9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん

9/20発売の東洋水産「麺匠玄龍 濃厚味噌らーめん」を食べました!
仙台と盛岡に店舗を持つお店の再現カップ麺でローソン限定です!

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん

「味噌らーめん」の再現カップ麺が発売されるということで、
実際のお店もメインが味噌かと思うとそうではないようです!

味噌の看板メニューの一つとして位置づけられてはいますが!

また、仙台と盛岡でラーメンのメニューも違っているようですね!
盛岡のほうがトビウオだしのラーメンが主役となっていますし!

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん(内容物)

内容物はかやく、レトルトもやし、粉末スープ、液体スープです!
レトルトもやしと粉末スープはどちらも後入れとなっています!

なので、お湯よりも先に入れておくのは普通の乾燥かやくだけですね!

食塩相当量を見ると9.9g・・・これはなかなか警戒が必要そうです(;゚◇゚)

9/20発売 麺匠玄龍監修 濃厚味噌らーめん(できあがり)

マルちゃんらしいレトルトもやしが存在感を放っていますね!

まずはスープですが・・・なかなかまろやか系の味噌ラーメンですね!(●・ω・)

札幌系の味噌ラーメンほどではないものの豚脂がそこそこ多く入り、
ベースの豚骨スープもほどよく厚みがあり、そこにごまが入ることで
さらにコクを重ねるといったまろやかさのあるスープとなっています!

味噌ダレもキレよりは丸みのある味噌感を感じさせるタイプで、
軽めの甘さの中から香味野菜のパンチが顔を覗かせてきます!

また、隠し味のような感じで山椒の香りもふわりと上がってきます!

厚めのスープと豚脂ということで札幌味噌ラーメンに近くもありますが、
札幌系がとにかく押しの強さが香味野菜の攻撃性を効かせるのに対して、
こちらはある程度は方向性は共通しつつももっとバランス型と言えますね!

また、塩分相当量の高さですが、実際はあまり気にならないですね!(*゚ー゚)

どうもかやくの塩分量がやや高めになっているのも理由のようなので、
スープ単体で見るとこれといってとがっているというわけではないです!

ただ、お湯を少なめにしてしまうと味が強く感じられるかもですが!
ちなみに粉末スープはやや溶け残りやすいので注意が必要です!

スープの原材料はみそ、豚脂、ポークエキス、砂糖、植物油、香辛料、
食塩、すりごま、でん粉、香味油脂、醤油、野菜エキス、酵母エキスです!

麺は縮れが強めで、ちょっと平打ち気味のノンフライ麺となっています!

食感は味噌ラーメン向けらしいもっちり感のあるものですが、
力強い感じではなく、しっとりとしたしなやかさがありますね!

また、時間経過によってけっこう食感が早くゆるんできますが、
そうすることで生まれるスープとのなじみも良かったりします!(=゚ω゚)

こうしたもっちりしつつも優しさのある麺もなかなかいいですね!

麺の量は70gで、カロリーは486kcalとなっています!
脂質は17.1gで、ノンフライ麺にしてはけっこう高いですね!

このあたりはやはり豚脂などの多さが効いているのでしょう!

具は乾燥具のひき肉、ねぎとレトルトのもやし、にんじんです!
レトルト具材にもやしだけでなくにんじんも入るのは珍しいですね!

ひき肉は量もそこそこ多く、ふんわりとした食感でありながらも、
肉らしい風味がしっかりとあって、満足度はなかなか高いですね!

やはり東洋水産は肉具材についてはいつもいいものを出してくれますね!

そしてレトルトのもやしとにんじんですが、これが非常にいいです!(`・ω・)+

スープだけで見るとけっこうまったりとした味噌スープですが、
このもやしなどが入ることでシャキッとした小気味いい食感と
さっぱりとした風味が合わさって非常に食べやすくなります!

でもって、量が多いのでけっこう多めに食べ進んでいっても、
麺とほぼ同じぐらいのペースで食べ終わる感じになるのですよね!

なので、麺と一緒に食べ進んでいくのにすごく向いていますね!

レトルトもやしなので一定の酸味などは感じさせはしますが、
それも含めて全体のさっぱり感を押し上げてくれています!

札幌系の味噌ラーメンをよりバランス重視で仕上げたスープに、
もっちりとしながらもなめらかな優しさも感じさせる麺に、
多く入ったもやしと、意外にありそうにない組み合わせで、
明確な個性を感じさせる味噌ラーメンになっていました!

ずいぶんと涼しくなってきた今の季節にピッタリの一杯でした!(゚x/)モキュリッ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
自分もこれ昨日購入しました。
なんやわからず買いましたが味噌ラーメンだったのですね! (^_^;)

全体的にはスープはオーソドックス系、
具はマルちゃんらしい豪華さ・・
といったいかにもマルちゃんらしい製品の雰囲気ですね。

このレトルトもやし自分大好きなので量も多いとのこと
期待していただきたいと思います。
たういさん、こんにちは!

ローソン限定で東洋水産って珍しい気がしますよね!
東洋水産というとサークルKサンクスの印象が強いです!(=゚ω゚)

札幌系に近くもありながらもバランスが重視され、
そこに具材がどさっと入ることでさらにさっぱり食べられる、
東洋水産の良さをそのまま持ち込んだような仕上がりでしたね!

それでいて濃厚な味噌ラーメンらしい良さもちゃんとありますし!

レトルトもやしの酸味が気になる人もときどきいますが、
こうした味噌系のスープにはこのもやしがよく合いますね!

シャキシャキしていて、なおかつ酸味も上手く合いますし!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
> 丸みのある味噌感を感じさせるタイプで、
> また、隠し味のような感じで山椒の香りもふわりと
東洋水産で、どんぶり型の本格志向な味噌ラーメンと言えば、
自分は真っ先に「彩未」が脳裏を過るんですけど、
スープには似た雰囲気を感じました_φ(. .*)

塩分相当量もネガティブではないようですし!

(とは言え、結果的な摂取量はアレですけどw)

具材が優しいスープにキレを生み、
ノンフライ麺も相性が良さそうですし、
これは実食が楽しみになりました♪
takaさん、こんばんは!

あー、たしかに「彩未」に近い面もありはしますが、
実際に食べたときの印象はかなり違ってはいましたね!(●・ω・)

やっぱりものすごく大きいのはレトルトもやしなのですよね!
これが入ることによるさっぱり感が大きな個性になってます!

麺は「彩未」と比べてもいくぶんやさしめな感じでしたね!

「彩未」のスープは生姜が強めでしたが、こちらは強くないなど、
共通項はありながらもけっこう全体的に違いも多かったですね!

でも「彩未」が好きだった人なら気に入るだろうなぁ、
と言えるぐらいの共通項はあると言っていいですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.