11/21発売 麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛

11/21発売の明星「麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛」を食べました!

これまでいろんなメーカーから「台湾まぜそば」が発売されましたが、
チーズをトッピングするという方式は今回が初めてと言えますね!

もうすでにカップ麺での「台湾まぜそば」も定着しましたし、
今後はこうしたトッピング系が増えてくるのかもですね!

11/21発売 麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛

「台湾まぜそば」の元祖である「麺屋はなび」の流れを汲む
「麺屋こころ」が監修しているので安心感は高いですね!

今年の5月にはノーマル版の「台湾まぜそば」も発売されています!

11/21発売 麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛(内容物)

内容物はノーマル版と同じく液体ソースと後のせかやくのみです!
チーズだけ別の袋かと思いきや、後のせかやくの一部のようですね!

パッケージの写真ではチーズだけ別途トッピングされてますが、
実際にはチーズと他のかやくはどうしてもまざるみたいです!

11/21発売 麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛(できあがり)

後のせかやくのみなので、見た目はあまりきれいではないですね;

まずはその味ですが・・・前回に比べるとずいぶん食べやすいですね!(●・ω・)

それはもちろんチーズが入ったからというところが大きいのですが、
それ以上にノーマル版よりもジャンク度がずいぶん下がってます!

お店のメニューであれば、ベースの「台湾まぜそば」はそのままに、
そこに追加トッピングとしてチーズが入るという形になりますが、
カップ麺ではチーズが入るかわりに他の素材を減らしているので、
その分だけ基本の「台湾まぜそば」らしさはやや落ちています!

ベースとなるタレはにんにくなどの香味野菜と軽い辛味を効かせた
シャープな醤油ダレとなってますが、ノーマル版のタレと比べると、
にんにくなどの刺激が抑えめになっていることがわかりますね!

「台湾まぜそば」ということで、後のせかやくも全体とまぜて、
タレと味を一体化させて食べるのですが、その後のせかやくも
ノーマル版のときと比べるとその風味が大きく変わっていますね!

チーズが主体となっていることで、ねぎやニラの量も減っていて、
魚粉の主張なども少なからず弱まっていることがわかります!

そのかわりチーズが多く入ることでまろやかさが大幅に増していて、
ジャンクさや香味野菜の攻撃性よりも丸みを帯びた風味が強くなり、
全体として「食べやすいまろやか系台湾まぜそば」となっています!(*゚◇゚)

実際の「台湾まぜそば」にチーズをトッピングするという方式だと、
基本的にはジャンク度が増す方向にはたらくことが多いのですが、
こちらは全体のバランスが変わることで逆の変化が起きていますね!

なので、チーズが入った分だけ濃厚さやワイルドさが増すとイメージせず、
食べやすく丸みを持った方向へと移行していると見るのがいいでしょう!

また、チーズについてもガンガン前面に出て主張するというよりは、
そのまろやかさによって全体の風味を丸くしているという感じなので、
がっつり系ではありながらも全体のインパクトはそこまで強くないです!

タレの原材料は植物油脂、豚・鶏エキス、しょうゆ、香味油、食塩、糖類、
かつおぶしエキス、かつおエキス、香味調味料、醸造酢、香辛料などです!

5月に発売されたノーマル版のタレの原材料は次のような感じでした!

植物油脂、香味油、豚・鶏エキス、しょうゆ、チキンオイル、糖類、
食塩、かつおエキス、香味調味料、醸造酢、香辛料、煮干エキスなど

チキンオイルが消えて、魚介の構成などが少し変わっていますね!

麺はやや平打ち気味のまぜそば向けの太めの油揚げ麺となっています!

明星はまぜそばでも3分湯戻しの麺を使ってくることが多いのですが、
この「麺屋こころ監修」系の商品は湯戻し時間が5分なのですよね!

それでも他社のまぜそば向けの麺に比べると太さは抑えめですが、
けっこう食感はしっかりとしていて、十分な強さを感じさせますね!(=゚ω゚)

麺量も多く、しかも今回はチーズのまろやかさも加わってくるので、
香味野菜のジャンク度は下がりつつも、どっしり感はやはり高いです!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは731kcalと高いです!
脂質は34.6gと、大盛系だけあってなかなかの高さですね!

それでもノーマル版に比べるとこちらのほうが30kcal低いですが!

後のせかやくはチーズ、混合削りぶし(かつおのふし、いわしの煮干し、さばのふし)、
ねぎ、豚・鶏味付肉、ニラ、のり、香辛料などという組み合わせになっています!(*゚ー゚)

5月に発売されたノーマル版の後のせかやくは次のようになってました!

豚・鶏そぼろ、ねぎ、ニラ、かつおぶし粉末、
かつお・煮干・さばによる混合削り節、海苔

並びを見るに、ねぎ、ニラ、豚・鶏そぼろは明らかに減ってますね!

これはチーズが入ったことを考えるとやむをえないですが、
この3つは具材としての存在感も高める役割を持っていたので、
それが減った分だけ具材はさみしさを感じるようになりましたね!

でもコストやバランスを考えればやむをえないでしょうけどもね!

魚粉をあまり減らすと「台湾まぜそば」らしさが減りすぎますし、
そうすると具材にあたる部分にどうしてもしわ寄せは来ますからね!

台湾まぜそばにそのままチーズを加えて厚みを増したというよりは、
台湾まぜそばの持つ一部の要素をチーズに置き換えたという感じで、
その分だけ台湾まぜそば特有の個性はやや減退してはいるのですが、
一方で食べやすい仕上がりになっているのもたしかなのですよね!

そのため、ジャンクさを求めて食べるとやや外れるかもですが、
逆に台湾まぜそばの鋭さがやや苦手な人には逆に向いてますね!

量が多めでまったり感が強いので、そこは人を選ぶでしょうけども!

攻撃的なジャンク感以上に丸みを感じさせる台湾まぜそばでした!(゚x/)モキュルー

【関連記事】
麺屋こころ監修 チーズ台湾まぜそば 大盛
麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
台湾まぜそばにチーズの組み合わせには
新鮮味を感じるのですが、かーとさんの感想を
見て思うに、無難な印象を受けてしまいそうです。

これはこれでアリなのかもしれませんが!

どちらかと言うと自分としては粉チーズよりも
溶けるチーズをトッピングしてもらいたかったのですが、
やっぱり汁なしカップ麺では難しいですよね…(^_^;)

マヨビームよろしくチーズソースとかだったら
粉チーズよりもインパクトあったかもですね!
takaさん、こんばんは!

自分ももっとインパクトのある方向に行くかと思ってましたが、
実際に食べると従来の台湾まぜそばからひき算された要素が大きく、
そこをチーズが埋め合わせしたので全体的に無難になってるのですよね!

なので、人によってはあまり台湾まぜそばらしくないと感じるかもです!
台湾まぜそばではあるのですけど、攻めの要素がやや少ないのですよね!(=゚ω゚)

>どちらかと言うと自分としては粉チーズよりも
>溶けるチーズをトッピングしてもらいたかったのですが、

実際のお店のチーズトッピングがどういうスタイルなのか、
お店の写真などを見てもちょっとわからなかったのですよね;

本当は粉タイプかそうでないのかは比較したかったのですが!

おそらくはとろけるタイプのチーズだとは思うのですが、
他の具材と同じようにトッピングする方式ではなく、
溶けるように下の方に配置しているのかもしれません!

>マヨビームよろしくチーズソースとかだったら

これはナイスアイデアですね!(`・ω・´)
自分はこの方法は思いつきませんでした!

塗るチーズ的なものは市販でも作られているので、
マヨビーム的な方式でのチーズソースはアリでしょうね!

この方式だったらもっとチーズの存在感も増したと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
なかなか美味しい商品だったと思います。
食べる前は粉チーズでもっとクドく重たくなるのかな?
と思っていたのですが、粉チーズ自体がかなりライトに仕上げられていて、
チーズの重さをあまり感じることなくマイルドでライトな雰囲気に
なっていたのはよかったと思います。

でもニラかやくと粉チーズは分けて包装してほしかったです。
そうしたら味変で食べれるのにな・・と思いました。

この麺、何気にクオリティ高いですよね。
しっかりの食感、またもちもちでいい感じ。
ただし湯戻し時間がかなりかかりますが・・・。

まぁ、いずれにせよ自分には多かったですww
まだ食欲細いのにこれはキツイ (^_^;)

今週のもう一方のエースコックの厚切太麺のほうはスルーします。
まだ体調的にはとても無理ということがわかりました。
残が出てもったいないので・・・。
たういさん、こんにちは!

たういさんはもともとそこまでジャンクさを求めないので、
この意外とライトでまろやかな仕上がりは合ったでしょうね!

自分は逆に台湾まぜそばには野性味を求めたくなるので、
このソフトな仕上がりは好みから少しずれてしまいました(;゚ω゚)

>でもニラかやくと粉チーズは分けて包装してほしかったです。

これは食べた人がほとんどみんな感じたことでしょうね!

チーズなしの部分とありの部分を別々に食べたかったですし、
両者を分けることでチーズを後半だけにたくさんかけるとか、
食べ方に工夫する余地が大きく広がったでしょうからね!

台湾まぜそばって、最初に具材と全体をまぜる必要があるので、
今回の構成だとチーズも最初にまぜてしまわないといけなくて、
それがちょっと単調に仕上がりになる原因にもなったでしょうね!

今週は新商品が少ないのに、そのうち2つが大盛汁なし系と、
たういさんにはちょっと辛い組み合わせの週になりましたね;

ちなみに自分は「厚切太麺」も食べたので近く記事にします!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.