麺と心 7 冷やし飛魚醤油

「麺と心 7」に7月前半の限定を食べに行ってきました!
7月前半は「冷やし飛魚(あご)醤油」とのことです!

夏が近いということで限定も6月末に続けて冷やし系ですね!
とすると、7月後半も冷やし系の限定が来るのかもですね!(*゚ー゚)

麺と心 7 冷やし飛魚醤油

ということで、その「冷やしアゴ醤油」がやってきました!

今回は白湯ではないので、スープに濁った感じはなく、
そのビジュアルも澄んだ醤油ラーメンといった感じです!

トッピングは手前右に鶏胸肉(上)と鶏もも肉(下)が乗り、
その左には素揚げした茄子にししとうと夏野菜が乗ります!

奥にはコーンと大葉、その少し手前に柚子のかき氷が乗り、
中央のあたりには梅肉をまぜた大根おろしが添えられます!

一見するといつもよりシンプルなトッピングでありながら、
よく見るといろいろ工夫が凝らされているのがわかります!

まずはスープですが・・・アゴだしがバチッと効いてますね!(`・ω・´)

清湯ながらもじんわりとしているというよりは主張が強く、
アゴ煮干によると思われる深みのある旨味がガンガン来ます!

いつもの魚介白湯の鮮魚系のさっぱりした旨味とはまた違い、
香ばしさと深いところから上がってくる力強さがあります!

そして、けっこう多めに油脂が入っているのも特徴です!

こちらはアゴ煮干の粉末で取ったアゴ煮干油でしょうね!

スープそのものが持っているアゴの深い旨味もさることながら、
このアゴ煮干油によるパンチのある旨味も強く貢献しています!

なので、見た目こそすっきりと優しそうなスープに見えますが、
そこに込められている旨味の強さは非常に強いものがあります!

そんな冷やしのさっぱり感とアゴの旨味が生きたスープですが、
徐々にゆずのかき氷が溶けることですっきり感が強まってきます!

また、梅肉をあえた大根おろしは麺に少し絡めるのもいいですが、
スープに溶かし込んでしまって味に変化をつけるのもよく合います!

どちらも試してみましたが、自分はまぜるほうがむしろ好みでした!

そうすることでアゴの旨味とゆず・梅肉のさわやかさが融合し、
食べ始めたとき以上の清涼感をもって締めることができます!(●・ω・)

麺は平打ちのなめらかな麺で、6月末のアジの冷やしの麺に比べると、
表面の質感は少しやわらかめですが、噛むと強い弾力を見せます!

冷やしになるとその分だけ麺のブリブリ感が強められるので、
そのあたりも考慮して食感を調整している感じもうかがえます!

トッピングの胸肉はしっとりやわらかで風味はさっぱりと、
もも肉は胸に比べると少しコクのある風味となっています!

このように肉系のトッピングは冷やし向けのさっぱり系ですが、
茄子は素揚げ、ししとうは甘辛い醤油だれで焼いた感じがあり、
さっぱり感よりもむしろコクを加えたような味となっています!

このあたりの肉系トッピングとの特徴の対比は面白いですね!

野菜でさっぱり感を出すのではなく、むしろその逆の感じで
それぞれの野菜が最もおいしくなる調理法が取られています!

強めに効いたアゴ煮干油に味に変化をつけるかき氷と大根おろし、
さっぱりした肉具材とコクを加えて個性を引き立てた夏野菜など、
一見素直そうな路線の中にも様々な工夫が凝らされていました!

10日頃に後半の限定に切り替わるらしいので早いうちにどうぞ!(゚x/)モキルン

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ FC2 ブログランキング ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.