11/7発売 どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん

11/7発売の日清「どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん」を食べました!
先に紹介した「どん兵衛 旨辛 鶏だし太そば」との同時発売商品です!

11/7発売 どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん

しかし「酸辣湯」とは、もはや和だしっぽい雰囲気が皆無ですね!
どん兵衛ではそうしたスープもおなじみなのでもはや驚かないですが!

11/7発売 どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん(内容物)

えっと、ちょっと普通の内容物の写真じゃなくなってしまってますが(;・ω・)

内容物の写真を撮り忘れたことに気付いたのがお湯を入れた後で、
それでも一応何か撮っておこうと思ってこういう写真になりました;

トッピングの調整の舞台裏が思いっきり見える写真になってますね;

肝心の内容物ですが、かやくと液体スープという構成になってました!

11/7発売 どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん(できあがり)

こちらも「旨辛 鶏だし太そば」のときと同じくラー油が入ってますね!
とはいっても、こちらはあくまで「酸辣湯」の一部という位置づけですが!

まずはスープですが・・・おっと、これは実にストレートな酸辣湯ですね!(●・ω・)

うどん向けにちょっと和風だしの風味とミックスしているとか、
うどんに合うように少しやわらかめの風味に調整しているとか、
そういったことは全く考えていないストレートな酸辣湯です!

まず何より感じられるのはけっこう明確に立てられた酸味ですね!

「酸辣湯」系のカップ麺全体を見回してもなかなか強いレベルで、
酸味のピシッとした引き締めに動物系のスープがほどよくコクを与え、
そこに椎茸が深い旨味を与え、辛味が軽くアクセントを加えています!

このスープだったら、うどん以外の麺でもそのままハマりますね!
あるいはそのまま普通に酸辣湯として飲んでも十分に楽しめます!

いくら応用性の高いどん兵衛とはいえ、少しうどん向けにアレンジした
酸辣湯が来るかと思いきや、ここまでストレートなのは逆に意外でした!(=゚ω゚)

ちなみに酸辣湯ではありますが、とろみはほぼ皆無と言っていいです!

片栗粉系のとろみを液体スープでつけるのは難しさもあるのですよね!
片栗粉を液体スープに多く入れると湯煎したときに固まりますからね;

スープの原材料は醤油、食塩、植物油脂、醸造酢、チキンエキス、
香辛料、ポークエキス、糖類、椎茸エキス、鶏脂となっています!

動物系、ラー油、椎茸あたりが核になっているのが見て取れますね!

麺はどん兵衛らしい、厚みのあるストレートの油揚げ麺のうどんです!

和風だしに合わせるなら、東洋水産の麺も優れているのですが、
こうした和風以外のスープにはどん兵衛のうどんが最適ですね!(*゚ー゚)

もっちり感があって、それでいて油揚げ麺臭はあまり強くなく、
どのようなスープと合わせても映える汎用性の高さは特筆できます!

そのほんのりとした甘さも酸辣湯の刺激と上手くハマってますね!

麺の量は66gで、カロリーは355kcalとなっています!
脂質は16.2gで、麺の量を考えると標準的な数字ですね!

具材は卵、にんじん、椎茸、ねぎという組み合わせです!

具材は「旨辛 鶏だし太そば」に比べるとちょっと貧弱ではありますが、
椎茸はだし素材としても欠かせないですし、卵もふんわりとしていて、
酸辣湯として最低限欲しいものは何とかそろえてくれてはいますね!(*゚◇゚)

にんじんのコリコリとした食感もいいアクセントにはなっていますし!

うどん向けにアレンジするとか、和風要素を加えるなどは全くない、
とにかくストレートな酸辣湯の風味を味わえるのが何よりの特徴で、
「酸辣湯麺」が好きな人なら無条件にオススメできる内容でしたね!

それと同時にどん兵衛のうどんの応用性の広さも感じられる一杯でした!(゚x/)モキッ

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
かーとさん、こんばんわ^^

お皿の内容・・・その悲しみ、そして努力・・・よくわかります。自分も何度そうしようと思ったことか・・・(涙)

さて、どん兵衛は最近やけにコンビニでも幅をきかせているようですが、一回売り切れると二度と入荷しないなど逃せない状況なので見たら購入しないといけないんですよねぇ。記事を更新しなくても食べることは結構あったりします・・・。

酸辣湯好きならと言う事で、早速探しにいきたいのですが、通勤時、昼食時に使うコンビニでまだ見ていません・・・。ファミマ、セブン、サークルK、ローソン・・・。一体どこに・・・w

日清サポーター(完全非公式)としては、やはり食べておかねばならないどん兵衛シリーズですので、追いかけていきたいです。
かぶやんさん、こんばんは!

以前はこうしたトッピングはしない派で通してきたのですが、
根が凝り性なもので手を出したら止まらなくなりましたね;

しかしお湯を入れて待っている場面を写真に撮るのは悲しいですね!笑

これはこれでけっこう味のある写真になったとは思いますが!

この「どん兵衛」はコンビニではそれほど見かけなくて、
主にスーパーのほうに陳列されている印象がありますね!

特にもう一つの「旨辛 鶏だし太そば」はコンビニでは見なかったですし!

なので、ふらっと大きめのスーパーに行くとあるかもです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
この酸辣湯スープはとてもよかったですね。
おそらく製品的にはもう一方の蕎麦のほうよりも
しっかりした特長あっていい製品と感じます。

酸辣湯でもすっきり系だったのでうどんとの相性もよかったです。
飲み干す一杯の酸辣湯のようなスープだったら
うどんとの相性はちょっとビミョーで
もっと重たくなっていたような気がしますので。

しかし最近日清の製品の具のボリュームが
どれも少なくなってきているようで気になります。

マルちゃんの具とのレベル差が広がってきているようで、
奮起を期待したいです。
たういさん、こんにちは!

商品のインパクトとしては間違いなくこちらのほうが上でしたね!
まさかここまでストレートな酸辣湯で来るとは思いませんでした!(`・ω・´)

しかしどん兵衛の麺はこうした酸辣湯とでもバッチリ合いますね!

そういえば今回はそばもうどんもどちらもすっきり系でしたね!
旨辛だけでなくすっきりも今回の隠れたポイントだったかもですね!

具に関してはこのところ「どん兵衛」は特にさみしいですよね;
レギュラー系はともかく新商品系はいつもこんな感じですしね!

でもって、「UFO」も新商品系統だと具がさみしいことが多く、
あまりコストを割いていないという印象が残りはしますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.