綿麺 フライデーナイト Part116 (16/9/9) 釜玉そば

9月第2週の綿麺フライデーナイトへと足を運んでまいりました!
今回の限定は昨年の9月にも登場した「釜玉そば」でございます!

同じ名前のメニューは一昨年の3月にも登場しているのですが、
このときは生卵ではなく半熟卵を使ったものだったのですよね!

それに対して昨年はうどん屋さんの「釜玉うどん」と同様の
生卵をトッピングしたものへとスタイルが変更されました!

そして今年もその生卵スタイルの「釜玉そば」となっています!(=゚ω゚)

昨年のときは仕込み時間がなかなか取りにくかった事情もあって、
そこでまかないでも食べられていたこの「釜玉そば」に白羽の矢が立ち、
まかないにできるだけ近いシンプルな形での登場となりましたが、
これが想像以上に当たりで新たな地平が開拓されたのですよね!

今年はその「釜玉そば」がどうパワーアップしたかも気になります!

綿麺 フライデーナイト Part116 (16/9/9) 釜玉そば

麺には香味油がかけられ、その上に生卵がトッピングされています!
生卵がそのままトッピングされるのは「釜玉うどん」と同じですね!

そしてこの麺には最初の段階ではあえてタレはかけられていません!

自分でカウンターに置かれた「釜玉そば」用の醤油ダレを
お好みの量だけかけて食べるという方式が取られています!

味付けの濃さを完全にお客さんに委ねるのは凄いですよね!

まずはタレをかけずに食べてみると・・・お、香味油はにんにく系ですね!(*゚ー゚)

生卵を全体にまぜてから食べるとそこまで目立たなくなりますが、
麺だけで食べてみるとにんにくの香りがけっこうダイレクトに来ます!

このあたりは「釜玉うどん」とは違う中華麺らしさを感じますね!

そしてここからタレをかけて食べることになるのですが、
このタレは「あまりかけすぎない」のが大きなポイントです!

醤油の味がダイレクトにわかるぐらいにかけるのではなくて、
食べた瞬間は卵のまろやかさだけが来て、その少し後から
醤油ダレの持つ旨味がふわっと口の中へと広がってくる、
この味のバランスで食べるのが最も絶妙なのですよね!

あとのプラスアルファは横に添えられた具によって調整します!

そうすると卵の持っているまろやかさが最大限に生かされ、
さらにタレの旨味も広がり、具の存在感もグッと引き立つ、
ちょうど全ての要素が並び立つのがこのバランスなのです!

そして麺は基本的にはフライデーナイトらしいむっちり麺ですが、
心なしか今回はいつもより剛麺度が高まっている感がありました!

「釜玉そば」ということで、うどんのような剛麺度を高めたというか、
この釜玉スタイルに負けないようより力強さを増した気がしました!

シンプルな構成だけに麺の存在感もいつも以上に前面に出ますし、
綿麺の麺を楽しむメニューとしての側面も大きいと言えますね!(●・ω・)

綿麺 フライデーナイト Part116 (16/9/9) 釜玉そば(トッピング)

そしてこのメニューで欠かせないのがこのトッピングです!
昨年から最も大きく変わったのがこのトッピングと言えますね!

まさかここで親鶏系のトッピングが登場するとは思いませんでした!

綿麺では今年の6月頃から親鶏の使用が増えているのですよね!(`・ω・)+

親鶏は肉質が硬めな一方で、その旨味の深さに素晴らしいものがあり、
それを生かした限定として6月第2週の「鶏醤油ラーメン」であったり、
6月第4週の「とりくんつけ麺」などのメニューが登場したのですよね!

トッピングの左上と右下がこの親鶏の具材になるわけですが、
見たところ「鶏醤油ラーメン」のときの具材と似ていますね!

親鶏の肉の旨味をストレートに味わえる左上の肉具材と、
そのコリコリ感を楽しめる右下の肉具材となっています!

親鶏は肉質が硬いので、その分だけ薄めにカットされています!

これが大きなポイントで、薄めにすることで麺と絡めやすく、
なおかつ薄めながらもしっかりした食感なので存在感が明確で、
強い肉質がプラスに行かされる構成となっているのですよね!

たとえば他の具材だとこの薄さにすると存在感が薄れますが、
そうならない強さというのがこの親鶏にはあるのですよね!

このチョイスは今回の最大のファインプレーと言えますね!(*・ω・)

左下は焼目をつけたバラチャーシュー、右上はメンマで、
中央は白ねぎを斜めにカットしたものとなっています!

バラチャーシューは焼目の香ばしさが卵と実によく合い、
メンマは甘めの優しい味付けが小麦の風味を引き立てます!

これらの具材はいきなり麺とまぜてしまうのもアリですが、
好みの具材とねぎを麺に乗せて食べるのが最もオススメです!

後半は全部投入して一気に食べてしまうことにはなりますが!

特に今回は親鶏具材が麺と絡めて食べやすくなっているので、
一口分ずつ乗せて食べるという方法が取りやすいのですよね!

なので、昨年以上に別皿トッピングの意義が生きていましたね!

また、昨年は香味油を自分でかけられる方式となってましたが、
今年は香味油のかわりに辛味オイルが卓上に置かれてました!

この辛味オイルも全体にかけてまぜてしまうのではなくて、
次の一口で食べる部分にかけて変化をつけるのがいいですね!(*゚◇゚)

「釜玉うどん」に通じるシンプルな旨さを打ち出しながら、
中華麺らしさと綿麺ならではの要素もそこに盛り込んでいく、
「釜玉そば」としての旨さは昨年ですでに完成してましたが、
そこに盛り込まれる綿麺らしさは昨年よりも遥かに高まり、
一つの限定メニューとして完成度がグッと上がりましたね!

特に今回導入された親鶏具材はドンピシャだったと思います!

卵、麺、具材のハーモニーをとことんまで堪能できる一杯でした!(゚x/)モキー

[メニュー]
綿麺 券売機

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.