カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て

11/9発売「カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て」を食べました!
こちらはいかにも冬向けといった雰囲気の路線になってますね!

カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て

冬になると「豚汁うどん」がいろんなメーカーから出ますが、
粕汁仕立てになっているというのはかなり珍しいですね!

酒粕の効果がどのように出ているのかに注目したいですね!(*゚ー゚)

カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て(できあがり)

ややさみしげながら、豚汁らしさは感じられるビジュアルですね!

まずはおだしですが・・・あら、ちょっと控えめな感じですね!(●・ω・)

どちらかといえばお湯が少なめになるように作ったのですが、
それでも優しく感じるので、軽めに仕上げてるのでしょうね!

少し厚みを持たせない場合はお湯を少なくしていいかもです!

ごく軽めの和風だしの風味に豚汁らしく豚系のコクが加わり、
そこに野菜などの風味がにじみ出るようなおだしとなってます!

味噌の主張は意外と抑えめで、そこに酒粕がほんのり感じられ、
酒粕らしいさわやかさと軽いクセがふわっと上がってきますね!

この酒粕の効果はなかなか他にない面白いものなのですが、
もう少し味噌などの要素が強めでも良かった気はしますね!

豚の主張を強めるための豚脂などもけっこう控えめでしたしね!
七味の風味がチラチラと顔を覗かせるのはなかなか良かったですが!

おだしの原材料は糖類、ポークエキス、みそ、食塩、酒粕パウダー、
粉末ポテト、香辛料、豚脂、野菜エキス、かつお節粉末、酵母エキス、
発酵調味料、植物油脂などといった組み合わせになっています!

麺は3分湯戻しということで、けっこう薄めのものとなっています!

湯戻し時間が短いとペラペラになって食感はゆるくなりますが、
その一方で油揚げ麺臭が弱まってくれるという利点があります!

・・・が、それでも意外と油揚げ麺の香りが目立ってましたね(;゚ω゚)

どうもサンヨー食品の油揚げ麺のうどんは香りが強いのですかね!

日清や東洋水産に比べるとカップうどんの展開が少ないですし、
どうしてもこの両社やエースコックには一歩劣る気がしますね!

スープが優しいので薄めのうどんなのは正解だったと思いますが、
それでもちょっと油揚げ麺臭が目立っていたのは誤算でしたね!

スープがもう少し強ければ気にならなくなっていたでしょうけども!

麺の量は50gで、カロリーは304kcalとなっています!
脂質は12.9gで、「すき焼き風らーめん」より少し高めです!

ただし、トータルのカロリーに関しては全く同じになってますが!

具は豚肉、油揚げ、ごぼうという組み合わせになっています!

豚肉は風味にリアル感があり、豚汁に入った豚肉らしさがあります!
この肉を麺を食べる合間につまむことで豚汁の雰囲気もよく出ますね!

ごぼうも食感、風味ともにしっかりしていていいですね!

いろんなカップ麺でよく見かけるような野菜ではなくて、
ごぼうのようないかにも豚汁らしい野菜が入ってくると、
それだけでも豚汁らしさがグッと高まってくれますね!(*゚◇゚)

量はほどほどながらも、具についてはよくできています!

「もう少しおだしに力強さがあれば」というのが最大の印象で、
ここが違っていれば他も連鎖的に良くなった気がするのですよね!

麺の強さもおだしとの相対的な関係による部分が大きいですし、
酒粕を使ったおだしというアイデアは面白かったですからね!

でも、そのあたりはお湯の量によって調整できる部分ですし、
そこさえハマれば一気に化けてくれる可能性はありましたね!

作るときには少しお湯を少なめにするぐらいがいいでしょう!(゚x/)モッキュルン

【関連記事】
カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て
カップスター すき焼き風醤油らーめん 本みりん仕立て
カップスター 松茸香る温そうめん 白だし仕立て
カップスター 鯛だし醤油らーめん 白醤油仕立て
カップスターBIG スパイシーしょうゆ スター・ウォーズ
カップスター ホワイト 鶏白湯 スター・ウォーズ
カップスター ブラック 旨みしょうゆ スター・ウォーズ
カップスター イタリアン エキストラバージンオリーブオイル使用
カップスター じゃがバター味
カップスター ホワイトシチュー味
カップスター ハヤシ味
カップスター 担々麺
カップスター かに玉風しょうゆ味
カップスター とんこつ
カップスター エビチリ
カップスター カレーラーメン中辛 ジャワカレー使用
カップスター カレーうどん甘口 バーモントカレー使用
カップスター しょうゆ 焼ポークMAX
カップスター しょうゆ

[今週の1曲]
今週の1曲は90年代のオルタナティブ時代における
ジャムバンドを代表するDave Matthews Bandの曲を選びました!

雰囲気的には以前に紹介したCounting Crowsなどにも通じる
しっとりとした大人向けのオルタナティブロックという感じで、
それでいてジャムバンドらしい奔放さも持ち合わせていたります!

おそらくは40~50代の人に好まれるタイプのバンドなのでしょうが、
大人向けの雰囲気ながらも実験性に富んだサウンドは世代を問わずに
受け入れられるだけのクオリティを十分に備えていると言えます!

今回選んだ"What Would You Say"という曲は1994年リリースの
1stアルバム"Under the Table and Dreaming"からのシングル曲で、
「90年代的なジャムバンド」としての彼らの個性がよく出ています!

ビデオのほうはずいぶんとシュールな内容になってますが!(゚◇゚)

サウンドは90年代的でありつつ、途中のサックスソロや
ハーモニカのソロのあたりはいかにもジャムバンドらしく、
このバンドのライブって実に楽しそうだなと思わせてくれます!

ハーモニカは以前に紹介したBlues Travelerのメンバーが吹いていて、
このあたりはジャムバンド同士の横のつながりなども垣間見えますね!(=゚ω゚)

ちなみにこの1stアルバムはアメリカだけで600万枚以上、
続く2ndは700万枚以上と大きなセールスを記録しています!

この系統のバンドらしく、日本での知名度は低いですけども(´・ω・)

このバンドの曲はいかにも秋を感じさせるものが多いので、
11月のうちにどうしても紹介しておきたかったのですよね!

この曲に関してはそこまで秋らしいというわけではないですが!

Dave Matthews Band - What Would You Say (1994)
[American Trad Rock / Adult Alternative]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
豚汁うどん系は毎年恒例過ぎて
ちょっと飽きてたんですよね…w

とりあず時期だし今年もレビューするか…
みたいな感じになりそうだったんですけど
この “粕汁仕立て” は非常に興味深い製品です!

粕汁らしい個性は感じられるようですが、
他の要素は控えめな仕上がりなんですね。

酒粕を立てる為に敢えて控えたのでしょうか?

そうなってくると不安なのが油揚げ麺の主張ですけど、
そのあたりのバランスも少し怪しいようですね(苦笑)

カップスターらしいジャンクさを理解すれば
意外と麺の風味を楽しめそうな気もしますけどw

ちょっとお湯少なめを意識します_φ(. .*)


「今週の1曲」たしかにPVは
かなりシュールな世界観ですね(笑)

でもサウンドは自分好みでした!
っていうか映像の世界観も好きですねw

“シュール” とか “クレイジー” とか
そう表現されるものが基本的に好きです(笑)

個人的にベースラインが気に入った1曲でした!
takaさん、こんばんは!

豚汁うどんって、東洋水産をはじめ毎年登場しますもんね!
冬向けのうどんとしてはもはや定番中の定番ですよね!

まぁ、おいしいので定番化するのはわからなくもないですが、
それを複数買って比較して紹介するとなると飽きも出ますね;

自分はけっこうスルー対象にすることが多かったですが!(=゚ω゚)

今回は酒粕の要素という点では面白みもあったのですが、
味噌をはじめ他がやや弱く、それゆえに麺が目立つなど、
せっかくのアイデアがバランスで少し崩れていましたね;

もしかすると酒粕を相対的に立てるためだったのかもですね!

>今週の1曲

このPVの最初の10秒ぐらいを見たときは
これが公式映像だと気付かなかったのですよね;

こういったシュールな映像を自分で作って
曲につけて公開するような人もけっこういますので!

それが続きを見ていたらどうも公式の映像のようで、
渋い映像を作るようなイメージだっただけに驚きました!(゚◇゚)

曲は知ってても映像は紹介する際に初めて見ることも多いですので!

このバンドのベーシストはジャズを学んだこともあって、
またファンクからの影響も垣間見えたりもするので、
そのあたりがこの曲にも生きている感じはしてきますね!

ではでは、コメントありがとうございましたっ!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.