5/8発売 とり田 博多担々麺

5/8発売の明星「とり田 博多担々麺」を食べました!

博多の鶏の水炊きの名店として知られる「とり田」が
その水炊きスープをベースにした担担麺のお店として作った
「博多担々麺 とり田」の担担麺をカップ麺化した商品です!

お店の名前と担担麺の名前が紛らわしくてわかりにくいですが;

5/8発売 とり田 博多担々麺

「とり田」は「とりた」ではなく「とりでん」と読みます!

最近はラーメン屋で最初の漢字1文字をひらがなにするという
店名が多いためか、つい「とりた」と読みそうになりますが!(*゚◇゚)

5/8発売 とり田 博多担々麺(内容物)

ふたを開けると、一気にごまの香りがふわっと広がってきます!
また、ひき肉が豚ではなく鶏になっているのも大きな特徴ですね!

5/8発売 とり田 博多担々麺(できあがり)

仕上げに後入れのラー油系調味油を入れると完成となります!

まずはスープですが・・・ラー油の存在感が非常に強いですね!(●・ω・)

原材料なども考慮してみると、このラー油はなかなか凝っていて、
どうもラードとごま油をベースに唐辛子の辛味を強めに加えて、
そこに花椒の持つ痺れをけっこう強く効かせたものとなってます!

そのため最初に麺をすすったときに来るピリ辛感はそこそこ強めです!

もちろんそれでも激辛と呼ぶような辛さとは全く違うのですが、
担担麺のラー油がしばしば辛さが弱いことが多いのに対して、
こちらはちゃんとアクセントとしての辛味の主張が明確ですね!

でもって、花椒の持つ痺れもはっきり感じられる強さがあるので、
食べていて最も前面に出てくるのはこうしたラー油の風味です!

一方でそれら以外の要素はいくぶん控えめに感じられるのですよね!(=゚ω゚)

これは今回の麺の持っている個性もかなり影響しているのですが、
一般的に動物系の白湯スープに多めのねりごまを加えることで、
濃厚なまったり感をアピールすることが多い担担麺に比べると、
白湯系とはいえ水炊きベースなのでスープが優しいのですよね!

鶏の水炊きという、白濁させつつも優しい味わいの鶏スープに、
そのバランスを壊さないようにごまも主張もそこまで強烈ではなく、
ねりごま以外にも粒ごまのプチプチ感も重視してることなどから、
動物系もごまもガンガン前面に出てくるタイプではないのですね!

それが結果としてラー油の主張が目立つことにもつながってますが、
ちょっとこの両者のバランスに難しい点を少し感じさせられましたね!

スープだけ飲むと、鶏の水炊きらしい鶏の優しいまったりした風味に、
野菜の旨味も生きて、そこにごまがほどよくコクを加えるという、
お店で食べるとなかなか面白い一杯なのだろうなぁと思いながらも、
カップ麺として食べるとどうにも「控えめ感」が目立つのですよね!

新しさも感じる担担麺なだけに、少しもったいなくも感じましたね!

スープの原材料はラード、ねりごま、香味調味料、糖類、でん粉、
小麦粉、ごま、粉末油脂、豚・鶏エキス、食塩、香味油、みそ、香辛料、
乳等を主要原料とする食品、玉ねぎ、しょうゆ、デキストリンなどです!

麺は断面の丸いけっこう太めの油揚げ麺が使われています!

乾燥状態だとそこまで太い麺ではないように思ったのですが、
実際に戻してみると縦型カップ麺としてはなかなかの太さです!

湯戻し時間も5分ですし、なおかつ食感のもっちり感が強いです!(*゚ー゚)

一般的に担担麺では細めで食感的にも歯切れを重視した
低加水麺が使われることが多いのでやや珍しいですね!

この太めでもっちりとした食感の麺はなかなか面白いのですが、
スープが優しいので、その分だけ油揚げ麺のスナック感が目立ち、
鶏の水炊きスープの良さをマスクする結果になってるのですよね!

ただ、麺が暴れ倒してスープを食ってるというほどでもなく、
バランス的に麺の風味にやや偏っているといった感じですが!

明星は縦型カップ麺ではノンフライ麺を使うことが多いのですが、
この商品こそノンフライ麺を採用してほしかったと思いますね!

ノンフライ麺だったらスープの良さももっと生きたと思うのですが!

麺の量は75gで、カロリーは494kcalとなっています!
脂質は24.0gで、担担麺ということでなかなかの高さですね!

具材は鶏そぼろ、ねぎ、ニラ、粒ごまとなっています!

そぼろが豚ではなく鶏というところは面白いですよね!
鶏の水炊きスープとの相性を考えてのことなのでしょうね!

麺がスープをいくぶんマスクするなどの問題はありましたが、
この鶏そぼろのおかげで全体の鶏感は引き上げられてましたね!(`・ω・)+

また、具材としてニラが入っているのがけっこう興味深いですね!

鶏の水炊き+ニラの組み合わせはそれほどポピュラーではなく、
また担々麺自体もニラよりはチンゲン菜が入ることが多いですが、
ニラが入ることで全体がややワイルドな方向へと寄っています!

ラー油との相性という点ではチンゲン菜よりもニラが上ですし、
ラー油を生かす担担麺という視点からはなかなか合ってますね!

鶏の水炊きをベースにごまをほどよく加えたスープはなかなか良く、
唐辛子の辛味と花椒の痺れを上手く使ったラー油も良かったのですが、
油揚げ麺の風味にやや食われ気味だったのはもったいなかったですね!

縦型ノンフライ麺に強い明星なだけに余計にそこが悔やまれますね!

優しいスープの中でラー油がひと際光る担担麺という感じでした!(゚x/)モキュン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
鶏の水炊きのスープのベースの担々麺って
なかなかおもしろい製品ですね。

具も鶏そぼろで今まで無かった担々+鶏を
上手く演出されているように感じました。

スープが気になるので食べてみたいのですが、
スケジュールの都合で残念ながらスルーになりそうです・・・。
たういさん、こんにちは!

この商品、狙いどころとしてはすごく面白いと思うのですよ!

でも担担麺って、ベースもごまも濃厚路線のことが多かったり、
あるいは全体をシャープに仕上げてくるかのどちらかですが、
これはそのどちらでもないために麺とぶつかり合いがちで、
なおかつラー油に食われていたり、難しい問題がありましたね!(●・ω・)

繊細さのある路線なだけに、お店のほうはそうしたバランスを
きちんと整えたうえで提供されているのだと思われますが、
そのバランス感がカップ版では少々崩れていた感じがしましたね!

つくづく「ノンフライ麺だったらなぁ」と思う内容でした!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.