6/27発売 2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば

6/27発売の東洋水産からの新作
「2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば」
を食べました!

TRYの企画関係の商品が毎年3つぐらい商品化されてますね!

Yahoo!関連の商品にもこのTRYが関わってるみたいですので、
それも合わせると年間6商品ぐらいはこの関係で出てますね!

6/27発売 2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば

今回は横浜の「地球の中華そば」というお店の再現カップ麺です!
2015~16年にかけての「ラーメン大賞 新人大賞部門」の1位だそうです!

ちなみに「地球」と書いて「ほし」と読むのが大きなポイントです!(*゚ー゚)

6/27発売 2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば(内容物)

一時期は東洋水産の縦型再現カップに対して強い警戒心がありましたが、
最近は細麺の採用も増えるなど、ずいぶんと安定感が増してきましたね!

でもって、東洋水産はスープの特徴を引き出すのが上手いので、
もとのラーメンの個性を表現するという点では強いのですよね!

なので、最近はずいぶんと安心して手に取れるようになってきました!

6/27発売 2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば(できあがり)

具材も充実していて、ビジュアルもなかなかいいですね!

まずはスープですが・・・うん、まとまりのいい塩スープですね!(●・ω・)

ベースとなっているのは鶏で、そこに多めの油脂が加わります!

ただ、この油脂は完全に鶏油のみでできてるわけではなくて、
おそらくは玉ねぎ油などの香味油とのミックスだと思われます!

なので、けっこうオイリーで力強い鶏系のスープなのですが、
香味の良さの手伝ってそれほど重さは感じさせないですね!

そこに魚介の旨味が奥のほうからじわっと上がってきて、
スープの力強さと深みのある旨味が相乗効果を生み出し、
非常に総合力の高い鶏系の清湯塩スープとなっています!

ただ、油脂が多めなこともあってすっきり系というよりは、
けっこう強さを打ち出すタイプの塩スープになっているので、
あまりあっさり感を期待するとちょっとずれてしまうかもです!

でもコクと旨味の深さに関しては非常に見どころがあるので、
食べごたえ重視の塩ラーメンとしてのクオリティは高いです!(*゚◇゚)

スープの原材料はチキンエキス、鶏脂、食塩、植物油、魚介エキス、
豚脂、ゼラチン、ポークエキス、酵母エキス、香辛料などです!

油脂が強めで鶏を重視したスープであることが伝わってきますね!

麺はけっこう細めのプリプリとした食感の油揚げ麺です!
最近の東洋水産は縦型でもこうした麺をよく採用しますね!

東洋水産の縦型の麺は全体的に油揚げ麺の主張が強めですが、
この細麺に関してはスープを邪魔する要素はかなり控えめです!

今回は塩系ながらもスープのほうに明確な強さがありますし、
軽くプリッとした食感も合わせて相性はけっこういいですね!(=゚ω゚)

もう少し縮れが少なめの麺であればさらにいいのですが、
東洋水産の麺は基本的に縮れがどれも強めですからね!

麺の量は70gで、カロリーは450kcalとなっています!
脂質は24.1gで、調味油が多いこともあって高い数字ですね!

縦型ビッグですが「本気盛」に比べると麺はちょっと少なめです!

具は豚肉、鶏だんご、メンマ、ねぎ、フライドオニオンです!

フライドオニオンは具というよりはスープの一部という感じで、
香味油と合わさって香ばしい風味をスープに加えてくれます!

意外と量も多いので、ときどき底から拾って食べるのもいいですね!

メンマは量も多く、コリコリ感もしっかりと楽しめますし、
ねぎについても量、質ともに高水準のものとなってます!

そして2種の肉具材ですが、どちらもレベルが高いですね!(`・ω・)+

豚肉はいつものリアル系のもので東洋水産らしい質の高さで、
食感が実にリアルで、噛みしめたときの味もしっかりしてます!

そして鶏だんごもまた東洋水産が得意とする具材ということで、
そのふんわりとした食感と風味どちらを取っても満足できます!

ちなみに実際のお店でも鶏だんごがトッピングされるようです!

東洋水産の縦型はどうしても麺に多少の弱みがありますが、
具材に関しては他社を凌駕する充実度があるのですよね!

今回の4種の具はどれをとっても質・量ともに良かったです!

鶏をベースに鶏油と香味油によってさらなる香りと厚みを加え、
さらに魚介で旨味を重ねたスープは力強さと旨味が両立され、
現代的な塩ラーメンとしての強みをしっかりと見せてくれました!

具も充実してますし、力強い塩系を求めるときにはピッタリですね!(゚x/)モキュルー

【関連記事】
2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 2連覇 大島 味噌ラーメン
2014-15 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 しば田 中華そば
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 進化 塩らーめん
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 大島 味噌ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
TRYのラーメン大賞ってどこでやっているのかいつも謎ですww
部門も多岐にわたっているし訳わからん・・・ (^_^;)

で、自分も「マルちゃん&タテ型BIG」のこのお姿は身構えてしまいます。
どうしてもあの「本気盛」がイメージされてしまって手が出にくい (^_^;)

でもこの麺ならOKですね!
ってか、塩味スープにあのワシャワシャのちぢれ太麺ならヒキますけどね。

で、塩味でもどちらかというとワイルド系スープなのですか!
物足りなさなくガッツリいただけるという意味ではいい製品でしょう。

具もさすがマルちゃん!という感じで、多様な具材にもかかわらず
それぞれしっかり仕上げられているんですね。

今週の紹介予定製品にはこれは今のところ入っていないのですが、
まだうまくいけば枠が1枠あるのでどうしましょうか?・・ (^_^;)
たういさん、こんにちは!

そういえばTRYのラーメン大賞の詳細を調べたことがないですね;

そこで初めて調べてみたところ、このページがヒットしました!
http://ent.kodansha.co.jp/try

どうも7人の審査員などによって決められてるようですね!(=゚ω゚)

たういさんは基本的に東洋水産の縦型はスルーしますもんね!
どうしても麺が暴れる印象が強いだけに警戒しますしね!

自分も今でこそ「本気盛」シリーズに慣れてきましたが、
数年ほど徹底的にスルーしていたことがありますし;

たういさんからすると、この油脂が多めのワイルド系スープが
どのように感じるかというのが鍵になってきそうですね!

油脂が多めの清湯はやや苦手という印象がありますし!
でも具も充実してるので狙ってみる価値はありますよ!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
「宇宙(そら)」のニュアンスですなw

相変わらず本気盛系のタテ型ビッグですけど
この細麺だと割と安心して食べられますよね!

今回はスープの完成度が高い様なので、
それを邪魔しない麺の主張には好感が持てます。

肉具材は相変わらず秀逸みたいですし、
高品質な肉が明白に2種類というのは嬉しいですね。

この前の出前一丁みたいにゴッチャにならないのでw

かーとさんの感想の雰囲気から察するに
うちでは★4〜5くらい余裕で稼ぎそうな雰囲気です_φ(. .*)
takaさん、こんにちは!

カップの形状などは相変わらずの「本気盛」風ですね!
それでも年を追うごとに安定感は高まってきてますね!

東洋水産のお店カップの塩系は優しいタイプよりも
こうした油脂を効かせた力強いものが多いですね!

実際そういうタイプのほうが東洋水産向きですし、
麺勝ちになりにくい分だけ扱いやすさはありますね!(=゚ω゚)

そして今回は肉具材がいつも以上の充実度でしたね!
ほんと東洋水産の肉具材はいつも優れていますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.