麺ニッポン 横浜家系ラーメン

日清の「麺ニッポン 横浜家系ラーメン」を食べました!
このところ「麺ニッポン」シリーズに勢いが出てますね!(●・ω・)

麺ニッポン 横浜家系ラーメン

様々なご当地ラーメンにスポットを当てるこのシリーズですが、
今回はその王道とも言える「横浜家系ラーメン」が登場しました!

ここでは豚骨醤油+鶏油、太ストレート麺、海苔の3つの要素に
スポットを当ててますが、ほうれん草が入ることも多いですね!

しかし、「海苔3枚」って枚数を限定しすぎな気もしますが;

麺ニッポン 横浜家系ラーメン(できあがり)

写真では海苔が2枚ですが、実際は全部で3枚入っています!

まずはスープですが・・・うん、これはいい豚骨醤油ですね!(`・ω・)+

家系にしては野性味がそれほど主張されてはいないですが、
まろやかでしっかりと乳化した旨味が味わえる豚骨スープに
鶏油がさらにコクを後押ししていてほどよい重厚感もあります!

自分は家系のラーメンに関してはあまり詳しくはないのですが、
油脂の量やスープの攻撃性はおそらくはやや控えめになっていて、
より広範な人に好まれるバランスに調整されている印象ですね!

ただ、かといって不足感を感じさせるようなものではなく、
豚骨醤油+鶏油のラーメンとして非常によくできています!

前半は鶏油によるコクと風味の後押しが強めに効いていて、
後半になると醤油ダレの主張がやや前面へと出てきますね!

スープの原材料は醤油、ポークエキス、動物油脂(鶏、豚)、
糖類、チキンエキス、食塩、香辛料、酵母エキス、香味油です!

そしてそれぞれの具材もまたスープと実によく合っています!

ほうれん草は一つ一つは小さいものの風味はしっかりとしていて、
ときどき麺に絡むことでそのほのかな苦味などを運んでくれます!

細かい割りにちゃんと存在感を見せてくれるのは良かったですね!

そして海苔は1枚が大きく、スープをしっかりと吸わせたうえで、
麺を包むようにしてすすって食べると旨さがさらに倍増します!(*゚◇゚)

海苔というと正統派の清湯醤油ラーメンに合う印象が強いですが、
スープとの相性で言えばこちらのほうが上と言っていいですね!

実際にはこのスープを吸わせた海苔でご飯を包むようにして
食べることも多いそうですが、たしかによく合いそうです!

このサイズで3枚となるとカップ麺としては最大クラスですが、
それだけ海苔に力を入れるのも理解できるだけのものがあります!

そしてチャーシューですが、こちらは完全に海苔のあおりを受けてます;

日清のそこそこ高級系のラーメンでこのチャーシューは珍しいですね;

ペラペラで貧弱極まりなく、味も本格感とはほど遠いものですが、
海苔にかなりコストがかかってるでしょうからやむなしですね(;・ω・)

まぁ、チャーシューが入ってるだけでもよしとしておきましょう!

麺はけっこう太めのストレートのノンフライ麺となっていて、
食感ももっちりとしていてなかなかの食べごたえを見せます!

スープの強さに負けないだけの食感と存在感を持っていて、
このスープに最適化された麺であることが伝わってきますね!

もし細めの麺だと、確実にスープに負けてしまうでしょうし!

麺の量は70gで、カロリーは413kcalとなっています!
脂質は14.1gで、それほど数字が高いわけではないですね!

鶏油もスープの表面を完全に覆うほどではなかったですし!

家系ラーメンの再現としてはやや優しいと思われますが、
豚骨醤油+鶏油系のラーメンとしての完成度は高いですし、
海苔やほうれん草などを通じて家系らしさも出してますし、
チャーシュー以外は総合的に実によくできていると思います!

豚骨醤油系のラーメンが好きなら買って損はないでしょうね!(゚x/)モキルルル

【関連記事】
麺ニッポン 横浜家系ラーメン
麺ニッポン 八王子ラーメン
麺ニッポン 信州味噌ラーメン
麺ニッポン 近江ちゃんぽん
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これまた王道の “家系” が来ましたか。
自分も海苔の枚数指定には疑問を持ちましたw

“豚骨 × 鶏油” で家系らしさを演出していて、
大きな海苔の存在も印象に残るものみたいですね。

家系にしては大人しそうな雰囲気ですが、
特徴は捉えているようなので、楽しみです。

それに日清食品の貧弱なチャーシュー…
ある意味、新鮮味を感じるかもしれませんw

次はワイルドに豚骨感あふれる九州の再現カップ麺や
コアなご当地ラーメンなど(鳥取県の牛骨ラーメンとか)に
スポットを当てて意欲的に攻めてもらいたいですね!
takaさん、こんばんは!

麺ニッポンシリーズはどちらかというと、
やや注目度の低いご当地ラーメンに
スポットを当てる印象が強かったですが、
今回は王道中の王道で攻めて来ましたね!(=゚ω゚)

やや大人しめなところはありましたが、
豚骨醤油スープ、鶏油、海苔、ほうれん草と
家系として押さえるべき点は押さえてましたし、
そのバランスの取り方も上手かったと思います!

貧弱なチャーシューは日清にしては珍しいですよね!(゚◇゚)

意外と知られていないご当地ラーメンって多いので、
このシリーズにはぜひとも扱っていってほしいですね!

鳥取の牛骨、岡山の鶏そば、新潟の燕三条と、
まだまだいろんな面白いものがありますしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.