1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)

1/9発売の「一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース」を食べました!

今年は「チョコソース」は発売されなさそうと思っていたら、
急に発売直前になってから発表されてずいぶん驚きましたね!

「ペヤング」からもチョコソースが発売される予定なので、
それを出し抜くための作戦だったみたいにも思われますね!(*゚ー゚)

1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)

昨年の「チョコソース」はかなり強烈な出来映えでしたからね!
変わり種系の焼そばの中でもずば抜けた怪しさが宿ってましたし!

インパクトという点では他の追随を許さない存在ではありましたが、
あのソースと甘さ・シナモンが口の中で喧嘩を始めてしまう様が
今年も繰り広げられてしまうかと思うと怖さも感じてしまいますね!笑

1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)(内容物)

内容物は液体ソース、後入れかやく、チョコソースとなっています!

そして今年は麺までもがココアの香ばしそうな色に染まっています!

というか、「一平ちゃん」って頑なにいつも同じ麺を使うのに、
この商品のために新しい麺を投入するのはおかしいでしょう!笑

それなら他の商品の麺にももう少し工夫を入れてほしいと思いますが!

1/9発売 一平ちゃん 夜店の焼そば チョコソース(2017年版)(できあがり)

えー、今年はチョコソースで「LOVE」と書いてみました!
自分で食べるチョコ焼そばに「LOVE」と書くのもアレですが!

それにしても麺もソースもチョコソースも具材も全部チョコなので、
ショートケーキ味」のときと違って見映えは全く良くないですね!

まずはソースなしで食べてみると・・・お、意外といけてますよ!(●・ω・)

昨年はソースだけだと「ココアが隠し味に使われた焼そばソース味」で、
それはそれで成立しているものの、そこに甘いものを加えたときに
口の中で大喧嘩をしてしまう予感がひしひしと感じられたのですよね!

でも今年はソースからバニラやチョコの風味がしっかりとするので、
甘いものと合わせても喧嘩しそうな感じがほぼしないのですよね!

ただこのソースの甘さは控えめで、塩味もそこそこついています!

原材料を見るとビーフエキスやラードなどの要素も入ってますが、
それはどちらかというと麺とソースを結び付けているだけの感じで、
そうした焼そば要素が前面でどんどん出てきているものではないです!

なので、塩味系とチョコ・バニラなどのスイーツ要素がほどよくまとまり、
一つのスイーツ系焼そばとしての完成度は間違いなく向上していますね!

ここにチョコソースを加えてみると・・・一気に甘さが強まります!(=゚ω゚)

昨年はソースのほうに甘さがなく、チョコソースの甘さが強烈だったので、
両者を合わせたときの味のギャップがかなりすさまじかったのですが、
今年は逆にソースにほんのり甘さがあるかわりに、チョコソースのほうの
甘さは昨年に比べるとずいぶんと抑えめに調整されている感じでしたね!

これもまた両者が喧嘩しないようにするための調整と言えるでしょう!

チョコソースを多くかけるともちろん甘さが優勢になるのですが、
それでもバランスが悪いということはなく、自分の好みによって
甘さを調整しながら食べることができるといった感じでしたね!

また昨年はふりかけのシナモン風味がかなり強烈だったのですが、
今年はそうした大暴れするような素材も特に加えられていないので、
同じ「チョコソース」でも昨年とは全くの別物と考えていいです!

ソース・チョコソースの原材料はチョコソース、糖類、しょうゆ、植物油脂、
ラード、食塩、ココアパウダー、乳等を主要原料とする食品、ビーフエキス、
ココアバター、フルーツペースト、マンゴーチャツネ、香辛料などです!

ソースのほうにフルーツペーストやチャツネによって甘さを加えつつ、
バニラの風味などで塩味とスイーツ要素の橋渡しをするというのは、
昨年末の「ショートケーキ味」から得た経験と言っていいでしょうね!

麺はこの商品専用にココアを練り込んだ細めの油揚げ麺となっています!

普段の麺は「小麦粉、植物油脂、食塩」のみというシンプルさですが、
今回は糖類、ココアパウダー、でん粉が新たに加えられています!

太さや食感などはいつもの麺とそれほど大きく変わらないですが、
いくぶんさっくりとした食感になっているような気もしましたね!

また、ソースをかける前に麺を少しだけ食べてみたのですが、
たしかにごくごくほんのりとですがココアの風味がします!

これによって全体の統一感がより上がっている面はありそうですね!(*゚◇゚)

麺の量は90gで、カロリーは489kcalとなっています!
脂質は20.1gで、カップ焼そばとしては標準的ですね!

具材は後入れのチョコ風味キューブのみとなっています!

これは乳糖、砂糖、植物油脂、ココアパウダー、でん粉、寒天でできていて、
そのまま食べると軽めのサクッとした食感のチョコ菓子となっています!

麺の上に乗せていると食感はいくぶんしんなりとしてきますが!

ごく普通のチョコ菓子なので味のアクセントにはならないですが、
その小気味いい食感や軽めの風味などはなかなかいいものがあります!

「ショートケーキ味」が甘さの中に酸味のある具材を加えることで、
味に変化をつけていたのに対し、こちらは全部がチョコ味なので、
その分だけやや単調に感じてしまうといったところはありますね!

それでもソースとチョコソースの間で起きていた喧嘩を解消し、
なおかつチョコソースの甘さを少し抑えてバランスを取るなど、
今年はインパクトと味を本気で両立させてきたのは好印象でした!

前回・今回ともにソースに対してチョコソースが甘めでしたが、
次回はあえてそれを少し逆転させてみるのもいいかもですね!

チョコソースをかなりビターにしても面白いと思いますし!

この味であれば気軽に遊ぶ感じで試してみてもいいかと思います!(゚x/)モッキルー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
ほんとに今年のスイーツ戦線はバタバタしますよね・・・ (^_^;)

マルちゃんの「甘~いきつねうどん」も急遽の戦線参入で
もう何がなんだかわからなくなってきましたww

麺はオリジナルでこの麺はとても良かったです。
チョコソースなしでも(なしのほうが?)美味しくいただけましたし!

今後は「フツーの焼そば」でもオリジナルの麺をホントに開発してほしいww

まぁ、去年の製品に比べて格段にレベルが上がったいい製品でした。
しっかりショートケーキ味のいい部分を引き継いでいましたね。
たういさん、こんばんは!

>マルちゃんの「甘~いきつねうどん」

これは今のたういさんのコメントで初めて知りました;
これもまたバレンタイン向けの商品になるみたいですね(;゚ω゚)

ただ、甘めのうどんだしというのはなくもないですし、
それなりに普通に食べられることを期待したいですね!

チョコソースに関してはもっとビターでも良かったかもですね!

チョコの甘さよりも風味を高めるという視点であれば、
もっとベースのソースとかみ合った可能性もありますね!

逆に甘さとビジュアル重視ならホワイトチョコソースという手もありますが!

スイーツ系カップ麺も味がずいぶん向上してきましたね!

しかもペヤングに東洋水産と他社まで登場してきてますし、
市場があまり広がりすぎない程度に頑張ってほしいですね!笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
おはよございます~

これはよくできてましたよね。。
美味しかったです。。
チョコと焼きそばってだけで不味いって先入観を持つ方が多いのも事実でして。。
自ブログにいただいたコメントも「無理」みたいな意見が多かったですね。
食べるとこまで到達できないんですよねえ。。

スイーツ系。。
もっと和菓子とかもあったら面白そうだけどな。。
大福味とか桜餅味とか。。
洋菓子ならモンブランとかもおいしそう♡

ペヤングのが気になるところですが。。
パクチーのときのようなガッカリにならないことを祈りますわ(笑)

たういさんのコメントにあった甘いきつねうどんですが。。
これもバレンタイン向けのようですね~~
でもスイーツ系ってとこまではいかないのかな~~
どこまで甘いんだろう。。。
まうさん、こんにちは!

今年の「チョコソース」は味の面でもよく練られてましたね!
決してやっつけやウケ狙いだけでないことがわかる一杯でした!(●・ω・)

それでもなかなか購入に至ってもらえない場合が多いようですね;
自分なんかは怖いもの見たさもあってサッと手を伸ばすのですが!笑

たしかに和菓子系のカップ麺なんかもアリでしょうね!

麺にも使われる小麦粉はもともと和菓子にも使われますし、
あんこを上手く利用すれば意外に何とかありそうですしね!

「甘いきつねうどん」は今のところまだ正体が謎ですよね!

以前にあったココイチの甘口カレーうどん程度だとするなら、
一応は普通のうどんという感じですが、それより甘くなると、
和風だしなどとのかみ合わせがどうなるのか気になりますね!

発売されたら必ずや購入して紹介したいと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.