麺の底力 四川風怪味麺

11月16日発売の明星「麺の底力 四川風怪味麺」を食べました!

発売された当初はどのお店でも見かけず涙を飲みましたが、
さすがはドン・キホーテ、ちゃんと流れてきてくれました!(゚◇゚)

明星のイマイチ出回りきらなかったタイプのカップ麺は、
ドンキに流れてくるケースがけっこう多い気がしますね!

以前に紹介した「銀座アスター とろみ醤油麺」そうでしたし!

麺の底力 四川風怪味麺

明星による怪味を前面に打ち立てたカップ麺というと、
一平ちゃん 夜店の焼そば 怪味マヨ」がありましたが、
あくまで怪味のエッセンスを取り入れた感じだったので、
こちらのカップ麺では本格的に楽しめそうな気がします!

麺の底力 四川風怪味麺(内容物)

内容物は後乗せかやく、粉末スープ、調味油となっています!
この調味油が怪味の風味の最大のポイントになってそうですね!

麺の底力 四川風怪味麺(できあがり)

調味油の真っ赤な色がずいぶんと目を引きますね!

まず調味油をかける前に少しスープを味わいましたが、
この時点で花椒などの怪味と関係する味が感じられます!

決して調味油だけで怪味を再現してるわけではないようです!

さて、全体の味ですが・・・なるほど、これはたしかに複雑ですね!(●・ω・)

調味油などにごまの要素があり、花椒の風味もあるので、
ごまの風味が軽めの担々麺といった雰囲気もありますが、
同時に酸味+辛味によって酸辣湯ぽく見えるときもあれば、
甘味+辛味+痺れで肉味噌系の四川料理も連想できたりと、
そのときに意識する味によって見えてくる表情が変わります!

塩味と旨味はもちろん、酸味、甘味、辛味、痺れのどれもが
ちゃんとスープの中にあり、その複合性が明確にわかります!

でも決して味が混沌としてしまっているわけではなくて、
どれも四川料理としてポピュラーな味の組み合わせですし、
そのそれぞれの要素がミックスされても違和感はないですね!

これらの要素なら合わさっても不思議はないと思える味です!

中でも特徴的なのは花椒の痺れがしっかりと効いてる点ですね!
また、花椒だけでなく中華系の香辛料の風味はなかなか強いです!

花椒特有の舌のピリピリとした痺れは後半まで感じられますし、
今回のスープの大きな核の一つになっていると言えるでしょう!(=゚ω゚)

スープの原材料はねりごま、ごま、ラード、糖類、香味調味料、食塩、
香辛料、しょうゆ、鶏肉エキス、植物油脂、酵母エキス、香味油などです!

ごまと怪味の風味の2つが主役であることが伝わる構成ですね!
そこにラードによってコクを与えるという形になっています!

肉味噌っぽさも感じたのはこの豚の脂の効果もあったのでしょう!

麺は中細で縮れのあまりないノンフライ麺となっています!

この麺がなかなか秀逸で、細めながらももっちり感が強くあり、
麺の風味も良く、麺だけでも十分に楽しめる内容となっています!

一見目立たない感じながらも、非常によくできている麺ですね!
明星のノンフライ麺における製麺技術の高さを見ることができます!

また、麺そのものとしてのクオリティが高いというだけでなく、
どんなスープと合わせても上手くかみ合う麺となっているので、
今回のような特徴的なスープにもしっかりと合わせてきてますね!

今回はどうしてもスープの怪味にスポットが当たりがちですが、
もともとは「麺の底力」という名前のブランドでもあるので、
麺の持つ力もしっかりと感じさせてくれる内容となっています!(*゚ー゚)

麺の量は65gで、カロリーは376kcalとなっています!
脂質は12.2gで、調味油が入っていながらもまあまあ低めです!

麺量はそれほど多くないので、量的な満足度はそこそこといった感じです!

具は豚・鶏そぼろ、ねぎ、香辛料という組み合わせになっています!
香辛料も含めてどれも後入れかやくの中に入っているものですね!

ねぎは普通の小ぶりの乾燥ねぎですが風味の主張はしっかりしてます!

そぼろは後入れながらも戻りが早く、麺との絡みもまあまあよく、
ごまの風味と合わせて軽く担々麺ぽい雰囲気も出してくれます!

また、後入れかやくの中に花椒の粉末なども入ってるようですね!
これらの香辛料がスープ全体の香味をグッと高めてくれています!

担々麺に酸辣湯、さらに肉味噌系など様々な風味が一つにまとまり、
食べるごとに違った表情を見せる様は実に面白いものがありました!

「一平ちゃん」のときと比べても怪味らしさは非常に明確で、
怪味の特徴を知るという点でも優れた内容と言っていいですね!

なぜこれだけの力作が全然見かけなかったのかとも思いますが、
明星はときどきこういった報われないケースを見かけますね;

花椒の痺れなどが強めに効いてるので人を選ぶ面はありますが、
ピリ辛系が好きな人は見かけたら手に取ることをオススメします!(`・ω・´)

ドンキに流れてくる頃には価格もずいぶんと下がっていますからね!

怪味を生かしたスープにもっちりとした細麺と、クオリティの高い一杯でした!(゚x/)モッキュー

【関連記事】
麺の底力 四川風怪味麺
麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ
ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(2013年)
ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(2012年)
ラーメンの底力 極細バリカタ麺ととろり濃厚とんこつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
無事にゲットされたのですね!

もう直ぐ実食予定のカップ麺です…と、
私の場合は言ってからが長いんですけどw

おー出来上がりのビジュアルが中々に怪しい(笑)

担担麺&酸辣湯麺&四川料理…なるほど、
たしかに怪味らしい複雑味があるようですが、
それが混沌としてしまっているわけではない、
というのが最大のポイントみたいですね。

たしかに言われてみれば共通点はありますからね!

その接合点が上手く噛み合っているようですし、
核に花椒があるというのも個人的に興味深いところ。

そして「麺の底力」というブランドらしく
ノンフライ麺の完成度も高い位置にあるようなので
そこにも注目したいと思います!

> 麺そのものとしてのクオリティが高いというだけでなく、
> どんなスープと合わせても上手くかみ合う麺となっているので、
こういうノンフライ麺に出会えると、思わず顔が綻びますね。

隙も無さそうですし、完成度の高さは良好みたいですけど、
そもそも見かけないというのが最大の欠点…(苦笑)
takaさん、こんにちは!

これは何としても食べておきたいカップ麺だったので、
入手してからできるだけ早いタイミングで紹介しました!

ちょうど新作が少ない時期だったのも幸いしましたね!

今回は調味油を入れてからまぜずに撮影しましたが、
実際は一面に満遍なくあの赤い色が広がる感じで、
もうちょっと担々麺に近いビジュアルになりますね!(=゚ω゚)

四川料理の持ついろんな要素が一堂に会しているというか、
複雑という以上にカラフルな賑やかさが楽しかったですね!

あくまで四川料理の諸要素のミックスということで、
ぶつかることもなく中核の部分はしっかりしてましたし!

でもって、中心に花椒があったのはうれしかったですね!
これによって香りの複雑さも上手く際立てられていました!

以前は明星の新作が減ったことを残念に思っていましたが、
力作がちゃんと出回らないケースが多いのを見るようになると、
新作を作る数を減らしてしまうのもやむなしなのかなと
ちょっとメーカー側を不憫に感じるようにもなりましたね(´・ω・)

明星ばかりこの傾向が強いような気もしてきますしね;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.