麺と心 7 鯛白湯そば

4月の魚介白湯の限定を求めて「麺と心 7」に行ってきました!
4月のテーマは鯛で、名前はシンプルは「鯛白湯そば」となってます!

2月から牡蠣雲丹(うに)、鯛というふうに続いてきていますが、
テーマとなる素材の流れは昨年と全く同じものとなっていますね!

ただし今年の5月は海老なので、ここで昨年とまた違いが出ます!
ちなみに昨年の5月ははまぐりで、海老は8月に登場しました!

麺と心 7 鯛白湯そば

ということで、4月限定の「鯛白湯そば」がやってきました!
これはまた見た目からして、強烈な粘度の高さが伝わってきますね!

トッピングは鯛つみれ、たけのこ、レアチャーシュー、海苔、ねぎ、
そして手前に見えている緑の野菜は水菜ではなくてわさび菜です!

このビジュアルだけだと、水菜と勘違いしてしまうかもですね!

まず鯛つみれですが、びっくりするほどに鯛そのものですね!(`・ω・´)

ごくほんのりと柚子の香りも上がってくるつみれなのですが、
それ以上に鯛そのものといった風味が上がってくるのが特徴です!

かまぼこを思わせるようなプリンとした食感にはなっておらず、
「ちょっともっちり感のある鯛の身」といった感じになってます!

レアチャーシューはこちらのお店の看板具材とも言える存在で、
ほどよくやわらかい食感とパンチの効いた風味が楽しめます!

そしてたけのこは和風だしでちょうどいい味に炊かれていて、
最後に焼き目をつけて香ばしさを出したものとなっています!

このたけのこがなかなか秀逸で、味付けもちょうどいいですし、
しかもそこそこ大きめなのに硬さがなく非常に食べやすいです!

このたけのこだけを単独で食べたくなる良さがありましたね!

そしてスープですが・・・これはもう「鯛そのもの」ですね!(●・ω・)

スープも表面にかけられた油脂も、どこを取っても完全に鯛です!
もはやそれ以外の言葉はいらないと思えるほどの鯛っぷりです!

フレッシュな鯛の旨味、焼いた鯛の香ばしい旨味、そうしたものを
全部一体化してスープに溶け込ませたような仕上がりになっていて、
それでいてクセを感じさせない食べやすい風味となっています!

鯛の旨味も強烈ですが、スープの粘度もまたそれに負けない強さで、
ドロリとしたスープがこれでもかと麺に絡みながら持ち上がってきます!

そのまま食べて鯛の旨味をひたすらストレートに味わうもよし、
ねぎやわさび菜を絡めることで刺激を加えながら食べるもよし、
後半は卓上の柚子胡椒で香りと辛さをプラスするのもアリです!

麺と心 7 鯛白湯そば(麺のアップ)

麺は中太のプリンと弾けるような食感を見せる自家製麺となっています!
この写真を見てもスープの粘度の高さがひしひしと伝わってきますね!

今回のスープは粘度も高く鯛の風味も強烈に主張してきますが、
この麺も風味・食感ともにいい主張を出してきてくれてますね!

いつもの麺以上にプリッと弾ける感触がダイレクトに伝わってきて、
どっしりとしたスープの中でもちゃんと麺の存在感が立っています!

麺と心 7 から揚げ(2016年4月)

今回はサイドメニューとしてから揚げを1個注文しました!
こちらは1個100円ぐらいで注文できるので手軽なのですね!

また最近は中央のあたりに軽く切れ目を入れて出してくれます!
これによってかぶりついて食べるのが以前より楽になっています!

こちらのから揚げは衣がサクサクで肉質もジューシーなのですが、
以前と比べて下味がよりおいしくなり、衣に胡椒などが入ることで、
ピリッとしたアクセントも加わってさらにレベルアップしました!

以前は下味が今と比べてずいぶんと控えめだったのですよね!
でも今は何もつけずに食べてちょうどいい味付けになっています!

今回はとにかくストレートすぎるほどにストレートな鯛の風味で、
あえて変化球でない剛球を投げ込んできたような旨さでした!

なので、鯛らしさを求めるなら確実に満足できるでしょうね!

どこをどう切り取っても鯛一色といった濃厚ラーメンでした!(゚x/)モッキュウ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 鯛白湯そば(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.