烈志笑魚油 麺香房 三く つけ全粒粉

福島の「烈志笑魚油 麺香房 三く」に初訪問してきました!
人気店なのに今まで一度も行ったことがなかったのですよね!

場所は以前に紹介した「らーめん小僧」さんのすぐそばです!

メニューはラーメンの「かけ」とつけ麺の「つけ」の2つが軸で、
「かけ」は魚介系、「つけ」は白湯系のスープのようです!

「かけ」とありますが、トッピングがないということではなく、
あくまでスープをかけたそばという意味で使われています!

「つけ」は全粒粉麺と北海道産麺の2つが選べるのですが、
全粒粉麺がかなり気になったのでそちらを注文しました!(*゚ー゚)

烈志笑魚油 麺香房 三く つけ全粒粉

カウンターに座ると、まずはつきだしが提供されます!
麺の茹で時間が長いのでサービスで出しているようですね!

ちなみにこのつきだしは有料ではなく無料となっています!
今回は切り干し大根とにんじんを薄味に炊いたものでした!

本当はつけ麺が届く前に食べておくべきものなのですが、
一緒に写真を撮りたかったので食べずに待っておきました!

さて、それにしてもこれはインパクトの強いビジュアルですね!

つけ麺としてもかなりの極太で、上には焙煎ふすまがかけられ、
他のお店でもこれまで体験したことのないインパクトを与えます!

まずはその麺ですが・・・これは食べごたえもまた衝撃的ですね!(`・ω・)+

もっちり感を楽しむ麺、表面のがっしりとした質感を打ち出す麺、
すすり心地を重視した麺とつけ麺の麺にもいろんなものがありますが、
この麺は食感のうえでもこれまで食べたものとは大きく違います!

発想の根幹に見えるのはコシがかなり強い剛麺タイプのうどんで、
それを中華麺として発展させたような印象を抱かせてくれます!

なので、表面の質感はうどんに近く、噛んだ瞬間も近いのですが、
そこからの強烈な押し返しは剛麺系のうどんをも遥かに凌ぎます!

剛麺系うどんとかんすいによって生まれる中華麺らしいコシが、
非常に高いレベルで融合した実に力強いもちもち感を見せます!

つけ麺というと、麺を一気にすするときの感触も大きな楽しみですが、
こちらの麺はその太さや食感の強さから、すすって食べるというよりは、
ひたすらもちもちと噛んでその食感と風味を楽しむ麺となってますね!

もう一つの北海道産の麺はどうもすするのに向いたタイプのようで、
それぞれの麺で味や食感だけでなく楽しみ方も分けているのでしょう!

そして麺の風味についても、非常に明確な個性を持っていますね!(●・ω・)

麺に練りこまれた全粒粉も麺の風味を大きく高めてくれていますが、
上にかけられた焙煎ふすまによる香ばしい小麦の香りがたまりません!

このふすまは決してビジュアル目的でかけられているわけではなく、
「こんな風味の高め方があるのか」と食べていて驚かせてくれます!

それにしてもどこを切り取ってもその発想の豊かさに感嘆しますね!
インパクトも凄いですが、単なる驚きに終わらせないところが見事です!

つけ汁は鶏と豚骨による白湯をベースに魚介の風味を加えたもので、
動物系のコクもしっかりありながらも重く感じさせるものではないです!

また魚介も煮干ではなく、おそらくかつおなどの節系と思われ、
無骨さよりは和の繊細さも感じさせるつけ汁となっています!

面白いのは表面に浮かべられた大葉(しそ)や底に隠れた梅干で、
これが白湯系のスープの中に時折さわやかな風味を運んできます!

つきだしの存在や、発想のベースにうどんを感じさせる麺であったり、
またこの大葉や梅の使い方から和食の背景もけっこう覗くのですが、
どうもこちらのお店の方はもともと和食をルーツに持つようです!

この白湯系のまろやかさを楽しめつつも優しさのあるつけ汁は
こちらのお店の持つ和のエッセンスがしっかり生きていますね!

また塩分濃度が高くないので、そのまま飲んでもいけます!
ただ、このつけ汁にはまた違った楽しみ方があったりしますが!(=゚ω゚)

烈志笑魚油 麺香房 三く つけ全粒粉(つけ汁の中の具)

つけ汁の中にはチャーシュー、れんこん、白ねぎなどが入ります!
今回は具材がよくわかるように、別の皿にいったん取り出しました!

チャーシューはやわらかく、なおかつクセも感じさせません!
この白湯系のつけ汁とのなじみ具合も非常に良かったですね!

量は多くないものの、れんこんが入っているのも面白いですね!

また白ねぎはやわらかめに炊かれることで甘みがよく出ています!

烈志笑魚油 麺香房 三く つけ全粒粉(締めご飯&デザート)

そして最後はサービスの締めご飯をつけ汁に投入していただきます!
ご飯の上に柚子皮がちょっとトッピングされているのが目を引きます!

こちらのつけ汁は塩気が強くなく、なおかつ梅干などが隠れているので、
ご飯と合わせたときにその和の表情がより強まってくるのですよね!

梅干や大葉の存在はそういったところにも生きているのですね!(*・ω・)

そして右端のデザートは毎時39分になると提供されるものです!
お店の名前にちなんだ「39(三く)タイム」のサービスです!

39分時点で席に着いている人だけが食べることができます!
そのことは全然知らなかったので偶然ではあったのですが!

今回はいちごとミントの葉が乗ったオレンジ系のゼリーでした!

しかしつきだしにデザートまでついて、麺量300gのつけ麺で、
価格が830円って、ちょっと驚いてしまうような安さですね!

このお店は今後もちょくちょく通わないともったいないですね!(゚x/)モッキュルー

[メニューの紹介]
烈志笑魚油 麺香房 三く メニュー紹介

お店の住所と地図 大阪府大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.