7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば

7/10発売の日清「ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」を食べました!
ついに日清のカップ麺から「台湾まぜそば」が登場しました!

これまで様々なメーカーが「台湾まぜそば」を出してきましたが、
日清はカップ麺ではこれまでずっと発売してこなかったのですよね!

ただし、チルド麺では「麺屋こころ」の監修品を出していましたが!

今回はそうした意味でもかなりインパクトのある商品となりますね!
しかも高価格帯である「ラ王PREMIUM」からの登場となりますからね!(*゚ー゚)

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば

しかしこのカップで汁なしというのもまたちょっと面白いですね!

いつもなら普通にフタをめくってお湯を入れるだけのはずが、
今回は汁なしということでちゃんと湯切り口がついてますしね!

下仁田ねぎをウリにしているというのもこれまでにないですね!

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば(内容物)

内容物はかやく2袋と液体だれ、ふりかけとなっています!
かやく2袋のうちの1袋は下仁田ねぎだけが入っています!

もう1袋のかやくのほうにもねぎが入っているので、
いやにねぎにこだわった具材構成となっていますね!

7/10発売 ラ王PREMIUM 台湾まぜそば(できあがり)

うん、300円近い価格帯ということもあり具材は豪華ですね!

ひき肉も量が多く、2種類のねぎが入ることで彩りも豊かで、
ふりかけによって台湾まぜそばらしさも演出されています!

まずはその味ですが・・・ちょっと食べやすい台湾まぜそばですね!(●・ω・)

ノンフライ麺ということで、麺にジャンクさがないのもありますが、
他のカップ台湾まぜそばに比べるといくぶん攻撃性は控えめです!

それでも台湾まぜそばのカギであるにんにくは効かされてますし、
多めの豚脂に醤油系のタレと基本は決して外されたりはしておらず、
ふりかけによって魚粉と海苔の2つのポイントも押さえられています!

なので、ものすごく丸みのあるタレということではないのですが、
ややまったり感のほうに軸が寄っているといった感じですかね!

もっともその分だけタレのコクに関しては申し分ないですが!

そのように感じる大きな要因の一つがニラが入っていない点ですね!(=゚ω゚)

台湾まぜそばの構成要素というと、ひき肉、ねぎ、ニラ、卵黄、
魚粉、海苔のあたりですが、この「ラ王」の台湾まぜそばは
不思議とその中からすっぽりとニラが抜けているのですよね!

ニラが入るかどうかによって香味の強さなどが変わってきますし、
それによって全体の攻撃性などのバランスも変わるのですよね!

これが全体的にやや丸みのある方向に感じられた最大の要因でしょう!

もう一つの大きな要因が具材に使われている下仁田ねぎなのですが、
この点については具材に関する項目で触れていこうかと思います!

タレの原材料は豚脂、香辛料、醤油、ポークエキス、糖類、
魚粉、食塩、魚介調味油という組み合わせになっています!

こうして見るとなかなかシンプルですが、まず豚脂のコクを中心に据え、
醤油ダレでありながらも醤油の持つシャープさを押し立てるのではなく、
動物系の持っているどっしり感を重視しているのがよくわかりますね!

麺は「ラ王」らしい、やや平打ち気味のノンフライ麺となっています!

「ラ王」ということもあり、非常にしっかりとした食感の麺で、
こうした力強いタレと合わせても全く負けない力がありますね!

これまで多数のカップ台湾まぜそばが世に出されてきた中で、
独自の個性を打ち出すために、この「ラ王PREMIUM」で出すことで、
麺のクオリティで強いインパクトを与えたかったのでしょうね!

その点については間違いなく成功していると言っていいでしょう!(`・ω・´)

麺のしっかり食感といい、幅広であることによる主張の強さといい、
カップ台湾まぜそばの麺としてはかなりの強みを発揮できています!

ただ、麺がややほぐれにくいというのが少し弱点になってはいますが!

麺の量はけっこう多めの80gで、カロリーは525kcalとなっています!
脂質は23.4gで、ノンフライ麺の商品としてはかなりの高さですね!

80gという麺量は、一般的な汁なし系としてはやや少なめですが、
ノンフライ麺であることを考えるとけっこう頑張っていますね!

具材は肉そぼろ、2種類のねぎで、さらにふりかけとして
魚粉、海苔、香辛料などが加えられるという形になってます!

肉そぼろは肉感もあり、量もかなり多く入ってくれていますし、
さらにタレとの相性も良く、具材としては文句のない内容です!

カップ台湾まぜそばでは、具材に普通のそぼろを使わずに、
ダイスミンチなどで代用することもよくあったりしますが、
やはりこうした質の高いそぼろだとその良さも光りますね!

そしてねぎですが、右側の普通のねぎもちゃんとリアル系で、
ねぎらしい食感や風味を楽しむことができるものとなってます!

一方の下仁田ねぎですが、これはその甘さに驚かされますね!(*゚◇゚)

ちょっと食べるだけでも、右側のねぎとの違いが明らかにわかり、
熱を加えた白ねぎならではの甘さをじわっと口の中に広がります!

そのように一つのねぎ具材としてはかなりクオリティなのですが、
この甘さもまた全体を丸く仕上げる要因となっているのですよね!

ニラを外すかわりに、甘みの強いねぎを加えたわけですからね!

普通は「台湾まぜそば」のねぎは全体の刺激を強める役割ですが、
この下仁田ねぎに関してはそれとは逆の方向を向いてるのですよね!

ただ、だからといってそれが失敗になっているというわけではなく、
その「やや上品な台湾まぜそば」がこの商品の狙いなのでしょうね!

なので、「台湾まぜそばらしさ」という点だけで見ていってみると、
「麺屋はなび」の監修品がこの「ラ王」を凌いでいると言えるのですが、
こちらも独自の立ち位置として見事な仕上がりなのは間違いないですね!

ふりかけの魚粉や海苔は具材というよりはタレの一部で、
全体の「台湾まぜそば」らしさを大きく引き上げています!

日清はこれまでカップ麺では「台湾まぜそば」を出してなかったので、
その中でどうやって個性を出すかに苦心したのがうかがえる一杯でしたね!

そこで見出した方向性が、台湾まぜそばらしさをきちっと演出しつつ、
どこかやわらかな高級感が感じられるという路線だったのでしょう!

どっしり感とまろやかさ、そしてねぎの甘さが印象に残る一杯でした!(゚x/)モッキロン

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
自分はかーとさんのようにお店で汁なしの商品を食べたことがないので、
台湾まぜそばとしての再現性はわからないのですが、
かーとさんが「攻撃性は控えめ」とおっしゃられるイメージは
とてもわかる気がしました。

美味しいのですが、おとなしく無難な感じがしましたね。
でもこの具のたっぷり感は特筆モノで、ほんとに満足感が高かったです。
2種類のねぎもしっかり機能していましたし!

でも自分も「「麺屋はなび」の監修品が
この「ラ王」を凌いでいる」というのについては同感です!

はなびのほうがカップ麺らしいとでもいうのかな??
そんな感じです (^_^;)
たういさん、こんにちは!

台湾まぜそばって、いろいろとあるまぜそばの中でも
香味野菜のジャンク感が際立っている印象が強いですね!

なんせ生のニラ、ねぎが両方どっさりと入るわけですし!(●・ω・)

良くも悪くも「ラ王PREMIUM」らしいというか、
きれいにまとまってる印象が強かったですね!

ニラ以外のポイントはちゃんと押さえられてるのですが
台湾まぜそば特有の暴れっぷりはそれほどなかったですし!

「麺屋はなび」の監修品は香味野菜のジャンク感も含め、
台湾まぜそばらしさの強調が他の商品よりも上手でしたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.