4/18発売 麺の至宝 汁なし担担 刀削風麺(2016年)

4/18発売のサンヨー食品「麺の至宝 汁なし担担 刀削風麺」を食べました!
サンヨー食品の「麺の至宝 刀削風麺」シリーズからの新作ですね!

昨年も「刀削風麺」の汁なし担々麺が春に発売されていますが、
今年は「担担」で昨年は「担々」と微妙に名前が変わっています!

4/18発売 麺の至宝 汁なし担担 刀削風麺(2016年)

刀削麺は麺の記事を刀で削って鍋へと飛ばして作る麺なのですが、
こうした作り方のため、麺の厚みが不規則になる特徴があります!

それを再現しようとしたのがこのサンヨー食品の「刀削風麺」ですね!

4/18発売 麺の至宝 汁なし担担 刀削風麺(2016年)(内容物)

内容物は粉末スープと液体スープという構成になっています!
かやくについてはあらかじめ麺の下などに入れられていますね!

昨年は麺の戻りが悪く、がしがしとした食感になってしまったので、
今回は規定の時間よりほんの少し長めに待ってみることにしました!

4/18発売 麺の至宝 汁なし担担 刀削風麺(2016年)(できあがり)

液体スープを軽くまぜてから粉末スープをしっかりとまぜて完成です!

まずは麺ですが・・・おっ、これは間違いなく昨年よりもいいですね!(`・ω・´)

昨年の第1弾商品である「汁なし担々麺」では次のような感じで、
麺の厚みに不規則性を持たせるという手法を取っていました!

薄薄厚厚薄薄厚厚薄薄厚厚薄薄厚厚
薄薄厚厚薄薄厚厚薄薄厚厚薄薄厚厚

麺の先端から奥にかけて長さがだんだん変わっていく形ですね!

ただ厚みにバラツキがありすぎたせいか、昨年の「汁なし担々麺」は
麺の戻りが悪く、また食感の変化もあまり強く感じられませんでした;

しかし、冬に出たラーメン版では次のような麺に改良されました!

薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄薄
厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚厚

麺の左側と右側で厚みが徐々に変化するといった感じですね!

こうすることで麺をすすったときにすぐに厚みの変化が感じ取れ、
また麺の戻りの悪さという点も大幅に解消することができました!

今回の「汁なし担担麺」ではこちらの麺が採用されています!

それによって弱点もなくなり、食感の面白さも大きく増すなど、
昨年とほぼ同じ商品名ながら全く違った良さが実現されています!

なので、昨年の麺が不満だった人も手に取る価値がありますね!(●・ω・)

厚みの違いがによってもっちり感とごわごわ感が共存するので、
ごわっとした食感を弱めたい場合は湯戻し時間を少し長めに、
両者のコントラストをより楽しむ場合は規定通りがいいでしょう!

麺の量は100gで、カロリーは628kcalとなっています!
脂質は28.8gで、麺量を考慮してもかなり高めとなってますね!

担担麺の場合はどうしてもごまのカロリーが入ってきますからね!

そして全体の味ですが・・・おぉ、ごまも花椒もよく効いてますね!

この味についてはどうも昨年と大きくは変わってないようですね!
昨年の記事を見ると、昨年もかなり刺激的な内容だったようですし!

ベースである豚の風味も豚脂を中心として十分な厚みがあり、
練りごまもなかなか効いていて、そして花椒も刺激も強めと、
食べやすい汁なし担担麺を求めると面食らうほどの強さです!

自分としては担担麺には厚みと刺激を求めたくなるので、
ビシッと花椒の効いたこの風味には満足度が高いですね!

さすがにこの前のどん兵衛ほど刺激が強いわけではないですが、
それに次ぐぐらいの刺激は十分に感じることができますね!(=゚ω゚)

タレの原材料は糖類、みそ、豚脂、植物油脂、ポークエキス、香辛料、
食塩、デキストリン、香味食用油、ねりごま、しょうゆ、豆板醤、醸造酢、
チキンエキス、ねぎ、酵母エキス、発酵調味料という構成になっています!

豚系を中心に味噌、醤油、豆板醤、お酢といろいろそろってますね!

具は鶏・豚そぼろ、チンゲン菜、細かい青ねぎとなっています!

青ねぎは粉末スープの中に一緒に入っているもので、
具というよりは麺に絡んで風味を加える役割ですね!

そぼろは量が多く、味もなかなかのワイルドさを持っていて、
麺と絡めて食べても、単独で食べても十分な旨さがあります!

こうしたひき肉系の具材は担担麺にはやはり必須ですしね!

そしてチンゲン菜ですが、これがまた大ぶりで量の多いのですよね!(*゚◇゚)

茎の部分も太めで、葉も1枚1枚が大きめのものとなっていて、
カップ麺のチンゲン菜としてはかなり優れた内容と言えます!

ひき肉もチンゲン菜も質・量ともに非常にしっかりしてますね!
これだけの具材がそろっていると全体の満足度も上がります!

改良されたことでより食感を楽しめるようになった刀削風麺に、
汁なし担担麺としてのポイントをしっかり押さえた刺激的なタレ、
さらに充実した具材と、弱点らしい弱点が見当たらない内容で、
カップ麺の汁なし担担麺としての総合力もかなりのものがあります!

これは自分としても買いだめコースになる可能性がありますね!
ドンキなどに流れてきてやや価格が下がってからではありますが!

麺の食感の面白さを求めて変り種的に購入してみるのもいいですし、
純粋に一つの汁なし担担麺として購入しても満足できるでしょう!

そして今後のこのシリーズに対してもさらに期待が高まりますね!

昨年冬のラーメン版を食べた際に、この新たに改良された麺を使って、
再び汁なしを作ってほしいと思ってましたが、それが叶いましたね!

麺が改良されたことで旨さが数段増した汁なし担担麺でした!(゚x/)モッキュルー

【関連記事】
麺の至宝 汁なし担担 刀削風麺(2016年)
麺の至宝 とろみ塩 刀削風麺
麺の至宝 とろみ醤油 刀削風麺
麺の至宝 汁なし担々 刀削風麺(2015年)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
なかなか刀削麺をカップ麺で再現するには難しいです。
どうしても「煮こまない・茹でない」カップ麺の弱点が露わになります。
でも去年のあの酷い麺の湯戻り状態は完全されているみたいですね。
なにしろ去年の麺の酷さは今でも記憶に残るレベルですからww

味は去年並のあのシビ辛の刺激系ですか!
この味、なかなか特徴あって美味しかったです。
たういさん、こんにちは!

たういさんのブログ内をちょっと検索してみたのですが、
たういさんは冬のラーメン版はスルーされたのですね!

そのラーメン版の際に麺がかなり改良されていたので、
今回は昨年のものとは別商品と見てしまっていいですよ!(●・ω・)

昨年のは規定時間だけ待っても完全にごわごわの麺で、
食感の変化を楽しむどころではなかったですからね;

それでも気になるなら時間をやや長めにしてもいいかもです!

タレについては昨年同様になかなかの本格感がありますし、
麺の改良もされたことで完成度が一気に高まりましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ほぼリニューアルに近い商品だと思うんですけど
麺のバージョンアップは非常に好感が持てますね!

やはり冬のラーメンが布石となっていましたか…

もともと味付の方は完成形にあったと思うので
麺のリニューアルで価値が数段跳ね上がった印象です!

スルーしようかと思ったんですけど、
これは食べる価値がありそうですね。
takaさん、こんにちは!

前回のこの商品はとにかく麺がネックだったので、
麺が変わるというのは大きな印象を違いを生みましたね!

ラーメン版発売時に汁なし版の再登場に期待もしましたが、
まさにそれに応えてくれる見事な内容になっていました!(=゚ω゚)

でもって、味付けがしっかりしてるのがいいのですよね!

昨年は味に満足しつつも麺のごわごわ感と戦いましたが、
今回は麺の改良のおかげで味も素直に楽しめましたし!

これはスルーするにはちょっともったいないかもです!
麺の改良で印象がどう変わったかをぜひ試してみてください!(゚◇゚)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.