5/16発売 ご当地最前線 新潟燕三条系 煮干背脂しょうゆラーメン

5/16発売のエースコックからの新作である
「ご当地最前線 新潟燕三条系 煮干背脂しょうゆラーメン」
を食べました!

5/16発売 ご当地最前線 新潟燕三条系 煮干背脂しょうゆラーメン

エースコックで新潟の「燕三条系」のラーメンというと、
ファミマ専売のノンフライ麺のどんぶり型が有名ですね!

エースコックはもともと背脂に関しては非常に強いですし、
縦型カップになっても安定感の高さは期待できそうですね!

ちなみにこの商品はファミマ以外でも普通に扱われています!(*゚ー゚)

5/16発売 ご当地最前線 新潟燕三条系 煮干背脂しょうゆラーメン(内容物)

中には例によって粉まみれになった袋が入っていますが、
「燕三条系」ということで、これは間違いなく背脂でしょう!

縦型でもちゃんと別途で背脂の袋がつくのはうれしいですね!

5/16発売 ご当地最前線 新潟燕三条系 煮干背脂しょうゆラーメン(できあがり)

ラストに後入れの背脂をどさっと入れると完成となります!

まずはスープですが・・・エースコックらしい安定感がありますね!(`・ω・´)

このシリーズの前作である「ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺」は、
かなりギミックに頼った鶏白湯とは少々呼びがたいスープでしたが、
今回のカップ麺ではそうしたギミック的な要素は全く感じさせず、
煮干を軸にしたスープと背脂による甘みとコクが生きています!

燕三条系はベースのスープに関しては動物系より煮干が主役なので、
そうした構成ならではのストレートな煮干感が特徴なのですよね!

このカップ麺ではどんぶり型と同様にその良さがちゃんとあります!

そして動物系のコクなどの要素は主に背脂によって担われています!

エースコックの背脂は他社と比べてもその完成度は非常に高いですし、
今回の風味、質感ともに非常にクオリティの高さを感じさせてくれます!

スープの方向性は基本的にはどんぶり型とほぼ同じになっているので、
どんぶり型が持っていた良さを縦型でも再現したとも言えそうですね!

スープの原材料は豚脂、鶏・豚エキス、食塩、植物油脂、しょうゆ、
魚介エキス、砂糖、香辛料、オニオンパウダー、酵母エキスなどです!

原材料の並びで見ると煮干の要素(魚介エキス)はあまり前にないですが、
風味の面ではこの並び順以上にしっかりと感じ取ることができます!

また「燕三条系」ということで玉ねぎの要素も入っていますね!
エースコックはもともとオニオンパウダーをよく使いますが!(=゚ω゚)

麺はかなりがっしりとした太めの油揚げ麺となっています!

食感については「スーパーカップ」のカドメンにけっこう近く、
噛んだ瞬間にがしっとした力強さを感じさせてくれます!

どんぶり型では厚みが薄めの平打ち麺が使われていますが、
それと比較すると麺の個性はけっこう大幅に違ってますね!

おそらく実際の燕三条系の麺はこの中間あたりなのでしょうね!
こちらはちょっと食感の主張が強すぎるといった感もあります!

風味としてはどちらかと言えば油揚げ麺臭は控えめなのですが、
それでもやはりノンフライ麺よりはスープを多少マスクしますね!(*゚◇゚)

麺の量は70gで、カロリーは392kcalとなっています!
脂質は14.3gで、背脂が入っている割には意外と低いです!

カロリーについても400kcalを切ってるのはありがたいですね!

具は玉ねぎ、鶏そぼろ、なると、メンマ、ねぎとなっています!

具の主役は何と言っても玉ねぎで、そのシャリッとした食感や
玉ねぎらしい香味が「燕三条系」らしさを後押ししてくれます!

「燕三条系」で絶対に欠かせない具材がこの玉ねぎですからね!

鶏そぼろはスポンジ系のものではなく、ちゃんと味があります!

普通は「燕三条系」のラーメンにそぼろは入ったりしませんが、
肉感を多少なりとも与えてくれているのはありがたいですね!

メンマやなるとはごく普通の縦型向けの具材といった感じです!

ノンフライ麺と油揚げ麺ということで多少の違いはありながらも、
ストレートに風味を届かせる煮干に背脂のコクが上手く合わさり、
どんぶり型が持っていた良さを生かすことに成功していました!

安定感という点で言えばどんぶり型のほうが上ではありますが、
こちらはこちらで十分に安心して手に取れる仕上がりでしたね!(゚x/)モキュー

【関連記事】
ご当地最前線 新潟燕三条系 煮干背脂しょうゆラーメン
ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺
ご当地最前線 久留米ど豚骨ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
このブランドは基本的に印象が良くないんですけど、
> スープの方向性は基本的にはどんぶり型とほぼ同じになっているので、
> どんぶり型が持っていた良さを縦型でも再現したとも言えそうですね!
ということは、少しは期待しても大丈夫な感じでしょうか。

パパのところでは印象が薄いと書いてあったので
自分の場合どう感じるのか楽しみだったりするんですよね!

2人の感想に多少の温度差があるときは特に(笑)

そういった意味では新商品の紹介が遅い
自分ならではの楽しみと言えるかもしれません!(親指ビシイッ)
なんかヘンにまとまった製品でしたよね、これ。
あの京都の製品の外しっぷりから考えてもうちょっと暴れた内容に
なっているのかなと思ってました。

たしかにどんぶり型の本格感、
この縦型カップのカジュアル感、
とちゃんとコンセプトの棲み分けもできていてヘンに優等生ww

そういう意味ではなかなか美味しかったが意外な一品です。
takaさん、こんにちは!

この商品に関しては「優等生的な内容」という点では
自分とたういさんの感想はけっこう似てると思いますよ!

そこを「やや物足りない」と取るとたういさんの感想に近くなり、
「安心できる」と取ると自分の感想に近くなるという感じですかね!

なので、クオリティに関しては十分なものはありますよ!(=゚ω゚)

ただ、もともとどんぶり型のノンフライでも展開されていた味なので、
驚きは特にないですし、良くも悪くも予想通りの内容ではありました!

そういうこともあって、味の想像はかなりしやすいかもです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんにちは!

京都のときのイメージとは大きく変わってましたよね!

何となく京都のときにちょっとやってしまった感があったので、
今回は安全策を取ってきたのかなというような印象も持ちました!

エースコックにとって「燕三条系」はノウハウもありますし、
ご当地ものでもあるので、そうした役割にはうってつけですし!(=゚ω゚)

なので、多くの人に「このシリーズは今後手に取ってもいいかも」
と思わせるだけの力はあったように思いますね!

カップ麺フリークからするとオーソドックスすぎたりもしましたが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.