4/17発売 チキンラーメン ぶっこみ飯

4/17発売の日清「チキンラーメン ぶっこみ飯」を食べました!
カップヌードル ぶっこみ飯」に続くぶっこみ飯の第2弾です!

4/17発売 チキンラーメン ぶっこみ飯

チキンラーメンのぶっこみ飯的な存在にあたる商品としては、
レンジ版でも「チキンラーメンリゾット」が出てましたね!

リゾットというよりは雑炊に近いタイプの商品ではありましたが!

日清の創業者の安藤百福さんが砕いたチキンラーメンにお湯をかけて、
そこにご飯を投入して食べるのを好んでいたという話がありますし、
そう考えるとご飯との相性の良さは証明済みと言っていいでしょう!

4/17発売 チキンラーメン ぶっこみ飯(内容物)

今回もまたうっかり具材を横に出してからの撮影となりました(;゚ω゚)

ご飯と一緒に麺が入っているのは「チキンラーメンリゾット」と同じですね!
そうするのが味を再現するうえで最もシンプルな方法でもありますからね!

4/17発売 チキンラーメン ぶっこみ飯(できあがり)

ほう、思っていたよりも濁った感じのスープの色になってますね!

まずはスープですが・・・あ、いくぶん調整された感じがしますね!(●・ω・)

チキンラーメンって、もともと強い味付けがなされているためか、
残ったスープの味がややシャープで、他の油揚げ麺のスープよりも
油揚げ麺臭があまり前面に出てこないという印象があるのですが、
このご飯バージョンはそうしたシャープさがやや抑えられてます!

そのかわり油揚げ麺が使われたカップ麺でスープに出る風味などを
やや強めに再現することで、いくぶんヘヴィな仕上がりになってます!

「チキンラーメンリゾット」が雑炊ぽいすっきり風味だったのに対し、
こちらはもう少しどっしりとした食べごたえが重視されていますね!

おそらく実際に残りスープにご飯を入れた場合の再現度としては、
「チキンラーメンリゾット」のほうが高いのではないかと思います!

ただ、一つの食事としてのどっしり感はこちらが上ではありますね!
全体量がそれほど多くない割に「食べた感」がけっこう強いですし!

スープの原材料は豚脂、醤油、卵粉、でん粉、香味調味料、
たん白加水分解物、食塩、チキンエキス、香味油、小麦粉、
麦芽糖、植物油脂、香辛料とけっこう複雑になっています!

これとは別に原材料に「味付めん」があることを考えると、
麺から出る風味を軸にしつつも、スープを別に加えることで、
味にかなり調整を加えているということが見えてきますね!

中でもとりわけ目立っているのが最初に来ている豚脂ですね!(*゚◇゚)

本来チキンラーメンには豚系要素は一切使われておらず、
揚げ油も植物油100%なのが特徴になってるのですよね!

ただ、アレンジの際に別の要素を加えるのはよくあるので、
ちょっと以前の「チキンラーメンリゾット」と比較してみます!

[チキンラーメンリゾットのスープの原材料]
乳糖、醤油、香味調味料、香味油、
豚脂、小麦粉、でん粉、香辛料、植物油脂

豚脂は入ってますが、けっこう後ろのほうに書かれていますね!

そう考えると、やはり今回の商品は豚脂を多く加えることで、
よりヘヴィな味わいに仕上げようとした意図が見えてきますね!

ご飯は「カップヌードル ぶっこみ飯」と同じ熱湯調理タイプです!

熱湯5分となってますが、5分の時点ではやや硬めになるので、
そこから2分ほどまぜてから食べ始めるぐらいでいいでしょう!

もともと「カレーメシ」のほうはそういうスタイルですしね!(*゚ー゚)

「カレーメシ」で熱湯調理ができるご飯が初めて登場したときは、
仕上がりの時点から表面がやわらかく仕上がる感じでしたが、
それに比べると今のご飯のほうが質は高いと言えるでしょう!

多少の硬さはどのみち時間によって緩和されてきてくれますが、
やわらかいと食べ進めるうちにだんだん崩れてきますからね!

全体量は77gで、カロリーは315kcalとなっています!
脂質は7.8gで、全体量を考えるとやや高めに見えますね!

ちなみに「チキンラーメンリゾット」と比較するとそれは明確で、
「リゾット」は全体量95gで、脂質が7.4gだったですからね!

全体量が20g近く減ってるのに、脂質が増えていますからね!

具材は卵、蒸し鶏、2種類のねぎという組み合わせになってます!(`・ω・´)

どうもねぎは普通の青ねぎと白髪ねぎ系の2種類が入ってますね!
そこまで具材が多くない割に意外と細かいことをしてきますね!

卵はふわふわ系のもので、ねぎとともにスープに自然に広がり、
全体にまろやかさや風味を加えるという効果を見せてくれます!

具らしい具が鶏肉のみという点は少々弱点でもあるのですが、
ご飯やスープと具の相乗効果が高いという点は評価できますね!

その点ではむしろ「チキンラーメンリゾット」よりも上でしたし!

そして蒸し鶏ですが、これがちょっと少なめだったのですよね;

他の具材がスープと一体化するタイプのものばかりだったので、
できれば鶏をあと1切れか2切れほど増やしてほしかったですね!

ただ、蒸し鶏としてのクオリティはいつも通り安定してますね!

「チキンラーメンの残りスープにご飯を入れた味」とされてますが、
実際にはそれよりも一段から二段ほどどっしり系の味となっており、
チキンラーメンをベースにアレンジした風味と言ったほうが近いです!

なので、このイメージをもとに実際にチキンラーメンで再現すると、
「あれ?」となってしまいそうな感じもちょっとしたりはしますね!

量はほどほどながらも、意外とどっしりと食べられる一杯でした!(゚x/)モキー

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
今回のぶっこみ飯の最たる趣旨はレンチン→お湯入れの移行ですね。

結局どちらも食べませんでしたが、
これでリゾット系の商品もお湯入れバージョン化が完了したようですね。

これで残るはごはん系・・・。
出前一丁のまかない飯とかカップヌードルごはん、
どん兵衛のかやくご飯系の動向が気になります。
たういさん、こんにちは!

>今回のぶっこみ飯の最たる趣旨はレンチン→お湯入れの移行ですね。

ほんとこれをアピールするための商品と言って差し支えないですね!

カップヌードルとチキンラーメンというわかりやすい2商品を選び、
「ぶっこみ飯」というインパクトのあるネーミングにすることで、
「熱湯調理になりましたよ」とアピールしてる感じですしね!(=゚ω゚)

あとは冬の「ミルクシーフードリゾット」がどうなるかですかね!
これから数ヶ月の間におそらくちゃんと完成させてくるでしょうね!

炊き込みご飯系ですが、一応ものすごく昔に「カップライス」という、
熱湯調理+お湯捨ての炊き込みご飯系商品があったようなので、
技術的に絶対無理というわけではないとは思うのですが、
その実現までには少なくとも1年はかかりそうな気はしますね!

このあたりの動向も注目していきたいところですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.