4月が終わりました!

ひさしぶりにけっこう充実したと言えそうな4月が終わりました!

昨年9月から今年2月までは地獄と言ってもいいような日々で、
特に12月からは微熱、息切れ、息苦しさなどの症状が出始め、
2月末に原因となっていた問題から離れることにしたものの、
3月になっても一気に完全回復とは行かずにもがいていました;

3月に入って最初の頃は波はありつつも回復基調にありましたが、
3月中旬から発生した強烈な眠気が凄まじい睡眠不足感へと転化し、
さらに2月までの症状が一部復活するなども下旬にかけて発生し、
「進みたくても進み切れない」という1ヶ月になったのですよね;

その後は再び回復軌道に乗ったものの、やはり不安感は強く残り、
4月上旬は「持ち堪えながら過ごしている」という感じでしたね;

大泉緑地の花(2017年4月撮影)
(2017年4月 大泉緑地にて撮影)

昨年9月からいったい自分の体や心に何が起きていたか見てみると、
どうも次のような流れの中にあったことが見えてきたのですよね。

[状態の悪化期](昨年9月~今年2月)
非常に難しい問題に関わり始めたことでストレスが強まる
また拘束時間の肥大化などから疲労も重なり、体調を頻繁に崩す(9~11月中旬)
    ↓
問題がさらに難しくなったことでストレスとプレッシャーが増大する
また体調を崩し咳で眠れない日が続くなど心身ともにさらに疲弊する(11月下旬)
    ↓
自律神経失調症(微熱、息切れ、全身倦怠感、息苦しさ)などの症状が始まる
問題となっていた水曜日と土曜日の前日・当日を中心に不眠症状が出る(12月上旬)
    ↓
慢性的な体調不良から、自分の体調に対する不安感が異常に強まり、
それが結果的にさらに自律神経失調症の症状を悪化させていく(12~1月)
    ↓
2月中旬に喉を痛めて風邪をひいたことで体調への不安感がさらに増大
軽度の不安障害の状態に陥り、自律神経失調症・不眠との併発状態に(2月)

[状態の回復期](今年3月~)
10日ほど自律神経失調症の症状が残ったものの、症状は徐々に消えていく
しかし体調に対する不安はすぐに消えず、不安障害は残ってしまう(3月中旬)
    ↓
問題から離れて交感神経が強すぎた状態が緩和されてきたためか、
それまで隠れていた眠気や睡眠不足が急速に表面化するも対処を誤り、
不安増大→自律神経失調症の症状の一時的な復活という悪循環を招く(3月下旬)
    ↓
症状は治まるも不安感がしぶとく、この不安感そのものが一種の病気だと気付く(4月上旬)

3月の段階では自律神経失調症だけが問題なのだと思っていたのですが、
そうではなくて長期化した自律神経失調症が極度の不安感を生んでいて、
「症状が治まっても不安感ばかりが残る」という問題が起きてたのですよね。

そうした不安感自体もストレスなので、そのコントロールを誤ると、
今度はまた逆に自律神経失調症の復活にも繋がりかねない面もある、
そのような思っていた以上に複雑な症状になってたみたいなのです。

大泉緑地の桜(2017年4月:桜広場にて撮影)
(2017年4月 大泉緑地の桜広場にて撮影)

これを大きく変えるきっかけになったのが4月中旬の2つの出来事でした!(●・ω・)

一つは毎年行っている造幣局の「桜の通り抜け」に行ってきたことですね!

例年はただただ楽しもうという思いだけで行くことができたのですが、
今年はやはり行きの電車の中で妙な不安感に駆られてしまうのですよね;

「疲れて症状がまた出てきたらどうしよう」みたいな不安が出ましたが、
結果的に何もならず「造幣局であれだけ歩いても何も起きなかったのだから、
普段の日常なんてどうってことはない」と思えるようになったのですよね。

これをきっかけに「自分は思っているよりももうすでに行動できるはずで、
普段の生活よりも高いハードルを越えて、何も起きないことを示すことが、
自分自身の不安感を消すための最良の方法になるはず」と考えるようになり、
より積極的に行動することで不安感を消す好循環が生まれてきたのですよね!

そうした傾向は下旬にかけてさらに強まっていくことになりましたね!
なので、そこからの10日間ぐらいで一気に不安感は弱まっていきました!

ただ一方でまだまだ崩れやすい状態であることもおそらくは事実で、
たとえばここで体調を崩すと急に混乱状態になることもありえますし、
「場合によっては逆回転するリスク」の存在は無視できないでしょうね;

そしてもう一つはちゃんと専門の方に診てもらうことにした点ですね。

自分に残っていた不安感の中には「最終的に普通の生活に戻っていくうえで、
そのゴールまでの道筋をどう描くのが最良なのかの判断が難しい」ことや、
「いかにして逆回転しないように気を付けながら日々を過ごしていくか」など、
特に3月下旬に一度失敗したことで、そうした問題も考える必要があったので、
その点について専門性を持って継続的に相談できる形が欲しかったのですよね。

最終的に妙な不安感をゼロにするのは自分自身の行動が鍵を握るのでしょうが、
専門の方とのチャンネルがあれば、道筋についての無駄な不安を持つ必要がなく、
そのチャンネルを作っておくこと自体がものすごくプラスになったのですよね!

この2つの出来事のおかげで、下旬にかけては活動性も一気に増していって、
堺東まで足を運んで行きたかったラーメン屋さんにも行くことができたり、
ひさしぶりに大きめの銭湯で3時間ほどのんびりと過ごす機会を作ったり、
中学時代の友人と一緒に食べに行く機会を再び作ることができたりと、
表面的な生活に関しては暗黒期を完全に抜けられたと言って良さそうです!

ただ、完全に着地するまでにはまだまだ時間はかかると思いますが!(*・ω・)

今月のラーメン屋さんは6軒と数だけで見れば変わり映えがないですが、
今後は徐々に上昇傾向になってくるのは間違いないと思われます!

造幣局近くの大川(2017年4月撮影)
(2017年4月 造幣局近くの大川にて撮影)

造幣局の「桜の通り抜け」の時期に大川沿いにソメイヨシノが
まだ咲いているというのは自分としては今年が初めてでしたね!

それだけ今年の桜の咲くタイミングが遅かったということですが!
でもそのおかげでこのきれいな写真を撮ることができたわけですしね!

造幣局は左手にあるのですが、近くに屋台がたくさん出てるのがわかりますね!
屋台は造幣局の中ではなく、その一段下の川沿いのあたりに出ています!

5月もこの流れを切ることなく、上へ上へと進んでいきたいですね!(゚x/)モキルルルンッ

The Beach Boys - Wake the World (1968)
[Psychedelic Pop / Sunshine Pop / Soft Rock]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.