カップスター すき焼き風醤油らーめん 本みりん仕立て

11/9発売「カップスター すき焼き風醤油らーめん」を食べました!
カップスター 豚汁うどん」との同時発売商品となっています!

カップスター すき焼き風醤油らーめん 本みりん仕立て

パッケージのデザインを見るに、冬向けの限定商品ですね!
さすがに雪が積もった写真はまだ一足早く感じますが!

すき焼き風のラーメンというと数年前にエースコックが出した
林家木久扇師匠プロデュースの「牛すきラーメン」がありましたが、
やや甘めのタレと牛脂の効いたなかなかの良作だったのですよね!

おそらくはこちらも甘辛い味わいになっているのでしょうね!(*゚ー゚)

カップスター すき焼き風醤油らーめん 本みりん仕立て(できあがり)

すき焼きと呼ぶにはずいぶんとシンプルな見た目になってますね!

ちなみに顆粒状になっている粉末スープを少し取ってなめると、
丸美屋の「すきやき」ふりかけを思い出させる味がしました!

まずはスープですが・・・うん、やはり甘辛い風味となってます!(●・ω・)

ベースとなっているスープはすき焼きらしく牛肉の風味で、
そこに甘めで濃いめの醤油系のタレが組み合わされています!

端的に言えば牛だしとすき焼きの割下を合わせたスープで、
すき焼きのベースになるおだしの味にはなっていますね!

ただ、これをすき焼きらしく感じるかといえば多少怪しくて、
どちらかと言うと牛肉を使った肉じゃがのおだしっぽく感じます!

というのも、やはり牛脂などがなくパンチが抑えめなので、
油脂も含めた牛の強い主張とまではなってないのですよね!

すき焼きだと最初に牛脂を鍋になじませることも多いですし、
そういう部分の再現がない点はやはり大きく違ってますね!

とはいえ、これはこれで味は上手くできてるのですよね!

すき焼きらしさを求めすぎなければこれはこれでいけます!
牛だしの効いた甘辛醤油味としては上手くできてますしね!

スープの原材料は糖類、食塩、しょうゆ、ビーフエキス、
香辛料、みりん、発酵調味料、酵母エキス、椎茸エキスです!

最初に糖類が来るなど、やはり甘さに重点を置いていますね!
その甘さも糖類だけでなく、みりんも加えられていますしね!

麺は極めてオーソドックスな断面の丸い中細の油揚げ麺です!

特に下味もなく、これといって大きな特徴のある麺ではないですが、
スープの風味とよくなじんで、全体の一体感は上手く演出しています!

スープの個性が明確なので、麺が勝ったりということもないですし!(=゚ω゚)

麺の量は50gと少なめで、カロリーは304kcalとなっています!
脂質は10.5gで、油揚げ麺としては標準的と言えそうですね!

カップスターの限定版は麺量が少なめのものが多いですね!

具は牛肉とねぎだけという、極めてシンプルな構成となっています!

牛肉は量はそこまで多くないものの牛肉らしさはちゃんとあり、
牛系のラーメンであることを実感させる役割を果たしています!

そしてねぎは本格感のあるもので、具材としても楽しめるもので、
甘辛い風味と相まってなかなかの存在感を発揮してくれています!

「牛脂が入れば一気に化けそう」とも思わせられたりしましたが、
これはこれで甘辛い醤油味のラーメンとしては完成していて、
多少の物足りなさは感じつつも楽しめるものはありましたね!

同じ甘辛系でもエースコックの「大阪ラーメン」よりはシンプルで、
風味がほぼ牛+甘めの醤油ダレの2つの要素で構成されているので、
そういう点では複雑さを感じさせず楽しむことができる内容ですね!

甘辛い醤油味が好きな人にはけっこうオススメできる仕上がりでした!(゚x/)モキュルン

【関連記事】
カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て
カップスター すき焼き風醤油らーめん 本みりん仕立て
カップスター 松茸香る温そうめん 白だし仕立て
カップスター 鯛だし醤油らーめん 白醤油仕立て
カップスターBIG スパイシーしょうゆ スター・ウォーズ
カップスター ホワイト 鶏白湯 スター・ウォーズ
カップスター ブラック 旨みしょうゆ スター・ウォーズ
カップスター イタリアン エキストラバージンオリーブオイル使用
カップスター じゃがバター味
カップスター ホワイトシチュー味
カップスター ハヤシ味
カップスター 担々麺
カップスター かに玉風しょうゆ味
カップスター とんこつ
カップスター エビチリ
カップスター カレーラーメン中辛 ジャワカレー使用
カップスター カレーうどん甘口 バーモントカレー使用
カップスター しょうゆ 焼ポークMAX
カップスター しょうゆ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.