3/15発売 中華そば ますたに監修 背脂醤油ラーメン

3/15発売の日清「中華そば ますたに監修 背脂醤油ラーメン」を食べました!
ローソンの限定商品で、過去にも発売されたことがある商品のようです!

中華そば ますたに監修 背脂醤油ラーメン

「ますたに」というと、京都の鶏ガラ背脂系の元祖的存在ですね!
カップ麺以上にスーパーのチルド麺コーナーでよく見かけます!

実際のお店で食べたことはまだなかったりしますが!(;゚ω゚)

中華そば ますたに監修 背脂醤油ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
カップ麺の袋の構成としてはオーソドックスな感じですね!

中華そば ますたに監修 背脂醤油ラーメン(できあがり)

多めの背脂に少し浮かぶ唐辛子がいかにも京都風ですね!

まずはスープですが・・・うん、背脂が効いてますね!(●・ω・)

基本的には鶏ガラスープをベースに背脂を加える形ですが、
スープのほうにもけっこう豚の要素を強めに感じますね!

なので、背脂が減ってきても豚系のコクがけっこう強く残り、
鶏ガラの優しい風味と背脂のコクが対比する形というよりは、
全体として鶏と豚のハイブリッド的なスープになっています!

実際のお店は両者のコントラストがもう少し強いと思いますが!

いずれにしても背脂による自然な甘みとコクが十分に楽しめ、
なおかつ鶏の旨味も感じられる京都らしい風味なのはたしかで、
こちらのお店の再現という意味でも水準は高いと言えるでしょう!

また、動物系と醤油以外の風味はこれといって強く感じられず、
シンプルにこの2つの要素に絞ったスープと言っていいですね!

歴史のあるスープはこういったシンプルなものが多いですね!(*゚ー゚)

今回は特に自分で薬味などを追加したりはしなかったですが、
一味やねぎはかなり合いそうなので、追加投入もアリでしょう!

スープの原材料は動物油脂(豚、鶏)、醤油、ポークエキス、チキンエキス、
香味油、香辛料、糖類、野菜エキス、酵母エキス、ポーク調味油などです!

これを見るに、油脂のほうにも鶏の要素が入っているのですね!
なので、油脂とスープの双方が鶏と豚のハイブリッドのようです!

麺は加水が高めの軽く縮れのついた断面の丸いノンフライの細麺です!

日清の麺で、こういったタイプの細麺は珍しい気がしますね!
麺職人の麺と比べてもちょっと細めと言っていいぐらいです!

お店の麺は比較的加水が低めの麺が使われているようですが、
どうもけっこうやわらかめに茹でられるということもあって、
低加水麺特有の食感はアピールしていないのかもしれません!

同じ京都背脂系でも「来来亭」などは低加水麺の特徴である
パツパツとした食感を生かした形で提供しているのですが、
「ますたに」はそこまで歯切れ重視ではないのでしょうね!

それであえて加水が高めに感じられる麺にしたのかもです!(*゚◇゚)

食感は歯切れの良さよりも軽くプリッとした弾力を感じさせ、
王道の中華そばを思わせるようなスタイルとなっています!

麺の量は70gで、カロリーは475kcalとなっています!
脂質は20.3gで、ノンフライ麺系にしてはかなり高いです!

やはり背脂がメインということで脂質は高くなってますね!
背脂がそれだけ生きているということでもありますが!

トッピングはチャーシュー2枚、メンマ、ねぎとなっています!

ねぎは粉末スープと同じ袋に入っている細かいもので、
あくまでスープに少し味を出すだけで存在感は薄いです!

メンマは食感は普通ですが、量はけっこう多く入っています!

チャーシューはごく薄めのものが2枚入っているのですが、
その味は日清の高級系チャーシューに近い質の高いものです!

どうしてあえて薄いものを2枚にしたのだろうと思いましたが、
「ますたに」のチャーシューはもともと薄切りのものなので、
それを再現する意味を込めてこのようにしたのでしょうね!

なるほど一つのチャーシューにもちゃんと意味があるのですね!
このあたりまで手をかける日清の姿勢はさすがと言えます!(=゚ω゚)

京都の背脂ラーメンらしいコクはしっかりと再現されていますし、
正統派の背脂ラーメンが好きな人なら十分に満足できるそうです!

それだけ背脂が生きているだけあって重さも多少はありますが、
力強いスープのラーメンを欲するときには最適と言えるでしょう!

王道の背脂ラーメンのおいしさをしっかりと堪能できました!(゚x/)モッキルー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
こんばんわ~♪
かーとさんはホンモノのお店の商品も召し上がられているのですね。
しっかり比較がわかりました!
総じてまぁまぁクオリティ的には高そうな仕上がりのよう。
スープの雰囲気がとても美味しそうです。
自分はカップ麺ではますたにさんのは食べていないですが、
なぜかアルミ鍋のチルドバージョンは食べたことあります。
昔の記事なので味覚えてないですが評価高いですね。
メーカーは同系列の日清食品チルドさん製造でした。
たういさん、こんばんは!

あぁ、実はまだ実際のお店では食べたことはないのですよ;

いつもはそのあたりを本文中で触れるようにするのですが、
今回は忘れていたのでその点を1行だけ追記しておきました!(`・ω・´)

実際のお店と比較するような表現が入っているのは、
写真や他の人がお店で食べた感想などを勘案しながら、
それと比較する形で書いたりしているためですね!

>アルミ鍋のチルドバージョンは食べたことあります。

アルミ鍋のチルドバージョンの存在は初めて知りました!

普通の生麺タイプのものはスーパーでよく見かけますが、
鍋に入ったタイプはこれまでに見た記憶がないですね!(=゚ω゚)

「ますたに」の再現版はたしかどれも日清でしたし、
おそらく味の方向性自体は全部同じなのでしょうね!

印象ではカップ麺は背脂をかなり強めに効かせている感じです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.