5/2発売 にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば

5/2発売のエースコックからの新作、
「にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば」
を食べました!

5/2発売 にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば

エースコックが年に1回ぐらいのペースで発売している
ラーメンと汁なしの2種類の食べ方ができる商品ですね!

今回は台湾ラーメンと台湾まぜそばの2種類となっています!(*゚ー゚)

2WAY系でもで台湾系が登場してきたあたり、ここ2年ほどの
台湾まぜそばブームの影響を感じ取ることができますね!

5/2発売 にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、後入れスパイスとなっています!

昨年はラーメンのときだけ粉末と液体の両方のスープを使って、
まぜそばのときは液体スープのみという仕様になってましたが、
今年はどちらも使うものは完全に共通させた形になっています!

5/2発売 にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば(できあがり:台湾ラーメン)

今回はまず最初に「台湾ラーメン」として食べてみました!
画像を見てもわかるとおり、お湯の量はけっこう少なめです!

そういう仕様でないと、まぜそばの際に味が濃くなりすぎるのでしょう!

まずはスパイスのかかっていない部分だけを食べてみます!

その味ですが・・・非常にオーソドックスな台湾ラーメンですね!(=゚ω゚)

動物系をベースににんにくなどの香味野菜を効かせたスープで、
台湾ラーメンらしいシャープさのある醤油スープとなっています!

また、表面のラー油はけっこう多めに加えられていますね!

辛さはラー油だけでなく豆板醤による部分もけっこう大きいので、
豆板醤の持つ風味によって全体の鋭さがより高められています!

次にスパイスをまぜてみると・・・あ、これは魚粉なのですね!

スパイスと書いてあるので花椒などの香辛料かと思いきや、
どうも台湾まぜそば向けの魚粉となっているようです!

普通は台湾ラーメンには魚介の旨味はあまり加えないので、
魚粉が入ることによって全体の味に広がりは出るのですが、
一方で台湾ラーメンらしい鋭さが少し減退する面もありますね!

なので、スープの鋭さを緩和して旨味を強めたい場合は入れて、
シャープな風味を楽しみたいときは入れないほうがいいかもです!

ちょっと自分としては魚粉の存在は蛇足に感じてしまいましたし!

台湾ラーメンと台湾まぜそばって共通する面も多くありますが、
魚介系の旨味の有無という点だけは全く違っていますからね!(*゚◇゚)

スープの原材料は植物油脂、しょうゆ、鶏・豚エキス、糖類、
香辛料、発酵調味料、食塩、香味油、魚介パウダー、
オニオンエキス、酵母エキスといった組み合わせになっています!

麺はエースコックが得意とする太めの多加水麺となっています!

この麺は今も変わらず素晴らしいクオリティを見せてくれますね!

プリッとした弾力を持ちつつ、同時にもっちり感も楽しむことができ、
なおかつ麺の風味にも自然な甘みがあってその完成度は実に高いです!

麺の量は80gで、カロリーは415kcalとなっています!
脂質は12.7gで、そこそこ標準的と言っていい数字ですね!

具は鶏・豚そぼろ、ニラ、輪切り唐辛子となっています!

ニラは質・量ともに普通ですが、台湾ラーメンらしさは高めてますね!
輪切り唐辛子はかなり多く入っていて、いいアクセントになっています!

そしてそぼろですが・・・またあのスポンジそぼろじゃないですか(;・ω・)

同日発売のスーパーカップのそぼろが改良されていたので、
もうこのそぼろに出会う機会が減ったと思い込んでましたが、
そうした甘い幻想はほんの2日後に見事に叩き壊されました!

量がかなり多く、量を増やすためにこのそぼろにしたのでしょうが、
これなら量は半分でいいので改良されたそぼろにしてほしかったです;

このそぼろが大量に入っていても全然うれしいとは思えないですし;

5/2発売 にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば(できあがり:台湾まぜそば)

そしてこちらは「台湾まぜそば」として作ったバージョンです!
2種類の食べ方ができるようにちゃんと2つ購入しました!

ちなみに今回はそぼろは湯戻しせず後入れで投入しました!
乾燥状態のままのほうがまだいくぶん味が感じられますからね!

さて、まずは全体の味ですが・・・おっ、なかなかいいですね!(●・ω・)

やはり台湾ラーメンと台湾まぜそばはベースが近いこともあって、
どちらに応用しても不自然さなどはほとんど感じさせませんね!

これまでの2WAY系の中では最もよくできているように思えます!

そこそこ効かされたにんにくに多めに加えられたラー油、
さらにシャープさのある醤油ダレに魚粉の旨さも加わり、
ちゃんと1つの台湾まぜそばとして完成されていますね!

なおかつ麺がおいしいのが非常に大きなポイントになってます!

この多加水麺はラーメンにしてもいいものを見せてくれますが、
汁なしのほうが質の高さがよりダイレクトに伝わってきますね!

台湾まぜそばはタレの味が強いので麺にも強さが必要ですが、
この多加水麺であればそんな要請にもきちっと応えてくれます!

ちなみにラーメンとまぜそばの両方で食べられるということで、
液体スープを全部入れると味がやや濃くなってしまいますが、
そのあたりは卵黄を自分で入れることで調整してもいいでしょう!

今回は具としてそぼろを乾燥状態のまま投入してみましたが、
硬いということはないものの食感はやはり中途半端になりますね;

ただ、味に関しては乾燥状態のままのほうが遥かに感じられます!
とはいえ、肉の風味というよりは香味野菜の風味ではありますが!

具のそぼろに関してはさすがにちょっと問題ではありましたが、
ラーメンとして食べる際に魚粉を入れるかどうかさえ考慮すれば、
それら以外の点は非常にきっちりとした作りになっていましたね!

毎年恒例の2WAYシリーズもちゃんと改良されてきていますね!(゚x/)モッキュー

【関連記事】
にたく!! 旨辛 台湾ラーメンorまぜそば
2WAYどっちーも 豚骨醤油味
2WAYどっちーも 鶏ガラ中華味
2WAY 担担麺

[今週の1曲]
今週も先週に続いてゴリゴリのヘヴィな曲をお届けします!
このところ激しい曲やヘヴィな曲を体が欲してるのですよね!

今回は90年代ヘヴィロックを語るうえで欠かせない存在であるPanteraです!

自分としては90年代のメタルやヘヴィネスを最重要視したロックのあり方を変えた
90年代初期の3つのアルバムとして考えているのがMetallicaのブラックアルバム、
Alice in Chainsの"Dirt"、そしてこのPanteraの"Vulgar Display of Power"なのですよね!
あとここに1枚加えるなら94年に出たKornのセルフタイトルあたりが来ますかね!

Metallicaが91年のブラックアルバムでそれまでのスラッシュメタルにおける
性急さを減退させるかわりにずっしりとしたヘヴィネスを打ち出したのに対し、
Panteraはそうしたヘヴィネスを取り入れると同時にスラッシュメタルの持つ
性急な攻撃性も持ち合わせているというのが大きな強みとなっていますね!

その咆哮系のヴォーカルはハードコアパンク系の攻撃性に通じるものもあり、
激しいロックの持つ重さや攻撃性を一つにまとめあげたような凄みがあります!(=゚ω゚)

今回紹介する"Mouth for War"は先に挙げたアルバムのオープニングですが、
この曲はそうした攻撃性もさることながらリフがとにかく素晴らしいですね!

この曲のギターだけを延々と20分くらい聴き続けていたくなるほどです!

メタルとして外せないリフの格好良さを中軸にしっかりと置きながら、
ロックの持つ様々な鋭さをぶち込んで一つにまとめた実に秀逸な一曲です!

この曲を聴けば五月病も一発でバシッと吹き飛ばしてくれるでしょう!(゚x/)

Pantera - Mouth for War (1992) [Groove Metal / Heavy Metal]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これ、結局冷静に判断したら台湾じゃない感じがしませんか?? (^_^;)

なんと言ったらよいかわかりませんが、
ラーメンが担担麺、まぜそばが汁なし担担麺
というほうがしっくりくるような気がします。
もっともこの境目のとってもビミョーなものかもしれませんが。

自分の個人的な台湾ラーメンのイメージは
日清の麺職人の台湾ラーメンのスープのイメージなんですよね (^_^;)
ああいうシャープでニンニク利いたスープ好きです。

そういう面でかーとさんがおっしゃる魚粉のスパイスの違和感、
よくわかります!

でも汁なし系として貴重なノンフライ麺、
それもエースコックで定評ある多加水麺の採用は評価できますね。

そぼろは・・・ww
次回の製品の動向に注目するしかないかな (^_^;)
> 2種類の食べ方ができるようにちゃんと2つ購入しました!
パパのような “同時2WAY” は普通出来ないですよねw

台湾ラーメンに魚粉は些か蛇足的に思えますが、
2WAYのコンセプト上、仕方なかったのでしょう。

別添なので故意にカットできるのは利点ですが!

自分の場合、台湾まぜそば版は卵黄必須かも…w

肉そぼろはコストの配分を知る為の
大きな指標となりそうですね…(笑)

何だったら量が⅓になってもいいので、
“まとも” な肉そぼろを使って欲しいです。


「今週の一曲」

「Pantera」じゃないですか!

ちょうど今日、車の運転中に
この曲を聴きながら走ってました(笑)
たういさん、こんにちは!

ごま要素はほとんどなかったので、
どちらかといえば台湾寄りだった気はします!

にんにくが意外と強くなかったのが気になりましたが、
ここがやや台湾ぽさを弱く感じた要因だったかもですね!

自分も食べていてもう一つパンチが欲しくなりましたし!(=゚ω゚)

ちなみにラーメンのほうは魚粉なしならシャープさが強く、
けっこうちゃんとした台湾ラーメンの味になってましたよ!

それゆえに魚粉をまぜてから少し「あぁ・・・」となりましたが!笑

今回のそぼろは期待していただけにダメージも受けましたね;
しかも今回は無駄にそぼろの量が多くなってましたし;

ほんと何なんでしょうね、このそぼろは;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

たういさんと1分違いでの投稿に笑ってしまいました!(=゚ω゚)

通知を見たときに「あれ、どちらかの人がコメントの後に、
訂正コメントなどを入れてこうなったのかな」と思っていたら、
たういさんとtakaさんがほぼ同タイミングの投稿になってました!

台湾ラーメン版の魚粉は撮影上最初に入れるとしても、
前半はわざと避けて食べ進めるのがいいかと思います!

台湾まぜそば版はソースの量の調整でもいけますが、
「はなび」以上に卵黄が欲しくなる味ではありました!

そぼろは・・・ほんと量は半分以下になってもいいので、
ちゃんと食べごたえを感じられるものを入れてほしいですね;

これじゃただ単に無駄にコストを食ってるだけの存在ですし(;゚◇゚)

◎今週の1曲
おぉ、Panteraに反応が!笑

takaさんはハードなのが好きと以前に言っていたので、
おそらくPanteraあたりは好きだろうなぁとは思ってました!

他にもいい曲はたくさんありますが、この曲のリフは最強ですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.