4/10発売 カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード

4/10発売の日清からの新作
「カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード」
を食べました!

新たに登場した「カップヌードル ナイス」の第1弾商品です!
「濃厚! ポークしょうゆ」も同時発売となっています!

4/10発売 カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード

「こってりなのに脂質50%オフ、糖質40%オフ、食物繊維たっぷり」
が大きなウリとなっている、新たなダイエット系カップヌードルです!

すでにカップヌードルには低カロリーの「カップヌードルライト」と、
カップヌードル Light+」という2つのライト系シリーズがありますが、
そこの新たにこの「カップヌードルナイス」が加わったわけですね!(*゚ー゚)

「Light+」は野菜たっぷりのスープに麺も入るというような、
スープと具材重視のシリーズとして独自の個性を持ってますが、
「ライト」と今回の「ナイス」はけっこう方向性が近いですね!

どちらも従来のカップヌードルをモデルにした商品ですし!

デザインはなぜか昔の8bit系ゲーム機を意識したものとなってます!
今回のコンセプトとどのようにつながっているのかは謎ですが;

4/10発売 カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード(内容物)

具材はいつもの「カップヌードルシーフード」とほぼ同じですね!
かにかまぼこがやや小さく、量が少ないなどの違いはありますが!

また、麺量が少なめになってるのがこの段階からもわかりますね!

4/10発売 カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード(できあがり)

ほう、スープの色合いがいつもの「シーフード」より白いですね!
また、麺が少ないこともあってスープの割合が高く見えます!

まずはスープですが・・・あ、これは大きな違いがありますね!(●・ω・)

たしかにモデルは「カップヌードルシーフード」なのですが、
「シーフード」のスープをそのまま再現した感じではないです!

イメージとしては「カップヌードルシーフード」をベースに、
乳製品感を強めて「ミルクシーフード」に少し近づけたうえで、
動物系の要素を高めることでよりコクを高めた感覚が強いです!

ダイエット系商品ということで麺がノンフライになることで、
どうしても味わいに軽さが出てくるのが弱点になりがちですが、
そこをスープの方向性を変えて補うという姿勢が明確に見えますね!

なので、スープだけで見ると「シーフード」よりもこってりです!

さすがに「ミルクシーフード」ほどヘヴィということはないですが、
多少なりともそこに近づけようという意図ははっきりと見えますね!

スープの原材料をいろいろ比較してみると次のようになります!

[今回の商品]
乳等を主要原料とする食品、ポークエキス、糖類、ブイヨン、醤油、
チキンエキス、香辛料、小麦粉、食塩、豚脂、ポテトフレーク、香味油

[カップヌードルシーフード]
ポークエキス、チキンエキス、糖類、香辛料、醤油、乳等を主要原料とする食品、
野菜調味油、野菜エキス、たん白加水分解物、魚介エキス、香味油、食塩、
オニオンパウダー、魚醤、ポーク調味油

[カップヌードルシーフード ライト]
ポークエキス、チキンエキス、糖類、香辛料、醤油、乳等を主要原料とする食品、
野菜調味油、野菜エキス、たん白加水分解物、魚介エキス、食塩

従来の「シーフード ライト」のスープが基本の「シーフード」と
ほぼ同じ方向性にしたうえで少し再構成しているだけなのに対し、
今回の「ナイス」は明らかにスープ全体の方向性が違っています!

特に最初に乳製品系統が来ているというのが印象的な点ですね!
ただ粉乳メインでないのは「ミルクシーフード」とは違ってます!

また、不思議なことに「魚介エキス」が書かれてないのですよね!(=゚ω゚)

かといって、シーフードの風味がしないということは全くなく、
イカや貝系の風味をちゃんとスープから感じ取ることができます!

具材からの風味もありますが、スープにも魚介風味はあると思います!

また、野菜エキスもないですがかわりにブイヨンが入ってます!

ブイヨンの中には魚介系を使って作るものもなくはないので、
魚介と野菜の風味を担っているのはこのブイヨンなのでしょう!

麺は「カップヌードルシーフード」に近い細めのヌードル麺ですが、
ノンフライ麺でやや低糖質麺ぽい風味を持っているのが特徴です!

ただ、もともとカップヌードルの麺は食感が緩みやすくもあるため、
そうした低糖質麺特有の食感などがあまり前面には出てきませんね!

もちろん油揚げ麺ではない分だけその風味はすっきりとしてますが!

また、明星の「ローカーボ」の麺に比べれば緩みやすさも少しましで、
普通にカップヌードルの麺として楽しめるラインになっています!(*゚◇゚)

麺の量は40gで、カロリーは178kcalと非常に低いです!
脂質は6.3gで、意外とそこまで抑えられてはいません!

糖質は19.6gで、食物繊維は15.4gとかなり高くなっています!

ちなみに現行の明星「ローカーボ レモンジンジャー」は
麺量40g、182kcal、糖質13.7g、繊維16.9gとなっているので、
糖質という点では「ローカーボ」がより抑えられていますね!

その分だけ低糖質麺ぽい雰囲気は「ローカーボ」のほうが強いですが!

一方でカロリーでは「カップヌードルナイス」のほうが低く、
スープのこってり感を考えるとその凄味は感じさせられます!

具材は卵、キャベツ、イカ、かにかまぼこ、ねぎとなっています!

この具材の組み合わせは「シーフードヌードル」と同じで、
あくまで量のみをちょっと調整した形となっていますね!

かにかまぼこはやや小さく、量も少なくなっていますが、
卵やイカに関してはいつもどおりに楽しむことができます!

特にイカはボリューム、風味ともに申し分ないものがありますね!

「シーフードヌードル」の具材の主役と言ってもいい存在ですし、
それをこれだけ楽しむことができるというのはありがたいですね!(`・ω・)+

キャベツについてもいつもとほぼ同じクオリティを備えてます!

ダイエット系カップ麺にありがちな軽さを克服するために、
麺量と糖質を抑えつつスープはこってり方面に向けることで、
従来のダイエット系カップ麺の購入層以外にも手を広げたい、
そうした狙いが見えてくる仕上がりとなっていましたね!

このあたりは明星の「はじめ屋」と共通する点もありますね!

一方で従来の「カップヌードルライト」と競合する面があるので、
この両ブランドの行方がどのようになっていくのかは注目ですね!

低カロリー、低糖質ながらもたしかにこってり感のある一杯でした!(゚x/)モキリュー

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これ、記事まだですが実食済です。
個人的な評価では圧倒的にこのシーフードのほうが美味しかったです。
このスープが機能系の上に成り立っているとは思えない完成度の高さでした。
もう本家のシーフードヌードルよりもスープは美味しいかも?

でもこの麺はさすがにいけませんワ (^_^;)
たういさん、こんにちは!

「ポークしょうゆ」が従来のスープの豚要素を強めて、
方向性をおおよそ維持しつつこってり感を強めたのに対して、
こちらはスープの方向性そのものもけっこう変えてきてますね!(●・ω・)

「ミルクシーフード」ほど重くはないけど、
「シーフードヌードル」よりもう少しミルク感が欲しい、
とそう思うようなときに向いている味とも言えますし!

麺に関してはどうしても低糖質麺ぽさが出ますし、
やっぱりフライ麺のほうがスープとは合いますよね!

このあたりがカップヌードルシリーズの難しい点でもありますね!
「Light+」のほうはそうした印象はあまり受けないのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
味の方向性はオリジナルとミルクシーフドを
掛け合わせたような仕上がりなのですね_φ(. .*)

なら自分の好みかもしれません!

機能性カップ麺のリリースが多くて嬉しい今日この頃w

> デザインはなぜか昔の8bit系ゲーム機を
> 意識したものとなってます!
最近、FINAL FANTASYをはじめ、
スクエアエニックスとのコラボが相次いでいたので、
その流れでデザインを意識したのかもしれませんね٩( 'ω' )و
takaさん、こんにちは!

ほんと味は「シーフード」と「ミルクシーフード」の
ハイブリッドで粉乳が控えめといった感じのものでした!

それゆえに一つのスープとして楽しめる力はありましたね!(●・ω・)

個人的には機能性カップ麺はそれほど好きではなかったりしますが;

というのも、普段から難消化性デキストリンを摂ってるので、
機能性カップ麺を食べると食物繊維の摂取量が増えすぎたり、
足りない分の空腹感をどう補うかで迷ってしまうのですよね;

ご飯なりおにぎりなりを足せばいいという話ではあるのですが!

そういえば今回は昔のドラクエ風の打ち出しをしてたらしいので、
スクウェア・エニックスとの関係はけっこうありそうですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.