7/12発売 沖縄そばの名店 楚辺

7/12発売のサンヨー食品「沖縄そばの名店 楚辺」を食べました!

那覇市にある「楚辺」というお店の沖縄そばの再現カップで、
ファミリーマートのみの専売商品ということになっています!

「楚辺」は「そべ」と読み、那覇市にある地名でもあります!
要するに「楚辺」にあるから店名も「楚辺」みたいです!

7/12発売 沖縄そばの名店 楚辺

毎年夏になると沖縄そば関連のカップ麺が増えてきますね!
沖縄そばっぽい汁なし系の商品の登場にも期待したいですが!

サンヨー食品で沖縄そばというとやや珍しい気がしますね!

7/12発売 沖縄そばの名店 楚辺(内容物)

沖縄そばということで、やや幅広の麺となっていますね!
具材は豚肉を中心にいかにも沖縄そばらしくなっています!

7/12発売 沖縄そばの名店 楚辺(できあがり)

いかにも沖縄そばらしいビジュアルに仕上がってますね!

まずはスープですが・・・うん、豚も魚介も力強いですね!(●・ω・)

最後に調味油を入れるのでややオイリーかと思ってましたが、
食べてみるとそれほど油脂感もなく重い印象はないですね!

調味油は植物油脂と豚脂のミックスとなっていますが、
ベースのスープそのものがけっこう強い仕上がりなので、
オイルによってそれとバランスを取っている感じですね!

ベースのスープは豚の清湯とかつおなどの魚介などですが、
まず土台を固めている豚のコクが非常にしっかりしてます!

商品説明によると豚の頭のエキスも使っているということで、
これが豚のコクの力強さにもつながっているのでしょうね!

こうした豚のコクはあくまで土台を支えるといった役割で、
前面に出てくるのはかつおを中心とした魚介となっています!

この魚介がかなり強めですが、これはどうも煮干の効果ですね!(=゚ω゚)

沖縄そばのスープに煮干を効かせるのは珍しい気がしますが、
かつおを軸としつつ煮干によって強さを出すことによって、
ふくよかさと強さが同居した魚介の風味に仕上がっています!

今回のスープの一番の特徴はこの魚介感と言ってもいいですね!

スープの原材料はポークエキス、糖類、食塩、魚介エキス(魚介類)、
魚粉、植物油脂、豚脂、しょうゆ、香辛料、酵母エキスとなっています!

かなりシンプルに豚系と魚介の2つによって構成されてますね!

麺はやや厚みのある、幅広の油揚げ麺となっています!
色はけっこう白く、カップうどんを思わせる雰囲気もありますね!

かんすいが使われているので、食感は中華麺寄りですが、
麺の風味などはカップ麺のうどんにけっこう近いです!

また、麺の縮れもけっこう強めにつけられていますね!

油揚げ麺の香りもそこそこ強いですが、スープも強さがあるので、
両者のバランスという点ではそこまで麺勝ちにはなってないです!

もう少し優しいタイプの麺のほうでも良かった気がしますが、
そうするとスープが勝ちすぎてしまう可能性もありましたし、
そのあたりはちょっと判断が難しいところもありますね!(*゚ー゚)

麺の量は70gで、カロリーは419kcalとなっています!
脂質は16.9gで、麺の量を考えるとおおよそ標準的です!

具は豚肉、かまぼこ、青ねぎという定番の組み合わせです!

豚肉は食感のやわらかいチャーシューチップ的なものですが、
不思議とカップ麺の沖縄そばとは相性がいいのですよね!

ちょっと甘めの味付けで、スープとのなじみもけっこういいです!

かまぼこはカップうどんにも使われるごく普通のものです!
平凡ではありますが、沖縄そばらしさの演出には役立ってますね!

総じて見るとオーソドックスな沖縄そばではあるのですが、
力強いタイプでありながら油脂にはそれほど頼っておらず、
豚と魚介によって強さを出しているのは好感が持てましたね!

麺とのバランスについては少々意見が分かれる気もしますが、
しっかり系の沖縄そばを求めるなら十分にいけそうです!(゚x/)モキーン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
先日の日清xイオンの「玉屋」さんの製品と
かなり違うスープの製品のようですね。

沖縄そばで煮干が強いのは珍しいです。
また豚系の味がそれより前面に出るスタイルで
ワイルドな味わいのようですね。

カップ沖縄そばもパッケージの雰囲気はみんな似た感じですが、
スープの特長はそれぞれ個性的で食べ比べてみると
奥深いジャンルって感じがします。

お店コラボ物とコラボなしのふつうの沖縄そばとの違いもおもしろい!
たういさん、こんにちは!

そういえば6月の初旬頃にその沖縄そばを求めて、
ミニストップに行ったもののなかったのですよね;

たういさんの記事を見ると「玉家」さんのスープは
豚メインでかつおが控えめの風味だったようですが、
こちらは豚は強めでも魚介はそれ以上に強かったですね!

特にかつお以外に煮干も打ち出してるのは珍しいですし!(=゚ω゚)

豚の強さ、魚介の強さといったポイントもさることながら、
油脂の多さなどもスープの風味にかなり影響してきますし、
沖縄そばもバランス次第でその印象は大きく変わりますね!

自分は油脂の少ないすっきり系のものが好きなので、
ノンフライ麺の沖縄そばにもっと増えてほしいですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
購入リストには加えていたのですが
製造はサンヨー食品だったんですね!

てっきり日清食品か明星食品だとばかり(笑)

やはりカップ沖縄そばと云えば、
日清食品,明星食品,東洋水産のイメージが強いので、
サンヨー食品が作る沖縄そばには新鮮味を感じました。

うどん系の油揚げ麺でタテ型という構成から、
油揚げ麺特有のネガティブさに懸念はありますが、
(サンヨー食品の油揚げうどんは暴れるイメージw)
強めのスープが功を奏してバランスは悪くないようですね。

そこさえクリアできれば素直に楽しめそうです!

ただ、完成度の高さを他社と比べてしまうと、
もうちょっと改良の余地アリ? ですかね。
takaさん、こんにちは!

自分もサンヨー食品製造だったのには驚きました!

縦型のカップ沖縄そばというとその3社が多いですもんね!
サンヨー食品製造の沖縄そばを食べたのはこれが初かもです!(=゚ω゚)

>(サンヨー食品の油揚げうどんは暴れるイメージw)

もうね・・・「あばれ節うどん」が忘れられないですからね;苦笑
「節よりも麺のほうが暴れとる!」というあの衝撃たるや・・・(゚◇゚)

縦型では薄めの優しいタイプのうどんもよく作るのですが、
今回は厚めだったこともあり、多少の暴れはありましたね!笑

それでも強めのスープだったので何とかバランスは保ってました!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2016/07/15 09:01)

那覇市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.