11/14発売 馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦

11/14発売の明星「馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦」を食べました!

この名前を見るに明らかに和そば系の商品だと思われるのですが、
「馳走麺 狸穴」の説明には「ラーメン激戦区・池袋の超人気店」とあり、
ラーメンなのだか和そばなのだかちょっとわからなくなってきますね!

11/14発売 馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦

調べてみたところ「馳走麺 狸穴」は間違いなくラーメン店なのですが、
その中に「肉盛つけ蕎麦」という和そばを使ったメニューがあるそうで、
そこからこの「ラー油肉蕎麦」の監修へとつながったと考えられます!

ただ、お店には「ラー油肉蕎麦」というメニューはないのですけどもね!(=゚ω゚)

ちなみに店名の「狸穴」の読み方は「まみあな」となっています!

11/14発売 馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦(内容物)

「肉蕎麦」ということで、やはり具材には肉が入っていますね!
主役の一つでもあるラー油は後入れの液体スープが担っています!

11/14発売 馳走麺 狸穴監修 ラー油肉蕎麦(できあがり)

主要な具材が肉とねぎのみということで、見た目はシンプルですね!

まずはスープですが・・・あぁ、いかにもラー油肉蕎麦らしい味ですね!(●・ω・)

「ラー油肉蕎麦」と聞いて思い浮かぶのは、けっこう色の濃い醤油と、
強めの甘さ、そしてラー油によるピリ辛感と強めの油脂感なのですよね!

今回の「ラー油肉蕎麦」はまさにそのフォーマットをなぞっています!

ただ醤油の色は濃いめながらも醤油のカドはほとんど立っておらず、
醤油のコクを演出しながら強い甘みをそこに重ねるといった感じです!

この強めの甘さには好みが分かれてしまうところが多少ありそうですが、
いかにも「ラー油肉蕎麦」と思わせる風味なのは間違いないですね!

ベースは鶏とかつおぶしを合わせたスープですがそこまで強くはなく、
基本的には甘みとラー油と醤油が前面に出てくるタレ勝ちのタイプです!

それゆえにだしの深みによって食べさせるという感じではないですが、
非常に特徴がはっきりしたスープなので特に飽きは感じないですね!

またラー油の量がそこそこ多いので油脂感もけっこう強くなってますが、
あくまで植物油脂系なので、どっしりとした重さとはまた違ってます!

こうして食べてみると、昨日紹介した「どん兵衛 旨辛 鶏だし太そば」が
いかにラー油系蕎麦としてイレギュラーだったかも見えてきますね!(*゚ー゚)

甘さと油脂感による厚みを重視した一般的な「ラー油肉蕎麦」と比べると、
キレ系の醤油の風味に油脂感よりもピリッとした辛味を立てたラー油と、
ほぼ正反対と言ってもいいぐらいに路線が違っていましたからね!

また、ラー油系そばは肉蕎麦路線で来るくることが多いですが、
「どん兵衛」の場合は鶏つくねと具材も少し違ってましたしね!

スープの原材料は糖類、食塩、デキストリン、植物油脂、しょうゆ、
チキンオイル、香味調味料、香味油、鶏肉エキス、かつおエキス、
かつおぶしエキス、かつおぶし粉末などといった構成になっています!

麺はかなり太めの縮れが強めについた油揚げ麺の和そばです!

麺の太さで言えば例の「どん兵衛 旨辛 鶏だし太そば」より太いですね!

ただし食感のリアル感などについてはやはり「どん兵衛」が上で、
こちらはボソッとしたそばらしい食感と風味を軸に置いています!

ただ、こういったワイルドさのある「ラー油肉蕎麦」の場合には、
こうした無骨な感じのするそばのほうが合うのですけどもね!

また油揚げ麺臭もそこそこ強いので、それがラー油と相まって、
さらに全体のワイルド感を押し上げているところがありますね!

麺の量は75gで、カロリーは443kcalとなっています!
脂質は19.2gで、ラー油が使われていることもあってやや高めです!

具材は味付豚肉、ねぎ、ごまという組み合わせになっています!

豚肉はリアル系のもので、クオリティもけっこう高いですが、
さすがに東洋水産と比べるとちょっと劣るところはありますね!

また、「肉蕎麦」を名乗るならもう少し量は欲しかったですね!

ねぎはごく普通のもので、ごまは具材というよりはスープに対して、
香ばしさとコクをさらにプラスするといった役割を果たしてますね!

「ラー油肉蕎麦」の王道とも言える濃いめで甘めの醤油ダレを軸に
ラー油の油脂感によって厚みを出したいかにもワイルドな風味ですが、
それゆえにこの商品特有の個性が見えにくいところもありましたね!

具材についてももう少し量が欲しいと思えるところがありましたし!

でも「ラー油肉蕎麦」としての完成度はたしかなものがあるので、
「ラー油肉蕎麦」が好きな人なら手に取って間違いはないでしょう!(゚x/)モキーン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
> 「馳走麺 狸穴」の説明には「ラーメン激戦区・池袋の超人気店」とあり、
> ラーメンなのだか和そばなのだかちょっとわからなくなってきますね!
た…たしかに言われてみれば妙なニュアンスですよねw

今回はカドの立たない醤油+強めの甘味ということで
間違いなく自分が好きなタイプの路線じゃないですか!

しかもワイルドなイメージに沿った田舎蕎麦系とくれば、
当ブログでの評価が高いことは容易に想像がつくでしょうw

これは非常に楽しみです! ちなみに店名は最初、全く読めませんでしたw
takaさん、こんばんは!

パッケージのデザインなどを見ると完全に和そばなのですが、
「ラーメン激戦区」と聞くと、一瞬戸惑ってしまいますよね!(=゚ω゚)

そこからすぐに「ラーメン店が出す和そば」とは解釈しにくいですし!
おまけにお店で出しているメニューというわけでもなかったりしますし!笑

takaさんはこうした王道のラー油肉蕎麦が好きですし、
オーソドックスではあるもののたぶん気に入るでしょうね!

逆にこのタイプが苦手な人なら避けたほうが無難な感じでしたね!

最近はこうしたワイルド系のそばにも慣れてきましたが、
それでもやはり好みとは微妙に外れてしまいはしますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
これ昨日買ってきました。
案の定ペヤングのわかめラーメンが見つからない!ww

ほんとにこちらのほうがどん兵衛よりもオーソドックスな
ラー油入り蕎麦って感じですね。
マルちゃんのこのジャンルの製品に近い感じですかね?

しかし日清食品ホールディングスもどん兵衛の直後に
なんで同じような商品出すのでしょう?
今回も日清と明星の連携がイマイチ良くない感じ (^_^;)
たういさん、こんにちは!

ペヤングのわかめラーメンはもう自分は諦めてます!笑
どうしても関西だと焼そばしか手に入らないですしね!

ラー油入り蕎麦というと、このスタイルが基本ですよね!

色が濃いめで甘いかえしにラー油で油脂感とパンチを加える、
まさにそうした路線をそのまま突き進んだスタイルでした!(●・ω・)

どん兵衛はあえてそれとは反対を狙った感じでしたからね!
ラー油系そばと言っても個性の立て方はいろいろあるのですね!

自分も「なんでラー油系そばが2週連続で?」と思いましたが、
個性が全く違うからこそあえてそうしたのかな、とも感じましたね!

これを食べることでどん兵衛の独創性が見えた面もありましたし!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ラー油と蕎麦の組合せが意外ですが

お味的には、マッチしているのでしょうね。

食べて見たいけど、お目にかかれません。
ドライブおすすめスポット、こんばんは!

ラー油と和そばの組み合わせには最初は違和感がありましたが、
今ではずいぶんと定着して普通の組み合わせになってきましたね!

どちらかというとワイルドな風味のものが多くなっているので、
しっとりとしたつゆを求めると合わないかもしれませんが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.