7/3発売 どん兵衛 だし天茶うどん

7/3発売の日清「どん兵衛 だし天茶うどん」を食べました!
今回復刻された「日清の黒歴史トリオ」の一つとなります!

7/3発売 どん兵衛 だし天茶うどん

もともと発売されたのは2002年で、当時は売れなかったそうです;

だし、天ぷら、お茶漬けの3つの発想を組み合わせた商品ですが、
今眺めてみると別にそれほど奇抜な組み合わせには見えませんね!

お茶漬けとだしは相性がいいですし、だしと天ぷらは普通ですし、
なんだか「普通においしい一杯」として楽しめそうな気がします!(*゚ー゚)

7/3発売 どん兵衛 だし天茶うどん(内容物)

内容物はかやく入り粉末スープと海苔天という組み合わせです!
海苔天だけを別袋にしているあたりに気合を感じさせますね!

かやく入りスープなので、他の具はあまり期待できなさそうですが!
でもって、かやく入りスープだと具が整えにくかったりするのですよね;

7/3発売 どん兵衛 だし天茶うどん(できあがり)

細かい具ばかりだったので、具を整えるのを諦めてしまった結果、
いつになくビジュアル的にはさみしい感じになってしまいました;

もっとも整えたとしてもかなりさみしい感じだったとは思いますが!

まずはつゆですが・・・おっと、やっぱり普通においしいつゆですね!(●・ω・)

お茶漬け要素を導入するのはそれほど奇抜な感じもしないですし、
当時売れなかったのがちょっと不思議になるくらいの風味です!

やはりコンセプトが上手く伝わり切らない面があったのですかね!

つゆの中で最大の主役となっているのは間違いなくだし感ですね!
この点はむしろ普段の「どん兵衛」よりも上と言えるほどです!

今回は魚介のエキスだけでなく、かつおのパウダーも入っており、
これが全体のだし感を大きく底上げしてくれている面があります!

また、今回はお茶が入ることもあって醤油の風味がやや控えめで、
これもまただしの存在感がより前面に出るのに役立ってますね!(=゚ω゚)

そしてこれに次いで目立っているのがふわっと香るわさびです!

麺をすすったときにむせてしまうような強さにはなっておらず、
それでいてわさびの風味と辛味はしっかり感じ取ることができる、
このわさびの効かせ方はなかなか上手いなぁと思わされましたね!

ちなみにわさびは全て粉末スープの中の一部として入っています!
なので、特に後入れで自分で量を調整できるタイプではないですね!

そしてそうした要素の裏からチラリと顔を覗かせるのがお茶ですね!

お茶といっても緑茶ではなく、ほうじ茶なので色は緑色ではなく、
淡い醤油のような色となるので見た目では気付きにくいですが!

お茶の風味は他の要素に比べるとそこまで前面には出ないのですが、
よくよく味わうとだし感の裏からその風味が顔を出すのですよね!(*゚◇゚)

そしてこの香りとわさびが重なることでお茶漬け感が出ています!
とはいえ、あくまでだしが主役でお茶が脇役のお茶漬けですが!

つゆの原材料は糖類、食塩、醤油、わさび調味料、魚介エキス、
かつおパウダー、香辛料、茶エキス、植物油脂となっています!

原材料の並びもこうした味をそのまま反映した感じになってますね!

麺は現在の「どん兵衛」そのものと言えるストレートの油揚げ麺です!
麺については特に復刻せず、今のものをそのまま適用していますね!

なので、麺のストレート感、厚み、もっちり感はどれも充実していて、
それでいてだしともぶつからず、非常にいいバランスを保っています!

やはりクオリティの高い麺であることを再確認させてくれますね!

麺の量は66gで、カロリーは339kcalとなっています!
脂質は12.9gで、天ぷら系具材が入るにしては低めですね!

具材は海苔天、卵、小海老天ぷら、ねぎとなっています!

海苔天以外はどれも粉末スープの袋と一緒に入っているので、
残念ながら存在感はそれほどあるものにはなってないですね!

特に卵はあられあたりにしたほうが、お茶漬け感が高まって、
よりコンセプトが伝わりやすくなったと思ったりもしますが!

また、意外と活躍してくれているのが小海老天ぷらですね!

基本的には海老風味の揚げ玉といったようなものなのですが、
チラチラと小海老が入っていて、海老の風味が楽しめるなど、
少ないながらも全体にいい風味を与える効果は出していました!

そして主役の海苔天ですが・・・これは非常によくできてます!(`・ω・´)

写真で見るとごく普通の海苔が浮かんでるように見えますが、
この裏はしっかりと衣がついて海苔天らしくなっています!

その味わいも海苔天そのもので、先入れながら崩れたりもせず、
この商品でしか使われずに眠るにはもったいないと思いましたね!

この具材は今後の新作などで再登場させるだけの価値はありますね!

当時はたしかにコンセプトが伝わりにくい面があったのかもですが、
味のほうには何か人を選んでしまうような要素は特に感じさせず、
ごくごく普通に楽しめるそんな一杯に仕上がっていましたね!

むしろその後に出た様々な創作どん兵衛のほうがよっぽど奇抜ですし!

別の言い方をすれば、そうした挑戦を何度も重ねてきたことで、
当時はそれなりに挑戦的だったこの商品が今では「普通」となり、
誰もが楽しめるラインへと降りてきたとも言えるのでしょうが!

「黒歴史」ということは横に置いて、普通に安心して食べられる一杯でした!(゚x/)モッキン

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
そうですね、もし当時の製品がこの内容だったら
なぜ売れなかったのかがひじょうに疑問です。

おそらく「今風」につゆもアレンジされているので
おいしい仕上がりになっているのだと思います。

ほうじ茶はいい感じの下支え、
わさびはアクセント的にすばらしい役目を果たしていて、
かつおだしのつゆと相まって完成度はバツグンでした!

のり天もとても美味しかったのでぜひ2枚!
で季節定番とかにしてほしいです。
どん兵衛の蕎麦よろしく最初から別包装なのに、敢えて?
わざわざ「先入れ」指定なのが興味深いですね_φ(. .*)

でもって…お茶漬け風ならアラレが欲しいところw

とは言え、これは結構期待しているんですよ♪
実食が楽しみです(*´꒳`*)(多分4日後以降w)
たういさん、こんにちは!

他の2商品は時代との整合性というテーマがありましたが、
この商品は普通に万人受けのうどんとして成立してましたね!

とりわけわさび+だしの相性はなかなかのものでした!(●・ω・)

そして海苔天というアイデアも素晴らしかったですね!
ごく普通の天ぷらよりも自分はこれのほうが好きですね!

この商品は「どん兵衛の中でも黒歴史」というよりも、
「新作どん兵衛も今ほど注目されない時代があった」
というふうに解釈したほうが近いのかもしれませんね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

海苔天はタイミング的には「途中入れ」あたりが
ちょうどいいのかなぁ、なんて思ったりもしました!(●・ω・)

先入れでも形が崩れないというのはポイントが高かったです!

やっぱりお茶漬けを意識するならあられは欲しかったですね!
あられが入るかどうかだけで、不思議と印象が変わりますからね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.