7/18発売 カップヌードル ミーゴレン(2016年)

7/18発売の「カップヌードル ミーゴレン」を買いました!

この「カップヌードル ミーゴレン」には2014年にも出てましたね!
ただし、そのときは四角いカップでの発売となっていましたが!

今も人気の高い「トムヤムクンヌードル」との同時発売でしたが、
こちらはけっこう早く市場から姿を消してしまったのですよね;

今回は「トムヤムクンヌードル」や「ラクサ」のリニューアルとともに、
こちらの「ミーゴレン」についてもひさしぶりに復活いたしました!

7/18発売 カップヌードル ミーゴレン(2016年)

カップの形状は「カップヌードル パスタスタイル」と似てますね!
もちろんこちらも焼そばなどのように湯切りして作る方式です!

前回はかなり甘さを立てた仕上がりになっていましたが、
今回はその風味についても何らかの変化があるのですかね!(`・ω・´)

7/18発売 カップヌードル ミーゴレン(2016年)(内容物)

内容物は液体ソースとフライドエシャロットとなっています!
フライドエシャロットが入っているのは2014年版と同じですね!

エシャロットというのは小さい玉ねぎのような香味野菜です!

「ミーゴレン」に使われるのは本来は「バワンメラ」なのですが、
おそらく風味はエシャロットとそれほど違わないのでしょうね!

7/18発売 カップヌードル ミーゴレン(2016年)(できあがり)

カップの形状が変わったことで、見た目がコンパクトになりましたね!

それにしてもこのカップは夏場は湯切りするのが辛いですね;
熱くならないように上手く工夫しつつ湯切りする必要があります!

まずはソースですが・・・うん、やはり甘めの味付けですね!(●・ω・)

「ミーゴレン」の特徴は「ケチャップマニス」というソースで、
これはいわゆるトマトケチャップなどとは全く関係がなくて、
「甘いソース」を意味するインドネシアの黒い甘口ソースです!

原材料は発酵させた大豆や小麦、砂糖、塩などということなので、
イメージとしては甘味噌や甘めの醤油ダレに近いかもですね!

前回はこのケチャップマニスと多めに入った玉ねぎ系の香味油、
そしてフライドエシャロットでほぼ味が決まっていましたが、
今回はピリピリとした辛さがやや強調されている気がしました!

辛味と言っても食べていて汗をかくような辛さではないですが、
ピリピリとしたチリらしい感覚は最後まできちんと感じられて、
それが全体が甘さ一辺倒にならないように上手く作用してました!

そこに玉ねぎ油を思わせるような香りと甘みのある香味油が加わり、
フライドエシャロットがその香味をさらに後押しする形となります!(=゚ω゚)

全体の構成はおそらく2014年版とそれほど変わらないと思いますが、
辛味の主張に変化が出たことでバランスは向上した気がしますね!

ただ、それでもかなり甘めのソースであることには違いないので、
刺激が欲しい人は自分で少し唐辛子を加えてもいいように思います!

ソースの原材料は香味油、食塩、香味調味料、香辛料となっています!
ちなみに2014年版は香味調味料、糖類、香味油、食塩、香辛料です!

・・・どっちの原材料を見ても、何の参考にもなりませんね(;゚◇゚)

ただ、今回はどうも玉ねぎ系の香味油がより強まったようですね!
これもまた甘さばかりが目立たないことに貢献したと思われます!

麺はカップヌードルの麺にやや厚みを持たせた感じの油揚げ麺です!

焼そば向けの麺としては薄く、カップヌードルの麺としては厚い、
カップヌードル麺を少し焼そば向けにアレンジした感じですね!

とはいえ、基本はカップヌードルなので麺単体の食感は控えめで、
少し早いタイミングで湯切りするほうが食感は楽しめるでしょう!

この時期なら2分20秒ぐらいで湯切りしてもいいように思いますね!

原材料は小麦粉、植物油脂、食塩のみと極めてシンプルなもので、
これだけシンプルな組み合わせは最近ではほとんど見ないほどです!

麺の量は80gで、カロリーは443kcalとなっています!
脂質は21gで、2014年版と比べて1gほど減っていますね!

麺の量はカップ焼そば系統としてはちょっと少なめではあります!(*゚ー゚)

具はキャベツ、にんじん、フライドエシャロットとなっています!

キャベツもにんじんもごく普通で、量もそれほど多くはないです!
具の主役はあくまで後入れのフライドエシャロットと言えますね!

イメージとしてはフライドオニオンとそれほど変わらないです!
こちらのほうが風味や食感がよりしっかりとしていますが!

サクサクとした食感が入ることでいいアクセントにもなりますね!

香味油とこのフライドエシャロットによる玉ねぎ系統の香味と
ケチャップマニスの甘さがこの商品の最大の特徴と言えますが、
この両者だけだとちょっとくどく感じる人もいるでしょうね!

ただ今回は前回と比べてチリ系の刺激が上手く生きていたので、
甘さ・香味・刺激の3つのバランスは整っていたと思います!

甘さの中から刺激が覗く、なかなか面白いエスニック焼そばでした!(゚x/)モキュー

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
今回のエスニック3製品は基本的にどれも
マイナーチェンジッて感じでしたね。
まぁ、このミーゴレンは久しぶりだったのと
容器が変わったのでインパクトありましたけどね!

でも容器の変化のわりに内容の変化は少なかったです。
ミーゴレン自体こういう味なのでしようがないのですが、
やはり自分には甘かった~ (^_^;)

もうちょっとエスニック系のピリ辛とか香草の風味が強いのかな?
と思ったのですが違いましたね・・・。

あとの2品は食べていないのですが、
記事にするのではなくトムヤムクンヌードルは大好きなので
こそ~っと(笑)食べてみようと思っていますww
こんにちわ~

これも買ってます~~
食べるものがおしてきて大変なんだけど(笑)
ミーゴレンが大好きなんですよ~~
で。。買いました!
これまた楽しみです!

たういさん、こんにちは!

先週はこうしたリニューアル系が多かったですよね!
エスニック3種もそうですし、甲子園もそうでしたしね!

なので、今回はこの「ミーゴレン」のみにとどめました!(=゚ω゚)

味の変化についてはごくごく小さいものでしたね!
チリの刺激がいくぶん強まったかなぁというぐらいでしたし!

前回食べたときはもう少し刺激が欲しいと感じたので、
そこをカバーしていてくれたのは自分としては良かったです!

ただ、リピートするほど好きというわけでもないのですが!笑

トムヤムクンとラクサはパクチーが増えたみたいですね!
自分としても興味はあるので、紹介なしで食べるかと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まうさん、こんにちは!

ほー、まうさんはミーゴレン好きなのですか!
カレー以外にもいろいろ幅広いものを持ってますね!

でもって、パクチーに関してもかなりの強さを持ってますし!(●・ω・)

ミーゴレンのカップというと、この日清のものと、
イオン限定のもの、あとはドンキ限定のものがありますね!

その中では日清は比較的玉ねぎ・エシャロットが強めですね!
玉ねぎ系らしい香ばしい甘みが強く効いている印象です!

まうさんのブログでの紹介記事も楽しみにしてます!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
やはり「ラクサ」も通年商品の座を
見事に獲得したようですね_φ(. .*)

トムヤムクンに負けず劣らずの完成度でしたから!

カップヌードルのミーゴレンは
2014年版で結構ハマったんですよね!

今回は前作を踏襲しつつ、
やや刺激アップということで、
安心して食べられそうな雰囲気です。

甘さは自分的に好みの範疇でしたし!

フライドエシャロットにも個性があって、
麺のスナック的な風味も味付と相性が良かったり、
バランス感の向上で前作よりも印象が良さそうです。

それにしても原材料…ほんと何の参考にもならないw
調味料や香辛料の内容が気になるところです(笑)
takaさん、こんにちは!

ラクサは発売されたときはかなり挑戦的な印象でしたが、
それがこうして定着したのですからすごいですよね!(=゚ω゚)

今やココナッツミルクの風味も定番になりうるのですね!

今回のミーゴレンは基本的に2014年版に近いですが、
2014年のときに刺激の弱さが少し物足りなかったのに対し、
今年はそうした印象がなかったので変わったのでしょうね!

甘めのソースも辛さが入ることでより映えますし、
そういう点からもいい変更だったと思いますね!

原材料についてはもうちょっと何とかしてほしいですね!

ケチャップマニスは香味調味料に入るのでしょうけども、
さすがにそこはもう少しぐらい詳しくしてほしかったですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.