3/14発売 デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付

3/14発売の日清「デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付」を食べました!
以前からあった「でかやき」のリニューアル発売と見ていいですね!

普段はこうした廉価系の商品はあまり紹介しないのですが、
この「デカヤキ」は前身の「でかやき」の頃から好きなので、
どのような変化があったのか記事にしたかったのですよね!

3/14発売 デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付

以前の「でかやき」に比べてデザインがシャープになりましたね!
からしマヨネーズが付いている点などは以前と同じですね!

3/14発売 デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付(内容物)

内容物は粉末ソースとからしマヨネーズとなっています!
このあたりの構成も「でかやき」と特に変わっていません!

3/14発売 デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付(できあがり)

いかにも廉価系らしいシンプルなビジュアルですね!

まずはその味ですが・・・おっ、ちょっと味が変わってますね!(●・ω・)

粉末ソースらしいシャープな味わいである基本線は同じですが、
以前と比べてよりスパイシーさが増したように思われます!

それと同時に以前よりもいくぶん甘さが抑えられていますね!

それによって「日清焼そば」にちょっと近づいたとも言えますね!
以前は「日清焼そば」よりは多少ソフトな印象の味でしたので!

自分はこれまでのスパイシーかつソフトな風味も好きでしたが、
今回のスパイス感を高めたソースはより好みに合っていますね!

「日清焼そば」の味が好きであればこちらも気に入ると思われます!

この焼そばにはからしマヨネーズが付属されてはいるのですが、
ソースだけでも十分に楽しめる水準なのがいいのですよね!(=゚ω゚)

そしてここにからしマヨネーズを絡めるとまろやかな風味になります!

スパイシーな粉末ソースとマヨネーズのまろやかさが合わさることで、
強すぎず丸すぎない、ちょうどいいラインになってくれるのですよね!

ソースのみで少し食べてから、今度はマヨをかけて食べるというふうに、
味に変化をつけながら食べると最後まで飽きずに食べることができます!

ソースとからしマヨの相互補完的な役割は今回も生きていますね!

ソースの原材料は糖類、食塩、ソース、デキストリン、小麦粉、
香辛料、醤油、香味油などといった組み合わせになっています!

以前のバージョンは初期の頃はソースに魚粉が入ってましたが、
リニューアル直前のバージョンだと魚粉はすでに外されていて、
原材料の並びも含めて新バージョンと同じになっていましたね!

なので、今回のリニューアルで急に味が変わったというよりは、
徐々に変化してきていたというふうに考えてよさそうです!(*゚ー゚)

それでもやはりスパイシーさは強まったとは思われますが!

麺はけっこう細めのオーソドックスな油揚げ麺となっています!

UFOなどに使われているような高級感のある麺とは違って、
プリッとした質感はあるもののごく普通の油揚げ麺ですね!

ただ、クセがないのでこの麺もまた非常に食べやすいのですよね!
量を食べるうえではこれぐらいオーソドックスでちょうどいいです!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは703kcalとかなり高いです!
脂質は29.4gで、どうもからしマヨの存在が効いてるようですね!

具は廉価系の商品らしくキャベツのみとなっています!

具についてはこれといって特筆すべきことはないですね!

「日清焼そば」を連想させるスパイシーなソースが大きな特徴で、
日清の粉末ソース系の良さがしっかりと生かされていました!

また粉末ソースなので油脂感が控えめなので量が食べやすく、
そういった点でも非常にいい大盛商品となっていますね!

スーパーでは東洋水産の「ごつ盛り」とライバルになってますが、
自分は粉末ソース好きということもあってこちらが好きですね!(`・ω・)+

「大盛系と言えばまずはこの焼そば」というぐらいに定着してます!

それに何と言ってもこのサイズで100円ぐらいなのがいいのですよね!
リニューアルされた今後も定期的にお世話になると思います!

「日清焼そば」の味が好きな人なら十分にオススメできますね!(゚x/)モッキュルン

【関連記事】
デカヤキ ガリマヨ焼そばソース味
デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付
でかやき大盛 コク塩焼そば
でかやき大盛 鉄板マヨのソース焼そば

[今週の1曲]
今週はちゃんと忘れずに「今週の1曲」をお届けいたします!

さて、先週は新年度にもかかわらずかなりどんよりとしてましたが、
今週もまたけっこう暗めの曲のチョイスとなってしまいました(;゚ω゚)

今週に関しては明るい曲を選んでも別にかまわなかったのですが、
どことなくもう一つ陰を感じる曲を選びたくなったのですよね!

もともと先週のもう一つの候補として暗めのポストパンク系の曲を
挙げるアイデアがあったので、それを今回は実現することにしました!

今週選んだのはNew Orderのデビュー曲である"Ceremony"です!(●・ω・)

New Orderというとそこまで暗いイメージのバンドではないですが、
もともとJoy Divisionのイアン・カーティスの自殺を受けて、
残されたメンバーが結成したという物悲しい経緯があるのですよね。

そしてこの"Ceremony"はJoy Division時代に書かれた曲ということで、
多少の透明感のある明るさとともに深い陰ももまた見えるのですよね。

初期の楽曲はこの曲に限らずダークなものが非常に多いですしね。

この時期のNew Orderはダンサブルな要素はそれほど強くはなく、
ポストパンクらしい「無機的なパンク」的な音となっています!

歌詞はイアン・カーティスが書いたものですが、意味が取りにくく、
全体としてどういったテーマなのかはちょっとわかりにくいです。

Joy Divisionとしての最後期にあたる曲ということは、
カーティスが死を選ぶ少し前の曲でもあるということなので、
もしかするとそういうテーマも忍ばされているかもしれません。

というわけで、2週連続でどんよりとしたムードでお届けしました!(゚x/)

※曲のタイトルをクリックすると歌詞ページに飛ぶことができます

New Order - Ceremony (1981) [Post-Punk]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
自分も「ごつ盛り」より「でかやき」派です!

袋麺にも言える事ですけど、
日清食品の粉末ソースって独特ですし、
あの “ならでは” 感が落ち着くんですよね。

ちょっとずつ進化しているようですが、
方向性は見失っていないようで安心しました。


「今週の1曲」

こういった雰囲気の曲も大好きです!

“無機的なパンク” なるほど…_φ(. .*)

どんより系との事ですが
リズムとしては明るい面も見えますよね?

そのギャップが印象的でした。
takaさん、こんばんは!

粉末ソースというと、3食入り生麺タイプの商品でよく見ますが、
日清の粉末はそれらともまた違った魅力を持ってるのですよね!

特に今回のリニューアルで「日清焼そば」により近づいたので、
その「日清の粉末らしさ」がより楽しめるようになりましたね!(●・ω・)

その個性って間違いなく日清の大きな強みの一つですし、
廉価系ながらもその強みが生かされているのはいいですね!

この焼そばには今後もちょくちょくお世話になると思います!
「大盛だけどあまり重くない」というのも大きいですしね!

◎今週の1曲
ポストパンクってシンセを多用するものが多かったりして、
パンク好きの人でも意外と敷居が高かったりもしますが、
根幹にあるのは「無機的なパンク」といったスタイルなので、
その視点でとらえてみるととっつきやすくもなるのですよね!

初期のNew Orderはポストパンク系の中でも明るさを持ちつつも、
どこか乾いた冷たさが底のあたりを流れてる感があるのですよね!

内部で光を反射させているような透明感のあるサウンドでありながら、
触れるとすぐに壊れそうなガラス細工のような脆さも内包している、
このバンドの持つそういう部分にものすごく惹かれるものがありますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.