3/21発売 佐野実 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨

3/21発売の明星「佐野実 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨」を食べました!
2004年に佐野さんが一度だけ作ったラーメンを再現したカップ麺です!

3/21発売 佐野実 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨

明星と佐野さんのコラボは佐野さんが他界されてからは初めてですね!

他界された方とのコラボ商品の発表には賛否両論もあるでしょうが、
カップ麺化を通じて佐野さんの味が伝わることにも繋がりますし、
再びコラボ商品が登場してくれたことは素直に喜びたいですね!(*゚ー゚)

しかしどうして急にコラボ商品が出たのかなと思っていましたが、
どうも創業30周年を迎える「支那そばや」が限定メニューとして
2004年に作った豚骨を一時的に復活させる企画と連動してるようです!

とすると、今後のコラボもこういう形式が増えてくるかもですね!

3/21発売 佐野実 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨(内容物)

それにしても佐野さんと豚骨というのは珍しさも感じますね!
佐野さんというと、王道の清湯ラーメンという印象がありますので!

明星は豚骨に強いので、そのあたりも期待したいところです!

3/21発売 佐野実 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨(できあがり)

後入れ調味油の香りの良さが非常に際立っていますね!

まずはスープですが・・・調味油が風味の面でも生きてますね!(●・ω・)

この後入れ調味油はラードとパイナップルオイルのミックスですが、
このパイナップルによるさわやかな香りが独自の個性を立てています!

ベースの豚骨はオーソドックスなもので、そこに昆布の旨味と、
隠し味として味噌の風味が軽く加わったものとなっていますが、
これが思っていた以上にパイナップルの香りと合うのですよね!

アンバランスな感じはなく、パイナップルの持つ「味」ではなく、
あくまで「香り」が軸なので、違和感はほとんど感じさせません!

また、豚骨ラーメンというととかく重さが出がちではありますが、
この香りによって一定の重さはありつつも後口が実に軽やかです!

そういえば佐野さんって、けっこう香味油が独創的なのですよね!

以前に発売された「ぶしゅかんオイル」の塩ラーメンもそうでしたし、
素材の「香り」を最後にアクセントとして加えるのが好きなのですよね!

このあたりに佐野さんとのコラボ商品らしさを強く感じましたね!(=゚ω゚)

そして後半になるとパイナップルの香りが徐々に減退するとともに、
調味油のもう一つの要素であるラードの主張が前面に出てきます!

なので、前半はさわやかで、後半は逆に厚みのある風味となります!
こうした風味の変化が楽しめるというのもなかなか面白いですね!

スープの原材料はポークエキス、デキストリン、ラード、
パイナップルオイル、糖類、乳等を主要原料とする食品、
ポークオイル、みそ、酵母エキス、しょうゆ、香味調味料、
香辛料、昆布粉末などといった組み合わせになっています!

麺は細めでやや硬めの縮れのある油揚げ麺となっています!(*゚◇゚)

明星と佐野さんのコラボなのでノンフライ麺かと思いましたが、
今回は珍しく麺量が多めの油揚げ麺という構成できましたね!

また、麺もストレートではなく縮れのついたものとなっています!

そういえば明星は油揚げ麺でもストレート麺が得意ですが、
縦型ではストレート麺はまだ使ってなかったかもですね!

縦型の油揚げ麺ということで麺にあまり高級感はないですが、
やや食感が硬めな点は豚骨スープ向けと言えそうでしたね!

スープを立てることだけを考えるとノンフライが良かったかもですが、
麺量が多いことでこのラーメン特有の味の変化を楽しめましたし、
あえて麺量を多くできる油揚げ麺にしたメリットもありましたね!

単にコンビニで並びやすい麺のチョイスをしただけかもですが;
明星って力作なのに店頭に並べてもらえないケースが多いですからね:

麺が多めの油揚げ麺の縦型だと、並べてもらいやすそうですし!

麺の量は80gで、カロリーは483kcalとなっています!
脂質は22.6gで、けっこう高めの数字となっていますね!

ですが、パイナップルの香りのおかげで数字よりも風味は軽いです!

具はチャーシューチップ、味噌風味揚げ玉、メンマ、ねぎです!

チャーシューチップはごく普通のもので、味付けは少し甘めです!
ただ、量がそこそこ多く入っているので満足感はありますね!

ねぎは豚骨向けらしく細かいもので、メンマもいたってノーマルです!

この中でポイントとなっているのは、味噌風味の揚げ玉ですね!(`・ω・)+

モデルとなっているのは佐賀県の有田市で食べられていた
「とうこう」という醤油のもろみを揚げたものだそうです!

お店で出される豚骨ラーメンにはその「とうこう」が入りますが、
その再現ということで、この味噌風味揚げ玉が入っています!

これがなかなか良く、時折つまんだときの風味がいいのですよね!

豚骨風味だけだと後半にちょっと単調さが出てしまうところに、
この揚げ玉の味噌の風味がグッと深みをプラスしてくれます!

こういった具材の工夫の取り入れ方もまた見事だと思いましたね!

ちなみに有田市にこだわったのは、お店の器が有田焼だからだそうです!
2004年のラーメンの名前も「九州有田とんこつらぁ麺」だったそうですし!

縦型の油揚げ麺ということで、多少無骨なところも持っていますが、
パイナップルオイルのさわやかさとラードの厚みの共演であったり、
味噌風味揚げ玉などの凝った具材など、佐野さんらしい試みが見え、
一味違った豚骨ラーメンとしての良さを堪能することができました!

今後もときどき佐野さんと明星のコラボ商品を食べてみたいですね!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
佐野実 ラーメンの鬼の伝説の一杯 豚骨
佐野実監修 冬限定 塩らぁ麺
佐野実 限定醤油らぁ麺
究麺外伝 佐野実監修 香味塩らぁ麺
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
>他界された方とのコラボ商品・・・
これはエースコックの山岸さんも同じなのそれぞれ各メーカーの
2nd看板的カップ麺ですから外せないのかな・・・。

たしかに佐野さんと豚骨ってなんか珍しいですね。
そのパイナップルオイルを体験したいものです。
明星の九州系ストレート麺はさすがにタテ型カップでは
入りきらないですかね・・・ (^_^;)
たういさん、こんばんは!

エースコックと大勝軒のコラボはほんと定着してますよね!

あれだけ定着しているとやめるわけにもいかないでしょうし、
山岸さんのオープンさを考えると続く気はしていましたね!(=゚ω゚)

一方こちらは佐野さんが亡くなった後、明星の公式サイトからの
佐野さんのブログへのリンクが外されたりしたこともあって、
おそらくは継続されないのではないかなと思ってたのですよね!

なので、こうして復活されたのはちょっと驚きでもありました!

佐野さんと豚骨って、これまでの印象にないですよね!(●・ω・)

有田焼→佐賀→豚骨という発想の流れでできたみたいですが、
パイナップルオイルで変化をつけるなど、従来の豚骨とは違う
フレーバーが感じられるあたりが佐野さんらしい仕上がりですね!

明星のストレート麺はぜひとも使ってほしかったのですが、
やはり縦型にそのまま適用するのは難しいみたいですね;

ところで改めて明星のサイトへと行ってみると、
新たに佐野さん関連のページが増えていますね!
(この記事を書き上げた時点ではまだありませんでした)
http://www.myojofoods.co.jp/densetsu/

どうも今後再び隠れたレシピによるカップ麺が登場しそうです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
再度こんにちは!
リンクページ拝見しました、ありがとうございます、参考になります。
歴史まで載っていてなかなかしっかりしたページですね。
これは続編というか過去製品の再販があるかもしれませんね!
パイナップルオイルがポイントなんですね!

「味」ではなく、「香り」ですか…_φ(. .*)

パイナップル × ラーメンの組み合わせといえば、
ふと「パパパパパイン」が思い浮かんだのですが、
「パパパパパイン」はカップ麺も本店も未経験ですし、
実は佐野さんコラボのカップ麺も食べたことがないので、
今回は色々と新鮮味を感じることが出来そうな雰囲気です。

問題は手に入るかどうか・・・ですねw
たういさん、こんばんは!

今回の特設ページ、かなり気合が入ってますよね!
どうも今回1回のみで終わる感じがしないです!(●・ω・)

おそらく明星はもともと佐野さんが亡くなったことをもって、
佐野さんとのコラボを終了する予定だったように思います!

その後、佐野さんの奥さんがいろいろと活動を始めるにあたって、
再び奥さんに打診して今回の動きへと繋がったという感じで、
また新たにコラボが始まったといったほうが近いのかもですね!

とすると、今後の展開にも期待したくなってきますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんばんは!

前回の「ぶしゅかん」もそうでしたが、フルーツを使う際に
味そのものを立てるとスープへの影響がかなり強く出ますが、
オイルだと味ではなく香りが立つという形になるので、
フルーツが生きながらも邪魔にならないのがいいのですよね!

このあたりは非常によく練られた発想だなぁと思います!(●・ω・)

ちなみに佐野さんのコラボ商品の中で出色の出来だったのは、
究麺とコラボした「究麺外伝 佐野実監修 香味塩らぁ麺」ですね!

自分の中で「もちもちの木」と1位を争う唯一の存在がこれなのです!
このときも香味油の風味の効かせ方が非常に素晴らしかったのですよね!

この「香味塩らぁ麺」はぜひとももう一度復活させてほしいですね!

ちなみに今回のカップ麺は多くのコンビニで見かけますよ!
やはり佐野さんのネームバリューはかなり大きいようです!

なので、見つけるという点ではあまり心配はいらないかと!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.