)

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん(内容物)

ニラがたくさん入っているというのはいかにもギョーザらしいですね!

ギョーザらしさの演出にはスープの風味を近づけるのに合わせて、
具の面でもギョーザの雰囲気を上手く出さないといけないですしね!

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん(できあがり)

スープの色合いはいかにもギョーザのタレっぽくなってますね!
ちょっぴり浮かんでいるラー油の色合いもギョーザ風ですし!

まずはスープですが・・・うん、やはりギョーザのタレ路線ですね!(●・ω・)

なので、方向性はおおむね「ギョーザパンチラーメン」と近く、
それをいくぶん優しく仕上げたようなスープになってますね!

ギョーザのタレの核であるやや酸味を感じる醤油ダレを軸に、
少々強めににんにくや玉ねぎなどの香味野菜の風味を効かせ、
そこに餡である肉系のコクや旨味を加えたものとなってます!

「ギョーザパンチラーメン」が香味野菜をかなり強く効かせ、
さらに酢の酸味もはっきりと立てたスープであるのに対して、
こちらはそうした鋭い要素がいくぶん控えめとなっています!

ラー油に関しても入ってはいるもののそこまで目立ちはせず、
ギョーザのタレっぽさを軽く付加する程度にとどまっています!

スープの原材料は豚脂、醤油、糖類、小麦粉、でん粉、食塩、香辛料、
チキンエキス、オニオンパウダー、植物油脂、香味油となっています!

これを見てまず意外に感じたのが酢が入っていないという点ですね!

ただ、先入観もあってか食べたときは酸味もそこそこ感じますが、
醤油+香味野菜などによって感覚的にそう感じるだけなのかもです!

このシリーズって、「カルボナーラうどん」なども同様でしたが、
打ち出している方向性こそかなり奇抜なものだったりしながらも、
その味はそれほどとがらずバランス重視だったりするのですよね!

そうした特徴は今回のギョーザのうどんにも共通していますね!(*゚◇゚)

ただ、それゆえに大人しく感じるという弱点もあったりしますが!

どうしても先発の「ギョーザパンチラーメン」がインパクト抜群なので、
こちらは万人受けしやすい食べやすさはありつつも全体的におとなしく、
そのあたりがちょっと評価を分けてしまいそうな感じはしましたね!

麺はどん兵衛らしいもっちり感の強い油揚げ麺のうどんです!

縦型カップなので、どんぶり型よりも戻りにムラがありますが、
それでも縦型カップとしては充実した厚みを持った麺と言え、
他の縦型系うどんとは一線を画すだけの完成度を持っています!

また麺の戻りのムラも過去2作に比べると改善した気がしますね!
この点は今回のスープにとろみがなかったのも影響してるかもです!

エースコックの「ギョーザパンチラーメン」とその味を比べたときに、
ギョーザの再現度の点で優位性を持っているものの一つがこの麺で
うどんのもっちり感がギョーザの皮を連想させてくれるのですよね!

中華麺は作る際にかんすいというアルカリ性の液体を使いますが、
ギョーザの皮はかんすいを使わないので質感が違うのですよね!

そのため、ギョーザの皮の食感はむしろうどんのほうが近くて、
うどんと合わせたほうがギョーザの皮らしさが出るのですよね!

おそらく今回のうどんはそこに着目したという面もあるのでしょう!
アイデアは二番煎じ的ながらも、この視点は面白いと言えますね!(*゚ー゚)

麺の量は70gで、カロリーは409kcalとなっています!
脂質は16.3gで、ごく普通といったぐらいの数字ですね!

具材は肉そぼろ、キャベツ、ニラ、赤唐辛子となっています!

「ギョーザパンチラーメン」はここに揚げ玉が加わりますが、
それを除けば具材の組み合わせも全く同じものとなってます!

ニラは量も多く、具材の中でも主役と言える存在感がありますね!

特にニラの香味はギョーザらしさの演出に非常に効果的で、
その強めの風味がいいアクセントとなってくれています!

キャベツはごく普通ですがギョーザの餡らしい雰囲気はあり、
赤唐辛子はラー油と合わせてピリッとした刺激を加えます!

エースコックに対してもう一つ強みを見せてるのがそぼろですね!(`・ω・´)

というか、エースコックのそぼろに味がないのが変なのですが、
こちらはちゃんと肉らしい風味のあるそぼろとなっているので、
ギョーザの持つひき肉の旨味をしっかりと感じることができます!

「ギョーザパンチラーメン」があるためオリジナリティに弱みがあり、
スープのインパクトも控えめだったりと大人しめの仕上がりながら、
うどんの麺による皮らしさの演出という点は食べる価値ありですね!

「ギョーザパンチラーメン」が名前の通りパンチを楽しむ商品なら、
こちらはタレの味がついた皮を楽しむ商品といった感じに近いです!

怪しげな路線ながらも今回もバランス型らしさを持った一杯でした!(゚x/)モキューン

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/15発売 出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油

5/15発売の日清「出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油」を食べました!

「出前一丁」の担々麺って過去にもありそうな印象でしたが、
どうもこれまで担々麺アレンジは作られてなかったようですね!

また、今回は袋麺との同時発売ということでかなり気合が入ってます!

5/15発売 出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油

このところ「出前一丁」は以前にも増してゴマを前面に出してるので、
そのアレンジとして担々麺が登場するのは自然な流れと言えますね!

また、今回はいつものごまラー油にも「辛」の文字が加わってます!(*゚ー゚)

5/15発売 出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油(内容物)

担々麺ということで具材の方にもチンゲン菜などが入ってますね!
担々麺らしさと出前一丁らしさ、この両立がどうなるのか注目です!

5/15発売 出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油(できあがり)

ついうっかり後入れの辛ごまラー油を入れ忘れて写真を撮りました;
一口食べた後で気付いて入れたので、写真はラー油なしバージョンです;

まずはごまラー油なしの味ですが・・・あぁ、ベースに「出前一丁」を感じます!(●・ω・)

たしかにトータルとしてはそこそこごまの効いた担々麺ですが、
基本となっている醤油スープはたしかに「出前一丁」のものですね!

「チキンラーメン」がどんなアレンジを加えてもベースが強くて、
どうあがいても「チキンラーメン」らしさが強く出るのに対し、
「出前一丁」ってごまラー油以外はそこまで個性が強くないので、
他の味を加えつつ「出前一丁らしさ」を残すのが難しいのですよね!

ただ、その中でごまを加えることで担々麺らしさを与えながらも、
「出前一丁」らしさも出すという試みは何とか成功しています!

最もそれがどれくらいの人にダイレクトに伝わるかは謎ですが!
ただ、ベースにちゃんと「出前一丁」の風味があるのはたしかです!

5/15発売 出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油(辛ごまラー油)

ということで、今回は「ごまラー油」を入れた写真は後で撮りました;

「辛ごまラー油」を入れた味ですが・・・あっ、いつもよりも明確に辛いですね!(`・ω・´)

いつもの「ごまラー油」ははっきり言うと辛さはほぼないですが、
今回はまず口に入った瞬間にピリッとした刺激がやってきます!

まずその色の赤さからしていつもの「ごまラー油」と違いますしね!
普段はもっと淡いオレンジ色で唐辛子成分はいかにも控えめですし!

ただ、そうでありながらその奥から来る風味はあの「ごまラー油」ですね!

このあたりがものすごく苦心しただろうなぁ、と思ったりしましたね!

「ごまラー油」らしさがないと「出前一丁」の雰囲気が出ないし、
かといってアレンジ度が弱いと担々麺としての個性が打ち出せない、
そうしたバランスをものすごく考えて作られているのがわかります!

そのため突き抜けた担々麺らしさというのはあまりないのですよね!
ごまの濃度もほどほどであくまで「出前一丁」らしさが残る範囲ですし!(=゚ω゚)

ただ、「出前一丁」の担々麺アレンジとしてはなかなか面白くて、
ほんと素直に両者を足して2で割ったような印象が残りますね!

スープの原材料はねりごま、豚脂、植物油脂、ポークエキス、でん粉、
食塩、糖類、脱脂大豆粉、醤油、香辛料、小麦粉、ごま、玉ねぎ、
たん白加水分解物、酵母エキス、香味油という組み合わせです!

基本の「出前一丁」は動物系の要素がかなり抑えられていますが、
こちらは濃度を出すために豚系のコクをいつもより強めてますね!

麺はけっこう細めでオーソドックスな油揚げ麺となっています!

この麺もちゃんと「出前一丁」らしさを意識した麺となってますね!(*゚◇゚)

カップ版の「出前一丁」の麺って、ちょっと硬めに仕上がって、
「出前一丁」の醤油味となじみつつ香ばしさを出すのが特徴ですが、
そうした特徴がこの麺からもちゃんと感じられるのは良かったですね!

ただ、どんぶり型の「出前一丁」の麺とは原材料が違うので、
スープに合わせてあえて変化をつけてきているみたいですが!

アレンジを加えつつ、素朴な中から「出前一丁」の個性も見せる、
ほんと随所にそういう工夫を見ることができる商品ですね!

麺の量は多めの80gで、カロリーは526kcalと高めです!
脂質は25.9gで、担々麺ということで高めになってますね!

具材は豚ダイスミンチ、チンゲン菜、粗びき唐辛子、ごまです!
また、スープの原材料に入っている玉ねぎも具材と言えそうです!

粗びき唐辛子とごまはどちらもあくまで薬味という位置づけですが、
そのピリ辛とプチプチした食感と香ばしさはいい仕事をしてますね!

面白いのは玉ねぎで「カップヌードルカレー」に入っているものに近く、
あの小さなダイス状でシャリッとした食感を見せてくれる玉ねぎです!

大半はスープの底に沈みますが、あれが意外とおいしいのですよね!
それがこの「出前一丁」のカップでも登場したのは少々驚きでした!

そして豚ダイスミンチですが、これは存在感が抜群にありますね!(*・ω・)

見てのとおり量も多く、ひき肉系素材なので担々麺とも合いますし、
その質と量、さらにワイルド感の演出として大きく活躍しています!

もう一つの主役であるチンゲン菜ですが、こちらもまた素晴らしいです!

茎の部分も葉の部分も大ぶりで、風味もリアルなチンゲン菜で、
数あるチンゲン菜系の具材としてもかなり上位に入る内容です!

スープの担々麺らしさに関してはあくまでもほどほどですが、
具材に関してはかなりの本気度を感じるものになってましたね!

もともと個性がそこまで強くない「出前一丁」のアレンジ版ということで、
あくまで「出前一丁」らしさを残しながらの担々麺となってはいますが、
そうした裏から顔を出す「出前一丁」らしさと合わせて楽しむ商品といえ、
そこを意識しながら食べることでより面白さを感じることができますね!

ただ、それゆえに突き抜けた部分があまりないというのも事実で、
袋麺でも同時に展開されていることからもうかがえるように、
親しみやすい「ほどほど感」を重視している仕上がりのため、
カップ麺らしい冒険心はあまり求めないほうがいいでしょうね!

担々麺になりながらも「出前一丁」らしさを感じられる一杯でした!(゚x/)モキュール

【関連記事】
出前一丁ビッグ 担々麺 辛ごまラー油
出前一丁 どんぶり 旨辛五目あんかけ風
出前一丁ビッグ 肉大盛り
出前一丁 どんぶり 旨辛台湾ラーメン風
出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン(2016年)
出前一丁 どんぶり(2015年)
焼出前一丁 カップ(2015年)
出前一丁 出前坊やのまかないチャーハン(2015年)
焼出前一丁 カップ(2014年)
出前一丁 まぜそば
出前一丁 どんぶり(2011年)
出前一丁 まろやかミルク白湯

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/15発売 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば

5/15発売のサンヨー食品からの新作
「ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」
を食べました!

「ご当地マシマシ」シリーズも早くも4作目となりました!(`・ω・´)

初代の「肉特盛&辛さ強め 台湾ラーメン」を食べたときは、
「何だこの変なシリーズは」といった滑り気味の印象でしたが、
第2弾からはマシマシの方向性を変えて一気に完成度が上がり
今では外れのないシリーズというイメージすらついてきてます!

今回はこのシリーズ初の汁なし系ですが果たしてどう出るのでしょう!

5/15発売 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば

焼そば系ではなく、あえて油そばで来たのは面白いですね!
しかも油そばでノンフライ麺使用なのは非常に珍しいです!

ご当地感よりもそちらのほうが注目と言えるほどですね!

タレが麺に勝るだけの特徴があるのかどうかも見ものです!

5/15発売 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、調味だれとなっています!
液体スープと調味だれって、名前だけ見ると違いが謎ですが!

また、この2つはどちらを先に入れるかは指定されてないので、
同時に入れても好きなほうを先に入れてもかまわないのでしょう!

ちなみに自分は液体スープ→調味だれの順番でまぜてみました!

5/15発売 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば(できあがり)

どうも液体スープ=醤油だれ、調味だれ=調味油のようです!
それなら袋も「調味油」と書いておけばいい気がするのですが!

しかし調味油の量が想像以上に多く、この点は意外でしたね!

まずはその味ですが・・・うわぁ、これはたまらなく旨いですよ!(●・ω・)

ちょっと今年の前半期の油そば系商品は大当たりが多いですね!
油脂の多さのプラス効果といい、たれの風味といい文句なしです!

基本的には正統派の東京系油そばを指向してはいるのですが、
珍々亭」などに見られる油脂+醤油+酸味の構成とは違い、
正統派の中華そばの味わいを油そばに適用した感じですね!

豚+鶏に香味野菜を加え、チャーシューダレもまぜたような、
正統派の中華そばの要素をそのまま醤油だれへと与えたうえで、
そこにメンマの風味を加えてよりレトロな感覚を出しています!

このメンマの風味によって生まれる個性はポイントが高いです!

この方向性は「サッポロ一番 醤油味 油そば」とほぼ同じですね!

こうしたスタイルのカップ油そばは実は意外と少ないのですよね!
どちらかというと、酸味を効かせたタイプのほうがポピュラーですし!

ここまでだと、ごく普通の汁なし中華そば的な油そばなのですが、
ここに大量の豚脂と鶏油をどっさりと加えているのがポイントです!

タレにおける最大のマシマシ要素はこの油脂と言っていいですね!

その油脂の多さは「背脂MAX」に次ぐぐらいのものがあります!

普通に全体をまぜると底のほうにけっこう油脂がたまりますからね!

「ペヤング 背脂MAX」では背脂をとことんまで投入することで、
動物系油脂の旨さをこれでもかと体感させてくれましたが、
この商品もそれと同質に近い油脂の旨さを堪能できますね!(`・ω・)+

鶏油も使われているなど「背脂MAX」とは違いもありますが、
中でも最大の違いは麺がノンフライ麺という点なのですよね!

一般的にカップ油そばは油揚げ麺が使われることが多いので、
その油脂感の何割かは麺の油脂によって担われるのですよね!

油揚げ麺と油そばのたれの相性はどちらかと言えばいいですし、
それはそれでカップ油そばとしていいものを作ってくれますが、
ノンフライ麺にすることで麺の持つ油脂感が抑えられる分だけ、
タレの油脂の主張をより思い切ることができるのですよね!

この商品の調味油の量は、もし油揚げ麺の商品だったとすると、
さすがにくどすぎると感じさせられるレベルに達してますが、
麺の油脂感がないので、ただただ油脂の旨さだけが伝わって、
くどいと感じさせることなくそれを貫徹させているのですよね!

そう考えると、ノンフライ麺だからこそできたマシマシなのですよね!(=゚ω゚)

醤油ダレの風味のほうもメンマ風味の強調度合いなどは面白く、
汁なし中華そば的な油そばがもともと持っている様々な要素を
油脂を中心に強調したのが今回のマシマシと言えるでしょう!

タレの原材料は植物油脂、豚脂、しょうゆ、ポークエキス、
鶏脂、糖類、食塩、チキンエキス、香辛料、メンマパウダー、
デキストリン、酵母エキス、発酵調味料となっています!

前半に油脂が2つ来て、その後も醤油に動物系の要素と、
とにかく攻めの構成になっていることが伝わりますね!

麺は断面の丸いかなり太めのノンフライ麺となっています!
規定の5分湯戻しでもけっこうがっしりとした食感になります!

まぜそばの場合はややがっしり系の食感の麺も多いので、
そのあたりを狙った麺と言ってもいいかもしれません!

ただもう少し待てばもっちり感も出てきそうなので、
5分30秒から6分弱ぐらいまではアリかもしれませんね!

そしてこの麺ですが、やはり食感の主張が半端じゃないので、
これだけ主張が明確なタレと合わせても全く負けませんね!(*゚◇゚)

タレの要素を油脂を中心にマシマシにしてきているので、
下手な麺だと完全にタレ勝ちの構成になってしまいますが、
そうならない麺を起用してきたのは大正解と言えるでしょう!

麺の量は85gで、カロリーは531kcalとなっています!

脂質は23.8gで、数字だけで見ると少なく見えますが、
ノンフライ麺なのを考慮するとかなりの数字と言えます!

具材は肉そぼろ、メンマ、なると、ねぎという組み合わせです!

さすがにコストを麺とタレに注ぎ込んだこともあってか、
具材についてはさすがに寂しいと言わざるをえないです!(*゚ー゚)

それでも肉そぼろは味が良く、メンマのコリコリ感も充実、
ねぎも少量ながらもタレに変化を与える効果を見せてますし、
量は少ないものの必要なところはきちんとそろってますね!

どれも王道の中華そばを思わせるタレとは相性がいいですし!

たしかに最大のポイントはノンフライ麺を起用したことですが、
もしそれだけだったら、ここまでの高評価ではなかったでしょうね!

サンヨー食品が見事だったのは、ノンフライ麺を使うだけでなく、
それによって削った油脂量をタレに全投入したその姿勢ですよね!

そうすることで麺は高品質、タレは油脂の旨さなどが強調され、
ノンフライ麺でしか出せない攻めの仕上がりにできたのですよね!

あの油脂量で531kcalで済むなんて、むしろ軽いと言えるほどです!

これはカップ油そばの新しい地平を切り拓いたと言っていいですし、
もう自分としてはリピート確定の商品の一つになりましたね!

正統派油そばが好きなら、迷わずオススメしたい一杯でした!(゚x/)モッキリューリ

【関連記事】
ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば
ご当地マシマシ こってり&ネギ特盛 博多豚骨ラーメン
ご当地マシマシ 濃いめ 横浜家系ラーメン
ご当地マシマシ 肉特盛&辛さ強め 台湾ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/15発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン

5/15発売の東洋水産からの新作
「2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン」
を食べました!

少し前にTRY関連で「大島 味噌ラーメン」が発売されましたが、
今度は醤油ラーメン部門で1位に輝いたお店のカップ麺化です!

「飯田商店」がこのシリーズから登場するのは今回が初ですね!(=゚ω゚)

5/15発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン

スープの色合いなどを見たところ、かなり正統派の醤油ラーメンですね!

過去2年発売された「しば田」も正統派と呼べる醤油ラーメンでしたが、
スープの組み立て方がどのように違うのかなども注目したいですね!

5/15発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン(内容物)

FDブロックの肉具材が入るのは「しば田」のときと同じですね!
この肉具材は間違いない内容なので具材は計算ができますね!

5/15発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン(できあがり)

おっと、ねぎが入っていないのいうのはこういう路線では珍しいですね!
どうも調べてみるとお店のラーメンにもねぎは入らないようですね!

そのかわり三つ葉がトッピングとして入る構成になってますが、
カップ麺では難しいということで薬味なしになったのですかね!

まずはスープですが・・・ほほぅ、これは完全に鶏主体のスープですね!(●・ω・)

「しば田」が鶏と鶏油を主役としつつも、鴨や貝などを加えて、
複合的な旨味を演出するタイプの醤油系スープだったのに対し、
こちらは舌に伝わってくるのはほぼ鶏のみと言っていいほどです!

そこに多少の魚介も加わりますが、極めて補助的な役割ですね!

でもって、その鶏の主張もガンガンに主張してくるものではなく、
舌に乗せているとじんわりと鶏の旨味と香ばしさが広がるような、
じわっとした滋味深さと遅効性の旨味を主体としたものとなってます!

また特徴的なのは、その鶏の旨味で鶏油にほぼ頼ってない点ですね!

油脂の量はけっこう控えめで、なおかつ油脂も鶏油メインではなく、
植物系の香味油の割合が高く、油脂もあくまでサポート役なのです!

こうしたじんわり系ながらも深い鶏の旨味を打ち立てるスープは、
カップ麺ではあまり見ないと言ってもいいぐらいのものですね!(*゚◇゚)

醤油ダレに関しては醤油の風味もそこそこ強く存在感は明確ですが、
タレの主張がベースのスープを食ってしまうというようなことはなく、
あくまで鶏の旨味を軸に醤油の風味も楽しめるといった構成です!

塩分相当量は7.4gと高いものの、カドはほとんど立ってないのですよね!
このあたりは不思議なところで、体感的な風味と数字に差がありますね!

なので、塩カドについてはそれほど気にする必要はないでしょう!

スープの原材料は醤油、チキンエキス、香味油脂、砂糖、植物油、
鶏脂、食塩、魚介エキス、発酵調味料という構成になっています!

鶏のスープ、醤油、香味油の3つが軸であることがはっきり伝わりますね!

麺はかなり細めで、縮れも強めにかけられた油揚げ麺となっています!

かつては東洋水産の縦型というと、何でも「本気盛」タイプの麺で、
油揚げ麺臭が強くて繊細なスープを壊してしまう印象がありましたが、
今回の麺は油揚げ麺臭が弱く、スープとも上手くかみ合っていますね!

なので、東洋水産の縦型が苦手な人にもオススメできるタイプです!(*゚ー゚)

特に今回のスープはこのシリーズの中でもとりわけ繊細なので、
暴れるタイプの麺だったら完全に壊れてしまいますからね;

食感はほどよいプリ感があり、この点もなかなかいいですね!
最近は東洋水産の縦型に関する安心感もほんと高まりましたね!

麺の量は70gで、カロリーは423kcalとなっています!
脂質は20.4gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

とはいえ、スープの油脂感はむしろ控えめといった感じですが!

具材はフリーズドライのチャーシューとメンマのみという構成です!(`・ω・´)

チャーシューは見てもわかるとおり、非常にリアル感は高いです!
昔ながらの赤身系チャーシューの旨さそのままと言っていいですね!

こうしたチャーシューは素朴さのある醤油系スープに合いますし、
今回のシンプルなスープとはベストマッチと言えるほどですね!

肉質、風味、スープとの相性のどれを取っても文句がありません!

メンマも量が多めで、なおかつ下味のつき具合もほどよいですし、
何と言ってもコリコリとした食感のアクセントが抜群ですね!

具材を2種類に絞りながらも、クオリティはどちらも秀逸なので、
具について不足感を感じさせられることはまずないでしょう!

「東洋水産の縦型」=無骨、という印象はもはやここにはなく、
油揚げ麺を使いながらも繊細なスープに対応できる力を見せる、
東洋水産の縦型が新しい領域に到達したことを伝える一杯ですね!

しっとりとした王道鶏スープを楽しめる実に滋味深い一杯でした!(゚x/)モッキウー

【関連記事】
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 3連覇 大島 味噌ラーメン
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 しば田 中華そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 2連覇 大島 味噌ラーメン
2014-15 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 しば田 中華そば
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 進化 塩らーめん
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 大島 味噌ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ

再び「ムタヒロ 堺東店」へと足を運んでまいりました!
前回記事で触れたように、当分は通ってみようと思っています!(`・ω・´)

バスでのんびりとラーメン屋さんに向かうのも悪くないですね!

前回の「ガハハ鶏そば」で感激したので、また鶏系を攻めるのもアリでしたが、
ここはやはりもう一つの看板である煮干系も味わってみたほうがいいですしね!

ただ、「ワハハ煮干そば」は福島店のほうで食べているので、
今回は少し変化球で「ニボシマゼソバ」を注文してみました!

もともとまぜそば好きなので、その点でも興味がありましたし!
そういえばこのメニューは笑い声が商品名についてないですね!(*゚ー゚)

ところでこの「ニボシマゼソバ」は注文時にいろんなことが選べます!

まず麺量は無料でノーマルの200gから大盛の300gにすることができ、
またセットとしてスープとご飯のどちらをつけるかを選びます!

ということで、麺は大盛でご飯をつけるという形で注文しました!
やはりまぜそばは残った具とご飯を絡めて食べたくなりますからね!

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ

ほー、もやしに玉ねぎと意外とさっぱりしてそうなビジュアルですね!

まぜそばというと、とにかくワイルド路線で来るものが多いだけに、
こうして意外とさっぱりいけそうな感じだと逆に目を引きますね!

また、提供時に味変用としてマヨネーズとカレー粉も出してくれます!
卓上にある煮干酢あたりも味変としてはかなり使えそうな感じですね!

まぜそばということで、まずは全体をしっかりとまぜ合わせます!

そのうえで食べてみると・・・おっ、いいバランスの煮干ですね!(●・ω・)

ずいぶん前に福島店で「ワハハ煮干そば」を食べたときも感じましたが、
こちらの煮干はゴリゴリに攻めるタイプではなく、バランス重視の印象で、
そうした感覚がこちらのまぜそばのほうにも生かされている感じでしたね!

煮干粉末がかなり多く入っているので、麺にガンガン絡むのですが、
それでも煮干のクセも含めてグイグイ攻めてくる感じではなくて、
煮干の旨味が動物系などと一体になりつつ広がってくるのですね!

おそらくこちらのお店の醤油ダレをベースに豚脂を多めに加えて、
そこに煮干粉末をどさっと加えるという構成なのでしょうね!

まぜそばというと、にんにくなども強く効いてるものが多いですが、
こちらはそうではないので、そこも食べやすいポイントと言えますね!

そしてこのまぜそばのもう一つ大きなポイントはトッピングの野菜ですね!

特にもやしが多く入っていて、全体をまぜることで麺と絡むので、
麺を食べていると自然とシャキシャキとした食感のアクセントが来て、
さらにもやしのさっぱり感によって食べやすくしてくれるのですよね!

辛味を持ちつつもさっぱりとした生玉ねぎもまた同様の効果を見せます!
やはりこうしたさっぱりと食べさせる工夫が全体に見られるのですよね!

「まぜそばはとにかくワイルドでないといけない」という視点で見ると、
こちらのまぜそばは煮干の旨味は十分ながらも軽く見えるかもですが、
より幅広くまぜそばを楽しんでもらうことを考えると実によくできてます!

麺量を大盛にしたにもかかわらず、最後のご飯まで軽くいけましたからね!(*゚◇゚)

そしてマヨネーズとカレー粉の2つの味変用の調味料ですが、
カレー粉は部分的にかけるのが自分としてはオススメですね!

もともとカレー粉って非常に風味の主張が強い調味料ですので、
前半にカレー粉を入れて全体とまぜると完全に支配されますし、
まず部分的に試してから好みで加えていくのがいいでしょう!

一方のマヨネーズは酢のさっぱり感と卵と油脂のまろやかさが
同時に加わることで、実に相性のいい味変調味料になりますね!

マヨネーズを加えるとヘヴィな方向に向かうイメージがありますが、
こちらは全体的にさっぱり系を指向しながら全体が組まれてるので、
マヨネーズを加えても変に重くなりすぎたりしないのがいいですね!

後半にかけて少しずつマヨの量を増やすなんてのもいいでしょう!

トッピングは小さく切られたチャーシューと鶏むね肉の肉具材に、
もやし、生玉ねぎの野菜、そしてみつ葉と刻み海苔が加わります!

自分としては肉具材が細かくカットされているのがうれしいですね!(=゚ω゚)

自分はタレと麺をまぜたときに肉具材もきれいに絡むほうが好きで、
大きめのカットだと肉具材だけが単独で浮いてしまいますからね!

しかもどちらの肉具材もどちらかといえばさっぱりした風味なので、
このまぜそば全体を構成する点から見ても上手くまとまってます!

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ(麺のアップ)

麺はかなり太めで、手もみ風の縮れがつけられたものとなってます!

全体的にはやや平打ち気味ですが、場所による厚みの違いが顕著で、
外側がやや薄いだけでなく、全体的に厚みに変化がついてるのですよね!

そのためすすったときに口で感じられる質感も実に面白いですし、
こうした形状であることで表面積が広がりタレが絡みやすいなど、
インパクトだけでなくまぜそば向けに最適化された麺となってます!

もちろんまぜそばらしく、食べたときのブリブリ感ともちもち感が強く、
タレやトッピング以上に麺の食感と存在感を楽しむことができますね!(*・ω・)

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ(〆ご飯)

そして締めは残った具材やタレとご飯を絡めていただきます!

実際にはご飯のほうをまぜそばの器に移して食べるのですが、
写真を撮るためにだけいったんご飯の器に具を乗せています!

ビジュアルを考えると、どうしてもこのほうがいいですからね!

その味わいですが・・・やはり煮干系のタレはご飯に合いますね!(`・ω・)+

煮干の粉末と醤油だけをご飯にかけて食べたっておいしいわけで、
そこに様々な具材や豚脂なども加われば合うに決まってますからね!

でもって、もやしが入っているのでこちらもさっぱりいただけます!

まぜそばにワイルドさを強く求めると多少外れてしまうかもですが、
バランス重視で女性にも好まれる煮干まぜそばとしては実に秀逸で、
最後のご飯まですっきり食べることができる食べやすい一杯でした!

次回は限定にするかつけ麺にするか、迷いつつ今後も通おうと思います!(゚x/)モキリー

[メニュー]
ムタヒロ 堺東店 券売機(2017年4月)

お店の住所と地図 大阪府堺市堺区中瓦町2-3-18

【関連記事】
ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ
ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば
ムタヒロ 大阪福島店 ワハハ煮干特製そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)

5/9発売の日清「えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)」を食べました!
これまでの「えびそば一幻」の監修品と同様にローソンのみの限定です!

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)

「えびそば一幻 えびみそ」はどんぶり型で何度か出ていますが、
今回はそれが縦型カップへと形状が変更されての発売となります!

どんぶり型の「えびそば一幻 えびみそ」は記事化してないですが、
実は昨年に一度購入して食べたことはあったりするのですよね!

そのときは発売商品数の関係で記事にはしなかったのですが;

また「えびそば一幻」の監修商品に非常に近いタイプの商品として、
「行列のできる店のラーメン」からも何度か「えびそば」が出てますね!

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)(内容物)

今回の縦型カップ版では後入れ調味油として「えび油」がついています!

また、これまでの「えびそば」系統の商品で大きなポイントだった
海老風味の揚げ玉についてはあらかじめカップの中に入ってます!

この2つの変化がどのような影響をもたらすのかがカギになりますね!(*゚ー゚)

5/9発売 えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)(できあがり)

スープだけを見ると、意外と明るめの色合いとなっていますね!
これは海老油が別袋として分けられている影響でしょうね!

これまでは海老油によって表面がオレンジ色になってましたし!

まずはスープですが・・・おっと、これは想像以上に旨いですよ!(`・ω・´)

縦型になったことでマイナス面ばかりが目立つかと思いきや、
マイナス面もある一方でより強化された要素も多く見えます!

最大のプラスポイントは後入れ海老油による海老の香味ですね!

もちろんこれまでも液体スープに海老油は入っていましたが、
スープ容量がどんぶり型よりも少ない縦型カップでありつつ、
海老油が別途添付になったことでその存在感がさらに増し、
海老の旨味と香ばしさをこの海老油がガンガン主張してきます!

特に海老系のラーメンは海老油の存在感がとりわけ重要ですし、
それをより引き立てたことでマイナス面を上手く打ち消してます!

そしてベースのスープの海老の風味の潤沢さも予想以上でした!(●・ω・)

豚骨によって重厚なベースを固めたうえで海老の旨味を立てる、
そうした構成なのですが、動物系の濃厚さもさることながら、
海老油がない部分でも海老の旨味がビシビシと来るのですよね!

むしろスープ単体での海老の強さはどんぶり型よりも強いです!

これはおそらく理由が2つあって、一つは海老揚げ玉の効果ですね!

これまでは海老揚げ玉は後入れだったのですぐに溶けることはなく、
サクサク感と海老の風味を運んでくれるアクセント的存在でしたが、
今回は先にカップに入っているので完全に溶けてしまうのですよね!

それによってアクセントとしての効果は完全に消えてしまいましたが、
一方でスープに溶けることでスープの旨味が一段二段増しています!

この点は喜んでいいのかどうかちょっと迷うところでもありますが!(*゚◇゚)

そしてもう一つは縦型のほうがスープ容量が少なくなるので、
どんぶり型よりも濃度の高いスープが実現できている点です!

この効果が意外と大きく、海老の風味がとにかく濃厚なのですよね!

縦型になったことでリアル感などが大きく下がるかと思いきや、
この縦型のメリットを生かしたスープには感激させられましたね!

スープの原材料は豚脂、ポークエキス、味噌、糖類、小麦粉、でん粉、
魚介調味油、チキンエキス、香辛料、えびパウダー、ポーク調味油、
えび醤、酵母エキス、香味油といった組み合わせになっています!

麺は「有名店シリーズ」と同様の平打ち系の歯切れのいい油揚げ麺です!

この麺を採用したことも今回の商品の成功の大きなポイントでしたね!(=゚ω゚)

このスパッとした歯切れのいい食感も非常に心地良いのですが、
それ以上に油揚げ麺臭が希薄というのが大きいのですよね!

普通はどんぶり型ノンフライから縦型油揚げ麺に移行すると、
スープの濃度は上がっても麺の香りがそれをマスクしてしまい、
リアル感が大幅に下がってしまうという傾向があるのですが、
この麺であったことでそのマイナス面はほぼ感じませんでした!

むしろスープと麺とのなじみ具合では向上したと言えるほどです!

麺の量は多めの80gで、カロリーも521kcalと高いです!
脂質は24.3gで、やはりけっこう高めの数字になってますね!

具材はチャーシューチップ、えび揚げ玉、ねぎとなっています!

具材に関しては圧倒的にどんぶり型のほうが優勢でしたね!

どんぶり型には日清が自慢とする厚切りチャーシューもあって、
海老揚げ玉も後入れ仕様なので風味、食感ともに抜群でしたが、
今回は先入れなのでスープの一部になった感じでしたからね!

こちらに入っているチャーシューチップはごく普通のものでしたし!

この点を重視するならやはりどんぶり型が上と言えるでしょう!

縦型にすることで、アクセントとしての海老揚げ玉を犠牲にするなど、
いくつかのセールスポイントを削ることにはなってしまいましたが、
それだけのマイナスを生じさせつつも、縦型のメリットを存分に生かし、
スープの海老感と海老油を高めてきた構成にはうならされましたね!(*・ω・)

自分としてはどんぶり型と甲乙つけ難いほどの完成度だったと思います!
むしろ「一幻」監修品のマンネリ感を壊す見事な一杯とも言えるかもです!

厚切りチャーシューとえび揚げ玉を求めるとがっかり感もありますが、
それを横に置いて一つの「えびそば」として純粋に楽しむならば、
これは極めて優秀に仕上げられた一杯と言っていいと思います!

海老系の濃厚ラーメンが好きならマストと呼んでいいでしょう!(゚x/)モッキキュキュー

【関連記事】
えびそば一幻 えびみそ(縦型カップ版)
えびそば一幻 えびしお

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/8発売 一風堂 とんこつまぜそば

5/8発売の日清「一風堂 とんこつまぜそば」を食べました!

すみれ 唐玉味噌」と同じくセブンプレミアムの10周年を記念して、
セブン&アイのみの限定として同日発売された商品となっています!

こちらの「一風堂」もどんぶり型として定番商品となってますからね!

5/8発売 一風堂 とんこつまぜそば

今回は「とんこつまぜそば」と、汁なしの商品として登場しました!

一部の店舗では限定でまぜそばが提供されることもあるようですが、
基本的にはレギュラーメニューとしてまぜそばはないみたいなので、
これはカップ麺向けに作られたオリジナルメニューと言えるでしょう!

豚骨系の汁なしというと、博多の焼きラーメンなども有名ですし、
セブンプレミアムともなれば、まず外さないと言っていいでしょう!(`・ω・´)

5/8発売 一風堂 とんこつまぜそば(内容物)

内容物はかやく、液体だれ、調味オイル、ふりかけとなっています!
汁なし系の商品で4袋構成というのはけっこう珍しく感じますね!

特に液体だれ+調味オイルという構成はあまり見ないですからね!

5/8発売 一風堂 とんこつまぜそば(できあがり)

調味オイルのマー油の黒さ、ふりかけのピンクが目立ってますね!
このどことなく春っぽいビジュアルは狙ったものなのですかね!

まずはその味ですが・・・おおぉ、これはガツンと攻めてきますね!(●・ω・)

何と言っても核となっている豚骨の風味とラードが強烈ですね!

まぜそばらしく、脂の旨味を前面にどんどん出してきていますし、
豚骨のコクも分厚く、食べやすい豚骨をアピールするお店としては
思っていた以上に攻めの姿勢で作ってきたタレと言えるでしょうね!

さらに鶏油も多少加えることで豚だけで出し切れない厚みも出し、
とにかく動物系の分厚さのアピールは素晴らしいものがありますね!

豚骨系の汁なしというと、東洋水産がときどき作っていますが、
東洋水産が全体的にスナック感を強めに仕上げるのに対して、
こちらはもっと本格的などっしり感を感じさせる内容です!

これだけでも十分完成していて、どっしり系の豚骨まぜそばとして、
がっつりと楽しめるのですが、一方でヘヴィな味で大盛仕様なため、
これだけだと後半にかけて重さばかりが蓄積するという面もあります!

そうしたところにいいアクセントを加えているのが後入れのマー油です!(=゚ω゚)

このマー油(焦がしにんにく油)の量が思っていた以上に多めで、
焦がしの風味によってヘヴィな動物系の風味にアクセントを効かせ、
さらに香ばしいにんにくの風味によってパンチもさらに高めています!

なので、ベースのあたりを動物系でどっしりと固めきったうえで、
マー油の持つ焦がしやにんにくの風味によって変化を加えていく、
どっしり系ながらも最後まで一気に行けるのはその力が大きいですね!

そしてここでもう一ついい仕事をしてくれているのがふりかけです!

ごまのプチプチした食感と香ばしい風味、紅生姜のさわやかな香味、
どちらも豚骨と相性がいいですし、アクセントとしての機能性も高い、
これもまた飽きがこずに食べられるうえで大きな貢献をしていますね!

でもって、このふりかけはビジュアル面での効果も非常に大きいですね!

白と淡いピンクという組み合わせが無骨なビジュアルに変化を与えて、
なんだか不思議と春っぽい雰囲気を演出してくれていますからね!

たれと調味油の原材料はポークエキス、動物油脂(豚、鶏)、香味油、
チキンエキス、ポーク調味油、たん白加水分解物、糖類、野菜調味油、
香辛料、食塩、酵母エキスという組み合わせになっています!

主役は完全に豚ですが、鶏も一部使われているのもポイントですね!

麺は細めでストレート感のある油揚げ麺となっています!
この細さは明らかに豚骨ラーメンの麺を意識していますね!

ただ、豚骨向けらしい歯切れ重視の低加水麺かというとそうではなく、
どちらかというと軽いプリ感を感じさせるような麺となっています!

このあたりは湯戻し時間を短くして調整するという手もありますが!
短くすればするほどちょっとサクッとした食感が強まりますからね!

ただ、標準時間で湯戻ししても別にやわらかいということはないですし、
今回のタレとの相性という点では基本の食感でも全く問題はないので、
硬めの食感にこだわりがあるかどうかで調整するといいでしょうね!(*゚ー゚)

麺の量は大盛の130gで、カロリーは783kcalと非常に高いです!
脂質も40.0gと動物系油脂+マー油でかなりの数字になってますね!

それゆえがっつり行ける余裕のあるときに食べるのがいいですね!

具材はダイス状チャーシュー、きくらげ、ねぎという組み合わせです!
また、ふりかけとして乾燥紅生姜と白ごまも加えられています!

ダイス状チャーシューは「カップヌードル」のコロチャーですね!
このコロチャーが他のカップ麺で登場するのは非常に珍しいですね!(*゚◇゚)

鳴り物入りで登場したものの、ダイスミンチへの郷愁を示す人も多く、
その後はコストカットなどの関係もあって目立たない存在になりましたが、
「ダイス状具材を使いたいけど、ダイスミンチだとジャンク過ぎる」という、
今回のような場面では今後ちょくちょく登場するようになるかもですね!

きくらげはけっこう大きめのカットで、食感はしっかりしてますね!

全体がヘヴィな味わいなだけに、こうした食感のアクセントが
どれくらい主張するかどうかも非常に重要になってきますからね!

ねぎもリアル感のあるもので、具材はどれもクオリティが高いですね!

豚骨のコクもラードもどちらも重厚でとにかくヘヴィな味わいのタレに、
マー油を多めに加えることによって香りと苦味のアクセントを与えつつ、
ごまのプチプチ感や香ばしさと紅生姜の清涼感で変化も上手く与えるなど、
ヘヴィではありながらも飽きずに食べさせる工夫が満載の内容でしたね!

麺量も多めなので、がっつりいける人向けの一杯ではあるのですが、
豚骨ベースのまぜそばとしての完成度はかなりのものでしたね!

どっしりとしたまぜそばを楽しみたいときにオススメできる一杯でした!(゚x/)モキリュッ

【関連記事】
一風堂 とんこつまぜそば
IPPUDO from New York クラムチャウダー ヌードル
日清名店仕込み 一風堂 極からか麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4

今年の造幣局の「桜の通り抜け」の第4回の記事でございます!
写真の画像処理が全部終わったので、更新もはかどりそうです!

ちなみに昨年撮影したのが32で、今年が39なので増えすぎですね;
3分咲きだった今年のほうがこれだけ多いというのも変な話ですが!

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(南殿:なでん)
(南殿:なでん)

さて、雑談は横に置いてどんどん桜の紹介を進めていきましょう!

今回の最初の桜は白と紅のコントラストが美しい「南殿」からです!
どうもつぼみの頃は紅色で、咲くにつれて白くなっていくようです!

京都御所の紫宸殿(南殿とも呼ぶ)の南庭に咲いていたのが由来で、
花びらの数は20枚弱と八重桜としては比較的少ないタイプですね!(=゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(幸福:こうふく)
(幸福:こうふく)

こちらも淡紅色で花びらが20枚弱の八重桜ではあるのですが、
咲き方が「南殿」とは全く異なるので雰囲気も全然違いますね!

一つ一つの花が大きく、なおかつ毬状にギュッと詰まって咲く、
いかにも造幣局の八重桜らしいムードを全体に漂わせています!

北海道松前町の法幢寺 (ほうどうじ)にあった八重桜の種子から、
幸運にも一つだけ生き残ったことからこのような名前になりました!(*・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(白妙:しろたえ)
(白妙:しろたえ)

その名前の通り花の白さがとりわけ印象的な八重系の桜です!
大島桜の系統ということもあって、八重でも花びらは少なめですが!

集まって咲くあたりなどは八重桜らしい雰囲気も強いのですが、
たしかに一つ一つの花などは大島桜に近いものも感じますね!

白系の桜でもつぼみはけっこう色がついているものも多いですが、
こちらはつぼみもかなり淡く、まさに白系の桜という感がしますね!(●・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(太白:たいはく)
(太白:たいはく)

先の「白妙」と同様に、こちらも名前に「白」の字が入る桜です!
中央のあたりが一部少し赤いですが、全体としては白い花ですね!

面白いのは八重桜のように密集して咲くのに、花は一重なのですよね!
一重の桜というと、もっと広がって咲くようなイメージが強いのですが!

もともとは日本からイギリスに渡った桜でしたが、日本で品種がなくなり、
逆にイギリスから寄贈されて育成されたという変わった歴史もあります!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(紅手毬:べにてまり)
(紅手毬:べにてまり)

今年は例年は撮らない桜を中心に撮影していたのですが、
この「紅手毬」は毎年よく撮っている桜なのですよね!

造幣局には「小手毬」、「大手毬」、「紅手毬」といった
手毬系のギュッと集まって咲く八重桜がたくさんあるのですが、
今年はこの「紅手毬」を除いてまだつぼみの状態だったのですよね;

でも自分はこの手毬系の八重桜がものすごく好きということもあり、
一つだけ咲いていた「紅手毬」を見た瞬間に撮ってしまいました!

「手毬」という名前は、もちろんこも毬状の咲き方から来ています!(`・ω・´)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(浦和:うらわ)
(浦和:うらわ)

埼玉県の浦和(現さいたま市)と何か関係があるのかなと調べてみると、
浦和に在住していた桜の愛好家の方が育てられた品種とのことです!

ただ困ったことにこの桜の詳細を知ろうと「浦和 桜」と検索しても、
浦和の地域の桜の名所などの情報が出てきてなかなかわかりません!笑

花の咲き方などを見るに、ごく淡い紅色の一重咲きの桜と見られます!
見ていると非常にさわやかな印象を与えてくれる桜でもありますね!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(手弱女:たおやめ)
(手弱女:たおやめ)

京都の平野神社境内にある桜で、淡い紅色の八重桜で花びらは20枚弱です!

最大の特徴は花びらを内に抱えるような感じで咲くところです!
とはいえ、言われてみてもあまりよくわからなかったりもしますが;

おそらく名前に関してもそうした咲き方から来ているのでしょうね!

咲き方だけでなく、白の中に淡い紅色が少しまざるのがきれいですね!(*゚◇゚)

ということで、今回の記事でも7つの品種の桜を紹介いたしました!

残るは2記事ということで、スパートをかける感じで紹介していきたいですね!(゚x/)モキルー

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.