綿麺 和風とんこつ&ベーコンライス(2016年12月)

綿麺にレギュラーメニューを求めて足を運んでまいりました!

実はこれが12月になってから初めて食べたラーメンなのですよね!(`・ω・´)

もちろんカップラーメンに関しては毎日のように食べてますが、
12月は体調不良や写真の在庫がたまりすぎてたこともあって、
ラーメン屋さんに訪問するのは一時的に避けていたのですよね;

昨日更新した「坊也哲」の記事も11月の訪問分だったりしますし!

ただ、今日の段階まででそれらの訪問分の文章は全て書けましたし、
体調もずいぶんと戻ったので今後はまた巡っていこうと思います!

とはいえ、今月はおそらく合計でも5店舗ぐらいが限界かと思いますが;

さて、12月の綿麺はフライデーナイトがお休みとなっているので、
自分にとってレギュラー目当てで訪問しやすい時期でもあります!

しかも最近は夜営業向けに新たなメニューなどが増えたのですよね!

ご主人が釣った太刀魚を使った「太刀天丼」もその1つにあたりますし、
今回の大きな目当てだった「ベーコンライス」もその1つとなります!

そして夜営業ではセルフ方式でつけ麺のスープ割りが復活しています!
このスープ割りもまた12月のうちにひさびさに体験しておきたいですね!

綿麺 和風とんこつ(2016年12月)

というわけで、「和風とんこつ」が先に到着いたしました!

自分はもともと一度に多くの量を食べられるタイプではないので、
ご飯系のサイドメニューを頼む際はラーメンのほうを注文します!

つけ麺はするすると入りますが、麺量はラーメンより遥かに多いですからね!

並+ご飯ものだったら量的にも食べられないことはないと思いますが、
ついつい大盛を頼んでしまわずにおられないのが自分でもありますし;

しっかりと白濁したスープに醤油ダレの色合いがほどよく広がり、
瑞々しい白ねぎとかいわれが乗るこのビジュアルはもう定番ですね!

でもって、こちらのお店はいつもながらねぎがすごくきれいなのですよね!

まずはスープですが・・・おぉっ、これはだしの旨さが実に深いですね!(●・ω・)

これまでにも何度となく食べてきたこの「和風とんこつ」なのですが、
ここに来てさらなる磨きがかけられていることがはっきりわかりますね!

「和風とんこつ」の名の通り、濃厚な豚骨スープで土台を固め、
和風の魚介などの旨さを重ねていくスープとなっているのですが、
ここまで「だしの旨さ」が生きた和風とんこつはそうそうないです!

スープを飲んだ瞬間に感じるのは魚介をはじめとしただしの旨さで、
タレでも魚粉でもない、だしが主役のスープとして舌に広がります!

そしてその1~2秒後ぐらいにグイッと豚骨のコクが上がってきて、
だしの旨さと豚骨のコクと丸みが一体となって形がまとまります!

魚介豚骨というと、豚骨に対して魚介の主張をガツンとぶつけて、
お互いの「強さ」をどちらも立てるというスタイルが多いですが、
このスープの魚介の旨さは明らかにそれとは違ってるのですよね!

また、以前よりもタレでビシッと味を決めるという感覚が抑えられ、
それもまただしのふくよかさをより感じられる要因になってますね!

この和風だしの深みを感じられたのはたまたまというわけではなさそうで、
9月の訪問時にもだしの旨さに焦点を当てた感想を書いていますからね!

これは今年の「和風とんこつ」の大きなテーマだったのかもしれません!(=゚ω゚)

でもって、9月に訪問したときよりもその深みはさらに増していて、
だしの深みと豚骨のコクが融合がさらに二歩三歩進んでいますね!

魚介豚骨というスタイルは今では数多くのお店で見ることができますが、
だしの深みをこれだけ感じられる魚介豚骨は他では見られないですし、
ここに綿麺のこのラーメンの唯一無二性を感じ取ることができますね!

トッピングはバラチャーシュー、味玉、かいわれ、白ねぎとなっています!

バラチャーシューは箸でつまんだだけでホロッとするほどやわらかく、
口に運べばあっというまに溶けてしまう仕上がりとなっています!

「とろけるバラチャーシュー」の理想形と言ってもいいほどですね!

ピリッと辛味を立てた白ねぎはできるだけスープにつけてしまわず、
その辛味を生かす形でときどき麺に絡めて食べるのがオススメです!

綿麺 和風とんこつ(2016年12月)(麺のアップ)

麺はこのラーメンの大きな個性であるプリップリの太麺です!
やっぱり綿麺の「和風とんこつ」にはこの麺が欠かせないのですよね!

魚介豚骨にプリプリの卵麺を合わせるケースはおそらく珍しく、
食べる前に話だけを聞くと意外性を感じる人もいるかと思いますが、
このプリプリ感は食べたその瞬間からクセになってしまうのですよね!

自分が初訪問時に食べたときがまさにそうだったですからね!(*゚◇゚)

ちなみにその当時は今よりも麺がずいぶん細かったのですが、
太麺になったことでプリプリ感がさらに高められています!

それにしても今日はずいぶんと早く食べ終わったのですよね!

「和風とんこつ」が提供されてから「ベーコンライス」が作られたのですが、
その「ベーコンライス」が提供される前にすでに麺は完食してましたしね!

自分が珍しく早く完食したことにちょっと驚いてしまいましたが、
それだけこの日の「和風とんこつ」がピタッとハマったことに加え、
半月以上もラーメンを食べてなかったので飢えていたのでしょうね!笑

綿麺 ベーコンライス(2016年12月)

そして念願だった「ベーコンライス」をやっと注文することができました!

「ベーコンライス」を初めて見つけたのは11月第2週の訪問時で、
このときは断念したのですが、ずっと機会を伺ってたのですよね!

その後に夜限定のレギュラーメニューへと昇格したことを知り、
「これは12月の訪問時に食べねば!」と思っていたのですよね!

自家製ベーコンの初登場は10月第4週の「塩つけ麺」なのですが、
今年はこのベーコンをはじめ燻製にかなり凝ってるのですよね!

今年最後のフライデーナイトには燻製煮干しが大活躍しましたし、
6月の「とりくんつけ麺」では親鶏の燻製も登場してますからね!

実は綿麺の燻製には以前から素晴らしいものがあったのですが、
それが今年にさらなる大きな発展を一気に見せたのですよね!

この「ベーコンライス」はベーコン、卵、ねぎで構成された、
一言で言えば「自家製ベーコンを使った焼き飯」なのですが、
やはりここでも主役たるベーコンの存在感が光っていますね!

また、アクセントとして輪切り唐辛子がちょっと入っています!
この輪切り唐辛子の存在などにチラッと洋の香りも感じさせますね!

味付けはごくシンプルで胡椒などを強く効かせるわけでもなく、
ベーコンそのものから出る旨さを軸に組み立てられています!

ベーコンの素材である豚肉自体がしっかりした旨味を持ってますし、
さらに燻製することによって香りと旨さがさらに凝縮しますからね!

そしてそのベーコンが全体に与える旨さもさることながら、
具材としての存在感にやはり抜群のものがあるのですよね!

ご飯を食べているときはまず焼き飯らしい旨さが前に出ますが、
ベーコンを噛んだ瞬間にまずは肉の旨さがじわりと広がって、
そこから時間差で燻製の香りが一気に口の中に広がります!

この自家製ベーコンは何と言ってもこの香りがいいのですよね!(*・ω・)

焼き飯としての旨さとベーコンの持つ濃厚な香りと旨さが交互に登場し、
このダイナミズムこそがこの「ベーコンライス」の最大の魅力と言えます!

自分はフライデーナイトですでに何度か自家製ベーコンを食べてますが、
他の人はこのベーコンに触れるためだけでも食べる価値がありますね!

また、面白かったのはベーコンライスの合間にラーメンのスープを飲むと、
その豚骨のコクやだしの旨さが一段と強く感じることができた点ですね!

もしかすると両者の間に何らの相乗効果があるのかもしれませんね!

今回は夜向けの新メニューが出たこともあって券売機を改めて撮ったのですが、
そこに「燻製親鶏」という見たことのないものが登場していたのですよね!

この日は「売切」表示だったので食べることはできてないですが、
綿麺の燻製メニューがさらなる広がりを見せているみたいですね!

この日は自分が食べ終わる頃に20分ほど客が自分だけの時間ができたので、
下処理した豚骨をハンマーで割りながら寸胴に入れる貴重な場面を見られたり、
女将さんと話をしたり12月らしいゆったりした時間を過ごすことができました!

自分が毎年冬に体調を崩しているので、そのことも話題になりましたが!(*゚ー゚)

綿麺 自家製ハム&自家製ベーコン

そしてお店を出ようと思ったところ、ご主人からこちらをいただきました!

なんと、自家製ハム(上側)と自家製ベーコン(下側)のセットです!(*・ω・)

自家製ハムはお店でも登場していないのでこれが初めてですね!

こちらは火を通してしまうともったいないのがすぐにわかりますし、
サラダ風にドレッシングや野菜を合わせて早く食べたいですね!

一方のベーコンを火を入れたほうがよりおいしいということで、
できるだけベーコンの良さをダイレクトに楽しむことができるよう、
あえてシンプルに焼き方を2種類ぐらいに分けつつ食べたいですね!

ほんと素晴らしいプレゼントをどうもありがとうございました!(゚x/)モキリリリッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.