茹でたて名人 TokyoWalker 夏の喜多方ラーメン

「茹でたて名人×TokyoWalker 夏の喜多方ラーメン」を食べました!
発売は5月ですが、夏向けの商品なのでまだ大丈夫でしょう!

・・・もうあまりお店で見かけることはなくなりましたが(;゚ω゚)

茹でたて名人 TokyoWalker 夏の喜多方ラーメン

初期の「茹でたて名人」はノーマルな形状の麺がメインでしたが、
最近は「さのまるの佐野ラーメン」などの平打ち麺もあります!

今回の「喜多方ラーメン」もその流れにあると見て良さそうですね!
「佐野ラーメン」と同様に平打ち麺が大きな特徴のラーメンですし!

茹でたて名人 TokyoWalker 夏の喜多方ラーメン(できあがり)

いつもどおり比較的シンプルな見た目の仕上がりとなっています!

まずはスープですが・・・うん、レモンがふわりと上がってきますね!(●・ω・)

酸味を強く感じるとかそういうレベルのレモンの主張ではなく、
そのさわやかな清涼感のある香りがふわっと上がる感じです!

なので、酸味よりもレモンの香りを生かしている感じですね!

そしてレモンに続いて豚系の風味や醤油の主張がやってきます!

喜多方ラーメンって豚系清湯がスープのベースになっているので、
このラーメンもどちらかといえば鶏よりも豚のほうが強めです!

また、醤油はややキリッとしていてすっきりとした後味を残します!

そして表面の油脂を意識的に麺に絡めるようにして食べると、
ほんのりと軽くラー油の風味が上がってくるのもわかります!

どうもラー油は今回のスープの特徴の一つではあるようですが、
かなり意識しないと気付かないレベルのほんのりとした風味です!

スープの原材料はしょうゆ、鶏油、食塩、豚脂、砂糖、植物油脂、
香味油、レモン果汁、豚エキス、白胡椒、還元水飴などです!

麺はエースコック自慢の多加水麺ということで質は非常に高いです!

平打ち麺でありながらももちもち感がしっかりと感じられますし、
喜多方ラーメンの再現という点では申し分のないクオリティですね!

最近は高級系カップ麺でもこの多加水麺がよく登場してきてますし、
ここ数年のエースコックの快進撃を支える大きな力にもなってますね!(*゚ー゚)

麺の量は60gで、カロリーは273kcalとかなり控えめです!
脂質は5.8gで、こちらもけっこう少なめの数字となっています!

具はチャーシュー、メンマ、ねぎという組み合わせです!

価格帯が安い商品ということで具は全体的にさみしげですが、
ラーメンとして最低限押さえるべき点は押さえてはいますね!

また、この中ではコリコリ感の強いメンマがいい仕事をしていて、
量もそこそこ多いので、ときどきつまむといい変化になりますね!

動物系の旨味をガチッと効かせたタイプのスープではないですが、
ふわっと上がるレモンが心地良く、まさに夏向けの仕上がりです!

ちょっとラーメンをさっぱり食べたいときにはいいでしょうね!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
茹でたて名人 TokyoWalker 夏の喜多方ラーメン
茹でたて名人 さのまるの佐野ラーメン
茹でたて名人 鶏白湯麺
多加水麺 ワンタン中華そば 大盛り
多加水麺 ぶっかけらぁ麺 大盛り
茹でたて名人 コク味噌らぁ麺(新)
茹でたて名人 コク醤油らぁ麺(新)
茹でたて名人 コクしおらぁ麺
革麺 芳醇味噌らぁ麺
茹でたて名人 コク味噌らぁ麺
茹でたて名人 コク醤油らぁ麺
革麺 黄金鶏油の塩らぁ麺
革麺 ガラ炊き醤油らぁ麺
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : カップ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 
これは深く印象に残っています!

何と言っても「オープン価格」で
という付加価値が大きいと感じました。

希望小売価格が180円以上の製品でも
スーパーでの取得価格は100円前後だった
というパターンもザラにありますが、
初めからオープン価格でリリースするというのには
やはりそれなりの自信と思い切りが必要かと。

このシリーズはそれを難なく
やってのけてくれましたよね!

もちもっち多加水麺の幅も広がっていますし、
今後の新作が非常に楽しみなシリーズです。

個人的にエースコックの多加水麺が好き、
という理由もありますが、茹でたて名人は
オープン価格製品の中でも特に目が離せないですね。
takaさん、こんばんは!

茹でたて名人は発売当初はものすごく
安い価格帯での販売だったわけではないのに、
多加水麺の製造コストが下がったのか一気に安くなりましたよね!(●・ω・)

ちょっと他のオープン価格の商品とは違うというか、
オープン価格じゃなくても十分勝負できる力がありますしね!

「多加水麺を使用したシンプルな構成のラーメン」
という基本線はこれからも変わらないでしょうし、
これが今後どのような展開を見せるのか気になりますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.