綿麺 フライデーナイト Part109 (16/5/13) 豚足つけ麺

5月第2週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!(`・ω・´)

春になると綿麺の入口近くにいつもつばめがやってくるのですが、
今年は入口の向かって左と右の両側につばめがやってきていて、
それぞれの巣に元気につばめ達が行ったり来たりしていました!

今年は向かって左側にもフンをカバーするものが取り付けられてました!

もともとは向かって右側にしかつばめの巣は作られてなかったので、
落ちてくるフンを受ける器も右側にしかつけてなかったのですよね!

でも今年から両側に設置されたことでより待ち時間も安全になりました!

これから当分の間は綿麺に行くたびにつばめさんを楽しめそうです!(=゚ω゚)

さて、今回の限定メニューは「豚足つけ麺」とのことでございます!

それにしても豚足を取り入れて来たのにはちょっと驚きましたね!

豚足って先入観で抵抗を持ってしまう人も多い素材ですし、
そうした素材はこれまではあまり使ってなかったですからね!

でも豚足と言うと「カドヤ食堂」さんでは定番の素材ですし、
「坊也哲」の「醤油馬鹿つけ麺」などでも使われているなど、
実際はつけ麺と非常に相性のいい素材ではあるのですよね!

とはいえ、自分は豚足を食べた機会は過去に一度しかなく、
それが「坊也哲」の「醤油馬鹿つけ麺」だったりしますが;

でも、そのおかげで豚足へのイメージもずいぶん良くなりましたが!

果たして綿麺はその「豚足」をどのように活用してきたのでしょう!

綿麺 フライデーナイト Part109 (16/5/13) 豚足つけ麺

麺の上には綿麺の看板の一つでもあるレアチャーシューがたくさん乗り、
他にも斜めにカットされた青ねぎとメンマがけっこう多く乗っています!

今回はあえて麺からですが・・・うん、綿麺らしいむっちり麺です!(●・ω・)

表面は硬さを感じさせずに、噛むとむちっとした力強い押し返しを見せ、
それと同時にほんのりとした小麦由来の甘さが広がる麺となってます!

綿麺というとレギュラーのつけ麺の全粒粉麺の印象が強いですが、
こちらのフライデーナイト向けの麺も負けないものがありますね!

特にこちらの麺は様々なタイプのつけ汁といい相性を見せますし!

トッピングのレアチャーシューは見た目以上に多く乗せられていて、
ちゃんと数えてはないですがおそらく7枚ぐらいあったと思います!

綿麺のレアチャーシューは食にが硬さがなく非常にきれいにほぐれ、
味付もそのまま食べてもちょうど良く、かつつけ汁につけても良く、
さらにクセがなくレア感が強すぎないのも自分にはいいのですよね!(*゚ー゚)

レアチャーシューって最近はいろんなお店で見るようになりましたが、
これだけ誰にでも好まれる力のあるレアチャーは他にあまりないですね!

メンマはほんのりと甘めに炊かれたご飯に乗せても合いそうな味わいです!

綿麺のメンマはフライデーナイトの際にちょくちょく登場しますが、
発酵感を打ち出すよりもお惣菜のような優しい味わいなのですよね!

食べていて安心感を与えてくれるような、そんなメンマとなっています!

そして青ねぎはけっこう多めで、辛味もそこそこ立てられています!
これをときどき麺に絡めながら食べることでアクセントが効きます!

綿麺 フライデーナイト Part109 (16/5/13) 豚足つけ麺(具のアップ)

ここで主役のつけ汁ですが・・・なんと豚足が一つ入っています!

おそらく具として豚足も入ってくるだろうとは思ってましたが、
まさか豚足が一つそのまま入ってくるとは思いませんでした!(゚◇゚)

一つのつけ汁につき、こんなふうに豚足が一つ入ることを考えると、
この日の提供予定数の分だけの豚足を仕入れたことは確実ですね!

今回はスープのほうも豚足(と豚骨)を使って取られているので、
スープに使われた豚足の数というのもかなりのものになりますね!

そのスープの味ですが・・・あぁなるほど、これが豚足の味なのですね!(`・ω・)+

これはまさにゼラチン質の多い肉で取ったスープならではの旨味ですね!
スープを冷やすとおそらく煮こごりのように固まるのではないかと思います!

肉の種別は違うものの、牛すじを炊いたときなどもこういうゼラチン質の
多い部位ならではのコクや旨味というのを感じたりすることができますね!

これまで豚足という部位についてのイメージがあまりなかったですが、
このつけ汁を食べたことでその特性がはっきりと見えてきましたね!

そしてここに魚介の旨味を加え、醤油ダレによって深みを加えて、
仕上げに酸味によって引き締めるといったつけ汁になっていますが、
この節系による和風の旨味と豚足のコクが上手くかみ合ってますね!

「このスープでおでんみたいに大根とか炊いたらおいしそう」みたいな
そんなイメージがこのつけ汁を味わっていると自然と湧いてきましたね!

ところで今回は開店してすぐの頃に醤油ダレが入っていると思われる器を
ご主人がハンドミキサーを使って何やらまぜていたみたいなのですよね!

つけ汁に入っている豚足は醤油系のタレでしっかりと炊かれてましたが、
この煮汁もまた当然ながらこのつけ汁に生かされているはずなのですよね!(*・ω・)

とすると、おそらくあの醤油ダレは豚足の煮汁から作られたもののはずで、
煮こごりのように固まっていたのでハンドミキサーでほぐしたのでしょうね!

そう考えると、今回のつけ汁はベースのスープが豚足由来なだけでなく、
タレも豚足ベースということでWで豚足が使われていたのでしょうね!

そしてそうやって炊いた豚足も具材としてしっかり生かされているわけです!

その具材としての豚足ですが・・・ゼラチン質がたまらないですね!(=゚ω゚)

とろっとほどけるぐらいにやわらかく炊かれていることもあり、
箸で簡単に切れますし、骨から肉をはがすのも実に手軽です!

そして食べてみるとゼラチン質ならではのプルリとした食感に
じっくりと味の染みた肉の旨さが口の中へと広がってきます!

牛のすじ肉などと比べると風味も非常にすっきりとしていて、
ゼラチン質ならではの旨さをよりダイレクトに楽しめますね!

こうして食べるとおでんに入れる人がいるのもよくわかりますね!

ベースのスープからタレ、そして具材に至るまで豚足が生きていて、
つけ麺としておいしいのと同時に豚足の旨さも知ることができました!

それにしても今年のフライデーナイトは意欲的なメニューが多いですね!
これまで以上にこうして毎回足を運ぶのが楽しみになってきます!

豚足ならではの旨さをあらゆる面から堪能できるつけ麺でした!(゚x/)モッキュ

[メニュー]
綿麺 券売機

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 
関係ないですが、綿麺の近所のヤマザキデイリーのカレーパンは激ウマですね!

超お気に入りです。
冷めてもカリカリ食感♪

綿麺側のお店品切れだと、中学校寄りのもう一方のお店に行きますww
13日のフライデーナイトですなw

たしか去年もツバメに触れてましたよね?
自分としては、その印象が強く残っているようです。

つけ麺と豚足って実は相性が良いみたいですね!

もともと自分は豚足が好きなので、素直に気になったのですが、
なんとワイルドに豚足が一足丸ごと入っているとは・・・(笑)

豚足はコラーゲンの塊みたいなイメージですけど
それを体感できるスープになっているようですし!

そのメインの豚足もバッチリみたいなので、
単純に芋焼酎のアテとして食べてみたくもあります(笑)
たういさん、こんにちは!

>綿麺の近所のヤマザキデイリーのカレーパンは激ウマですね!

なぜか綿麺近くのデイリーヤマザキの話題が・・・笑

あのデイリーヤマザキにはたまに寄るのですが、
これまであそこでパンを購入したことはないですね;

ただ、中学校寄りのほうにあるもう一つの店舗とともに
ヤマザキパンの工場のすぐそばにあるお店ということもあって、
自家製のパンのクオリティも他のお店より高いのでしょうね!

そういうメリットがあるからこそ近くに2店舗もあるのでしょうし!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

おぉ、そういえばちょうど13日の金曜日でしたね!
Black Sabbath日和(?)でしたが聴き損ねました笑

ツバメに関してはここ数年毎回触れてるように思います!

綿麺へはいつも開店30分くらい前に到着するのですが、
この時期になるとツバメが巣を出たり入ったりするので、
それを見ながら待ち時間を過ごすのが定番になってます!

ツバメさんたちのおかげで退屈せずに待てますしね!(●・ω・)

豚足が具としても入るとは予想はしていたのですが、
1人1個って、かなりの量の豚足を炊いたのでしょうね!

そしてその際のスープもしっかりとつけ汁に生きていて、
具の豚骨もホロホロでプリプリと十分に楽しめました!

これなら豚足未経験の人でも楽しめたでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.