6/13西日本発売 ペヨング ソースやきそば

6/13西日本発売の「ペヨング ソースやきそば」を食べました!
やっと西日本でもこの「ペヨング」の販売が開始されました!

6/13西日本発売 ペヨング ソースやきそば

東日本の人からすると「何を今更」という感じでしょうけども;
関西の人間にとってはずっと待ちわびていた存在ですからね!

基本の「ペヤング ソースやきそば」には"Big"と書かれていますが、
こちらは少し麺量が少ないので"Regular"と書かれていますね!

ペヤングが本当に"Big"なのかと問われると多少怪しいですが!(=゚ω゚)

そういえばこの「ペヨング」は横長のスタイルになってるのですよね!
ペヤングというと、縦長の長方形というイメージが強いので意外です!

6/13西日本発売 ペヨング ソースやきそば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、ふりかけ&スパイスとなっています!

ふりかけ&スパイスはおそらく「ペヤング」のものと同じですね!
袋の表記も「Peyong」ではなく普通に「ペヤング」になってますし!

かやくは表記は「ペヤング」ながらも中身はキャベツのみです!
あの小粒な鶏そぼろがこの「Peyong」では外されています!

ソースはちゃんと「Peyong」表記で完全にオリジナルになってますね!(●・ω・)

6/13西日本発売 ペヨング ソースやきそば(できあがり)

いつもの癖で「ペヤング」と同じように縦長で撮ってしまいました!
でも、縦長の形で撮ったほうが「ペヤング」との比較もしやすいですが!

まずはその味ですが・・・思っていたよりも「ペヤング」に近いですね!(*゚◇゚)

「ペヤング」の姉妹品なのだから当然と言えば当然ではあるのですが、
事前に聞いていた多くの人の感想では「甘い」という声が多かったので、
もっと直接的に甘さを増したのかと思いましたが、そうではないですね!

製作側としては、できる限り「ペヤング」に近くすることを想定して、
コストを抑えながら調整してできたのがこの味なのかなと思います!

たしかに酸味がやや軽めで、特に後半にかけて麺を口に含んだ瞬間に来る
甘みが従来の「ペヤング」に比べて強めになっている印象はありましたが、
どちらかといえば「ペヤング」を実直に継承している感のほうが強かったです!

その甘みもスパイスによって上手くマスクされたりしてましたし、
自分が食べた限りでは極端な風味の違いは感じなかったですね!(*゚ー゚)

ここでちょっとソースなどの原材料を比較してみようと思います!

(ペヨング)
ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、牛肉エキス、香辛料

(ペヤング)
ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、牛肉エキス、香辛料

並べると一目でわかりますが、原材料は並びも含めて全く同じです!

ただ、麺量が違うので分量に関しては違いがあるのは確実ですし、
おそらく内容についても微調整ぐらいはされていると思います!

そこで添加物にあたる部分の原材料を次に見てみます!

(ペヨング)
カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、
かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB2

(ペヤング)
カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、酸味料増粘剤(グァーガム)
かんすい、香辛料抽出物酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、
重曹、ビタミンB2、甘味料(カンゾウ)

※赤字はペヤングにのみ入っているもの
※青字は両方に入っているが、ペヤングのほうが前に書かれているもの
※緑字は両方に入っているが、ペヤングのほうが後に書かれているもの

この中で酸味料、香辛料抽出物、甘味料(カンゾウ)の3つは
風味に関わりますが、このあたりの材料によって生んでいた
細かい風味の機微が薄れたのは印象に影響してそうですね!

ただ、一つ気になったのは今回の自分のソースのまぜ方なのですよね!

写真を撮る際はキャベツにソースがかからないようにするので、
普通に作るときよりも麺に絡むソースの量が多少多くなるので、
それが「ペヤング」により近く感じさせた可能性があるのですよね!

ソースが絡む量が増えると、ウスターソースらしい風味、
とりわけフルーティーな風味や酸味が少し前面に出るので、
それが甘みをマスクして印象の変化が小さくなったのかもです!

とすると、できるだけ「ペヤング」に近い感じで食べたいときは、
キャベツにあまりソースがかからないようにするといいかもです!

ただし、あくまで仮説なので本当にそうなるかはわからないですが!(*・ω・)

麺は「ペヤング」らしい中細の油揚げ麺となっています!

原材料については「ペヤング」のものと全く同じですね!

もしかすると何らかの違いぐらいはあるのかもしれないですが、
食べた感じでは麺については特に印象の違いはありませんでした!

「ペヤング」の麺はラードによる風味の香ばしさが特徴で、
これがいい具合にペヤングらしさを演出してるのですよね!

ちょっとスナック感のある風味もプラスにはたらいてますし!

麺の量は「ペヤング」より10g少ない80gとなっています!
カロリーは456kcalで、脂質は20.5gとなっています!

従来の「ペヤング」よりも約90kcalほど低いですね!
これは麺の量だけでなく、かやくの違いもありそうですが!

具はキャベツのみで、ふりかけはごま、アオサ、紅生姜です!
ふりかけの内容は全く同じで、かやくのほうは変わっています!

例の小さな鶏そぼろがなくなったという変化があったわけですが、
これが気になるかどうかも各人の評価に関わってきそうですね!

自分は廉価系商品であることを踏まえればアリな感じでしたね!

メーカーとしてはできるだけ近い味になるよう調整はしつつも、
ソースのかけ方や個々人の感受性で感想に差が出るでしょうし、
このあたりは自分で食べて判断するのが一番なのでしょうね!

自分としては味に関してはこの「ペヨング」も十分楽しめましたね!
ただ、麺量80gというのが自分としては多少ネックにはなりますが!

カップ焼そばを食べる際は少なくとも90gは欲しいと思いますので!

「ペヤング」との違いをいろいろ比較しながら食べると楽しいですね!(゚x/)モキュン

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
お~っ!、かーとさんはソースの甘さを感じませんでしたか!
自分は甘くてどうも・・・ (^_^;)
で、自分的には再食なしですね。

この商品の販路は結局コンビニのみでしょうね・・・。
既販売の東日本での量販店の売れ行き不振はけっこうなもののようです。

でもコンビニは話は別!
コンビニで119円でカップ焼そばが購入できるのは貴重です。
そういう意味での存在価値はあるでしょう。

量販店では良質の廉価版の大盛焼そばやPB商品があるので
残念ですがこの先は厳しいと思います。

ってか、ペヤングさん、これ出して売れた分と
ペヤングの売れ行きダウンの天秤がどうなったのかな??
そこがいちばん気になるところです。

個人的にはこの製品はそう遠くない将来、
ペヤングさんは廃盤にしそうな気がします (>_<)
(ペヤング含めた全体の売上や利益の面を勘案して)
おはよございます~~

この前見かけたのであたしも買ってきました!
まだ食べてませんが~~~
ペヤングも買って食べ比べしたいな~~と思って。。。
来週になればスーパーさんとかでも売られるのでもうちょっとお安く買えたでしょうけど。。
見かけたらつい買ってしまってました(笑)
関東では最初バカ売れに売れたって話でしたけど。。。
関西ではどおなんでしょうね。。。
もともと関西にはなかったペヤング。。。
関東圏ほどの思い入れがないかもしれませんね。。。
でも食べるの楽しみです♪

たういさん、こんにちは!

自分は思っていたほど甘さは気にならなかったですね!
もっと明確な差があると思っていましたが、そうでもなかったです!

面白いことにキャベツのやらせ盛りをする、
自分とtakaさんがどちらも高評価なのですよね!

そのあたりもソースのかけ方が影響するのかなと思いました!(=゚ω゚)

>既販売の東日本での量販店の売れ行き不振はけっこうなもののようです。
>ってか、ペヤングさん、これ出して売れた分と
>ペヤングの売れ行きダウンの天秤がどうなったのかな??
>そこがいちばん気になるところです。

この2つを総合して見るに、量販店に関しては
従来のペヤングの人気のほうが強いと言えるのかもですね!

このペヨングって、コンビニでもかなり価格が安めだったので、
「コンビニなのに安い」というのは大きな強みになってますよね!

一方で量販店だとペヤングとの価格差が小さくなるので、
ペヨングにはほとんど流れなかったのかもしれませんね!

これはカップ版の日清焼そばにも言えるのですが、
廉価版で味が似たタイプのものを出してしまうと、
メインの商品のシェアをどうしても食いますからね!

自分は廉価版の「日清ソース焼そば」はときどき食べますが、
メインである「日清焼そば」のカップはまず買わなかったですし;
(どうもその「日清焼そば」はリニューアルして、
 具が充実したかわりにマヨが外されたっぽいですが)

あとは100円ショップあたりで広がれるかどうかですかね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まうさん、こんにちは!

おぉ、まうさんはペヤングと食べ比べされるのですね!

最近は量を食べることでできるだけ控えているので、
食べ比べしたいとは思いつつも今回は避けましたね!

食べ比べてみるともっと違いが顕著に感じられたかもです!(=゚ω゚)

関東で先行販売されたことですでに西日本でも
どのような味の変化があったかは知られてますし、
関東ほどの話題性はつかめないかもしれませんね!

この後、どのように定着していけるかも気になりますし!

まうさんのペヨング紹介記事も楽しみにしています!(`・ω・´)ゝ

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
> もっと直接的に甘さを増したのかと思いましたが、
> そうではないですね!
おっと、これは意外でしたね。

> 写真を撮る際はキャベツにソースがかからないようにするので、
> 普通に作るときよりも麺に絡むソースの量が多少多くなるので、
> それが「ペヤング」により近く感じさせた可能性があるのですよね!
ココは自分も同じだと思うので、なおさら意外でした(笑)

でも同じ商品で違うニュアンスが聞けると面白いです!

かーとさんとは特に普段から自分の感想も似てますしw
この記事を読んで、ある種の新鮮味を感じましたよ(笑)

自分は本家のソースよりも甘味を強く感じたので、
けっこうオリジナルとは違う雰囲気を感じたんですよね。

(それが好みだったんですけどw)

個人的には好印象な廉価版でした!(本家より好きw)
takaさん、こんばんは!

あれ、takaさんはペヨングに対して好意的だったので、
味の違いもそれほど強くは感じなかったと思ってました!

「けっこう甘く感じたけど気に入った」という感じだったのですね!

食べる前はかなり甘めかなと予想していたのですが、
食べてみると後入れスパイスが上手く効いていたり、
ウスターソースらしい酸味が意外と際立っていたり、
後半に関してはちょっと甘めな面も出てきましたが、
特に気になるような甘さは特になかったのですよね!(●・ω・)

もしかすると、甘さそのものが増えたというよりも、
シャープな要素がところどころ薄れたことによって、
甘さが際立ちやすくなったというところなのかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.