汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍

あべのキューズタウンにある「汁なしゴジラ」に行ってきました!(`・ω・´)

かつて「つけ麺きゅうじ」があったところに新しくできたお店です!

というか、運営母体そのものは「つけ麺きゅうじ」と同じなので、
お店の運営形態を大幅に変えて新店を作ったという形ですね!

どうも「きゅうじ」も後期には担々麺がメイン化してたようですが!

通し営業ということで時間を選ばなくていい利点があったので、
「スパワールド」に行く際に寄ることが何度かあったのですよね!

ただ、店内というか店員さんの雰囲気や調理の態度が著しく悪く、
最初の2回は何とか我慢しながら訪問を続けてはいたものの、
3回目の際に前代未聞の「人肌の温かさのラーメン」が登場し、
このブログで唯一の激烈な酷評をして足を運ばなくなりました;

それももともとそういう味なのではなく、完全に調理ミスでしたからね;

こうした店内のネガティブな雰囲気は多くの人も感じてたようで、
出だしこそ評価も上々だったものの、2015年頃にはこの周辺の中で
食べログで唯一平均3点を切り、最下位に沈んでしまってましたからね;

そうしたことからリニューアル後も行くのに躊躇したのですが、
嫌な雰囲気ならこれきりにすればいいと割り切って入りました!

そういえば「つけ麺きゅうじ」時代の最後に訪問した日って、
例の水曜と土曜の用事に関わった最初の日だったのですよね;

そしてそこから解放され、同じところにできた新店に入る、
偶然ではありながらも何か一回りしてきたような感もしますね!(*・ω・)

さて、お店に入るとその雰囲気は以前とは一変していました!

おそらく店長と思われる人を中心に動きはキビキビしていて、
当たり前ではあるのですが調理への集中がはっきり伝わります!

ちょっともう一人の店員さんが注文で混乱してる感はあったものの、
そのあたりはリーダーの人が細かい指示を出してカバーしてたので、
注文の把握のシステム面には改善の余地もまだありそうながらも、
満員の状態でもおおむねちゃんと回っている感じはありましたね!

雰囲気や調理態度に関しては以前の悪い面影は全く感じなかったので、
これなら味次第ではちょくちょく足を運ぶという可能性も出てきますね!

日によって以前のような状態に戻っているとかがなければいいですが!

さて、注文したのは最も基本のメニューである「汁なし担々麺」です!
辛さが「なし」から「10倍」まで選べますが、とりあえず4倍にしました!

表では4倍の次が8倍と急に飛んでいたので4倍にしたのですが、
その中間の6倍などを注文することもできるのですかね!

麺量は150~400gまで50g刻みで同料金で注文することができ、
辛さも追加料金はなく、ねぎの量についても無料で選べます!

また、汁なし系にはつきものの「追い飯」も無料でできます!

汁なし担々麺は730円なので、この価格で十分満腹になれますね!
コストパフォーマンスという点では非常に優れていると言えます!

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍

ということで、今回は麺350g、辛さ4倍、追い飯ありで注文しました!
とにかく汁なし系の麺料理はがっつり行ってこそのものですからね!

面白いのは乗っているひき肉が肉味噌にはなっていない点ですね!
おそらく下味もほとんどない、ニュートラルなひき肉となってます!

これは肉味噌の味とタレの味を合わせることで味を作るのではなく、
完全にタレのみによって味を固めるという狙いがあるからでしょう!

なので、ひき肉もタレを絡めて食べることが大前提となります!

まずはその味ですが・・・うん、汁なし担々麺としてはベーシックですね!(●・ω・)

味の根幹をなしているのは汁なし担々麺らしく芝麻醤(ねりごま)で、
そこに多めの動物系油脂でコクを加え、担々麺らしい唐辛子系の辛味、
さらに花椒による痺れについてもけっこう強めに効かされています!

自分は辛さ耐性がそこそこ高い部類には属するので、
あまりそのまま参考にしてしまわないほうがいいですが、
4辛でもそれでもビリビリと辛いと感じるものではないですね!

辛口好きなら4辛よりも上に挑戦しても問題ないと思います!
ただ、後半にかけて辛味が徐々に蓄積してくる感はありますが!

また、花椒の痺れについても前面にガンガン出ては来ませんが、
気付くと舌に痺れが残るという感じで遅効性で攻めてきます!

どうもこちらのお店の辛さは痺れも込みになってるようなので、
強い辛さに挑戦する場合は花椒耐性も込みで考えると良さそうです!

ベースの味は芝麻醤なので、ごまのまろやかさが中心にあり、
そこに動物油脂が加わるので、全体的にまったり感が強いです!

店内のにんにく臭が凄かったので、タレもそうかと思いきや、
どうも香味野菜についてはほどほどに効かせているぐらいですね!

どうもあの強烈なにんにく臭は「油そば」のタレなのでしょう!
特にお店の奥の席にいるとその臭いに圧倒されそうになりますね!

その店内のにんにく臭だけで服にかなり臭いがつきましたし(;゚ω゚)

この後に行ったスパワールドで服を入れていたロッカーを開けたとき、
思わず「うわっ、にんにく臭っ!」と言ってしまうほどでしたからね!笑

トッピングは豚ひき肉、細切りメンマ、青ねぎという組み合わせです!
チンゲン菜ではなく青ねぎが入るというのが珍しくもありますね!

汁なし担々麺では豚ひき肉は甜麺醤や豆板醤などで炒めて
肉味噌風にして乗せるというスタイルを取るお店も多いですが、
こちらはもともとタレの風味が濃いめなので味付けは控えめです!

あくまで麺と一緒にタレと絡めて食べる具材の一つという感じですね!

メンマは細切りだからそこまで存在感はないかと思いきや、
実は3つの具材の中で最も目立っていたのはメンマでしたね!

細切りにすることで、逆にコリコリ感が引き立つようになっていて、
麺と一緒に食べるとメンマの食感がものすごく目立ってくるのですよね!

単体で食べても十分に楽しめるぐらいの主張を持ったメンマですね!(*゚◇゚)

青ねぎは全体の風味にアクセントを与えるような役割ですね!

青ねぎが乗る汁なし担々麺というと「広島風」が連想されますが、
バリエーションとして「広島風」の提供をしてもいいかもですね!

広島風だと細麺なので、提供までの時間も短くできますし!

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍(麺のアップ)

麺はまぜそば向けに開発された断面の四角い太麺となっています!

「きゅうじ」時代のつけ麺の麺は事前に強く締めることもあってか、
麺の食感がかなり硬めになってしまうという特徴があったのですが、
こちらは一定程度は表面にがっしりとした食感は持っていつつも、
食べ進めるうちに表面のあたりもほどよい質感となっていって、
噛んだときのもっちり感と合わせて楽しめるようになってますね!

麺とタレとの調和という点では「きゅうじ」より遥かに好印象ですね!(*゚ー゚)

やや気になる点があるとすると、タレをたっぷり麺と絡めると、
いくぶん塩カドが立ったような風味になってしまう点ですね!

なので、絡め具合をほどほどにしたほうがおいしかったりします!
このあたりの塩分濃度はもう少し調整してもいいかもですね!

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍(締めご飯)

麺を食べ終わったら、最後は無料サービスの「追い飯」で締めます!

まぜそばというと、締めにご飯を合わせると非常においしいので、
そこを無料サービスとして押さえてくれているのは高ポイントですね!

タレの味がやや濃いめなので、ご飯と合わせると非常に合いますね!
塩分とのバランスという点ではご飯のほうが良かったぐらいですし!

誰もが好めるように調整したオーソドックスな汁なし担々麺ですが、
以前の「きゅうじ」の持っていた弱点のほとんどが解消されていて、
なおかつ味も整っているとなると今後も利用したくなってきますね!

服ににんにく臭がつくことだけは覚悟が必要なのかもですが!

ちょっと阿倍野に出る機会があるときなどに利用しようと思います!(゚x/)モキリン

[メニュー]
汁なしゴジラ メニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6-1
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.