9/22発売 イタリアン焼そば 辛口アラビアータ味

9/22発売の日清「イタリアン焼そば 辛口アラビアータ味」を食べました!
イオンやミニストップのみの限定販売商品となっています!

9/22発売 イタリアン焼そば 辛口アラビアータ味

洋風のおしゃれな雰囲気をアピールする商品というよりは、
いかにもワイルドなイメージのデザインとなっていますね!

麺も大盛仕様ということで、かなりがっつり路線のようですし!(*゚◇゚)

9/22発売 イタリアン焼そば 辛口アラビアータ味(内容物)

内容物は液体ソースのみという超シンプルな構成となっています!
具材についてはあらかじめ麺の下へと入れられていますね!

9/22発売 イタリアン焼そば 辛口アラビアータ味(できあがり)

ちょ、ちょっとあまりの具のさみしさに引いてしまいますね;
全部の具のきちっと掘り出してこれなので本当にさみしいです;

まずは味ですが・・・おっ、すすったときはインパクトがありますね!(`・ω・´)

ゆっくりと食べているとそこまで攻撃的にも感じないのですが、
すする瞬間は唐辛子系の刺激とにんにくの香味がガツンと来て、
「あ、たしかにこれはアラビアータだ」と感じさせてくれますね!

アラビアータというと、トマト+唐辛子+にんにくがポイントですが、
このソースはこの中では間違いなくトマトの存在感が強く出てますね!

かなりまったりとしたトマトソースにほんのりと甘さを加えて、
そこに多めの油脂とにんにく、唐辛子のパンチを効かせています!

甘さはそこそこありますが、ナポリタンのような甘さではなく、
あくまでトマトソースの範疇に収まるぐらいの甘さになってます!

このようにアラビアータらしさはちゃんと演出はされていますが、
インパクトがあるのはすするときぐらいで、全体として見てみると、
あくまで刺激を軽めに抑えたタイプの食べやすい風味になってます!

一方で油脂はけっこう強めなので、これが多少ネックになりそうですね!
特に麺量が多いので、油脂の強さに後半に飽きが来る人もいそうです!

ソースの原材料はトマトペースト、植物油脂、糖類、香味油、
香辛料、食塩、酵母エキスなどという組み合わせになってます!

前半4つがトマトと甘さと油脂で、にんにくや唐辛子などの香辛料が
その次に来てるあたりからも全体のバランスがおおよそ見えてきますね!(●・ω・)

麺は日清らしいストレートの断面の丸い油揚げ麺となっています!

一応は焼そば向けの麺ですが「焼すぱ」シリーズにも多少近い、
焼そばながらもパスタっぽさを内包したタイプの麺となってます!

こうしたパスタ風の油揚げ麺を作らせたら日清は本当に強いですね!

ただ、見ての通り「焼すぱ」よりは麺がいくぶん細めではあります!
それでも十分にプリッと弾けるような食感は楽しめますね!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは724kcalとかなり高いです!
脂質も35.0gと、いかにも大盛系焼そばらしい数字となってます!

具はベーコンと赤ピーマンで、量は画像のとおり非常に少ないです(;゚ω゚)

この焼そばの最大のネックになってるのはこの具材の少なさでしょうね;

ベーコンはリアル感があるもののサイズが小さくて量もかなり少なく、
赤ピーマンはその甘さがアクセントにはなるもののやはり少ないです;

しかも全体とまぜると具材がどこにあるのかわからなくなってくるなど、
ここまで具と麺とバランスが偏った焼そばもさすがに珍しいですね;

自分は麺だけをひたすら食べてもあまり気にならないタイプですが、
それでも後半は単調に感じてしまったのでなかなか厳しいですね;

しかも油脂が多いので後半に飽きが来やすいという側面があるので、
タバスコなどを準備して後半は軽く味変をしたほうがいいかもです!(*゚ー゚)

もし「焼すぱ」と同じサイズだったらこの具でも良かったと思うのですが、
そこから麺量だけを大盛にしたことでバランスが大きく崩れましたね;

麺だけをひたすら食べても飽きない人向けのがっつり焼そばでした!(゚x/)モキューン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
この商品はやはり廉価版の範疇に入る製品と考えるべきでしょう。
気分的には焼すぱと同じ感覚です。
スーパーでの178円はフツーですが、コ
ンビニでの大盛りで178円はメチャ廉価ですからね!

そう割り切ると具の少なさもある程度許してしまいそうです。
ベーコン具材はとても美味しかったですしね♪

味は自分は予想よりかなり辛くてビックリしました。
タバスコスタンバイも使うことなかったです。
(というか辛くて入れれなかった・・・)
でもソースの味はなかなかのもので美味しかったと思います。

あとやっぱり気になるのは製品コンセプトです。
ウソでもイオンの「イタリアフェア」の中の1製品なのですから、
こういうスナック系の廉価版であってほしくなかったです。

やはりグルメ系フェアはやはり本格的で高級感を
重視した内容で発売してほしかったです。

前回のトップバリュのWorldDiningの3製品は
廉価ながらもしっかり本格感があっただけに余計にそう感じました (^_^;)
たういさん、こんにちは!

これは大盛ではありながらも廉価系の色が強かったですね!
あの具と麺のバランスなんてまさに廉価系そのものですし!

自分は具が少なくても単調でもそれほど気にはならないので、
これはこれでソースについてはけっこう楽しめはしましたが!(●・ω・)

とはいえ、単調だなぁと感じてしまう人はかなり多そうですね;

今回のソースは「焼すぱ」でも十分いけそうな感じでしたよね!
むしろ「焼すぱ」として出してほしかった印象も持ちましたし!

イオンの〇〇フェアって、たいていは本格路線を狙うのに、
なぜか今回は大盛廉価系のスナック路線なので意外でしたね!

なので、〇〇フェア系の商品だと気付かない人も多いかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.