ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺

12/21発売「ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺」を食べました!
エースコックの「ご当地最前線」シリーズの新作になりますね!

ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺

このシリーズはこれまであまり紹介してきた印象がないですね!

どうも以前に「久留米ど豚骨ラーメン」を紹介しているのですが、
このときは高評価ですし、なぜ追ってなかったのか少し謎です;

今回の商品がこのシリーズを追うきっかけになるでしょうかね!

ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺(内容物)

エースコックらしくカップの中に粉まみれの調味油が入っています!
具は鶏そぼろを中心に比較的シンプルな構成になっているようですね!

エースコックでそぼろというと、まず不安が湧き上がってきますが(;゚ω゚)

ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺(できあがり)

後入れの調味油はずいぶんと白っぽい色合いとなっています!

ただ、油脂が凝固して白くなっているのではなくて、
どうも白い粉末状のものが調味油に入っているようです!

まずはスープですが・・・あら、これはこってりではないですね!(●・ω・)

端的に言ってしまえば、同社の「極どろ」シリーズに近い濃厚さで、
コラーゲンで粘度を高め、おからパウダーでザラつきを加えたもので、
動物系そのものの濃厚さでこってり感を演出するものではないです!

調味油の白い粉末もおからパウダーと見て間違いないでしょう!
このあたりはいかにもエースコック的な濃厚さとも言えますが!

鶏の風味も濃厚系鶏白湯を思わせるような濃厚さにはやや遠く、
むしろオーソドックスな鶏系清湯に粘度が加わったような感じで、
そこに胡椒などでアクセントを加えたような風味になっています!

また鶏油による鶏の香りや油脂のパンチもそれほど強くはないです!

カップ麺で本格派の鶏白湯を目指すならまず鶏の風味を強めにして、
そこに乳化させた鶏油で強烈にパンチを効かせる形が基本でしょうが、
そういったスタイルとはかなり違ったタイプのものになっています!

商品説明には「山椒や黒胡椒でアクセントをつけた」とあるので、
その部分だけを見ればけっこう上手く行ってるとは思うのですが、
肝心の鶏の主張についてはやはり弱いと言わざるをえないですね!

スープの原材料はポークコラーゲン、鶏・豚エキス、食塩、香辛料、
糖類、おからパウダー、しょうゆ、豚脂、鶏油、オニオンパウダー、
豚ゼラチン、たん白加水分解物、クリーミングパウダー、全卵粉です!

濃厚鶏白湯のはずなのに最初に来てるのがポークコラーゲンで、
鶏油がかなり後ろで豚脂よりも後ろなのはいただけないですね(;゚◇゚)

少なくともこの原材料からは「鶏白湯」とは言いがたいですね!

ただ、鶏白湯かどうかを横に置くと実はけっこう味はいいのですよね!

鶏清湯的なオーソドックスな旨さに胡椒がアクセントになっていて、
素朴な鶏ガラ+豚系のラーメンをやや高粘度にして食べている感じで、
単に一つのカップ麺として見ると意外と好印象だったのですよね!

なので、濃厚な鶏白湯を求めなければ全体の完成度は高いです!

麺は平打ち気味でけっこうプリッとした質感のある油揚げ麺です!

醤油、鶏・豚エキス、野菜エキスなどで下味がつけられているので、
スープとのなじみは非常に良く、全体の一体感はかなり高いです!

スープの濃厚さは弱いものの、トータルのまとまりはいいのですよね!
油揚げ麺臭も比較的弱く、全体のバランスを壊したりしていないですし!

麺の量は70gで、カロリーは399kcalとなっています!
脂質は16.2gで、鶏白湯にしては明らかに数字が低いです!

油脂の濃厚さが控えめなのはこの数字からも見えますね!

具は鶏そぼろ、メンマ、ねぎ、唐辛子となっています!(*゚ー゚)

唐辛子は見ての通り、あくまで薬味として入ってるだけです!

鶏そぼろは例のスカスカそぼろではなくちゃんとしたものです!
生姜の風味がほどよくつけられており、肉感も楽しめます!

ちゃんとしたそぼろは見た目がややゴツッとしてるのですよね!
いやに表面がなめらかでツヤがあるものは逆に怪しいのです!

メンマも一つ一つが大きめで食感もしっかりとしていますし、
ねぎも大きめでそこそこリアル感が楽しめるものとなってます!

濃厚鶏白湯と呼ぶにはあまりに小手先の濃厚さに頼りすぎてますが、
濃厚さを求めなければ全体のバランスなどは上手く整っています!

でも、できることならもっと本格派の鶏白湯を求めたかったですね!(`・ω・´)

原材料がもはや鶏白湯とは言えない構成になっていることも含めて、
あまり「極どろ」的な濃厚さに頼りすぎないほうがいい気がします!

その方向に寄らなければもっと本格派に仕上げられたでしょうしね!

本格派というよりは、食べやすい鶏白湯風のラーメンという感じでした!(゚x/)モキュー

【関連記事】
ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺
ご当地最前線 久留米ど豚骨ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.