5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん

5/8発売の日清「どん兵衛 ギョーザラブうどん」を食べました!
コンビニ向けの創作系縦型どん兵衛シリーズからの新作です!

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん

このシリーズはこれまで「明太子クリーム」、「カルボナーラ」と、
いかにもパスタを意識した商品が続いていたのでその路線かと思いきや、
今回はギョーザと急に中華料理に飛ぶという極端な変化を見せています!

ただ、ギョーザ風味のカップ麺というと、うどんではないものの、
すでにエースコックが「ギョーザパンチラーメン」を出してるので、
それとの差別化がどうはかられているかがポイントになりますね!

そこが上手く行かないとどうしても二番煎じ的な印象になりますし!(=゚ω゚)

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん(内容物)

ニラがたくさん入っているというのはいかにもギョーザらしいですね!

ギョーザらしさの演出にはスープの風味を近づけるのに合わせて、
具の面でもギョーザの雰囲気を上手く出さないといけないですしね!

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん(できあがり)

スープの色合いはいかにもギョーザのタレっぽくなってますね!
ちょっぴり浮かんでいるラー油の色合いもギョーザ風ですし!

まずはスープですが・・・うん、やはりギョーザのタレ路線ですね!(●・ω・)

なので、方向性はおおむね「ギョーザパンチラーメン」と近く、
それをいくぶん優しく仕上げたようなスープになってますね!

ギョーザのタレの核であるやや酸味を感じる醤油ダレを軸に、
少々強めににんにくや玉ねぎなどの香味野菜の風味を効かせ、
そこに餡である肉系のコクや旨味を加えたものとなってます!

「ギョーザパンチラーメン」が香味野菜をかなり強く効かせ、
さらに酢の酸味もはっきりと立てたスープであるのに対して、
こちらはそうした鋭い要素がいくぶん控えめとなっています!

ラー油に関しても入ってはいるもののそこまで目立ちはせず、
ギョーザのタレっぽさを軽く付加する程度にとどまっています!

スープの原材料は豚脂、醤油、糖類、小麦粉、でん粉、食塩、香辛料、
チキンエキス、オニオンパウダー、植物油脂、香味油となっています!

これを見てまず意外に感じたのが酢が入っていないという点ですね!

ただ、先入観もあってか食べたときは酸味もそこそこ感じますが、
醤油+香味野菜などによって感覚的にそう感じるだけなのかもです!

このシリーズって、「カルボナーラうどん」なども同様でしたが、
打ち出している方向性こそかなり奇抜なものだったりしながらも、
その味はそれほどとがらずバランス重視だったりするのですよね!

そうした特徴は今回のギョーザのうどんにも共通していますね!(*゚◇゚)

ただ、それゆえに大人しく感じるという弱点もあったりしますが!

どうしても先発の「ギョーザパンチラーメン」がインパクト抜群なので、
こちらは万人受けしやすい食べやすさはありつつも全体的におとなしく、
そのあたりがちょっと評価を分けてしまいそうな感じはしましたね!

麺はどん兵衛らしいもっちり感の強い油揚げ麺のうどんです!

縦型カップなので、どんぶり型よりも戻りにムラがありますが、
それでも縦型カップとしては充実した厚みを持った麺と言え、
他の縦型系うどんとは一線を画すだけの完成度を持っています!

また麺の戻りのムラも過去2作に比べると改善した気がしますね!
この点は今回のスープにとろみがなかったのも影響してるかもです!

エースコックの「ギョーザパンチラーメン」とその味を比べたときに、
ギョーザの再現度の点で優位性を持っているものの一つがこの麺で
うどんのもっちり感がギョーザの皮を連想させてくれるのですよね!

中華麺は作る際にかんすいというアルカリ性の液体を使いますが、
ギョーザの皮はかんすいを使わないので質感が違うのですよね!

そのため、ギョーザの皮の食感はむしろうどんのほうが近くて、
うどんと合わせたほうがギョーザの皮らしさが出るのですよね!

おそらく今回のうどんはそこに着目したという面もあるのでしょう!
アイデアは二番煎じ的ながらも、この視点は面白いと言えますね!(*゚ー゚)

麺の量は70gで、カロリーは409kcalとなっています!
脂質は16.3gで、ごく普通といったぐらいの数字ですね!

具材は肉そぼろ、キャベツ、ニラ、赤唐辛子となっています!

「ギョーザパンチラーメン」はここに揚げ玉が加わりますが、
それを除けば具材の組み合わせも全く同じものとなってます!

ニラは量も多く、具材の中でも主役と言える存在感がありますね!

特にニラの香味はギョーザらしさの演出に非常に効果的で、
その強めの風味がいいアクセントとなってくれています!

キャベツはごく普通ですがギョーザの餡らしい雰囲気はあり、
赤唐辛子はラー油と合わせてピリッとした刺激を加えます!

エースコックに対してもう一つ強みを見せてるのがそぼろですね!(`・ω・´)

というか、エースコックのそぼろに味がないのが変なのですが、
こちらはちゃんと肉らしい風味のあるそぼろとなっているので、
ギョーザの持つひき肉の旨味をしっかりと感じることができます!

「ギョーザパンチラーメン」があるためオリジナリティに弱みがあり、
スープのインパクトも控えめだったりと大人しめの仕上がりながら、
うどんの麺による皮らしさの演出という点は食べる価値ありですね!

「ギョーザパンチラーメン」が名前の通りパンチを楽しむ商品なら、
こちらはタレの味がついた皮を楽しむ商品といった感じに近いです!

怪しげな路線ながらも今回もバランス型らしさを持った一杯でした!(゚x/)モキューン

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
あ…これ、酢は入ってなかったのかw
(ちなみに4日ほど前に予約投稿しましたよw)
でもスープから酸味は感じましたよね_φ(. .*)

単純に酸味料の影響…?(だとしたら何かヤだけどw)

かなり優等生な路線でしたけど、
そこそこ仕上がりは良かったと感じました٩( 'ω' )و

ただ、二番煎じ感がねぇ…
takaさん、こんばんは!

自分もてっきり酢が入っていると思って記事を書いて、
途中で原材料を見直して「あれ!?」となったのですよね;

たしかに「ギョーザパンチ」に比べれば酸味は弱かったですが、
それでも酸味があったことは間違いなかったと思いますし、
どういう方法で酸味を加えていたのかは少々謎ですよね!(=゚ω゚)

麺がうどんということでギョーザの皮らしさが出ていて、
その点などはなかなか面白いと思わせてはくれたのですが、
これだけ奇抜な路線でしかも先発品が存在するとなると、
どうしても二番煎じというイメージは拭えないですよね;

それゆえにもっと違った方向で攻めてくれればというのはありましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.