光龍益 特製ラーメン

桜ノ宮駅近くの「光龍益」(こうりゅうます)へ行ってきました!
行きたいとは思っていながら、なかなか行けなかったのですよね!

桜ノ宮駅の近くの細い道を入っていったところにあるのですが、
その外観はラーメン屋というよりも日本料理店という感じです!

また、お店の中の構造も日本料理店を思わせるものなのですが、
それと同時にどこか古風なラーメン屋さん的な雰囲気もあります!

さて、まずはこちらのお店のメニューから見ていきましょう!(*゚ー゚)

◎メニュー
ラーメン 700円
特製ラーメン 900円

替え玉 100円
麺の大盛 100円

ごはん(キヌヒカリ) 100円

まぁ、何とも潔すぎるほどのメニュー構成となっています!

以前は夏になるとつけ麺もメニューに加わっていたようですが、
今はつけ麺は西中島店のみで提供されるという形になっています!

ラーメンと特製ラーメンの違いはチャーシューによるもので、
ラーメンは塩煮豚、特製のほうは三河もち豚の焼豚が乗ります!

どうも煮豚ではなく、焼いて作ったチャーシューのようですね!

こちらのお店の大きな特徴は客のすぐ目の前でラーメンを作る点で、
客が席に座ると注文する前からどんぶりを置いてお湯を入れて温め、
お湯を捨ててからタレとスープと麺を入れる作業をその場で行います!

お店に入ってからすぐに作業が始めるので提供までも実に速いです!
席に座ってから2分も経たないうちにラーメンが到着しましたし!

茹で時間が短い麺を使っているので、それも速さに貢献しています!

トッピングを入れている箱もレールに乗せる動くようになっているなど、
提供を素早くできるように様々な工夫が凝らされているのがわかります!

また、チャーシューは事前に専用のお湯につけることで温められます!

光龍益 特製ラーメン

というわけで、三河もち豚が乗る特製ラーメンがやってきました!
チャーシューは乗せた後で、あえてスープに沈められて提供されます!

見た目よりもスープとのなじみのほうを重視してるのでしょうね!

トッピングはチャーシュー、メンマ、ねぎと極めてシンプルです!

まずはスープですが・・・おおっと、これは想像以上に濃厚ですね!(`・ω・)+

粘度は高いものの決してドロドロとしてるほどではないですが、
その濃度の高さはかなりのもので、お腹にもビシビシと来ます!

食べるほどにボディーブローのように濃厚さが攻めてきますね!
口当たりはやわらかでありながら、ずっしり感は非常に強いです!

日によって一定の濃度の違いなどは出るのかもしれないですが、
この日のスープの濃度は相当なものだったと言っていいです!

さて、そんなスープは鶏白湯の濃厚さを軸に豚の風味も加わり、
ドロドロとは違ったとろりとなめらかな粘度を持っています!

このお店の正式名称は「とんぴととりの光龍益」なのですが、
その名の通り「豚皮と鶏」によってスープが取られています!

豚皮を使ったスープというのはこれまでにもほぼ聞かないですね!

そのため、濃厚な鶏白湯を軸に豚皮のコラーゲンによるトロトロ感と
豚骨などとはまた違った豚の旨味がせめぎあうスープとなっています!(●・ω・)

天下一品のスープになぞらえて語られることも多いようですが、
天下一品が鶏を軸に野菜を加えるで粘度と丸みを出すのに対して、
こちらは粘度は豚皮のコラーゲンが担うのでとろみがなめらかで、
またほぼ動物系で構成されているのでずっしり感がより強いです!

鶏系の濃厚なスープはいろいろとありながらも、こちらのように
豚皮によるなめらかさを生かしたスープは明確な個性がありますね!

ちなみににんにくを入れることもできますが、今回は入れずに食べました!

麺は加水が低めの細めのストレート麺が使われています!

加水が低いとはいっても博多豚骨向けの麺ほどではなくて、
歯切れ重視ながらもパツパツというほどの強さではないです!

低加水の細麺に高粘度のスープということで絡みは非常に良く、
スープをガンガン持ち上げながら歯切れの良さで麺も主張する、
スープのほうが強めながらもなかなかのコンビネーションです!

スープと麺を同じペースでゆったりと食べるのもいいですが、
麺をサッと食べて替え玉で一気にかきこむのもいいでしょうね!

大盛だと重くなりそうなので、多く食べるなら替え玉がいいかもです!
調子に乗りすぎると、スープの濃度の高さに負けるので注意しましょう!(=゚ω゚)

トッピングのチャーシューは焼豚ということもありパサパサ感はなく、
もっちりとした肉らしい風味を楽しめる仕上がりとなっています!

大きめにカットされたネギやメンマは麺と一緒に食べることで、
こってり度の高いスープにいいアクセントをつけてくれます!

ねぎを大きめにしているのもそこを考慮しているのでしょうね!

ところで店主さんはラーメン屋さんとしては珍しい経歴の持ち主で、
ラーメン屋を始める前はテレビカメラマンを25年されていたそうです!

その仕事の中でラーメン屋さんを取材して教えてもらった情報をもとに
1年間の独学を経て2006年にこの「光龍益」を開業されたとのことです!

テレビ業界に嫌気が差したことがカメラマンを辞めた理由だそうで、
演出の少ないシンプルな構成にこだわる背景はそこにあるのかもですね!

ひたすらストレートに鶏と豚皮によって引き出したコク、濃度、とろみ、
そんな本格派の濃厚ラーメンを味わいたいときはピッタリのお店ですね!

スープ切れが起きやすいようなので、早めの時間に行くのがオススメです!(゚x/)モキルン

お店の住所と地図 大阪府大阪市都島区中野町5-9-5
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.