ホワイトカレーメシ

11/2発売の日清「ホワイトカレーメシ」を食べました!
「カレーメシ」シリーズからの冬向けの新作とのことです!

ホワイトカレーメシ

「ホワイトカレー」って、今聞くとちょっと懐かしくも感じますね!
数年ほど前にレトルトカレーなどでもずいぶんと流行ったりしましたし!

自分はたしか1回だけレトルトで食べたような記憶があります!

ちょっとミルク感が強めの普通のカレーといった感じでしたが!(=゚ω゚)

ホワイトカレーメシ(できあがり)

              顔が怖い;(・ω・;)
(;・ω・)申し訳ない;

ダイスミンチが大きいせいで口に迫力がありすぎるのですよね;
にんじんで頬を赤らめてもやはりその怖さは拭えませんでした;

さて、まずこの見た目で感じるのは具がいつもより多い点ですね!(`・ω・)+

いつもは「カレーメシ」の具というと少ないうえに崩れやすく、
こんなにきれいに整ってくれることはなかったのですよね!

それが今回はダイスミンチとにんじんがかなり多く入っていて、
なおかつどの具材も食感がちゃんと残ってくれていたのですよね!

ダイスミンチやじゃがいもは明らかに大きめのカットになっていて、
それがこれまでの煮崩れのしやすさを緩和したようにも思えます!

また、にんじんもちゃんとコリッとした食感が残ってましたね!

いんげんは量が少なかったのでそれほど存在感はなかったですが!

さて、全体の味ですが・・・うん、意外とオーソドックスなカレーです!(●・ω・)

普通のカレーよりややミルク感が強く、スパイスの複雑さも控えめですが、
クリーミーさを感じほどでもなく、あくまで基本的には普通のカレーです!

でもって、スパイスのピリピリとした刺激もしっかり舌に残りますし、
ホワイトカレーの枠組みながらもカレーらしさを強調した仕上がりです!

それゆえに見た目以外はこれといって目新しさのある味ではないですが;
あくまで見た目と味のギャップを楽しむといった感じの内容ですね!

カレーソースの原材料は豚脂、乳等を主要原料とする食品、
糖類(砂糖、麦芽糖)、小麦粉、食塩、香辛料、オニオンパウダー、
香味調味料、酵母エキス、醤油、香味油、ポーク調味油です!

豚脂を強く効かせるのは日清のカレーの基本形となってますね!
カップヌードルカレー」などもそういった構成になってますし!

ご飯はこれまでの「カレーメシ」などと特に変わらないですね!

どうしても硬く仕上がってしまいがちなこのシリーズのご飯ですが、
硬くならないようにレンジの時間を長くすると実は逆効果になります!

この点については自分も以前に勘違いしていたことがあるのですが、
長くすると水分の蒸発が増えることで全体の水分量が減ってしまって、
蒸らし時間をとっても十分な水分が吸収できなくなってしまうのですよね!

ちゃんと規定を守るとレンジ直後は水分がかなり多めになりますが、
蒸らし時間の間に急速に吸水されるので硬さは一気にやわらぎます!

なので、硬く感じる場合はレンジ時間ではなく蒸らしを長くするといいですね!

ただ、その場合は吸水が速いので一気におじやっぽくなったりもしますが;
そのあたりをレンジにかける時間で調整するのもいいかもしれませんね!(*゚ー゚)

全体量は114gで、カロリーは451kcalとなっています!
脂質は10gで、そこそこ控えめな数字となっていますね!

具は最初にも書いたようにいつもよりもボリュームがあって、
ダイスミンチの肉感もじゃがいもの風味もしっかり楽しめました!

どうしても具が弱いのが日清のごはんシリーズの弱点だったので、
それが改善されてくるになると今後の期待感も増してきますね!

今回は味についてはその見た目に比べてベーシックな感じでしたが、
具材をはじめシリーズとしてのレベルアップを感じさせてくれました!(゚x/)モッキュルゥ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : インスタント食品 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.