10/17発売 スーパーカップ 大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば

10/17発売のエースコックからの新作
「スーパーカップ大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば」
を食べました!

今週の新商品の中で最も怪しい商品と言ってもいいかもですね!(゚◇゚)

10/17発売 スーパーカップ 大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば

しかし、まさか「よっちゃんいか」とコラボするとは予想外でしたね!

一応は「いか焼そば」とのいか繋がりということではありますが、
「よっちゃんいか」って、焼そばに向いてる感じはしないですしね!

とはいえ、このおふざけっぷりがエースコックらしくもありますし、
それがどのような形で結実したのかを楽しんでみたいですね!

10/17発売 スーパーカップ 大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、ふりかけという組み合わせです!
この「ふりかけ」が「めちゃすっぱ! ふりかけ」となっています!

10/17発売 スーパーカップ 大盛り よっちゃん食品工業監修 よっちゃん風いか焼そば(できあがり)

外側にふりかけているオレンジ色の粉末がふりかけなのですが、
量がかなり多いので、まずは半分ぐらいだけをふりかけています!

そうしないと全体とまぜる際にまざりにくそうに感じましたので!

まずはふりかけなしで食べてみると・・・あら、酸味は控えめですね!(●・ω・)

液体ソースだけで三杯酢を思わせる風味になっているのですが、
どうも酸味に関する要素は主にふりかけが担っているみたいです!

ちなみにウスターソース的な風味はここには全くありませんね!

なので、一応は「いか焼そば」からの派生商品とはなっていますが、
「いか焼そば」の味をもとに連想すると全然違うものになります!

そこでふりかけを全部かけて、全体ときれいにまぜてから食べます!

すると・・・おぉ、この味はたしかに「よっちゃんいか」の味ですね!(=゚ω゚)

このふりかけは一般的なカップ焼そばのふりかけとは違って、
粉末ソースのように全体とちゃんとまぜ合わせるのがコツです!

偏ってしまうとその部分だけが強烈な酸味を発してしまいますが、
全体とまぜると「よっちゃんいか」と同等ぐらいの酸味になります!

味は実に「よっちゃんいか」らしい酢、醤油、みりんを合わせた
オーソドックスな三杯酢の風味に、いかの風味をちょっと強めて、
そこからさらに酸味をピシッと立たせた風味となっています!

そこに魚介や昆布などが旨味として味の下支えをしています!

しかしこの味、カップ焼そばとはもはや思えないものですね!(`・ω・´)

全体の味に関しては「よっちゃんいか」そのものという感じですが、
油揚げ麺や油脂の風味が入ることでいくぶんはマスクされています!

さすがに一定程度の油脂が入らないと焼そばらしくならないですし、
もしノンフライ麺だとこれよりもさらに酸味が立ったでしょうね!

ソースの原材料はしょうゆ、醸造酢、植物油脂、砂糖、魚介エキス、
発酵調味料、でん粉、食塩、コンブエキス、香味油、酵母エキスなどです!

麺は「いか焼そば」と同様の印象の中太の油揚げ麺となっています!

一見するとそこそこ太めの麺ですが、主張はほどほどという感じで、
軽くもちもち感を感じさせるようなオーソドックスな麺となっています!

原材料を見るに、「いか焼そば」の麺とおそらく同じっぽいですね!
ソースが練り込まれているという点もちゃんと共通していますし!

麺の量は130gで、カロリーは654kcalとなっています!
脂質は25.0gで、それほど高い数字にはなってないですね!

それでも従来の「いか焼そば」より少し脂質が高かったりしますが!

具はいかのみという、極めてシンプルな構成となっています!(*゚ー゚)

今回は輸送の関係か何かでいかが細かく崩れていましたが、
他の方の記事を見ると本来はちゃんと大きいサイズのようです!

自分の場合はソースとまぜる際に具材を横によけるせいもありますが、
ソースとまざってもさすがに「よっちゃんいか」の味にはならないですね!

麺と一緒に食べればそれなりに「よっちゃんいか」の雰囲気にはなりますが!

それでもこの「よっちゃんいか」の風味のソースと合わせるには
やはりいかが最適ですし、そういう点では納得にいく内容ですね!

1つのカップ焼そばとして見たときの評価となると多少迷いますが、
面白さや奇抜さという点では非常に高く評価したくなる一杯でした!

とはいえ、1回食べれば十分でリピートしたいとは思いませんが!笑

半分ぐらいネタのつもりで食べてみれば十分アリだと思いました!(゚x/)モキリー

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
ふりかけは全体に馴染ませるのがポイント…と_φ(. .*)

それにしても駄菓子系コラボが多いですねw

もうすぐ「一平ちゃん」からも
「カラムーチョホットチリ味」が出ますし、
お菓子 × カップ麺の波が来つつあるのでしょうか…。

個人的には「うまい棒」推してるんですけどねw

これは自分もネタ的に楽しみたいと思います!
あああ・・・なんかよっちゃんイカとか。
どうせならカップ麺の中に
まるごとよっちゃんイカ入ってたら
いいじゃんって思ったんですが・・・
だめですかね?w
おはよございます~

これも買ってきました。。
あるブログ様ではよっちゃんいかは全然感じられない。。
って感想でしたが。。。

よっちゃんいかのトッピングとかあればもっと楽しそうだな~
カラムーチョのトッピングとか以前ありましたよね?

とりあえず食べてみなくちゃ~~
楽しみです♪

takaさん、こんにちは!

カラムーチョとカップ麺のコラボは過去にもありましたね!
日清のUFOがカラムーチョ味で登場したことがありました!
http://fairysbible.blog22.fc2.com/blog-entry-517.html

なので、カラムーチョと効くとまずこれが思い浮かびますね!(●・ω・)

にんにくの効いたピリ辛味は間違いなく焼そばと合いますし、
奇抜そうだけで意外と安心できる内容が期待できますね!

「うまい棒」の場合は味があまりに多岐にわたっていて、
「うまい棒味」では全然通じないところがありますし、
そこが一つネックになってしまうところなのでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
かぶやんさん、こんにちは!

トッピングによっちゃんいかはアリだと思ったのですよね!

よっちゃんいかってそこまでコストが高くもないですし、
いっそ後入れトッピングとしてここに組み合わせてしまえば、
もっとよっちゃんいからしさが出たようには思いますね!(●・ω・)

よっちゃんいかをそのまま入れて全体にまぶすと、
ソースの味もよりよっちゃんいからしくなりますし!

もし仮に来年も登場するならぜひそうしてほしいですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まうさん、こんにちは!

このカップ麺の持っている「よっちゃんいか」らしさは
その作り方によるところもかなり大きいと思いますね!(=゚ω゚)

というのも、ソースだけだと明らかにポイントとなる酸味が弱く、
ソースとふりかけがバランス良く合わさったときにちょうど
「よっちゃんいか」らしさが感じられる仕組みなのですよね!

なので、ふりかけもまんべんなくまぜないといけないですし、
そのあたりのわかりにくさがマイナスになった気はしますね!

全体にまぶすものならソースと一体化させるべきだったとも言えますし!

カラムーチョのトッピングは以前にUFOでありましたね!
今回は「一平ちゃん」ということでメーカーが変わってますが!
http://fairysbible.blog22.fc2.com/blog-entry-517.html

王道系のUFOでカラムーチョとなると意外性がありますが、
変わった味が多い「一平ちゃん」だと違和感がないですね!笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まぁ、とにかくキワモノでしたね・・・これ (^_^;)
大盛りいか焼そばブランドじゃなく
ぜったいキワモノ系ブランドで出すべき商品だと思いましたww

たしかにふりかけはしっかに馴染ますのは重要ですね。
ふりかけ多い部分食べると顔が間違いなく (>_<)になりますものね~。

しかしこれインパクト強烈でいいのですが、
「焼そばとしてどうよ?」っていう素朴な疑問が生まれました。
自分もこれはもうタダでも要りませんww
たういさん、こんにちは!

いやー、これは怪しさ満載の商品でしたね!
いかつながりで強引に結びつけたという感じですしね!(●・ω・)

ソースとすっぱいふりかけを分けていたのは謎でしたね!

普通にふりかけとして食べると明らかにすっぱすぎますし、
全体とまぜるとしては粉末状なのでまぜにくさもありますしね!

この焼そばは普通にそのおいしさを楽しむというよりは、
「あ、よっちゃんいかの味だ」という感覚を楽しむ感じでしたね!

その点では面白かったですが、さすがにリピする気にはなれませんね;苦笑

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.