1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)

1/9発売の「一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース」を食べました!

今年は「チョコソース」は発売されなさそうと思っていたら、
急に発売直前になってから発表されてずいぶん驚きましたね!

「ペヤング」からもチョコソースが発売される予定なので、
それを出し抜くための作戦だったみたいにも思われますね!(*゚ー゚)

1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)

昨年の「チョコソース」はかなり強烈な出来映えでしたからね!
変わり種系の焼そばの中でもずば抜けた怪しさが宿ってましたし!

インパクトという点では他の追随を許さない存在ではありましたが、
あのソースと甘さ・シナモンが口の中で喧嘩を始めてしまう様が
今年も繰り広げられてしまうかと思うと怖さも感じてしまいますね!笑

1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)(内容物)

内容物は液体ソース、後入れかやく、チョコソースとなっています!

そして今年は麺までもがココアの香ばしそうな色に染まっています!

というか、「一平ちゃん」って頑なにいつも同じ麺を使うのに、
この商品のために新しい麺を投入するのはおかしいでしょう!笑

それなら他の商品の麺にももう少し工夫を入れてほしいと思いますが!

1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)(できあがり)

えー、今年はチョコソースで「LOVE」と書いてみました!
自分で食べるチョコ焼そばに「LOVE」と書くのもアレですが!

それにしても麺もソースもチョコソースも具材も全部チョコなので、
ショートケーキ味」のときと違って見映えは全く良くないですね!

まずはソースなしで食べてみると・・・お、意外といけてますよ!(●・ω・)

昨年はソースだけだと「ココアが隠し味に使われた焼そばソース味」で、
それはそれで成立しているものの、そこに甘いものを加えたときに
口の中で大喧嘩をしてしまう予感がひしひしと感じられたのですよね!

でも今年はソースからバニラやチョコの風味がしっかりとするので、
甘いものと合わせても喧嘩しそうな感じがほぼしないのですよね!

ただこのソースの甘さは控えめで、塩味もそこそこついています!

原材料を見るとビーフエキスやラードなどの要素も入ってますが、
それはどちらかというと麺とソースを結び付けているだけの感じで、
そうした焼そば要素が前面でどんどん出てきているものではないです!

なので、塩味系とチョコ・バニラなどのスイーツ要素がほどよくまとまり、
一つのスイーツ系焼そばとしての完成度は間違いなく向上していますね!

ここにチョコソースを加えてみると・・・一気に甘さが強まります!(=゚ω゚)

昨年はソースのほうに甘さがなく、チョコソースの甘さが強烈だったので、
両者を合わせたときの味のギャップがかなりすさまじかったのですが、
今年は逆にソースにほんのり甘さがあるかわりに、チョコソースのほうの
甘さは昨年に比べるとずいぶんと抑えめに調整されている感じでしたね!

これもまた両者が喧嘩しないようにするための調整と言えるでしょう!

チョコソースを多くかけるともちろん甘さが優勢になるのですが、
それでもバランスが悪いということはなく、自分の好みによって
甘さを調整しながら食べることができるといった感じでしたね!

また昨年はふりかけのシナモン風味がかなり強烈だったのですが、
今年はそうした大暴れするような素材も特に加えられていないので、
同じ「チョコソース」でも昨年とは全くの別物と考えていいです!

ソース・チョコソースの原材料はチョコソース、糖類、しょうゆ、植物油脂、
ラード、食塩、ココアパウダー、乳等を主要原料とする食品、ビーフエキス、
ココアバター、フルーツペースト、マンゴーチャツネ、香辛料などです!

ソースのほうにフルーツペーストやチャツネによって甘さを加えつつ、
バニラの風味などで塩味とスイーツ要素の橋渡しをするというのは、
昨年末の「ショートケーキ味」から得た経験と言っていいでしょうね!

麺はこの商品専用にココアを練り込んだ細めの油揚げ麺となっています!

普段の麺は「小麦粉、植物油脂、食塩」のみというシンプルさですが、
今回は糖類、ココアパウダー、でん粉が新たに加えられています!

太さや食感などはいつもの麺とそれほど大きく変わらないですが、
いくぶんさっくりとした食感になっているような気もしましたね!

また、ソースをかける前に麺を少しだけ食べてみたのですが、
たしかにごくごくほんのりとですがココアの風味がします!

これによって全体の統一感がより上がっている面はありそうですね!(*゚◇゚)

麺の量は90gで、カロリーは489kcalとなっています!
脂質は20.1gで、カップ焼そばとしては標準的ですね!

具材は後入れのチョコ風味キューブのみとなっています!

これは乳糖、砂糖、植物油脂、ココアパウダー、でん粉、寒天でできていて、
そのまま食べると軽めのサクッとした食感のチョコ菓子となっています!

麺の上に乗せていると食感はいくぶんしんなりとしてきますが!

ごく普通のチョコ菓子なので味のアクセントにはならないですが、
その小気味いい食感や軽めの風味などはなかなかいいものがあります!

「ショートケーキ味」が甘さの中に酸味のある具材を加えることで、
味に変化をつけていたのに対し、こちらは全部がチョコ味なので、
その分だけやや単調に感じてしまうといったところはありますね!

それでもソースとチョコソースの間で起きていた喧嘩を解消し、
なおかつチョコソースの甘さを少し抑えてバランスを取るなど、
今年はインパクトと味を本気で両立させてきたのは好印象でした!

前回・今回ともにソースに対してチョコソースが甘めでしたが、
次回はあえてそれを少し逆転させてみるのもいいかもですね!

チョコソースをかなりビターにしても面白いと思いますし!

この味であれば気軽に遊ぶ感じで試してみてもいいかと思います!(゚x/)モッキルー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/10発売 RIZAP 辛味噌ラーメン

1/10発売の明星「RIZAP 辛味噌ラーメン」を食べました!
先に紹介した「RIZAP 生姜醤油ラーメン」との同時発売です!

もちろんこちらもファミマ/サークルKサンクス限定となってます!

1/10発売 RIZAP 辛味噌ラーメン

「生姜醤油ラーメン」が縦型だったのに対し、こちらはどんぶり型です!

明星にはどんぶり型低糖質ラーメンシリーズの「はじめ屋」があるので、
こちらはそれをモチーフに作られているということが予想できますね!

でもって、「はじめ屋」からは「味噌ラーメン」も出てますからね!(*゚ー゚)

1/10発売 RIZAP 辛味噌ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープが後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

この構成は「はじめ屋 こってり味噌味」と全く同じですね!

1/10発売 RIZAP 辛味噌ラーメン(できあがり)

あら、なんだかビジュアルも「はじめ屋」の味噌とそっくりですね!
こちらは油脂がほんのりと赤みがかってますが、他はほぼ同じですね!

まずはスープですが・・・おぉ、これは非常にあったまりますね!(●・ω・)

実はスープの原材料が「はじめ屋」の味噌とほとんど同じなので、
おそらく「はじめ屋」のスープに微調整をかけただけと見られますが、
その体感的な味わいという点ではけっこう違っている点があるのですよね!

その最大のポイントが唐辛子のカプサイシンと生姜によるぽかぽか感です!

「はじめ屋」のスープもかなり生姜が強めに効かされていたので、
しっかり味ながらもすっきりとした風味も楽しむことができましたが、
こちらは単に味の面において生姜が大きく活躍しているというだけでなく、
生姜の体を温める効果を非常に強く感じることができるようになってます!

縦型の「醤油ラーメン」のほうも生姜を全体の軸に据えていましたし、
どうも今回の2商品は低糖質+代謝の活性化という狙いが見えますね!

また「醤油ラーメン」に関してはあくまで生姜のみの効果でしたが、
こちらは軽い辛味が加わることによってぽかぽか感はより強いです!

決して辛味という点ではそこまで強く感じさせるものではないのですが、
じわじわとした遅効性の蓄積するタイプの辛さで、食べ進めているうちに
体が奥のほうから温まってくるような感触が得られるのはいいですね!

やや軽めの豚骨スープに生姜の効いた少しシャープな味噌ダレを合わせ、
そこにすりごまでコクを重ねるという基本スタイルは「はじめ屋」と同じで、
それをRIZAP風に少しアレンジしたのがこの商品と言っていいでしょうね!

そのアレンジに関してはほぼ辛味のみなので変化は大きくはないですが、
ただそれによってスープの狙いが明確になっているのは実に好印象です!

また、そうした辛味のアレンジをごく軽めに加えることによって、
こちらのほうがいくぶんシャープな印象を持たせる感じになってます!(*゚◇゚)

辛味噌系は少々シャープな印象を持たせるほうがおいしいですからね!

スープの原材料はみそ、ポークエキス、ラード、食塩、ごま、香辛料、香味油、
香味調味料、粉末油脂、酵母エキス、発酵調味料、植物油脂などとなっています!

実は「発酵調味料」が入っている以外は「はじめ屋」と並びまで同じです!
ここまでベースのスープを変えずに来るとはちょっと意外ではありましたね!

それだけ「はじめ屋」の味噌ラーメンが完成しているということでもありますが!

麺はやや厚みのある平打ちタイプのノンフライ麺となっています!

このラーメンの主役はスープ以上にこの麺と言っていいでしょう!
ノンフライ麺ながらも糖質が非常に抑えられた麺が使われています!(=゚ω゚)

この麺も「はじめ屋」の味噌と全く同じものと見ていいでしょうね!

「はじめ屋」の味噌の麺は他のものに比べるといくぶん厚みがあって、
その特徴がこちらのRIZAP版の麺からも全く同様に感じられましたので!

食感は低加水麺風のややサクッとした歯切れの良さと粉っぽさを持ちつつ、
同時に麺の中心あたりにクニッとした独自の弾力を感じることができます!

この麺は原材料に植物性たん白を多く入れているのも一つの特徴で、
それと卵粉がこうしたクニッとした食感のポイントなのかもですね!

味噌ラーメンは一般的に多加水寄りのプリッとした麺が合わせられるので、
こうした若干低加水っぽい麺は多少好みが分かれる可能性がありますが、
自分としては十分に納得のいくだけのかみ合わせになっていましたね!

麺の量は57gで、カロリーは279kcalとなっています!
脂質は12.3gで、脂質はそこまで極端には抑えられていません!

糖質は22.4gで、「はじめ屋」と比べると1.2gだけ多いですね!

こちらのほうも麺の量が「はじめ屋」と全く同じになっています!
完全に「はじめ屋」がモデルになっていることがわかりますね!

具材は豚・鶏そぼろ、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

実はこれも完全に「はじめ屋」の味噌と同じだったりするのですが、
それでも一つのカップ麺の具材としては十分に整っていますね!

そぼろは粒が大きく、鶏が多めながらも味わいはしっかりしています!

そしてメンマは非常にコリコリ感が強く、これはインパクト抜群です!
やはりメンマには食感のアクセントとしても機能してほしいですしね!

ねぎもけっこうリアル感のあるもので、具はどれも充実していますね!

麺と具材が「はじめ屋」と全く同じで、スープの原材料の並びもほぼ同じと、
「はじめ屋」の味噌を普段から食べている人からすると驚きはないですが、
蓄積系の辛味を加えることで生姜と相乗効果を生んで体を温める効果は大きく、
「はじめ屋」の味噌に足りなかったピースを一枚加えた内容になっており、
一つの低糖質ダイエット系ラーメンとしての完成度はより上がっています!

これが気に入った人は「はじめ屋」の味噌を買って遅効性の辛さを持った
唐辛子などを投入すればかなり近い味わいを楽しむことができるでしょうね!

「はじめ屋」をベースにしつつ、体がしっかりと温まる一杯でした!(゚x/)モキュルー

【関連記事】
RIZAP 辛味噌ラーメン
RIZAP 生姜醤油ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/9発売 ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ

1/9発売の明星「ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ」を食べました!
もはや定番となっている「ぶぶか 油そば」シリーズからの新作です!

1/9発売 ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ

この「ぶぶか」の油そばは基本的な味の方向性はあまり変わりませんが、
それでも発売されるごとに細かな変化はいつもつけられてるのですよね!

今回はペッパーとガーリックの効いたマヨが特徴とのことです!(=゚ω゚)

1/9発売 ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、ふりかけ、マヨとなっています!
この組み合わせに関してはいつもと特に違いはないようですね!

1/9発売 ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ(できあがり)

具材はシンプルながらもふりかけやマヨがあるのでにぎやかですね!

まずはその味ですが・・・お、今回はいつもよりジャンクですね!(●・ω・)

基本的な構成に関してはそれほど変わってないはずなのですが、
タレのどっしり感が強く、それと同時に醤油の主張もやや強めで、
とにかくそれぞれの要素の押しがより強くなっている印象です!

このあたりは自分の体調などによる部分もあったかもですが!

ここに今回のメインである「やみつきマヨ」が加わりますが、
いつものマヨであればまろやかさと同時に酸味などによる
さっぱりとした感覚も同時に付与されたりもするのですが、
今回はガーリックとペッパーで鋭い感覚が強められているので、
丸みよりもジャンク感を強調するという効果が大きいのですよね!

なので、タレも攻撃性が高まり、マヨもよりジャンクということで、
ただでさえカップ油そばの中でもジャンク感が強いシリーズなのに、
さらにどっしりとした攻撃的なバランスに仕上がっていますね!

そして海苔、ねぎなどによるふりかけも加わってくるのですが、
こちらに含まれている香辛料も全体をより刺激的にしています!(*゚ー゚)

これはマヨやタレの刺激との相乗効果もあると思われますが、
とにかく今回はすっきり感のある要素がほとんどないですね!

タレの原材料はラード、ペッパーガーリックマヨネーズ、しょうゆ、
植物油脂、糖類、豚・鶏エキス、食塩、香味油、チャーシューエキス、
醸造酢、香辛料、香味調味料といった組み合わせとなっています!

この原材料を見ると顕著なのですが、油脂が完全にラード優位となり、
植物油脂が減ったことで、これまでの「ぶぶか」で特徴的であった
ごま油などを思わせる風味が明らかに減退しているようですね!

これまでよりも明らかにジャンクだった最大の理由と言えるでしょう!

ごま油などが減ると、その分だけ香ばしさも弱まってしまうので、
それもまた油脂の持つどっしり感を強調することになったのでしょう!

麺はいつもの「ぶぶか」らしい、けっこう太めの縮れた油揚げ麺です!(*゚◇゚)

ただ、他のメーカーの油そば向けの麺に比べると細いのですよね!
湯戻し時間も3分なので、そこまで太麺仕様というわけではないです!

なので、麺単体での主張はそれほど強いというわけではないですが、
そこそこもちもち感もあり、またタレとのなじみが非常にいいので、
このシリーズにちゃんと合うように作られた麺と言えるでしょう!

どちらかというと「ぶぶか」はジャンクなシリーズではありながらも、
麺の暴れっぷりを楽しむといった感覚はかなり薄いほうですからね!

麺の量は130gで、カロリーは800kcalとかなり高めです!
脂質も41.9gと40gを超え、いつもの「ぶぶか」よりも高いです!

脂質が増えてしかもラードメインですから重いのも当然ですよね;
今回は食べていて珍しく「ヘヴィすぎるのでは」と思いましたし;

具材はチャーシューと大きめのなるとのみというシンプル仕様です!

チャーシューはあまり厚みのないいかにもカップ麺的なものですが、
意外とこの醤油ダレとは合うので相性は良かったりするのですよね!(`・ω・)+

とにかく今回は「やみつきマヨ」のペッパーガーリックよりも、
タレそのものがひたすらヘヴィでジャンクだったのが印象的で、
これまでの「ぶぶか」の中でも最重と呼べる仕上がりでしたね!

それゆえに従来の「ぶぶか」が苦手な人は避けたほうがいいですし、
「ぶぶか」のジャンク感が好きな人専用といった感じがしました!

とにかくジャンク感をがっつり楽しみたい人のための油そばでした!(゚x/)モッキリー

【関連記事】
ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ
ぶぶか 油そば 濃厚背脂だれ
ぶぶか にんにく辛みそ豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2016年)
ぶぶか 辛みそ油そば
ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん
ぶぶか 肉だれ油そば
ぶぶか にんにく辛豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2015年)
ぶぶか にんにく醤油豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2014年)
ぶぶか にんにく豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2013年)
ぶぶか 油そば マヨネーズ付
ぶぶか 油そば こがしニンニク油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/10発売 RIZAP 生姜醤油ラーメン

1/10発売の明星「RIZAP 生姜醤油ラーメン」を食べました!

ファミマとRIZAPのコラボの一環として発売されたものなので、
ファミリーマート/サークルKサンクス限定商品となっています!

しかし今週はコンビニ限定の商品がずいぶんと多いですね!
ファミマのRIZAP2商品だけでなく、セブンでも1つ出てますし!

1/10発売 RIZAP 生姜醤油ラーメン

明星の低糖質麺となると「ローカーボ」からの流れを感じますね!

ダイエット向けのカップ麺となると低糖質が求められますし、
その分野では明星が完全に市場をリードしている状態ですので、
このコラボ商品も明星が担当することになったのでしょう!

しかしカップ麺1杯で、糖質がたったの13.0gというのはすごいですね!(*゚ー゚)

1/10発売 RIZAP 生姜醤油ラーメン(内容物)

いかにも縦型カップ麺向けの醤油ラーメンといった具材ですね!
チャーシューチップではなくダイスミンチなのも特徴的です!

1/10発売 RIZAP 生姜醤油ラーメン(できあがり)

うん、具材に関してはなかなかの充実度がありますね!

まずはスープですが・・・うん、オーソドックスな中華そば系です!(●・ω・)

それも現代的な感じではなく、かなり素朴なタイプのものですね!

鶏をベースに軽く豚も加えたスープに生姜の風味を効かせたスープは
まさに王道の東京系中華そばをモチーフにしてると言えそうなもので、
また醤油のカドが立ってないのでかなり食べやすく仕上がっています!

そこに強めに胡椒を加えることによってピリリとした刺激を与え、
またほんのりと魚介を効かせることで旨味も下支えもされています!

そして具材のメンマからの風味が出てスープに影響を与えるので、
それもまたこのスープの素朴さをより引き立ててくれていますね!

生姜を加えているのは体を温めるという目的もあるのかもですが、
素朴な中華そばに生姜の風味が加わるのはけっこうよくあるので、
何かそこから奇抜な印象を受けるといったことはなかったですね!(=゚ω゚)

スープの原材料は難消化性デキストリン、しょうゆ、鶏・豚エキス、
香味調味料、食塩、香辛料、酵母エキス、デキストリン、香味油、
かつおエキスなどといった組み合わせとなっています!

難消化性デキストリンはメッツコーラなどにも入っているもので、
脂肪の吸収を抑え、糖の吸収を緩やかにする効果を持っています!

これをスープに溶け込ませているのも大きな特徴のようですね!

麺は「ローカーボ」に使われているものと全く同じようですね!
原材料の並びも全く同じなので、違いはないと見られます!

ノンフライ麺ながらもヌードル麺的な感覚を強く持った麺です!

麺に少し油脂を練り込むことでヌードル麺らしさをより強め、
スープとのなじみが良くなるように工夫もなされています!

ただ、この麺って意外と麺そのものの風味の主張が強いので、
食べ始めの頃はやや麺勝ちといった印象を持たれるかもですが!(*゚◇゚)

あとこの麺は相変わらず食感が緩むのが速いのですよね;

食感が緩んだほうがスープとのなじみは良くなるのですが、
そのかわり食感がゆるゆるになるという弱点もあるだけに、
そのあたりはそれぞれの好みで調整するのがいいでしょう!

麺の量は40gで、カロリーは180kcalとかなり低めです!
一方の脂質は7.6gと、実はそこまで低くはないようです!

麺量、カロリーともに「ローカーボ」シリーズとほぼ同じですね!

具材は鶏ダイスインチ、メンマ、なると、ねぎとなってます!

メンマとなるとはごく普通ですが、これらが入ることで、
オーソドックスな中華そばとしての主張が高まってますね!

メンマはいい風味を出しますし、なるともかなり量が多く、
ベーシックな存在ながらもちゃんといい仕事をしています!

ねぎもそこそこリアル感があり、風味・食感ともにいいですね!

そして鶏ダイスミンチですが、鶏を使ったのは正解でしょうね!(`・ω・)+

やはり鶏を使っていることで風味がさっぱりとしていて、
ダイスミンチながらもそこまでジャンクな印象がありません!

これが豚だと、全体がもう少しジャンクな感じになったでしょうが、
鶏だったことで中華そばのイメージときれいにハマってくれてますね!

でもって、食べごたえがあり、量も多いという利点もありましたし!

基本的にはRIZAPというより「ローカーボ」の派生版という感じですが、
「ローカーボ」はスープが洋風なのに対し、こちらは中華そば系なので、
「ローカーボ」のバリエーションとしてとらえても楽しめる内容でしたね!

これが気に入ったら「ローカーボ」にも手を出してみるのもアリでしょう!(゚x/)モキュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/20発売 中華蕎麦とみ田 鶏白湯煮干そば

12/20発売の明星「中華蕎麦とみ田 鶏白湯煮干そば」を食べました!
セブンプレミアムシリーズなので、セブン&アイの限定商品となります!

12/20発売 中華蕎麦とみ田 鶏白湯煮干そば

セブンプレミアムの高級系縦型カップというと日清の印象が強いですが、
この「とみ田」はどんぶり型でも明星が製作を担当していることもあり、
今回発売されたこの縦型の特別バージョンも同じく明星が作っています!

どんぶり型は豚骨ベースのスープに魚介を合わせるスタイルですが、
こちらの縦型バージョンは鶏白湯と煮干を合わせた構成となってます!

どちらも白湯スープ+魚介ですが、その組み合わせが大きく違いますね!(*゚ー゚)

12/20発売 中華蕎麦とみ田 鶏白湯煮干そば(内容物)

煮干系のラーメンということもあって、粉末スープが灰色系ですね!
かなり多めの煮干粉末が入っていることがここからもわかります!

また、蒸し鶏がけっこう多めに入っているのも目を引きますね!

12/20発売 中華蕎麦とみ田 鶏白湯煮干そば(できあがり)

仕上げに後入れの調味油をかけると完成となります!
後入れの調味油まで灰色なので、ここにも煮干要素があります!

それにしても麺の吸水が強力なのでスープがかなり減りますね!

まずはスープですが・・・あぁ、これは完成度が高いですね!(●・ω・)

ベースとなっている鶏白湯スープ、そして煮干の強烈な旨味と、
そのどちらも非常に力強さがあり弱みを感じる要素がないですね!

鶏白湯スープはかなりの厚みがあり、それでいてそこまで重くならず、
煮干の強い旨味を支えるだけの重厚な土台をきっちり作っています!

油脂はラードが多く、スープも豚が入るので純粋な鶏白湯ではないですが、
そうしたことは気にならない動物系のコクと旨さがしっかりと出ています!

これだったら魚介が弱めのスープであっても十分勝負できたでしょうね!
そのクラスのスープがベースを固めているのですから悪いはずがありません!

そしてもう一つの主役の煮干ですが・・・これも明確な強さがありますね!(`・ω・´)

それにしても今週はコンビニ限定商品で煮干系店カップが多く出てますね!
ファミマ/サンクス限定の「麺屋よこじ監修 三河ブラック」もそうでしたし!

「よこじ」は清湯ベースで、こちらは白湯ベースと方向性は大きく違いますが!

純粋に煮干の強さだけで言えば、こちらのほうが上かもしれませんね!

ただし、清湯ベースのほうが煮干の風味がよりダイレクトに来るので、
体感的な面から見ると人によって感じ方は変わってくるかもですが!

いずれにしてもかなり強い煮干が効いているのは間違いないところで、
ニボラーの方々でも満足できる水準にあると言っていいでしょうね!

スープの原材料はラード、鶏・豚エキス、小麦粉、糖類、でん粉、にぼし粉末、
香味油、香味調味料、魚介エキス、しょうゆ、香辛料、食塩、デキストリンなどです!

粘度の高さは小麦粉などに頼っているところも少なからずありますが、
ベースのスープがしっかりしてるのでギミック感は感じなかったですね!(=゚ω゚)

麺は平打ち気味でけっこう縮れのついた油揚げ麺となっています!

同日発売の「ふじ屋NOODLE 味噌ラーメン」も明星で平打ち麺でしたが、
「ふじ屋NOODLE」のほうの麺が厚みがあって「本気盛」的だったのに対し、
こちらはむしろ「ちょっと厚めのヌードル麺」といった感じでしたね!

なので、油揚げ麺臭はこちらのほうがずいぶんと控えめな印象で、
スープが強いことも相まってネガティブなイメージはなかったです!

ただし、スープが強いのに対して麺の厚みがけっこう薄めなので、
スープとの力関係で言えば圧倒的にスープのほうが強くなりますね!

ですが、それを悪く感じさせないのがこのカップ麺の強みでもあります!
スープに麺が飲まれるぐらいのほうがおいしく感じさせる力がありますので!

麺の量は80gと多めで、カロリーも523kcalとかなり高いです!
脂質も25.1gと、ラーメン系としては高い水準になりますね!

ですが、乳化感が強いので体感的な油脂の強さはそれほどではないです!

具材は味付鶏肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

蒸し鶏はしっとりとしていて食感、風味ともに申し分がなく、
なおかつ量もそこそこ入っているので満足度は高いですね!(*゚◇゚)

メンマはやや少なめということもあり、存在感は薄いですが、
ねぎはけっこう高級感があり、クオリティは高かったです!

ベースの動物系がしっかりしていて、なおかつ煮干の主張が強い、
この2点がそろえば強いということがはっきりと伝わる一杯で、
濃厚系の煮干ラーメンとしては見事な完成度を誇ってましたね!

このタイプのラーメンが好きな人なら、迷わず手に取っていいでしょう!(゚x/)モッキルー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/19発売 ふじ屋NOODLE監修 味噌ラーメン

12/19発売の明星「ふじ屋NOODLE監修 味噌ラーメン」を食べました!
札幌にある「ふじ屋NOODLE」というお店の監修商品ですね!

12/19発売 ふじ屋NOODLE監修 味噌ラーメン

それにしても冬場になると味噌ラーメンがよく出てきますね!
味噌ラーメンには食べるとほっこりする感じがありますからね!

12/19発売 ふじ屋NOODLE監修 味噌ラーメン(内容物)

なんだか粉末スープがずいぶんと多めに入っていますね!
具材はダイスミンチが入っているなどいかにもカップ麺的です!

12/19発売 ふじ屋NOODLE監修 味噌ラーメン(できあがり)

うん、具材に関してはなかなかの豪華さになってますね!

まずはスープですが・・・あら、従来の札幌系とは違いますね!(●・ω・)

札幌系の味噌ラーメンというと、白湯ベースのスープに
ラードをたっぷり入れるというのが基本となってますが、
こちらは札幌のお店ながらもそうしたスープとは違います!

ベースは豚骨白湯系ですが、非常に粘度の高いスープで、
豚骨のクセを打ち出すのではなくまろやか系の路線ですね!

そんなまろやか豚骨スープの中からふわっと味噌が上がる感じで、
味噌ダレがどっかりと主役に座る一般の味噌ラーメンとは違い、
味噌ダレがむしろサポート役と感じられるバランスになってます!

なので、普通の味噌ラーメンのイメージをベースに考えるよりは、
まろやか系の粘度の高い豚骨スープの中に味噌ダレを中心として、
魚介やピーナッツペーストなどのいろんなものを取り入れた感じです!(*゚ー゚)

カップの側面に書かれている、
「とろり豚骨に味噌を合わせた濃厚スープ」
という表現そのものの味と言ってもいいでしょうね!

多少はエースコックの「極どろ」的なギミック感もあったりしますが!
粘度の高いスープをカップ麺で再現する際にありがちではありますね!

スープの原材料はみそ、ポークエキス、糖類、ラード、デキストリン、
香辛料、米粉、粉末油脂、香味油、食塩、とろみ粉末、香味調味料、
酵母エキス、ピーナッツペースト、XO醤などとなっています!

ラードも入ってはいますが、表面に油膜を張るのではなく、
あくまでまろやか系の豚骨スープと一体になっていますね!

また、原材料を見るととろみ付け目的のものが非常に多いですね!
とろみ粉末だけでなく、デキストリンや米粉もそうでしょうし!

麺は少し厚みのある平打ち系の油揚げ麺となっています!
また、表面はややつるりとしていてなめらかな感じです!

この麺・・・なんだかあまり明星らしくないのですよね!(;゚◇゚)

むしろ東洋水産の「本気盛」の麺に非常に近かったりします!

また困ったことに麺の上側の戻りにくさも「本気盛」に近いです;

これはとろみ粉末などが多く入っているのが原因なのですが、
麺の上側の粉末スープが熱湯をかけても溶けきらないので、
そのすぐ下のあたりの麺が硬い状態のままになるのですよね;

なので、3分ぐらい経ったあたりで麺の上下をひっくり返して、
全体をまぜなおさないといけないのも「本気盛」に近いです;

麺の雰囲気だけでなく、そんなとこまで近くなくてもと思いますが;

麺の量は75gで、カロリーは462kcalとなっています!
脂質は19.6gで、けっこう高めの数字になっていますね!

具材は豚ダイスミンチ、メンマ、ねぎ、玉ねぎとなっています!

豚ダイスミンチはやや湯戻りしにくいタイプではありますが、
量は多いので、食べごたえという点では十分なものがあります!(=゚ω゚)

お店の再現カップとしては似つかわしくない面もありますが;

メンマはコリコリ感が強く、発酵臭もしっかりあり、
なかなかクオリティの高いメンマとなっていますね!

そして玉ねぎですが、粒が小さいうえに量が多くないので、
どうしても埋もれてしまってあまり存在感がないですね;

本来はアクセントになるべき存在なだけにややもったいないです!

従来の味噌ラーメンとは一味違ったスープは個性的ながらも、
明星の店カップとしてはちょっと異色といった仕上がりで、
東洋水産の「本気盛」とエースコックの「極どろ」をまぜたような、
ギミック感と無骨な印象を強く感じる内容でもありましたね!

カップ麺的などろ系スープが好きな人に向いた感じの一杯でした!(゚x/)モキリー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/28発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺

11/28発売の明星「中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺」を食べました!

これはもう見つからないのではないかと諦めていたのですが、
とある駅の小さなコンビニで運良く発見できたのですよね!

ペヤング ヌードル」などもそこで見つけて買いましたし、
小さいのに掘り出し物が意外とあって重宝しています!

11/28発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺

そんな見つかりにくかったこのカップ麺ではありますが、
おそらく明星としてはかなり本気の作品のはずなのですよね!

とはいえ、価格帯が300円近いとなかなか置いてもらえないのでしょうね;

「中華三昧PREMIUM」のふかひれ系は少し前に縦型でも出ましたが、
今度はワンタン麺になってどんぶり型ノンフライで登場しました!

このところ「カップヌードルリッチ」をはじめふかひれ系が多いので、
そうしたところもあまり置いてもらえなかった原因の一つかもですね(;゚ω゚)

11/28発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺(内容物)

内容物はかやく、後入れ粉末スープ、液体スープとなっています!
具材のうち、ワンタンに関してはあらかじめどんぶりに入ってます!

かやくの袋を見ると何やら小さい白い粒がけっこう入っていますが、
これがいったい何なのかよくわからなかったりするのですよね;

11/28発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺(できあがり)

これはなかなか高級感を感じさせるビジュアルになってますね!

まずはスープですが・・・うん、かなり本格感の高いとろみ中華スープです!(●・ω・)

縦型カップ版では「カップヌードルリッチ」の二番煎じの印象がありましたが、
こちらはどんぶり型ということで、そうしたイメージはずいぶんと薄いですね!

むしろ「銀座アスター」などでもともと明星が得意としている、
とろみ系中華スープの高級感をより増してきたような印象です!

液体スープを入れた瞬間にとろみがグッと強まってくるのですが、
でん粉系のとろみではなく、コラーゲンがメインとなっています!

それによってより高級中華らしい雰囲気が高められていますね!

スープのベースは動物系にオイスターソースを主体にした旨味を加え、
そこにXO醤によって海鮮の旨味を重ねるという明星らしいスタイルで、
旨味が深いながらもじわっと包み込むような優しさを持ったスープです!

また、海鮮の旨味はオイスターソースとXO醤によって担われるだけでなく、
さらにホタテやアサリなども加えることでさらに厚みが持たされています!

あと、生姜がけっこう強めに効かされているのが印象に残りますね!

「銀座アスター」が一定程度鋭さも持ったスープとなってるのに対し、
こちらはよりまろやかさと丸みを感じさせる仕上がりとなってますね!

価格が高いのでコストパフォーマンスは多少気になりはするでしょうが、
一つの「中華とろみ系スープのラーメン」としては見事な出来映えです!(*゚◇゚)

スープの原材料はしょうゆ、オイスターソース、鶏・豚エキス、
チキンオイル、とろみ粉末、香味調味料、コラーゲンペプチド、糖類、
食塩、香辛料、貝エキス、植物油脂、発酵調味料、XO醤などです!

麺は中細のそこそこ縮れのついたノンフライ麺となっています!

湯戻し時間は5分で、中細ぐらいの太さの麺ということもあり、
一見するとやわらかめになりそうなイメージがあるのですが、
実際はむしろ逆で中細麺ながらもなかなかの強さを持っています!

しかし決してがっしり系ではなく、中細ながらももっちり感が強く、
その食感の主張の強さがとろみスープの中でも上手く生きています!

もっちり感が強いのですが、多加水麺的な食感ともちょっと違い、
麺の密度感の高さによってもっちり感を演出している感じです!

こうしたタイプのノンフライ麺は明星ならではという感じがしますね!(*゚ー゚)

麺の量は80gとなかなか多く、カロリーは441kcalとなっています!
脂質は8.5gで、ノンフライ麺ということでけっこう低めですね!

具材はふかひれワンタン、きくらげ、卵、ふかひれ加工品、ねぎです!

「ふかひれワンタン」とありますが、ふかひれ感はそれほどなく、
むしろシンプルに高級感のあるワンタンと言ったほうが適切ですね!

これまで食べたカップ麺のワンタンでは間違いなく最高峰と言え、
ノンフライ仕様のもっちりとした皮は高級感がしっかりとあって、
中の餡も非常に量が多いうえに、その風味もかなり充実してます!(`・ω・)+

肉具材に甲殻類系の具材なども加えられているように見えましたね!

一方でワンタン以外の具材はけっこう普通のものとなっています!
卵はふわふわ系で、きくらげは比較的小さめのサイズとなってます!

「ふかひれ加工品」はおそらく写真の右側に見えているものですが、
これはちょっと何の意味合いがあるのがよくわからなかったですね;

縦型カップ版では縦長の形状だったので一定の存在感がありましたが、
こちらはフレーク系の形だったのでまぜるとスープと一体化してしまい、
具材というよりはスープの一部といった感じになっていましたね!

もしかするとそうすることを狙った作った可能性もありますが!

ワンタン以外の具材がさみしいという点が多少気になりましたが、
スープは明星の持つ中華とろみ系への強さが存分に発揮されていて、
なおかつワンタンの内容は文句なしとかなりの水準の高さでした!

特にここまで餡の内容が充実したワンタンは過去になかったですね!

惜しむらくは縦型カップ版を先に発売してしまったことでしょうね!

縦型カップ版はどうしても「カップヌードルリッチ」と比較されますし、
そのためにこちらもその流れでとらえられる原因になりましたからね!

300円近い価格ではありますが、その高級感はたしかに本物でした!(゚x/)

【関連記事】
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺
中華三昧PREMIUM 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/5発売 一平ちゃん 大盛 カレーうどん(2016年)

12/5発売の明星「一平ちゃん 大盛 カレーうどん」を食べました!

このカップ麺は先週発売なのにほとんど話題になってないですね;

昨年もほぼ同じ内容の商品が発売されていたということに加えて、
「大盛 カレーうどん」という方向性もあまり奇抜ではないですしね!

でもって、この商品を扱っているコンビニがかなり少ないのですよね;

ちなみに自分は昨年もほぼ同じ商品が出てたのを完全に忘れてました(;゚◇゚)

12/5発売 一平ちゃん 大盛 カレーうどん(2016年)

見たところ昨年とこれといって方向性は変わってないようですが、
今年は牛オイルが入っているというのが特徴になっていますね!

ダジャレに関してはちょっと何とも言えないものがありますが!

12/5発売 一平ちゃん 大盛 カレーうどん(2016年)(内容物)

内容物は粉末スープ、調味油、スパイスという構成になっています!
具材に関してはどれもあらかじめカップの中に入れられています!

12/5発売 一平ちゃん 大盛 カレーうどん(2016年)(できあがり)

左上あたりにかかっているカレー色のものが後入れ調味油ですね!

まずはスープですが・・・おっ、これはよくできていますね!(●・ω・)

なんだかいかにも目立たない感じの商品イメージなのですが、
スープも一本筋が通っていて、アクセントも上手く効いてます!

ベースのスープは魚介要素のない純粋な動物系スープのカレーで、
カレー感もなかなか強く、後入れスパイスで刺激も効いています!

どちらかといえばカレーラーメン向きと言えるようなスープで、
そうでありながらうどんともちゃんといい相性を見せています!

ここにいいアクセントを加えてくれているのが後入れスパイスで、
七味的な要素とフライドオニオンが合わされたものとなってます!

簡単に確認できるものとしては唐辛子、ごま、柚子、オニオン、
このあたりが入っているのでピリッとした刺激もあると同時に、
スープ全体の香りを高めることにも大きく貢献してくれてますね!(=゚ω゚)

辛口というほどではないですが、ピリピリ感が持続するなど、
そこそこ刺激的なカレースープとして成り立っていますね!

そして後入れ調味油によって牛のコクを加える形になってますが、
この調味油はスパイスも入っているのでカレー風味も強いです!

牛オイルの存在はそこまではっきりと主張するものではないですが、
全体をビーフカレー的な路線に引き寄せるのに役立っていますね!

スープとスパイスの原材料は食塩、カレー調味料、カレー粉、
豚・鶏エキス、糖類、乳等を主要原料とする食品、香味調味料、
香辛料、酵母エキス、リンゴ食物繊維、香味油、しょうゆ、
フライドオニオン、発酵調味料、植物油脂、ごま、ねりごま、
でん粉、ラードなどと、ずいぶんと複雑な構成になっています!

複雑なのはスパイスの原材料が一緒になってるせいもありますが!

麺はそれほど厚みはないものの幅の広い油揚げ麺のうどんです!

最も大きな特徴は表面が非常につるりとしている点ですね!
麺の食感はそれほど強くなく、非常に食べやすいですね!(*゚ー゚)

カレー度が高いスープに食べやすい麺が合わさることで、
全体的にシャープな路線を指向しているのがわかりますね!

この締まったスープだともっちり系のうどんを合わせるより、
こうしたなめらかなうどんのほうが合うという感はありますね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは488kcalとなっています!
脂質は20.0gで、そこそこ高めといった数字になってますね!

具材は油揚げ、卵、ねぎという組み合わせになっています!

卵は明星らしい甘めの味付けがされたものとなっていて、
油揚げはきつねうどんなどに使われるものと同じですね!

油揚げはなかなかジューシーで、今回のカレーうどんの中で
最も和風の要素を感じさせてくれる存在となっています!

スープ、麺、スパイスと全体的にシャープ指向なのですが、
この具材だけがそれを緩和する方向に向いてるのですよね!

シャープなスープと具材の甘さが非常に対照的になっています!(`・ω・´)

具材や麺の特徴など、全体的に昨年と同じ方向を向いてますが、
どうも今年のほうがいくぶんスパイス感が強まってるかもですね!

とりわけ後入れスパイスによる香味の高まりは印象的でした!

やや塩分濃度が高めなので、お湯は少し多めでもいいでしょう!

食べる前はいかにもインパクトに欠けた印象があったのですが、
実際に食べてみるとスープ全体の方向性もはっきりしていて、
なおかつアクセントのつけ方も上手いなどなかなかの良品でした!

カレーうどんを多めに食べたいときなどは最適と言えそうですね!(゚x/)モッキルー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味

12/5発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味」を食べました!
今週、いや今月の最も怪しい商品がついに登場いたしました!(`・ω・´)

12/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味

1月にも「チョコソース」で盛大にやらかしてくれた「一平ちゃん」ですが、
クリスマスにも懲りることなく「ショートケーキ味」を投入してきました!

響きだけを聞くと「チョコソース」以上に危険な香りがするのですが、
前評判だと「チョコソース」よりはいくぶんマシという話も聞きます!

しかし原材料を見ると今回もラードやらビーフエキスが入っているなど、
やはり焼そばらしい味とスイーツの融合であることは間違いなさそうです!(;゚ω゚)

「チョコソース」のときはマヨではなくチョコソースでしたが、
今回はマヨを維持しつつバニラ風味をミックスしてきています!

今回も何とも食べるのに勇気のいる路線なのは間違いないです!

12/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味(内容物)

内容物は液体ソース、マヨネーズ、あとのせかやくとなっています!
あとのせかやくはもはや焼そばというより完全にスイーツですね!

むしろスイーツ路線で徹底してくれたほうが安心できますが!

12/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば ショートケーキ味(できあがり)

うん、ビジュアルだけで見ればこれは紛れもないスイーツです!(*・ω・)

マヨも心なしかホワイトチョコソースなどのように見えますね!
あくまでそう見えるだけであって、正体はマヨネーズなのですが;

まずはマヨなしで食べてみると・・・うん、まぁ、成立はしてますね!(*゚◇゚)

この時点だとスイーツというよりは、まだ焼そば寄りな感じです!

動物系の風味に軽い塩味が加わった塩ダレ系焼そばという風味で、
その中からふわっとバニラの香りが上がってくるといった感じです!

ソースをまぜているときは完全にバニラのほうが優勢だったのですが、
逆にソースと麺だけで食べると焼そばっぽさのほうが強く出てきます!

ただ、この段階ではバニラの風味は蛇足以外の何物でもないですが;

とはいえ、動物系の風味がものすごく強いというわけでもないので、
焼そば以外の方向に移行できる余地はちゃんと残されてはいますね!

ふりかけやマヨをつけて食べてみると・・・あれ、印象が一気に変わりますね!(●・ω・)

「チョコソース」のときはふりかけやチョコソースをかけて食べると、
ベースの焼そば風味とスイーツ要素が口の中で大喧嘩を始めましたが、
こちらは逆に焼そば要素が一気に薄れてスイーツ路線へと移行します!

なので、マヨなしで食べたときの驚くぐらいに印象が変わるのですね!

ときどき顔を出してくる塩ダレ要素が邪魔といえば邪魔なのですが、
そんなに喧嘩するわけでもなく、十分に許容範囲に収まってくれます!

そして面白いのはマヨで、たしかにバニラ風味のついたマヨなのですが、
麺と絡めて食べるとマヨはあくまでまろやかさを演出するだけにとどまり、
「まろやかなバニラ風味クリーム」といった印象へと変わってくるのですね!

そこにスイーツ系のふりかけやイチゴやヨーグルトの酸味が加わるので、
食べる前の印象以上にちゃんとスイーツ系焼そばとして成立しています!

スイーツ系要素と塩辛さをミックスする手法はありえなくはないですし、
決してありえないような味にはなってないのには驚かされましたね!

マヨもさることながら、あとのせかやくの果たす役割が非常に大きくて、
マヨやシュガー系ふりかけが全体を甘い方向に引っ張っていくのに対して、
イチゴやヨーグルトの酸味が甘さ一辺倒にならないように調整してくれます!

なので、時折これらのトッピングを食べることで風味がリセットできて、
甘さ、酸味、軽い塩味がちゃんとトライアングルとして成立しています!

いやはや、ちょっとこのバランス感にはいい意味での意外性がありました!(*゚ー゚)

ソースの原材料は糖類、しょうゆ、ラード、食塩、チキンオイル、
ビーフエキス、フルーツペースト、マンゴーチャツネなどとなっています!

こうして見ると、ソースにもちゃんとスイーツ要素が入っていて、
それがマヨやトッピングによって引き出される面もあるのでしょうね!

ソースと麺だけだと焼そば的な要素のほうが前面に出てくるのですが、
甘さが加わることでフルーツなどの存在感のほうが逆に前へと出る、
そうしたバランスをちゃんと考えたうえで作られたことがわかります!

麺はいつもの一平ちゃんらしい細めで縮れの強い油揚げ麺ですね!

この麺は動物系エキスなどを練り込まないシンプルな構成なので、
こうしたスイーツ系の風味と合わせても特に邪魔には感じませんね!

今回のような奇抜な路線にも合わせることのできる汎用性があります!

麺の量は90gで、カロリーは500kcalちょうどとなっています!
脂質は23.5gで、そこそこの数字といったところでしょうかね!

トッピングは砂糖を色付けして棒状に固めたバーミッシェル、
乾燥させたイチゴ、ヨーグルト風味キューブとなっています!

ヨーグルト風味キューブの原材料はは乳糖、砂糖、植物油脂、
ヨーグルト、寒天となっていて、サクサクとした食感です!

バーミッシェルはマヨやソースと合わさりつつスイーツ感を高め、
イチゴとヨーグルトは酸味によってアクセントをつける役割です!

「チョコソース」のときのトッピングは蛇足感だらけでしたが、
今回は逆にトッピングあってのこの焼そばになっていますね!

ソース、マヨ、トッピングのどこにも蛇足的な要素はありません!(`・ω・)+

あえて蛇足というならソースに含まれる焼そば的な要素ですが、
でもそれはそれで成立していると言えなくはなかったですしね!

情報を初めて聞いたときは「チョコソース」以上に警戒しましたが、
これだったらちゃんと一つの食べ物として楽しめる水準にありますね!

何度もリピートしたくなる商品とはさすがに言えないですが、
あと1回ぐらいであればリピートしてもいいかなとは思えました!

さて、こうした怪しいカップ麺は「一平ちゃん」だけかと思いきや、
今度は来年の1月にペヤングからもチョコ味の焼そばが発売されます!

原材料を見るに、こちらには動物系などの要素はソースに入らず、
かなり純粋なスイーツ系商品として作り上げられるようなので、
「一平ちゃん」に比べるとあまり警戒せずに食べられそうです!

なんだかスイーツ系焼そばも徐々に定着してきてる感じですね!(゚x/)モッキリュー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/17発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺

10/17発売の明星「中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺」を食べました!
これも発売週に入手できずに在庫化してしまっていた商品ですね!

とはいえ、テーマがテーマだけにスルーするにはもったいなく、
なんとかこうして機会を作って紹介することになりました!(=゚ω゚)

10/17発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺

ふかひれというと、やはり「カップヌードルリッチ」を思い出しますね!

カップヌードルは油揚げ麺で、中華三昧カップはノンフライ麺と、
麺の製法に違いはありますが、どうしても比較したくはなりますね!

明星は「銀座アスター」シリーズなど、中華とろみ系に強いですし、
今回のふかひれラーメンはその力を発揮できそうではありますね!

10/17発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺(内容物)

あら、どうも具材についてはちょっとさみしげではありますね!
こちらもふかひれを模したような具材が入っているようです!

麺の見た目は油揚げ麺風ですが、実際にはノンフライ麺です!

10/17発売 中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺(できあがり)

ふかひれラーメンだけあって、スープのとろみは非常に強いです!

まずはスープですが・・・うん、なかなかが高級感がありますね!(●・ω・)

「銀座アスター」に比べると明らかに動物系のコクが強いです!
また全体の風味に丸みがあり、まろやかさを強く感じさせますね!

なので、「銀座アスター」と「カップヌードルリッチ」のスープの
どちらに近いかといえば、後者のほうが近いと言えるでしょうね!

「銀座アスター」は味噌なども加えて一定のキレも出していましたが、
こちらはそうしたキレを感じさせる要素は特になかったですからね!

一方でXO醤によって海鮮の深い旨味を重ねるという点においては、
「銀座アスター」と共通しており、明星らしさを感じさせますね!

なので、基本としては動物系の厚みを持たせた丸みのあるスープに、
ふかひれのコラーゲンに由来したとろみが加わり、さらにXO醤で
海鮮の旨味を加えてスープといった感じで表現できるでしょうね!

「カップヌードルリッチ」と比べると方向性はいろいろと似てますが、
スープの持つ丸みに関しては「カップヌードルリッチ」がやや強いです!(*゚ー゚)

それでもどちらもクオリティの高いスープなのは間違いないですね!

両者のスープの原材料を比べてみると次のようになっています!

[カップヌードルリッチ]
動物油脂(豚、鶏)、チキンエキス、でん粉、ポークエキス、糖類、
コラーゲンペプチド(豚由来、フカヒレ由来)、オイスターソース、植物油脂、
醤油、小麦粉、ゼラチン、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、香味油

[中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺]
鶏・豚エキス、糖類、コラーゲンペプチド、しょうゆ、香味調味料、食塩、
チキンオイル、とろみ粉末、オイスターソース、ゼラチン加工品、香辛料、
植物油脂、発酵調味料、XO醤、ホタテエキス

「カップヌードルリッチ」は動物油脂が多めに加えられていて、
「中華三昧」はXO醤やホタテなどの魚貝に力点が置かれてますね!

なので、非常に近いタイプながらもそのどちらの風味が好みかで、
それぞれのスープに対する評価も変わってくるものと見られます!

麺は細めで断面の丸いノンフライ麺となっています!(*゚◇゚)

明星の縦型カップでよく使われる加水が低めのポソポソとした麺で、
小麦の風味がそこそこ強く、スープとの絡みは非常にいい麺です!

この麺はノンフライ麺としては麺単体での主張が弱いほうですが、
それでも「カップヌードルリッチ」の麺よりは存在感が強いですね!

そこがこの商品の大きな特徴の一つで、どちらもスープが強いので、
スープとの力関係は圧倒的にスープのほうが優位にはなるのですが、
「カップヌードルリッチ」は麺が完全にスープに飲まれるのに対して、
こちらは強いスープの中でも麺の主張が一定程度生きている感じです!

この麺とスープの力関係をどうとらえるかも大きな鍵になりますね!

麺の量は65gで、カロリーは329kcalとなっています!
脂質は6.8gで、ノンフライ麺だけあって脂質は低いですね!

それでいてスープの風味はそう思わせない濃厚さがありますからね!

具材はチンゲン菜、卵、ふかひれ加工品、きくらげとなっています!
ふかひれ加工品はふかひれとでん粉などによってできています!

具材に関しては圧倒的に「カップヌードルリッチ」が上ですね!

チンゲン菜は中華らしさを高め、きくらげのコリコリ感も良く、
明星らしい卵具材もスープと決して相性が悪くはないのですが、
何かもう一つインパクトの強い具材が欲しかった気もしますね!

ふかひれ加工品は「カップヌードルリッチ」と似たものですが、
こちらはでん粉も入っているので少し弾力が強めになっています!

かといって、春雨みたいなプリプリ感まではいっていないので、
ちゃんとゼラチン質らしい食感を楽しむことができますね!

全体的に「カップヌードルリッチ」に近い内容になっているので、
スープの持っている海鮮の風味、麺とスープの力関係などについて、
自分により合うほうを選ぶといった感じになるのではないですかね!(`・ω・)+

今回の商品はどうしても「カップヌードルリッチ」と比較されるので、
できれば全く違ったスープで攻めたほうが良かった気はしますね!

たとえば「カニのとろみスープ」などでも面白かったでしょうし!

ふかひれスープらしい旨さの中に海鮮が上手く効いた一杯でした!(゚x/)モキリン

【関連記事】
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺
中華三昧PREMIUM 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.