5/22発売 カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 XO醤海鮮味

5/22発売の日清からの新作
「カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 XO醤海鮮味」
を食べました!

これで「世界のカップヌードルサミット2017」の3商品は全て紹介となります!

カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 XO醤海鮮味

今回は前に出た「カップヌードル 香辣海鮮味」と同様に香港代表の商品です!

香港代表の商品が2つとも人気が高かったのか、1位が香港だったので、
今回の企画にも香港の商品を登場させたのか背景はちょっと謎ですが!

「香辣海鮮味」は1位ではありながらも「レッドシーフード」に近い、
味としてはけっこう日本でもおなじみなタイプのものだったので、
香港らしい個性についてはこちらの商品に期待したいですね!

また、香港の商品ということで「合味道」の文字も入ってますね!
「あなたに合った味」で、「ハップ・メイ・ドウ」と読みます!

発音が「カップヌードル」と似ていることからつけられた名前ですね!

カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 XO醤海鮮味(内容物)

おっ、今回の商品は具についてもかなり充実してるではないですか!
シャンピニオンズ」の具が少なかっただけにこれはうれしいです!

しかも海鮮具材の種類が多いというのも期待度を高めてくれますね!(*゚◇゚)

カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 XO醤海鮮味(できあがり)

うん、こうして並べてみても具材が充実してるのがわかりますね!

まずはスープですが・・・おぉ、これぞXO醤といった味わいですね!(●・ω・)

まずXO醤において核になるホタテの旨味がグイグイ攻めてきます!
ちょっと磯の香りが強すぎると思うぐらいにホタテが来ますね!

でもって、XO醤は普通のホタテだしよりも熟成した感じが出るので、
そうした特有の深くまったりとした旨味を宿しているのも特徴です!

また、もう一つのXO醤のポイントである海老の旨味も効いてますね!

この海老の旨味も海老油や海老の殻のような香ばしさとは違って、
干し海老をベースに熟成したような丸みを持った海老の旨味です!

どれくらいXO醤らしさが感じられるスープなのか気になってましたが、
これだけXO醤が完全に主役として張っているのは意外なほどでしたね!

そしてこのスープでもう一つ大きな役割を果たしているのが豚系ですね!

端的に言うなら、豚脂によって動物系のベースのコクを固めたうえで、
旨味についてはXO醤の熟成した海鮮と甘みによって構成した感じです!

このXO醤特有の甘みに関しては多少好みが分かれるところかもですが、
自分としてはそこも含めてXO醤らしいというふうに思えましたね!(=゚ω゚)

ただ、少し気になるのが全体的に味がやや薄めであるという点ですね!

これはXO醤にかなりコストがかかっているということなのかもですが、
ごく普通にお湯を入れると味が薄めに感じられる可能性があります!

ただ塩分量がそれほど高くなく、お湯を減らしても塩辛くならないので、
ちょっと思い切ってお湯を少なめにすると旨味がより感じられそうです!

スープの原材料は香味油、糖類、豚脂、XO醤、食塩、クリーミングパウダー、
香辛料、小麦粉、魚介調味油、でん粉、魚介エキスという組み合わせです!

クリーミングパウダーが入っているというのが少々意外な感じですね!

麺はカップヌードルらしい平打ちのヌードル麺ではあるのですが、
麺の原材料を見ると、これだけが他の2商品とは違っていますね!

どうもこの麺だけは「シーフードヌードル」からの汎用のようです!
味が海鮮系ということで、そのほうが合うと判断されたのでしょうね!

とはいえ、食べたときの印象はどれもほとんど違いはないのですが!
違いと言っても醤油が練り込まれているかどうかぐらいですしね!(*゚ー゚)

麺の量は60gで、カロリーは354kcalとなっています!
脂質は17.0gで、食べた感覚に比べるとちょっとだけ高めですね!

具材はイカ、海老、貝柱、キャベツ、コーン、人参、ねぎです!

この具材の充実ぶりは、質・量ともに特筆できるものがありますね!(`・ω・´)

「シーフードヌードル」でおなじみのイカは量もなかなか多く、
今回の具材の中では海老と並んで見事な存在感を見せています!

海老も自分のものでは4~5尾ぐらいとけっこう入っていて、
XO醤の海老風味と相まって実にいい味わいを見せてましたね!

さらにイタヤガイの貝柱まで入っていていたれりつくせりですね!

これら3種の海鮮具材がカップヌードルでそろうってほぼないですし、
しかも貝柱もかまぼこではなく、本物なのだからうれしいですよね!

もちろん貝柱らしい旨味と繊維質の食感がしっかりと楽しめます!

その分だけキャベツと人参は少なめですが、何も問題はないですね!

そしてここにコーンが入るのが香港のカップヌードルらしいですね!
「香辣海鮮味」のときにもなぜかコーンが加えられていましたし!

でも、もともと海鮮具材とコーンって相性がいいほうなので、
「香辣海鮮味」と比べても今回のほうが合っている感じでした!

お湯を普通に入れるとちょっと薄味になってしまう弱点はあるものの、
そこを考慮してお湯を少なめにすれば非常に高級感が楽しめますし、
なおかつ具材の充実度の高さが全体の旨さをより引き立ててましたね!

価格帯を引き上げてスープの濃度も上げてコラーゲンのとろみをつけると、
そのまま「カップヌードルリッチ」になりそうな力すらも感じましたし、
ポテンシャルという点では3商品の中でトップと言えるかもしれません!

個性という点でも「香辣海鮮味」よりも遥かに良かったですしね!

高級中華海鮮スープらしい旨さを感じさせてくれる一杯でございました!(゚x/)モッキルン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
基本的に第1位(?)の香辣海鮮味と同じような
シーフード系の方向性のカップ麺だったので
香港のカップヌードルってこういう感じの物が多いのかな??
って思ったりしました。

個人的にはもっとXO醤を利かせたしょうゆ味系のスープを期待したのですが、
ベースがやはりシーフード系だったのでちょっと残念でした。

でも具もしっかりでしたし、はっきり明確なものはありませんが、
香辣海鮮味よりは香港らしさを感じる商品だったのが良かったですね。
XO醤と言えば乾物の旨み成分ですが、
基本は下支えに徹するのが常・・・

そんな中で主役級に主張していくるとは、
中華三昧に匹敵する…いや、それ以上の
本格さが感じられるということなんですね_φ(. .*)

期待値が上がりましたよww
たういさん、こんにちは!

なぜか香港の商品はどちらも海鮮を意識したものでしたね!
単に複数商品の中からそれらがピックアップされただけかもですが!

自分としてはXO醤の主張の強さは思っていた以上でしたね!

どうしてもXO醤って素材の関係からコストがかさみますし、
その中でここまで主張させてくれたのは評価したいですね!(=゚ω゚)

XO醤を主役に据えたカップ麺って他には見ないぐらいですし!

「香辣海鮮味」は何だか不運だったというイメージがありますね;
日本でも過去に似たような商品が何度も出ていましたからね;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

XO醤を使うカップ麺って、「銀座アスター」などもありますが、
あくまで海鮮の旨味に厚みを持たせるような役割なのですよね!

でも今回はXO醤油ならではの熟成した貝と海老の旨味に、
XO醤らしい甘みと、XO醤の風味そのものが主役になっていて、
高級中華を連想させるだけのポテンシャルは持ってましたね!(●・ω・)

ただ弱点と言えるのが、それゆえに薄味になってる点ですね;
XO醤とのコストの兼ね合いでそうならざるを得ないのでしょうが;

とはいえ、塩分相当量がもともと少なめになっているので、
お湯を少なくすることでその薄味感は解消できそうですし、
そうすることでこのスープの力がより発揮されると思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.