9/6発売 博多天神 小金ちゃん監修 焼きラーメン

9/6発売のサンヨー食品「博多天神 小金ちゃん 焼きラーメン」を食べました!
ローソンのみの限定商品で、昨年にも発売されていますね!

9/6発売 博多天神 小金ちゃん監修 焼きラーメン

自分はてっきり昨年も食べたような気分になっていたのですが、
調べてみると昨年はうっかり食べ損なったみたいなのですよね!

昨年の9月だとまだ新作のチェックが今よりも雑でしたからね;

こちらの「小金ちゃん」は「焼きラーメン」の元祖にあたるお店です!(●・ω・)

現在では「焼きラーメン」というと、豚骨味の汁なしそばという印象ですが、
こちらの「小金ちゃん」の焼きラーメンは豚骨スープをベースにしつつも、
ウスターソースで味付けをし、さらにどて焼きのタレなども投入するなど、
まるでまかない料理のようなごった煮的要素を持っているのですよね!

なので、焼きラーメンの元祖ではありながらも現在の主流とは違うという、
ちょっと不思議な立ち位置にあるのがこの「小金ちゃん」の特徴でもあります!

ウスターソース系の焼きラーメンは過去にもサンヨー食品から出てますね!

9/6発売 博多天神 小金ちゃん監修 焼きラーメン(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、調味だれという組み合わせになっています!
にんじんや肉などの具材はあらかじめ麺の上や下に配置されています!

液体ソース系の要素が2つ入っているというのはちょっと面白いですね!

9/6発売 博多天神 小金ちゃん監修 焼きラーメン(できあがり)

どうも昨年と比べて具の構成などが大幅に変わっているようですね!

また昨年は後入れで生卵を投入することが推奨されていましたが、
今回はからしがオススメされているなどの変化も見られますし!

まずはその味ですが・・・おぉ、これはなかなかいいではないですか!(`・ω・)+

ウスターソース使用ということで、焼そばとの差別化が気になりましたが、
煮詰めた豚骨スープならではの旨味がしっかりと下支えをしていますね!

液体ソースはサラッとしたウスターソースがメインとなっていますが、
ポイントとなっているのはもう一つの「調味だれ」のほうなのですよね!

こちらは煮詰めた豚骨スープらしい豚骨の旨味が詰め込まれていて、
さらにどて焼きのやや甘めの味噌の風味、豚骨から出た骨粉など、
この焼きラーメンを普通のソース焼そばと明確に差別化するための
要素がこの「調味だれ」の中にギュッと入れられているのですよね!

なので、豚骨の持つクリーミーなコク、豚骨スープの持つざらつき感、
チャツネの甘み、どて焼きに使われる甘めでなおかつコクのある味噌が、
ソース風味の中にどっしりと根を張っていて強い独自性が感じられます!

また、ウスターソースも一般のソース焼そばに使われるものよりは味が軽めで、
メインではありながらもソース一辺倒にならないように工夫がされています!

最近の焼きラーメンは豚骨風味そのものが完全に主役になってますが、
ウスターソースと合わせることで生まれる旨さもあるのですね!(=゚ω゚)

ちなみにからしによる味変は食べてる最中はてっきり忘れていました;

ソースとたれの原材料はソース、ポークエキス、糖類、植物油脂、みそ、
チキンエキス、チャツネ、食塩、野菜エキス、香辛料、調味油脂、豚脂などです!

ソース、豚の要素、どて焼きの味噌などの要素がはっきりと見えますね!

麺はけっこう細めで、そこそこストレート感のある油揚げ麺です!
福岡県産のラーメン用小麦が30%配合されているとのことです!

細めでストレートなのは博多豚骨の麺を意識してるのでしょう!
ただし、博多の低加水麺らしいパツパツした感じはあまりないです!

というのも、実際のこちらの焼きラーメンも麺はやわらかめなようで、
博多ラーメンの歯切れの良さはもともとアピールしないそうですし!

なので、こちらの麺についても若干やわらかめに仕上がります!(*゚ー゚)

硬めが好みの方は2分30秒ぐらいで湯切りしてもいいでしょうね!

麺の量は100gで、カロリーは646kcalとかなり高めです!
脂質も29.9gで、汁なし系の中でも高めの部類になりますね!

とはいえ、食べているときの油脂感はそれほど強くはないです!

カロリーが高いのはおそらくソースやタレの量が多いためでしょうね!

この焼きラーメンとソース焼そばの大きな違いの一つがタレの量で、
こちらはややタレが余るぐらいの量が入れられているのですよね!

もともと焼きラーメンは少しタレが残るぐらいが普通なようですし!

また、このタレの多さは次の具材の話にもけっこう絡んできます!(*゚◇゚)

具は豚肉、キャベツ、フライドオニオン、かまぼこ、人参です!

豚肉は量はそこそこながらもちゃんとリアルな感触と風味があり、
人参は一つ一つが小さいながらもコリコリとした食感が楽しめます!

かまぼこはいかにも焼きラーメンらしい雰囲気を高めてくれますね!

フライドオニオンは揚げたような香ばしさはそれほどなく、
ごくごく普通の玉ねぎ具材といったほうが近いですね!

さて、その具材ですがタレが多めに設定されていることもあって、
全体をまぜると具材はどれもタレと完全に一体化してしまいます!

なので、一つ一つの具材をつまんで食べていくというよりは、
タレと一体化した具材が麺と絡んで勝手に口に入ってくる感じで、
これもまた焼きラーメンの持つ個性の一つと言っていいでしょうね!

そうしたこともあって、ガツガツと食べるのにも向いていますね!

ソース味ということで焼そばとの差別化に不安もありましたが、
実際に食べてみると豚骨の個性の打ち出し方が非常に上手くて、
さらにどて焼きのタレが隠し味としてしっかりと機能していて、
ソース味の焼きラーメンのおいしさがはっきりと伝わりましたね!

2年連続の発売ということで、おそらく昨年も人気だったでしょうし、
今後もこの時期の定番として定着できるだけの力は感じましたね!

ソース味の焼きラーメンに触れるきっかけとしても最適ですね!(゚x/)モキュルーン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これ、ローソンでありましたね!
自分も去年買ってないですし、今年も買わずでした。
でも博多の焼きラーメンがテーマのカップ麺っておもしろいですね。
ましてやウスターと豚骨スープを合わせているなんて斬新!

なかなかいい製品っぽいですね。
来週新製品少なめかも?、だったら食べてみたいです。

実際の中洲の屋台も行きたいな~!
なんかあの雰囲気で思い切り楽しく呑み喰いしたいです。
たまご入れて味が爆発した印象の強いカップ麺でしたw

前回の場合、ちょっとそのままだと
自分は無難な製品に思えてしまったんですけど、
たまごを入れたら特有のマイルドさが緩和剤になって、
実に色々な表情が顔を出し始めたんですよね。

リニューアルによって若干の仕様変更はあ
るのかもしれませんが、やはり自分にとっては
たまごマストなカップ麺のイメージです_φ(. .*)
たういさん、こんばんは!

あら、こちらはまだ購入されていなかったのですね!

先に紹介されたエースコックの油そばと比べると、
こちらのほうがたういさんに向いてると思いますよ!(`・ω・´)

たしかにこれは中洲の屋台で食べると旨さが増しそうですね!
あの雰囲気だからこそ生きる味という感じもすごくしますし!

なので、お酒を飲みつつ食べるのにも向いてそうですね!

ウスターソースベースでありながら豚骨の存在感も十分あり、
さらにどて焼きの味噌風味まで合わさる、洗練とはまた違った
屋台だからこそ生まれた味というのも感じ取ることができましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんばんは!

記事を書く前に「これ過去に食べたかなぁ」と不思議に思って、
その際にtakaさんが昨年書かれた記事にも当たったのですよね!

そこのコメント欄で自分が昨年食べてなかったことを知りました!笑

昨年は生卵を入れると映える味わいだったみたいですね!
パッケージでも卵を入れることが推奨されていましたし!

今年はその表記がなくなるかわりにからしが推奨されるなど、
方向性は共通しつつも何らかの変化を持たせたのでしょうね!

ウスターソースそのものの主張はやや下がってるのかもです!(●・ω・)

まずは生卵を入れずに昨年との味の違いを試してみつつ、
途中でまた投入してみるのがいいかもしれないですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.