7/17発売 ぱくぱくパクチー トムヤムヌードル

7/17発売のエースコック「ぱくぱくパクチー トムヤムヌードル」を食べました!

2年前の夏に強烈な印象を残してくれたあの「ぱくぱくパクチー」、
それがパクチーブームが起きる中でひさびさに復活しました!(`・ω・´)

7/17発売 ぱくぱくパクチー トムヤムヌードル

あら、今年はずいぶんとポップなデザインになっていますね!
パッケージを彩るパクチーの写真がなかなか強烈でもありますが!

トムヤム系は2年前にも登場しましたが、微妙に名前が変わってますね!
2年前は「トムヤムクン風」でしたが、今回は「トムヤム」になってます!

要するに クン=海老 が抜け落ちた、ということなのでしょうかね;

7/17発売 ぱくぱくパクチー トムヤムヌードル(内容物)

なんだかお湯を注ぐ前から具材がさみしいのが見て取れますね;
スーパー向けの商品なので、そこは仕方ないかもしれませんが!

また、今年は2年前とは違ってパクチーがペーストになってます!

2年前は細かい乾燥パクチーを大量に後入れ投入する形でしたが、
今年はそうした乾燥パクチーではなくペーストにしたようです!

このあたりが味にどのような変化をもたらすのかに注目ですね!

7/17発売 ぱくぱくパクチー トムヤムヌードル(できあがり)

パクチーの粉末はスープの中にけっこうたくさん浮かんでますが、
具材に関してはやはり予想していたとおりの寂しさではありますね!

まずはスープですが・・・うん、やはりパクチーが効いてますね!(●・ω・)

今年はペースト状になったことで、スープとの一体感が強いですね!

乾燥パクチーのときは麺にパクチーが絡むときはインパクトが強く、
そうでない場合は少し風味が落ちるなどの変化がついていましたが、
今年はペースト状になっているので味が満遍なく広がっています!

その分だけ局所的に強烈なパンチがやってくる感じはないですが、
それでもパクチーの全体量が多いので風味が強めではありますね!

ただ、このところパクチーを使った商品がずいぶん増えたこともあり、
慣れがかなり出てきたのでそこまで驚くほどには感じませんでしたが!

2年前はここまでパクチー攻めの商品はあまりなかったですからね!
このあたりは時代がそこまで追いついてきたとも言えそうですね!

とはいえ、いずれにしてもかなりパクチーの主張が強い一杯なので、
パクチーを苦手に感じている人は手を出さないほうがいいでしょうね!(=゚ω゚)

そしてメインのトムヤム風味ですが、こちらはきれいにまとめてますね!

レモングラスの風味を立たせて、軽い辛味と酸味を効かせたスープですが、
アピール度の高いパクチーに比べればいくぶん大人しめのまとめ方で、
良く言えばわかりやすくまとめたトムヤムスープとなっていますね!

その分だけ全体の中でもパクチーの主張の比重が高まっています!
そのあたりは2年前のスープに関しても近い印象はありましたが!

それでも香草の風味や魚醤の旨味など本格感はちゃんとありますし、
パクチーの後押しもあるので物足りなさなどは特に感じないですが!

スープの原材料は食塩、発酵調味料、香辛料、糖類、鶏・豚エキス、大豆たん白、
コリアンダー(パクチー)、植物油脂、たん白加水分解物、酵母エキスです!

魚醤はどうも発酵調味料あたりにまとめられているのですかね!

麺は中ぐらいの太さのしっとりとした質感の麺となっています!

麺としての主張はあまり強くなく、すすり心地はけっこう良く、
ごくごく軽めのプリッとした食感を感じさせる麺なのですが、
自分としては今回のこの麺の印象はなかなか良かったですね!

というのも、この商品の主役は何と言ってもパクチーなわけですが、
麺の主張が立ちすぎるとそれを阻害する結果になってしまうので、
このあまり前に出すぎない麺はバランス的には良かったですね!(*゚ー゚)

麺の量は50gと控えめで、カロリーは261kcalと軽いです!
脂質は8.4gで、油揚げ麺の商品にしてはずいぶん低いですね!

ちなみに麺の量については2年前の商品と変わってないですね!

そして具材は椎茸、チンゲン菜、赤ピーマンとなっています!(*゚◇゚)

トムヤムスープというと、きのこが使われることが多いので、
椎茸というチョイスはけっこう悪くないように思いますね!

本来であればマッシュルームのほうがもっと合うのですが、
椎茸も和の香りはするもののきのこではありますからね!

スープのほうに旨味を出してくれるという効果もありますし!

チンゲン菜は青菜らしい風味はあるものの細かめで味はごく普通、
赤ピーマンに関しては完全に彩り目的といった感じのものですね!

具材としてはやはり海老がカットされたのは残念なところがあり、
チンゲン菜と赤ピーマンはなしで、海老が2尾でも入っていれば、
というふうに思ってしまうところもけっこうあったりしますね!

エースコックって、どうも具材を質より量にしてしまいがちというか、
中途半端にかさ増ししたような構成になっていることが多いですからね;

パクチー系商品が増えたのでインパクトは2年前より落ちましたが、
ペーストにすることでパクチーの風味を全体に溶け込ませるという、
この新しい方針はこれまでにはない個性にはなっていましたね!

一方でそれがわかりやすい攻撃性を下げた部分もありはしますが、
「どこを食べてもしっかりパクチー」なのは利点でもありました!

タイ料理好きの人であれば、手を出して損のない一杯でしょうね!(゚x/)モキーン

【関連記事】
ぱくぱくパクチー トムヤムヌードル
ぱくぱくパクチー レッドカレーヌードル
ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
今回はホントに予想外に大きく内容を変えてきてビックリでした。
初版のふりかけパターンがけっこうインパクトあったので
マイナーチェンジと思っていたので意外でした。

ペーストはたしかにしっかり全体に馴染んで
ムラを無くすのに役立っていましたね。

また中に細かい微塵のパクチーも見えペーストだけではない
という主張もありました。

まぁ、でもインパクト的には正直かなり落ちましたね・・・。
本音なら、チンゲンサイ具材は要らないので
それをパクチー具材に差し替えてもらえれば最強だったと思います。
コスト的に無理かな~。
たういさん、こんばんは!

まさか方向性を大きく変えてくるとは意外でしたね!

というか、昨年は発売されていなかったのを見るに、
「ペーストはどうだろう」という発想が出たことから、
この新しいバージョンが作られたという感もしますね!(●・ω・)

ペーストならではのプラスポイントもあった一方で、
それゆえにインパクトが弱くなった面もありましたね!

でもって、パクチー系商品がずいぶんと増えてきたことで、
食べる側にも慣れが出てきているところもありますからね!

低価格帯ではなく、コンビニ向けぐらいの価格帯にして、
乾燥パクチーとペーストのダブルでガンガン攻めるような、
ペヤング顔負けぐらいの商品にしてほしくもありましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.