6/27発売 蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐

6/27発売の日清「蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐」を食べました!
「蒙古タンメン中本」ということで、セブン&アイの限定商品です!

この商品に関しては、先週は完全に見落としてたのですよね;

おそらくセブンに行ったときに見かけていたはずなのですが、
「いつもの中本のカップ麺」ぐらいにしか目をやっておらず、
まさがご飯バージョンの新作が出ていたとは思いませんでした!(`・ω・´)

6/27発売 蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐

今回はレンジ調理から熱湯調理へと調理方法が変えられています!

このところ日清はレンジ調理で発売していた各商品を
少しずつ熱湯調理へと切り替えていってるのですよね!

ついにその流れに「蒙古タンメン中本 辛旨飯」も入ったわけです!

まずは汁系の多いリゾットとカレー系から熱湯調理に変更していました、
それに次いで汁が多めだったこの商品にスポットが当たったのでしょう!

レンジ調理バージョンもその中間ぐらいの液体量になってましたしね!

6/27発売 蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐(内容物)

おっと、どうも今回もかなり大ぶりの豆腐が入ってるようですね!
そして後入れの「辛旨オイル」が入るという点も前回と同じです!

ちなみにカレー系などに比べるとお湯の量がやや少ないので、
お湯を入れた直後に軽く箸でまぜておくと良さそうです!

そうすることで一部のお米が浮かんだりしなくて済みますので!

6/27発売 蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐(できあがり)

いやはや、日清のご飯系とは思えないレベルの具の充実度です!
明らかに「レンジ調理バージョン」のときよりも充実しています!

まずは全体の味ですが・・・前の「辛旨飯」をしっかり踏襲してますね!(●・ω・)

味の方向性自体はレンジ調理バージョンと同じと言っていいです!

そしてレンジ調理バージョンのときも、カップラーメン版の味の
再現度が非常に高かったので、それも今回も受け継がれてますね!

なので、「蒙古タンメン中本」のカップラーメン版が好きな人、
そして前回の「蒙古タンメン中本 辛旨飯」が好きだった人は、
もう間違いなく手に取っていい仕上がりだと太鼓判を押せます!

というのも、原材料自体は実は前回と変わってないですからね!

[今回&前回の原材料]
豚脂、糖類(砂糖、麦芽糖)、味噌、植物油脂、香辛料、小麦粉、
野菜エキス、ポークエキス、でん粉、食塩、玉ねぎ、香味油、
加工油脂、野菜調味油、酵母エキス、オニオンパウダー

豚脂と豚のエキスでどっしりとベースを固めてコクを出し、
そこに味噌を軸にした味付けをしながら甘みもほどよく加え、
香味野菜を中心とした旨さも下支えとしてしっかり機能させる、
そうした「蒙古タンメン中本」の味が見事に今回も出てます!(=゚ω゚)

そして「蒙古タンメン中本」のもう一つの魅力である辛さですが、
激辛とは言わないものの、間違いなく辛口仕様にはなってるので、
辛いものが全く苦手という人には向かないとは言えるのですが、
少々辛いものが好きなら挑戦してみるだけの価値はあるでしょう!

レンジ調理版と違ってできあがりがものすごく熱くならないので、
その分だけ食べやすくなっているというメリットがありますしね!

ご飯は最近の熱湯調理のものと同じく、ややアルデンテに仕上がります!

「カレーメシ」で最初に熱湯調理版が発売された頃に比べると、
お米の食感の調整がずいぶん上手くなってきたと思いますね!

初期の頃は表面が溶けるような感じでやわらかくなってましたが、
今では形を保ちつつご飯らしい食感をちゃんと楽しめますからね!(*゚◇゚)

ただ、今回は普段よりもお湯の量がやや少なめになっていて、
お湯を入れた後に浮いてしまうご飯が一部出ることがあるので、
そうならないように箸でいじるなどの調整をしておきましょう!

そうすれば戻りムラのようなものが起きずに済みますからね!

全体量は103gで、カロリーは416kcalとなっています!
脂質は9.4gで、ラーメン版に比べればずいぶん軽いです!

レンジ調理版は全量93g、373kcal、脂質7.6gだったので、
熱湯調理版になったことでボリュームも上がっていますね!

具材は豆腐、キャベツ、味付け豚肉、人参、キクラゲです!

まず主役の豆腐ですが、質・量・大きさ全て文句なしですね!(*゚ー゚)

この大きさでこの厚み、それでいて9枚近く入っているなど、
ここまで豆腐を楽しめるカップ麺は他にないと言えますね!

いや、カップ麺ではなくカップご飯ではあるのですが!笑

そしてキャベツですが、熱湯調理になってグッと量が増えました!
レンジ調理版はおまけというぐらいしか入ってなかったですからね!

きくらげですが、こちらは熱湯調理版と量もほとんど同じです!
コリコリとした食感で、このタンメンの味とも合うのですよね!

人参については残念ながら、前回同様のおまけ的な存在です!

味付豚肉は今回新しく入った具材ということではありますが、
ダイスミンチの細かいバージョンのようなものが少しあるだけで、
言われなければあまり気付かないような素材になってましたね;

それでも肉具材が新たに入っただけでも大きなプラスですが!

味の構成は一切変えず、調理方法についてはより簡便になり、
さらに全体量が増えたうえに具の充実度が上がっている、
これはなかなかの良リニューアルと言っていいでしょうね!

「蒙古タンメン中本」ファンなら、急いでセブンに行きましょう!(゚x/)モッギュー

【関連記事】
蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐
蒙古タンメン中本 北極ラーメン 激辛味噌(カップ版)
蒙古タンメン中本 特製辛旨飯
蒙古タンメン中本(カップ版)
蒙古タンメン中本 北極ラーメン 極辛味噌(カップ版)

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
そっか、今回のリニューアルは調理方法で大きな変更があったのですね。
お店で見つけましたがそこまで気づきませんでした。

しかしもう日清はレンチン調理に見切りを付けたようですね・・・。
やはり「電子レンジが必要」という条件はハードル高かったのかな?

まぁ、お湯入れバージョンでも美味しくできるのなら、
もうレンチンバージョンそのものが不要なのかもしれませんね。
ちょっと残念ですが、これも時の趨勢なのでしょう・・・(;´Д`)
たういさん、こんにちは!

そういえば、日清はもうレンチン系の新作は出してないですね!
というか、公式サイトからレンチン系商品が消えてるような;

「カップヌードルごはん」とかも、いつのまにか消えてますし;

もういつのまにかしれっと終売している可能性が高いですね(;゚ω゚)

既存商品を残しつつ切り替えていく方針なのかと思いきや、
もう完全に熱湯調理商品のみにしぼっていくことにするとは、
この思い切りの良さは日清らしいと言っても良さそうですね!

それでも公式サイトから消えていたのには驚きましたが;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.