若鯱家 カレーうどん(カップ版)

12/1発売の日清「若鯱家 カレーうどん」を食べました!
サークルKサンクス等での限定販売商品となります!

「若鯱家」は名古屋を中心に展開するカレーうどんのお店です!

若鯱家 カレーうどん(カップ版)

サークルKサンクス限定というと「PrimeOne」が多いですが、
この商品には「PrimeOne」とは特に書かれていないですね!

ただ販売店は「PrimeOne」とほぼ同じになっているようですが!

このカップ麺は以前から定期的に発売されているようですが、
自分としてはこれを食べるのは今回が初めてだったりします!

もともとサークルKサンクスに行く頻度が低かったですからね!(=゚ω゚)

若鯱家 カレーうどん(カップ版)(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープ、一味唐辛子です!

また、今年から麺のレンジ調理ができるように改良されています!
ということで、今回はレンジ調理で作ってみることにしました!

若鯱家 カレーうどん(カップ版)(できあがり)

レンジ調理だと、お湯の量が少なくて済むのでいいですね!

まずはスープですが・・・あぁ、これは非常にまとまっていますね!(●・ω・)

カレーうどんらしくカレーに和風だしの旨味が加わっていますが、
それと同じくらいに動物系のコクがあり、さらに野菜の風味や
フルーツによる自然な甘さも感じ取ることができるスープです!

和風だしメインのカレーうどんに食われるとスープに厚みがありますが、
かといって重くなるほどではなく、実に優等生的なスープと言えますね!

また、とろみはかなり強めで麺への絡みも非常によくなっています!

日清の生タイプ麺によるお店の再現もののカレーうどんというと、
大阪で展開する「得正」のカレーうどんがカップ化されましたが、
甘みが強いことで人を選びがちな「得正」のカップ版とは違って、
こちらはかなり幅広く受け入れられやすいバランスと言えますね!

だしの風味、コクの強さ、甘さ、とろみとどれもまとまってますし!

スープの原材料はチキンエキス、カレールウ、醤油、糖類、ポークエキス、
野菜エキス、フルーツペースト、香辛料、魚介エキス、食塩、香味油、
オニオンパウダー、ココナッツミルク、カレー粉、酵母エキスなどです!

麺は日清の生タイプのうどんで、太さはかなり太めになっています!(*゚ー゚)

それにしても、生タイプうどんもずいぶんと進化したものですね!

まずレンジ調理のおかげで、ほぐすのが非常に楽になっています!

生タイプ麺の弱点の一つにほぐす際にちぎれやすい点がありますが、
レンジ調理のおかげで麺離れが良くなり、弱点は克服されています!

また、生タイプ麺というと保存性を高めるために酸味がついていますが、
レンジ調理にしてもその酸味のきつさなどはほとんど感じないですね!

カレーうどんぐらいの強いスープに合わせるとまず気になりません!

実際のうどんとはやや食感に違いはあるもののコシも強めで、
噛むとむちっと歯にかかりつつほどよい弾力を見せてくれます!

カップ麺でこれぐらいのうどんが味わえれば十分に満足ですね!(*゚◇゚)

麺の原材料などは日清の「ごんぶと」と全く同じものなので、
太さの調整以外は基本的に同じと思ってもかまわないでしょう!

麺の量は「ごんぶと」同様180gで、カロリーは471kcalです!
脂質は10.7gで、脂質の割りにカロリーは高めになってますね!

それだけ麺量や具がやや多めになっているのかもしれません!

具は豚肉、油揚げ、かまぼこ、ねぎという構成になっています!

300円近い高価格帯商品ということもあり、具の量は多いです!

豚肉は食感に関してはチャーシューチップぽい感じのものですが、
やや甘めの味付けでカレーうどんと合うように調整されています!

特にこの豚肉が多めに入っているのが大きなポイントとなっています!

油揚げについてもけっこう甘めの味付けになっていますね!
なので、豚肉と同じく味に変化をつける効果も持っています!

ねぎも高級系カップ麺らしいリアル感のあるものとなっています!
ねぎらしい甘さとともに薬味的な辛さなどもちゃんと感じられます!

価格帯は高めながらも、スープ、麺、具のどれをとって見ても
それに負けないだけの完成度が備わっているといった印象で、
本格派のカレーうどんを求めるなら安心して購入できるでしょう!

味のバランスについてもあまり人を選ばない路線になってますしね!

寒くなってきた時期にぴったりのカレーうどんらしいカレーうどんでした!(゚x/)モッキー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.