マッサマンカレーメシ

続けて「マッサマンカレーメシ」を食べてみました!

「カップヌードル マッサマンカレー」からの派生ですが、
カップヌードルの再現をうたう形の商品にはなっておらず、
「カレーメシ」シリーズのバリエーションとしての登場です!

「カレーメシ」シリーズがあるのでそのほうが自然ですしね!(*゚ー゚)

マッサマンカレーメシ

カレー系ということで「カレーメシ」への応用はしやすいですし、
昨年のカップヌードル版の好評を受けての展開なのでしょうね!

マッサマンカレーメシ(できあがり)

例によってできたてはあまりに熱くて食べられないので、
やや長めに蒸し時間をとって温度を少し下げて食べます!

それでも普通のカレーライスに比べれば遥かに熱いですが!(*゚◇゚)

その味ですが・・・うん、カップヌードル版とほぼ同じです!

スパイス感とココナッツミルクの甘さが互いに引き立て合い、
甘いけどスパイシー、スパイシーだけどまろやかという、
マッサマンカレーの特徴をしっかりと楽しむことができます!

もともとがカレーなのでご飯との相性は申し分ないですし、
ほぼそのままの味でカップご飯化しても違和感はありません!

カップヌードル版もとろみが強めで濃度もけっこう高いので、
濃度などもそれほど変えなくてもすぐに応用が利きますしね!

初めて食べるときはココナッツミルクの甘さに驚くかもですが、
2回目、3回目となるにつれてそれがだんだんクセになってきます!

ちょっとこちらのほうがまろやかさが強めな気もしますが、
トータルの印象としては特に変わったという感じはないです!

カレーソースの原材料は砂糖、豚脂、小麦粉、食塩、乳等を主要原料とする食品、
香辛料、えび醤、ココナッツミルク、香味油、酵母エキスとなっています!

カップヌードル版と比べると食塩と香辛料の順位がやや入れ替わり、
「乳等を主要原料とする食品」が新たに加わっているのがわかります!

乳製品はおそらくまろやかさを補う目的で入っているのでしょうね!

そしてご飯ですが、ここがちょっと気になるのですよね!(●・ω・)

日清のインスタントご飯は非常にクオリティが高いのですが、
カレーのように水分が多い仕上がりになる商品に関しては
ご飯がやや硬めになるという傾向が見られるのですよね!

初期の頃はそれほど硬めになる印象はなかったのですが、
最近はそういう傾向が定着してきている感じがします!

水分が少なめの仕上がりになるものは普通の硬さになりますし、
リゾットについては硬めになるぐらいでちょうどいいのですが、
カレーの場合はもう少しやわらかめになってほしいところです!

蒸し時間を長めにとっても硬めの仕上がりになりますからね!

そこさえ改善されれば文句なしと言ったところなのですが!(`・ω・)+

全体量は115gで、カロリーは450kcalとなっています!
脂質は9.4gで、脂質に比べてカロリーがやや高めですね!

お米がけっこう多めに入ってるということなのでしょう!

具はカップヌードル版と同じポテト、鶏肉、人参、ねぎです!

ポテトも完全には崩れずにそこそこ形が保たれますし、
鶏肉も存在感があって、けっこう満足できる内容です!

以前はレンジにかけると大半の具が崩れていましたが、
やはりそのあたりは徐々に改善されてきてるようですね!

ご飯の硬さについてのみ多少気になる点はあるものの、
それでもこの商品の存在意義は極めて高いと思います!

このところマッサマンカレーが日本でも流行りつつありますが、
家で本格感のある味を気軽に楽しむのはまだ難しいのですよね!

その点からすると、簡単に楽しめる点では極めて優れてますし、
マッサマンカレーとしての本格感を出しつつ、欧風カレーに近い
とろみのあるスタイルにしたことで広く受け入れられやすいなど、
非常にバランスのいい仕上がりになっていると言えますからね!

本格感と食べやすさ、手軽さの三拍子がそろったマッサマンでした!(゚x/)モキン

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : インスタント食品 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.