造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3

今年の造幣局の「桜の通り抜け」の紹介記事の第3回です!
全部で6記事なので、この記事でやっと折り返しとなりますね!

しかし毎年いつも造幣局での桜の写真は撮りすぎてしまいますね;
それで記事にできないまま終わったのが何回もありますし;

大阪城の梅林の場合はまず一通り全体を見て回ったうえで、
そのあたりの梅を撮るかを考えてから撮影に入りますが、
一方通行の造幣局ではそういうわけにはいかないですからね!

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3(御殿匂:ごてんにおい)
(御殿匂:ごてんにおい)

この桜はちょっと名前の由来などがあまりはっきりしないようです!
ただ、主に愛知県において栽培されていることは知られていますが!

名前に「匂」とつく桜は名前の通り香りが強めなことが多いですが、
この桜がどうだったかは自分の記憶にはあまり残ってはいないです;

八重系の桜ですが、花びらはそこまで多い部類というわけではなく、
花びらの端のあたりにやや濃い紅色が残るのが特徴となっています!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3(雨宿:あまやどり)
(雨宿:あまやどり)

この桜はこれまで紹介した白系の桜の中でもとりわけ美しいですね!
まるで真っ白な桜の布団に覆われているかのような気分になります!

花びらの数は10~15枚程度だそうですが、ギュッと集まって咲くので、
体感的にはそれ以上の花びらの密集度を感じさせてくれる桜ですね!

名前の由来は花が葉かげに垂れるように咲くことから来ているそうで、
花が雨宿りをしてるかのように見えることから名付けられました!(*・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3(芝山:しばやま)
(芝山:しばやま)

先ほどの「雨宿」と同じく、こちらも東京の荒川にあった桜です!

「雨宿」に比べると少しだけながらもピンクがかっていて、
また花びらの数も一重なのでこちらのほうが少ないですね!

どうもつぼみのときは淡いピンクで、咲くにつれて白くなり、
さらに時間が経つと真ん中のあたりも緑になっていくようです!(=゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3(夕暮:ゆうぐれ)
(夕暮:ゆうぐれ)

夕暮れに美しく見えることから、このように名付けられた桜です!

白い色の中に淡いピンクがところどころ見られるのが魅力的で、
花びらは10枚程度ながらも包み込むような優しさを感じますね!

白の中に少し色が入るという点では先の「芝山」にも近いものの、
「芝山」に入る色がもうちょっと濃い紅色っぽいものだったのに対し、
こちらは淡いピンクという表現が似合う春らしいものとなってます!

また、さわやかな香りがけっこう強く感じられるのも大きな特徴です!(●・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3(白雪:しらゆき)
(白雪:しらゆき)

「雨宿」、「芝山」と同じく、東京荒川にあった白系の桜です!
なんだか今回の記事は白系の桜の紹介がずいぶん多くなってますね!

別に意図したわけではなく、単に撮影順に紹介しているだけなのですが!

この「白雪」という名前は、花の白さを雪にたとえてつけられたそうです!

一重の桜ということで「芝山」とけっこう雰囲気が近いですが、
「芝山」がある程度まとまった感じで花が咲いていくのに対して、
こちらは葉も花も満遍なく広がって咲くといった感じですね!(*゚◇゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part3(八重紅大島:やえべにおおしま)
(八重紅大島:やえべにおおしま)

名前の通り八重咲で色が淡い紅色の大島桜ということなのですが、
この桜を見てもなかなかすぐには大島桜は連想されないですよね!

「大島桜」というと、一重咲きで真っ白な花が特に印象的なので、
こうした密集した感じで咲く八重桜でしかも色もピンクとなると、
見た感じだけなら全く違った感じの桜にしか見えないですからね!

花びらの数も30枚前後と「大島桜」とは全然違ってますしね!(`・ω・´)

というわけで、今回は白系の桜を中心に6本を紹介いたしました!
これで半分紹介できたので、5月中には全部紹介できると思います!

というか、さすがに6月にまで持ち越すと時期が外れすぎますからね;

ではでは、後半の第4回記事以降もどうぞよろしゅうお願いいたします!(゚x/)モキキーン

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.