11/21発売 カップヌードル BIG 香辣海鮮味

11/21発売の日清「カップヌードル BIG 香辣海鮮味」を食べました!

今年の春頃に「世界のカップヌードル総選挙」が実施されていて、
そこで世界各国のカップヌードルのうち、どれを商品化するかを
投票して選ぶという企画が行われた結果、香港代表として出ていた
この「香辣海鮮味」が今回日本で商品化されることになりました!(*゚ー゚)

自分が投票していたのはインドやブラジルのカップヌードルでしたが、
優勝することはなく、今回は結局日の目を見ないことになりました;

11/21発売 カップヌードル BIG 香辣海鮮味

「香辣海鮮味」、一言で言うと辛口のシーフード味ですね!
既存の「レッドシーフードヌードル」を思い起こさせますが!

それゆえに味がけっこう予想できそうな感じもするのですが、
逆に言うと安心して食べられるような仕上がりが期待できます!

また、外国版のカップヌードルがモチーフということもあり、
商品名が「CUP NOODLES」とsがついて複数形になっていますね!

11/21発売 カップヌードル BIG 香辣海鮮味(内容物)

イカが入るなど、シーフードヌードルらしい雰囲気ですが、
コーンなど、カップヌードルには珍しい具材も入ってますね!

また、フタの裏には「合味道」の意味も紹介されています!

「合味道」は「あなたの好みに合った味」という意味で、
その発音も「カップヌードル」に近いことが書かれてます!

11/21発売 カップヌードル BIG 香辣海鮮味(できあがり)

カップヌードルらしく、具材はなかなか豪華になってますね!

まずはスープですが・・・やはり「レッドシーフード」に近いですね!(●・ω・)

単に海鮮風味+ピリ辛感が近いというだけではなくて、
そのピリ辛感にキムチ要素が入る点も共通しています!

商品説明にも「キムチの風味を加えた」とありますしね!

なので、軽いにんにくなどの香味野菜とキムチ特有の酸味が加わり、
これが海鮮系のスープの中にいくぶんシャープな印象を与えます!

一方のスープのベースについてはどちらも海鮮風味ながらも、
その組み立て方についてはちょっとした違いも感じられますね!

豚や鶏などの動物系の要素に海鮮と野菜が加わるのは同じですが、
既存の「レッドシーフード」がイカを主体にした海鮮風味で、
さらにそこで乳製品系のまろやかさを少し加えるのに対して、
こちらはイカ以外の風味も強く、乳製品系は使われていません!

海老の風味が入ることでちょっとアジアっぽい雰囲気があるなど、
「レッドシーフード」に近いながらも一定の差は感じさせますね!

辛味の強さについては「レッドシーフード」とほぼ同等ですが、
こちらのほうが少しストレートに鋭さを感じるところがあります!

これは乳製品系が入っていないがゆえの効果と言えるでしょう!

とはいえ、それでも探さないと違いが意識できない範囲なので、
それほど新鮮味のあるフレーバーというわけではないですけども!(=゚ω゚)

スープの原材料を「レッドシーフード」と比較すると次のようになります!

[今回の香辣海鮮味]
糖類、ポークエキス、香辛料、チキンエキス、醤油、豚脂、食塩、
えびパウダー、野菜エキス、いかパウダー、魚介エキス、香味調味料など

[レッドシーフード(2016年)]
ポークエキス、香辛料、チキンエキス、豚脂、香味調味料、
魚介エキス、糖類、乳等を主要原料とする食品、野菜エキス、
醤油、食塩、オニオンパウダー、魚醤、ポーク調味油など

豚と鶏を塾に香辛料や魚介によって旨味を加える点は、
どちらも共通しているのがはっきりと見て取れますね!

大きな違いは今回は糖類が最初に来ているという点と、
魚介の風味が主にパウダーで担われているという点ですね!

また、海老のパウダーがイカよりも前に来てるのも特徴です!

糖類が最初に来てますが、甘いという印象はあまりないですね!
乳製品のかわりに糖類で少し丸みを出しているという感じです!

麺はいつもの「シーフードヌードル」と同じ麺のようですね!
麺の原材料も同じですし、食べたときの感触も非常に近いです!(*゚◇゚)

やや細めのヌードル麺で、食感は非常にゆるみやすいですが、
多少早めに食べ始めることで食感も少し楽しむことができます!

それでもBIGなので、後半はずいぶんとやわらかくはなりますが!

麺の量は多めの80gで、カロリーは433kcalとなっています!
脂質は16.2gで、麺の量を考えると標準的と言えそうです!

具はイカ、卵、キャベツ、コーン、ねぎ、赤ピーマンです!

イカ、卵、キャベツ、ねぎの4つは「レッドシーフード」と共通です!
ただし、それぞれの具材の分量について大きく違っていますね!

「レッドシーフード」は明らかにイカが主体となっていて、
そこにかにかまぼこが加わることでさらに海鮮らしさを強め、
卵とキャベツはあくまでサポート役といった感じになってます!

一方のこちらは卵が多く、そこにコーンが変化を加えたところに、
海鮮要素を満たすためにイカが入っているといった印象ですね!

なので、具材の充実度で言うなら「レッドシーフード」が強いです!
一方で、こちらはコーンの甘みがなかなか面白くもありますね!(`・ω・´)

せっかく海老の風味が入るので、具材に海老が少し欲しかったですね!

「世界のカップヌードル」で1位ということで登場した商品でしたが、
世界を感じさせる異国情緒はあまりなく、既存の「レッドシーフード」と
非常に似たタイプということで、奇抜さはほとんど感じなかったですね!

香港自体、アジアの中では色の国際化が進んでいる地域でしょうし、
そうしたこともこの味の無難さに影響したような感じもしますね!

それでも世界のカップヌードルを日本で発売するといった試みは面白く、
今後もいろんな国のカップヌードルを日本でも出してもらいたいですね!

誰もが安心して食べられるちょっとピリ辛なシーフードヌードルでした!(゚x/)モッキュ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
まぁ、正直今回の製品はとても残念でした。
せっかくみんなが投票した総選挙の1位の製品が
「ふつうに美味しいピリ辛シーフード」で終わってはさみしいです。
世間的なこの商品の評価もそれを物語っています。

またせめて全商品の投票結果は公表してほしかったですね。
でないとこれでは投票以前に結果が決まっている出来レースだったのか?
という疑念まで生まれてしまいかねません。

しかしもうこうなっては今は現地版のこの製品もこれと同じような内容だと
信じるしかありませんね・・・。
なんかふつうに美味しいのに後味の悪い一品になってしまいました (^_^;)
たういさん、こんにちは!

まぁ、この結果はこの味が1位になったことで
おおむね予想はついてしまうものでしたけどもね;

「なんだか無難な味が選ばれたなぁ」という感じでしたので;

自分達みたいなフリークはある程度奇抜なものに投票しますが、
食べたことのない商品ばかりが並べられて投票するとなると、
一般的には無難なところに票が集まりがちなのかもしれませんね!(=゚ω゚)

これだと食べた感想もどうしても「普通」になりますしね;
「まずい」と評する人もあまりいないようには思われますが!

これまでエスニック系の商品で成功を収めてきたシリーズなだけに、
「世界のカップヌードル」と銘打ってこの無難さは困りますよね;

もしかすると投票結果に一番戸惑ったのは開発部の方々だったかもですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
やっぱりレッドシーフードのイメージが強いですよね(^_^;)

それだけに無難な印象を抱いてしまいそうですけど、
安定感は申し分なさそうな雰囲気です_φ(. .*)

カップヌードルにコーンと言えば最近だと
自分としては「ベジータ」の印象が強いですね!
takaさん、こんばんは!

やや海老が強めなど、魚介風味のバランスに違いはありますが、
大きな方向性が魚介+キムチ風味とモロにかぶってますからね;

麺がシーフードヌードルの汎用なのも全く同じですし、
どうしても比較せざるをえないという面がありましたね!

なので、具材をどう感じるかが一つの鍵になりそうですが、
コーンの意外性を合わないと評価が一気に下がりそうです!

自分は「これはこれで面白いかな」といった感じでしたが!(=゚ω゚)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.