燃えよ麺助 特製紀州鴨そば&鴨とり飯

JR福島駅の近くにある「燃えよ麺助」へと行ってまいりました!

こちらのお店は昨年4月にできた比較的新しいお店ですが、
激戦区である福島ですでにかなりの人気を博しています!

「金久右衛門」出身の方が作ったお店ということで、
基本的には清湯系の澄んだスープのラーメンなのですが、
その素材が鴨と貝という点が特徴になってるのですよね!

最近は貝系のラーメンを出すお店はそこそこ増えてきましたが、
鴨に関してはなかなか中心に据えるというお店はないですし、
もうそれだけでグッと惹かれてしまうものがありますよね!

ということで、今回は「紀州鴨そば」の特製バージョンに、
それに合わせるとおいしそうな「鴨とり飯」を注文しました!

燃えよ麺助 特製紀州鴨そば

おぉ、特製バージョンにしただけあって肉具材が実に豪華ですね!

お店に入ると厨房で鴨をバーナーで炙っているのですよね!

鴨というと、炙りによる焦がしの風味と相性がいいですし、
そうした鴨の特性を生かすことにも力を入れているようです!

まずはスープですが・・・なるほど、実に鴨を生かしたスープですね!(●・ω・)

ベースとなっているのは鴨の深みに鶏の旨さを合わせ持たせたスープで、
そこに魚介や昆布で旨味を重ね、鴨ベースのスープと噛みあうように、
ほんのりと甘味を持たせた醤油ダレが重なるという形になっています!

そして非常に大きな存在となっているのが仕上げの鴨油ですね!

この鴨油と炙った鴨から出る焦がしの風味が合わさることによって、
鴨の持っているコク、旨さ、香ばしさが一体となって口に広がります!

やや甘めの醤油ダレといい、炙りによって生まれた香ばしさといい、
全体が鴨の持っている旨さを生かす方向に向いているのがいいですね!

ここにみつ葉や柚子の香りが加わることでさわやかさも生まれています!

そしてこのラーメンはトッピングの果たしている役割も大きいですね!

今回は「特製」で注文したのでレアチャーシューも入ってますが、
基本的には炙った鴨と左側に見えるカットされた鴨が主役です!

今回はその2種の鴨具材とレアチャーシューに加えて、メンマ、
みつ葉、ねぎ、焼き海苔がトッピングされた形となっています!

手前に見えるほどよい火の通りのしっとりした鴨もさることながら、
左側のカットされた鴨が全体の中でいい仕事をしてるのですよね!(`・ω・)+

噛みしめると鴨の旨味がじわっとあふれ、そこに香ばしさが重なり、
さらにここから鴨の香ばしい旨さがどんどんスープに広がります!

どうも調べてみると初期の頃はこの具材は入ってなかったようで、
比較的最近からこのカットされた鴨が入るようになったみたいですが、
この鴨具材に関してはは間違いなく大当たりと言っていいでしょうね!

そして「特製」に加わるこのレアチャーシューも実にクオリティが高いです!

また、ゴリゴリの極太メンマはいかにも「金久右衛門」出身らしいですね!
ゴリゴリしてますが、非常に噛み切りやすいのがこのメンマの特徴です!

太いけど筋っぽさがないので、見た目より遥かに食べやすいのですよね!

海苔はしっかりスープを吸わせて麺を巻きながら食べるといいですね!

燃えよ麺助 特製紀州鴨そば(麺のアップ)

そして麺ですが・・・何気にこの麺もなかなかの個性派なのですよね!(=゚ω゚)

写真で見るとそこまではっきりとはわからないのですが、
実際にはうっすらと黒みがかった麺となっています!

これは非常に細かく挽かれた全粒粉が練り込まれているようで、
加水もやや低く、そばのような多少ポソッとした食感を持っていて、
それと同時に全粒粉などの香りを強めに立てた麺となっています!

鴨や鴨油、そして炙りなど、香りの強い要素がスープにあるので、
それに負けないだけの風味を持った麺を合わせているのでしょう!

また、鴨というと和そばと相性がいいというイメージが強いですが、
この香りが強くポソッとした食感はそれと通じるものも感じますね!

燃えよ麺助 鴨とり飯

そしてこちらがサイドメニューの「鴨とり飯」です!

こちらは普通のラーメン屋さんのサイドメニューとは違って、
残ったスープをこちらにかけてお茶漬け風に食べる仕様です!

ご飯の中には白ごま、鶏肉、あられがまぜこまれていて、
上にはカットされた鴨とねぎ、海苔がトッピングされてます!

さらにお茶漬けっぽくわさびも添えられていますね!

そしてこれが・・・驚くほどに締めとしてピッタリなのですよね!(*゚◇゚)

鴨の旨味がぎっしりつまっていながらみつ葉やわさびによって、
お茶漬けのようにサラサラ食べられる仕上がりとなっています!

これならご飯ものをつけるとどうしても多く感じてしまう人でも、
すっきり食べることができるという点で非常にポイントが高いです!

この「鴨とり飯」はぜひともオススメしたいサイドでしたね!

鴨に鴨油、そして鴨に合う炙りの風味も生かしたスープに、
さらに2種類の鴨具材に、香りの強い麺と甘味の醤油ダレと、
全体のベクトルが鴨を生かす方向にしっかりそろっていて、
鴨が主役のラーメンとしての楽しさがつまっていましたね!

その全てから鴨の旨さを堪能できるラーメンでございました!(゚x/)モキルー

[メニュー]
燃えよ麺助 メニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市福島区福島5-12-21
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 
うわぁ~、King of 行列ww
萌え麺さん行きましたかぁ~!!
ここに焼き葱トッピングしなくちゃ~と思いながらも
人気急上昇で待ちも激しくて、一回行ったっきり・・・(´・ω・`)
暖かくなったら再訪します~
てかさらにえげつない行列店になってそうやけど・・・(;´∀`)
ぴょんこさん、こんばんは!

たしかこの日は開店15分くらい前に着いたので、
行列はそこまでなく開店直後に入れましたね!

夜営業だったからというのも多少あったと思いますが!

そのかわりお店を出たときはなかなかすごかったですね!(●・ω・)

そういえばねぎ増しの存在は全然意識してなかったですね!

鴨+ねぎ・・・これって鉄板の組み合わせですし、
たしかにこれは一度試してみたくなりますね!

ぜひともシャッターを狙う勢いで行ってみてください!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.